スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイデン副大統領候補の政策に見る、オバマのCHANGE度

(by こげばん)


北京オリンピックが終わったら、アメリカでは政治の季節入りということなのか、現在コロラド州・デンバーで民主党全国大会なるお祭りが開催されている。

ここでの主役はもちろん大統領候補オバマ上院議員(イリノイ州)であるが、そのオバマ、既に報道されているように先日議員歴30年以上の大ベテラン、バイデン上院議員(デラウェア州)を副大統領候補に選んだ。

さてバイデンは2008年民主党大統領候補に立候補していたが、オバマ-ヒラリーの一騎打ちに埋没したのか、早々にレースから撤退している。ただグローバリスト系シンクタンク・Council on Foreign Relationsのサイトには、バイデンの主要政策一覧が掲載されていて、バイデンが副大統領候補になった現在改めて読み直せば、CHANGEを叫ぶオバマの本気度が伺い知ることができそうで興味深い。全文は下記リンクを参照していただくとして、

http://www.cfr.org/bios/1451/joseph_r_biden_jr.html

早速興味深いところをざっと見ていくことにする(引用文も上記リンクより引用)。

---
Israeli-Palestinian Conflict

Sen. Biden (D-DE) is a self-described Zionist. Biden believes the United
States should maintain extremely close ties with Israel, because in his
experience, the Middle East has only progressed when “the Arab nations
have known that there is no daylight between us and Israel,” as he said
in a March 2007 interview with Forward. Biden dismissed the Iraq Study
Group
’s claims that the Israeli-Palestinian conflict is related to the
problems of the Iraq War, saying on Shalom TV in March 2007 that
Israel’s behavior has “nothing to do” with Iraq.
---
イスラエル-パレスチナ紛争

・自らを「シオニスト」と定義
・イスラエル-アメリカの「特別な関係」を今後も維持するよう主張
・イラク戦争はイスラエル(の軍事・外交・占領地政策)とは無関係であると主張
---
U.S. Policy toward Russia

Sen. Biden (D-DE) has consistently voiced concerns about Russia
backsliding on democratic reforms under Putin. In 2005, Biden criticized
Putin for making regional governorships appointive positions, and said
he had “manipulated the Duma to eliminate most of the opposition.” In
December 2006, Biden warned that Russia was “moving more and more toward
an oligarchy.”
---
対ロシア政策
・プーチン政権(当時)による「民主化後退」に懸念を表明
・ロシアが「寡頭政治化」していると批判


(以下原文省略)
対イラン政策
・対イラン強硬派、「アメリカの直接関与」と経済制裁を主張

対パキスタン・(アフガン)政策
・アフガンでのアメリカのプレゼンス強化(追加派兵など)は、パキスタン政府
の対タリバン・アルカイダ強硬政策を支援するだろうと予測

対中国政策
・中国に積極的に関与し、中国を国際社会に統合することを主張

対キューバ政策
・経済制裁支持、カストロ後の民主化戦略策定を主張

アフリカ政策
・スーダン・ダルフール紛争へのアメリカ軍投入を主張

経済政策では自由貿易論支持、「環境政策(原子力推進?)」重視を主張

---

こう見れば、バイデンの主張はオバマの表面的イメージとは異なり、例えば共和党・マケイン大統領候補のようなネオコン系グローバリストの政策に近いように見受けられる。世間で言われているