スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断末魔の資本主義に抵抗する2人の行動する知識人

議会が債務上限引き上げで合意しなければ、債務は17日にも16兆7000億ドルの上限に到達する見通しとなっているアメリカ。覇権国家のデフォルトが世界経済に及ぼす影響は、少なくともリーマンショック時と同程度かそれ以上とも言われているが、何事も永久に発展し続けることは不可能である。自然界の法則を頭に入れて、人間の原点を問い直すターニングポイントが今、来ているのではないか。

この問いにヒントを与えてくれる学者でありアクティビストでもある二人の動画をアップしたい。2本とも、デモクラシー・ナウから、日本語サブタイトル付き。

一人目はドイツ系チリ人の経済学者で、60年代にはカリフォルニア大学バークリー校でも経済学を教えていたマンフレッド・マックスニーフ。

-----
チリの経済学者マンフレッド・マックスニーフ:米国は「発展不全国」になりつつある
http://democracynow.jp/video/20100922-2

オバマ大統領の経済チームはウォール街出身者で固められ、ローレンス・サマーズが国家経済会議委員長を退いた後も、後任に指名されたのはまたもや金融業界(ゴールドマンサックス)出身のジーン・スパーリングでした。こうした人々が舵を取る米国の経済政策の方向性とは対極にある、人間の尺度から考える経済学に耳を傾けてみましょう。

チリの経済学者マンフレッド・マックスニーフは、人間の基本的なニーズに基づいた人間開発モデルで知られています。1960年代にカリフォルニア大学バークレー校で経済学を教え、その後米国やラテンアメリカ各地の大学で教える傍ら、現地の貧困社会に入って調査研究を重ねてきました。その体験を通じて、そうした現場では従来型の経済理論はなんの役にも立たないことを痛感します。

第三世界の開発がうまくいかないのは、従来型の開発モデルそのものが一因であり、これらの地域に貧困、債務、環境破壊をもたらしてきたと考えるようになりました。マックスニーフは1981年にラテンアメリカでの体験をFrom the Outside Looking In: Experiences in Barefoot Economics(『外側からの観察:裸足の経済学』)に記し、チリに人間の基本的ニーズに基づいた開発を推進するための「オルターナティブ開発センター」(Centre for Development Alternatives)を設立しました。

マックスニーフは新しい経済学の基本原理として5つの公理と、1つの根本的な価値観を挙げています。

その1 経済が人に仕えるのであり、人が経済に仕えるのではない
その2 開発はものでなく人が対象である
その3 成長と開発は同義ではなく、開発は必ずしも成長を必要としない
その4 生態系の恩恵なくして経済はありえない
その5 経済は生物圏という有限なシステムの下部システムであり、それゆえ永久成長は不可能である

-------
もう一人は、アフリカ系アメリカ人の行動する学者として、おそらく全米で最も有名な黒人知識人の一人であるコーネル・ウエスト教授。彼は現在はユニオン神学校教授だが、以前はハーバード大学やプリンストン大学などでもアフリカン・アメリカン・スタディーズや哲学を教えていた。17歳でハーバード大学に入学し、3年間で卒業。プリンストン大学大学院で博士号取得。プリンストン大学で教鞭をとっていたが、1994年、ハーバード大学に移籍。2001年、ローレンス・サマーズがハーバード大学の学長に就任し、彼と対立。ハーバードを辞職して、現在に至っている。

サマーズと対立した理由は、何点かあるが、そのうちの1点として、ウエスト教授がラップのCDを作っているからというものがあって、笑わせてくれたものだった。

1994年に出版された「Race Matters」という本は、アフリカン・アメリカン・スタディーズの教科書として、私も昔、読んだことがあり、非常に刺激されたものだった。

彼は、同じくアフリカ系アメリカ人であり、ラジオやテレビのトークショー司会者でもある、タヴィス・スマイリー(Tavis Smiley)とインターネット・ラジオ・ショーも持っている。彼はこの中では、南部訛りの英語で話している(彼の生地はオクラホマ州)。

Smiley and West
https://soundcloud.com/smileyandwestshow

彼のHP
http://www.cornelwest.com/bio.html#.Uk-4cN5RbVI

-----
コーネル・ウェスト オバマの偽善を批判―トレイボン・マーティン射殺裁判への発言で
(ここでは標準語?の英語で話している)
http://democracynow.jp/video/20130722-2

マーティン・ルーサー・キング師の有名な演説『私には夢がある』を生んだワシントン大行進から50年。人種差別はなくなったのでしょうか?そんな問いに大きな疑問符をつきつけたのが、トレイボン・マーティン射殺事件でした。ご近所を歩いていた見かけないティーンエイジャーに目をつけた「自警団」の男ジョージ・ジマーマンが後をつけ、もみあいの末、射殺し正当防衛を主張したこの事件。ジマーマンがトレイボンをターゲットにしたのは、黒人だったから?裁判で出された判決は、無罪でした。これが正義と言えるのか?全米各地で抗議のデモが繰り広げられました。

事件が起きた頃に、「もし私に息子がいたら、トレイボン・マーティンさんは私の息子だったかもしれない」と発言したオバマ大統領。判決が出た時には、もうひとふんばりとばかり「トレイボン・マーティンは30数年前の私だったかもしれない」と発言し、アメリカ社会に根深く浸透した人種差別に注意を喚起しました。さらにこの事件を公民権法違反で裁けないか司法省に検討させると表明しましたが、どこかおよび腰です。

そんな態度にふんまんやるかたないのが、コーネル・ウェストです。オバマの発言は、制度にしみこんだ人種差別とい不正をモラルの問題にすりかえているようにみえるからです。警察が黒人やラティーノの若者に目をつけプライバシーを侵害し不愉快な思いをさせる路上尋問、同様の罪でもマイノリティの逮捕を重視しマイノリティにより重い刑罰を科している司法刑事制度。高い失業率と貧困。みえない所で人種差別が解消していないことは、繰り返し語られてきたことです。「人種問題を重視するなら、なぜそのような問題に取り組まないのか。大統領の仕事だろう」というわけです。

ウェストの追及は、キング師が求めた夢の根源にまでいたります。人種の問題はもちろん、貧困や反戦にも熱心にとりくんだキング師。いま生きていたら、ドローン攻撃や格差・ひろがる貧困に黙ってはいないでしょう。オバマが「トレイボン・マーティンは私だ」と言うのなら、同じように「何の罪もなく命を奪われていくドローン攻撃で殺された子供たちは私だ」という想像力をもつべきだと、ウェストは主張します。キング師が求めたのは、公正で自由、平和な社会だったのですから。
5年前の大統領初就任にいたるまで強力にオバマ候補を支持したウェストですが、就任後は厳しい批判を続けています。ついには「オバマはウォール街の座敷犬だ」と発言し、それ以来、ホワイトハウスとの関係は切れたままです。しかし、辛口の正当な批判ほど大きな支援はありません。黒人指導者層の多くはオバマ応援にかまけ批判を忘れてしまっています(裏ではいろいろ言うけれど)。ウェスト流の直撃発言はだからこそ、いま貴重です。(大竹秀子)

日本の総理大臣は国民にウソをついている

今更ながらの話だが、「日本の総理大臣は国民にウソをついている」というフェアウインズ・アソシエイツ代表の元原子力技師・アーニー・ガンダーセン氏のインタビューが、10月1日付、The Real Newsの動画にアップされている。

彼はこのインタビューの中で、彼のもとへ日本の医師や研究者達がコンタクトをとってきて、「被曝している患者に真実を話したいが、病院側によって口止めされている。どうすればいいのだろうか」「放射能汚染による動物への影響を公表したいのだが、出版しないよう政府によって圧力をかけられている」といった相談をしており、「このまま日本政府に任せていたのでは、真実が明るみにされることはないだろうから、世界各国からの民間人による団体が介入、調査し、真実をさらけ出すことしか手はないだろう」と言っている。

Nuclear Engineer: Japan's PM "Lying to the Japanese People" About
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=1LVOPSgR1Xk#t=311

霊魂が身体を離れる瞬間の写真

生きとし生けるものはすべてその個体からエネルギー(オーラ)を放出していると言われているが、これを裏付けたのが1939年頃にロシア人電気技師であるセミョーン・ダヴィードヴィチ・キルリアンとヴァレンティナ・キルリアン夫妻によって撮影された「キルリアン写真」だったという話は有名だ。

キルリアン写真とは対象物に高周波・高電圧を掛けて発生させたコロナ放電による発光現象を撮影した写真のことであり、元気の良い植物の周りは光で覆われているのに、これが枯れると光の量が減少し、枯れてしまうと全く放出がなくなるというものだった。

そして今年9月25日付.Before It's Newsに、ロシア・サンクトペテルブルグの生物物理学者であり、キルリアン夫妻の技術をさらに進化させた、ガス放電視覚化法を用いた高度な撮影方法(バイオエレクトログラフィックと呼ばれている)を発明したコンスタンティン・コロトコフ博士(National Research University 教授)による、死の瞬間をとらえた写真が掲載されている。

コロトコフ博士は、ある男性が他界する瞬間に、上記のバイオエレクトログラフィックと呼ばれる特殊カメラのシャッターを押して、この男性の霊魂が肉体から離れていく(幽体離脱)様子をカメラに収めた。

Scientist Photographs The Soul Leaving The Body
http://beforeitsnews.com/beyond-science/2013/09/scientist-photographs-the-soul-leaving-the-body-2443674.html

death

コロトコフ博士によると、死の瞬間、最初に頭とへその緒から魂が離れ、最後に心臓と股間から霊が離れ、肉体から完全に離脱した霊魂は空間に漂うとのことだ。

interview konstantin korotkov
http://www.youtube.com/watch?v=fZczmTkfqKY

しかしながら突然の事故等によって、苦しみながら亡くなった場合には、霊魂が数日間空中を漂い、数日後には遺体に戻る可能性があるとも博士は言っている。

Mind over Matter: Secrets of human aura revealed by Russian scientists
http://www.youtube.com/watch?v=B6NIUV24vcQ


インタビュー映像
Dr. Konstantin Korotkov:Seeing the Unseen With Electrophotonics
http://suprememastertv.com/ss/?wr_id=127

日本人にもこういう方がいる。この方は現在、ロサンゼルスにある下記の大学院大学を開設し、西洋と東洋のふたつの叡智(ニューサイエンスと東洋の精神世界や身体術等)を混合させて、「人間とは何か」を探究する研究・実践者を育成している。またこの方も生体エネルギー測定器(=チャクラマシン)の発明者でもある(日本の研究所は三鷹市の井之頭公園内にあって、私も昔、一度行ってみたことはある)。

http://www.cihs.edu/

http://www.iarp.or.jp/cihs/index.html

http://www.iarp.or.jp/moto.html
(どうもお顔つきが、忍法戸隠流・武神館の宗家・初見良昭師に似ておられる)

まあ、この世がすべてではないから、福島やその他東北の被災者たちは放置したまま、千葉、茨城の子供たち7割をセシウム汚染させて、放射能汚染灰を東京湾に埋め立て、いざオリンピック!と舞いあがっている愚かな輩たちには、必ずやいつか、どこかでつけを払わねばならない時が来るだろう。

幸福についての5つのポイントー世界幸福度ランキング 2013 (国連)

(by Sunshine)

国連による「世界の幸福度ランキング2013年」が発表されたのので、ナショナル・ジオグラフィックより、転載。

-----------
                   denmark


5 Takeaways From UN's Global Report on Happiness
http://news.nationalgeographic.com/news/2013/09/130909-2013-world-happiness-report-united-nations/

(日本版)

世界幸福度ランキング2013、国連
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130910001&tdl=0000

Roff Smith
for National Geographic News

September 10, 2013

 2013年度の世界幸福度レポート(World Happiness Report)が、コロンビア大学地球研究所から発表された。これによると、世界で最も幸福度の高い国はデンマークで、続く2~5位は順にノルウェー、スイス、オランダ、スウェーデンとなっている。

 国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」の支援を受けて行われたこの調査は、2010年から2012年にかけて実施され、世界156カ国に住む人々の幸福度を国別のランキングにまとめたものだ。評価基準としては、富裕度、健康度、人生の選択における自由度、困ったときに頼れる人の有無、汚職に関するクリーン度や同じ国に住む人々の寛大さなどの要素が考慮されている。

 この総合ランキングで、アメリカは17位と、メキシコ(16位)のすぐ下に位置している。その他の国々では、イギリスが22位、ロシアが68位に入ったほか、中国はかなり低位の93位、イラクは105位にランキングされている。内戦状態にあるシリアが148位にあるのは意外ではないが、西アフリカ地域にはこのシリアをも下回る国が存在し、ベナンが155位、そして最下位の156位となったのは隣国のトーゴだった。

 アジアで一番ランキングが高いのはアラブ首長国連邦の14位。ほかにはシンガポールが30位、タイが36位、日本が43位などとなっている。

 今回のレポートでは、地球上で最も幸福度の高い国々について、いくつかの共通点を指摘している。この記事では5つのポイントを紹介する。

【 1 】豊かな国は幸福度も(おおむね)高い。

 これは分かりきった話と言えるだろう。お金で幸福は買えないかもしれないが、あるに越したことはない。そのことは、世界で最も幸福度の高い国々のリストを一目見るだけでも明らかで、上位の国々は生活費が高い場所ばかりだ。

 これらの国々はいずれも税金が高く、社会福祉政策に多額の支出を行い、医療体制が充実している。また、戦争の当事国ではなく、マラリアも流行していない。加えて、汚職も極めてまれな国々だ。

【 2 】豊かな国には問題も多い。

 とはいえ、豊かであること自体も、ストレスや問題の要因になると、コロンビア大学地球研究所の所長で、今回のレポートの共著者であるジェフリー・サックス(Jeffrey Sachs)氏は指摘する。

 サックス氏は、全世界で年間約5000億ドルの市場規模を持つ広告業界が、「人間が持つ心理的な弱点や無意識の渇望を食い物にし」、そのために豊かな国に住む人々の幸福度は下がっていると警告する。

 基本的には幸せなはずの西側の先進国で幸福度が下がっている理由としては、このような豊かさにまつわるストレスや、欲望がかなえられないことへの失望があるとも考えられる。一方で、発展途上の地域、特にラテンアメリカやサハラ以南のアフリカの国々では幸福度が向上していると、サックス氏は述べている。総合的な幸福度が前回との比較で最も上昇した上位2カ国(61位のアンゴラと103位のジンバブエ)はアフリカの国々だった。

【 3 】ヨーロッパの貧困国は幸福度が特に低い。

 ブルガリアは欧州連合(EU)加盟国ではあるが、その中でも他国を大きく引き離して最も貧しい国であり、慢性的な汚職体質に悩まされている。

 今回の調査によると、ブルガリアは幸福度が特に低く、全世界での順位は144位と、アフガニスタン(143位)、イエメン(142位)、イラク(105位)といった国々を下回っている。この10年で平均1200%近くという極度のインフレを経験したジンバブエでさえ103位にランキングされており、ブルガリアよりも国民の幸福度は高い。

【 4 】気候の良さは幸福につながらない。

 日常生活における幸福度を考える際には、気候の良さはプラス要因にはならないようだ。

 10位のオーストラリアを除くと、幸福度ランキングでトップ10入りを果たした国々は、いずれも長く厳しい冬を堪え忍んでいるところばかりだ。オーストラリアのすぐ上の9位にランクインしたアイスランドでは、冬季にはまったく太陽を見ることができない。対照的に、幸福度の高い北欧の人々が新婚旅行や休暇で好んで訪れる観光地のモーリシャスは67位、陽光降り注ぐカリブ海の国、ジャマイカは75位にランキングされている。

【 5 】幸福度の高い国には、自転車先進国が多い。

 デンマーク(幸福度1位)とオランダ(同4位)は、世界でも有数の自転車先進国として知られている。また、幸福度で上位に入っているその他の国々も、自転車に優しいことで有名だ。確かに、経済大国に登りつめた中国や、発展途上地域のほとんどでも自転車が主要な交通手段として使われているが、これらの国に住む人々は好きこのんで自転車に乗っているわけではない。

 2010年には、中国でテレビのクイズ番組に出演した20歳の女性が、「自転車に乗って笑っているよりも、BMWに乗って泣いている方がいい」と発言したが、中国ではこのような考え方をするのはこの女性だけではない。

Photograph by Joachim Adrian, Polfoto/AP

誰が得をするのか、東京オリンピック

(by Sunshine)

2020年のオリンピックは”御泉の都”東京に決まり、政府、都民、広告代理店、マスメディア、土建業、観光業等々は、これぞ経済復興の起爆剤とばかりに有頂天になっているようだが、この際、少し頭を冷やして考えたいのは、どこが儲けるかだ。おりしも日本のTPP加盟問題で揺れている今、この機に及んで、一番喜んでいるのはどこの、どういう連中だろうか。経済界では3兆円の経済波及効果と言っているが・・・。

日本株の上昇で儲けるのは海外のヘッツジファンドや投資家ということは、今更ながらなので省略するとして、例えば、解体費も含めると1,350億円もかけて新たに建設される新しいオリンピック・スタジアムの建設は、どこが仕切るのか?

-------
http://matome.naver.jp/odai/2137852119953202301

Q メインスタジアムはどこ?
現在ある国立競技場を解体し、その場所に新たなスタジアムを建設するというのだ。2019年完成予定という新スタジアムは、去年の11月に最終審査が発表され、最優秀賞にイギリスの女性建築家ザハ・ハディド氏が代表を務めるザハ・ハディド アーキテクトの作品が選ばれた。

新国立競技場
設計 ザハ・ハディド・アーキテクト 英国
 工期 平成26年7月~平成31年3月末
 工費 1300億円(解体費用別途40~50億円)
 収容人数   8万人
 敷地面積   11万3千㎡
 屋根      開閉式
 陸上トラック  9レーン
 座席      ピッチ付近は移動式

-------
サンフランシスコにべクテルという世界有数の大建設会社があるが、ここの関係者である友人から聞いた話では、多分、1998年の長野オリンピックでも建設に関わったこの会社が仕切るのではないかということである。下記のサイトを見ても、この会社はアメリカで開催された3回のオリンピック、スペイン・バルセロナオリンピック(1992年)と”オリンピック・ビジネス”に関わっている。

http://www.bechtel.com/olympic_games.html

Olympic Games
U.S.A. (1984, 1996, 2002), Spain (1992), Japan (1998)

-----
それどころか、ハリバートンと並んでイラクやアフガニスタンの”解体””復興”ビジネスに深く関わっているだけに、この傘下に日本の大手ゼネコンが下請けとして参入させてもらうのではないかというのが、この友人の意見であった。

オリンピックが政治・経済がらみのものであることは今や万人の知るところである。その筋にとって一番儲かるところを選択するというのが”資本主義の論理”というものであろう(時代遅れの)。

ましてや”The Disaster Capitalism"(危機につけこむ資本主義、弱みに付け込む資本主義)というものが大手を振って弱い者いじめをしている昨今、福島第一原発事故の惨事をかかえたまま、”震災難民”は放置したまま、漠然としたもうけ話の尻馬に乗って見切り発車をした日本の今回の賭けが、果たして凶と出るか、吉と出るか(これはないだろうと個人的には思っているが。放射能はそんな甘いものではない)見届けたい。加えて大地震が起こって、日本という国が消滅してしまわないことも祈る。

今のシリア情勢が日本の立ち位置とダブって見えてしまう。

**福島について、大見得を切ったあべ。こちらのほうにも外資の乗り込みがあると思うが、収束するならよし、しない場合は高い金額を吹っ掛けられて、持ち逃げとなるかもしれない。放射能のこわさは人智のはかり知れるものではないとは思うが。

------------------------------------------------------------------------------------
(コメント by ウソのお兄さん)
■残念な決定

まず、Sunshineさんの友人の訃報に際し、お悔やみ申し上げます。

さて、前のエントリーでの某首相の言葉”状況はコントロールされている”
これって、『情報はコントロールされている』の間違いだよねえ・・・

ナイーヴな日本国民を騙すのと同じ感覚でしゃべってるのかね?

これで東北の復興がないがしろにされてしまうのかな、と思うと、
今回の決定は本当に残念。

2013-09-14(13:48) : ウソのお兄さん

--------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■大型台風、福島は?お二人さんは?

どうもです。大型台風が福島を襲いそうなので、福島第一原発では準備をしているというニュースをエナジー・ニュースで知って、NHK国際放送を見ました。

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/20130916_04.html

そしてNHKニュースを見ると、なんと京都あたりもすごいじゃないですか。

http://www3.nhk.or.jp/news/

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130916/t10014568691000.html

こげぱんさん、ウソのお兄さんは大丈夫ですか?

汚染水が地下水にまで達し、高濃度のトリチウムやストロンチウムまで測定されている福島。1500本余りの使用済み核燃料棒が入ったプールが宙づりにされている4号機。そこへ暴風、大雨が襲っていったらどうなるか。無事を祈ります。

そんな爆弾を抱えた日本でオリンピックとはね。ましてやあのホットスポット、江東区がメイン会場? ま、いよいよ放射能で危ないとなったら、さっさっと延期すればいいわけですけどね。

ちょうどコロラドも大洪水で、こちらはこちらで大騒ぎ。馬に乗って逃げる動画も笑ってはいけないけど、笑わせてくれた。アメリカ男の原型がここにあり(下記の動画をクリック)。

http://edition.cnn.com/2013/09/15/us/colorado-flooding/index.html?hpt=hp_t1

どうも、やはり地球はこのところおかしいですね。太陽の磁極のポールシフトも関係あり?

亡くなった友人は東北人らしく、こつこつ努力をする人でした。せっかくチャンスを与えられたのだから、できるだけ多くアメリカ文化を吸収して、それを福島の子供たちに伝えたいと。そしてできるだけ海外に飛び出していけるよう、生きた英語を教えたいと積極的にアメリカ人たちと交わっていました。恥ずかしがり屋ですけど、何でも吸収してやろうという気持ちでいっぱいの人でした。青森、秋田、宮城などからも高校の英語の教師たちが留学してきていましたが、皆、とても熱心でした。他県からの英語教師の留学生というのは、あまり知りません。東北の人たちは教育熱心なんだなと思ったものです。

2013-09-16(12:03) : Sunshine

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。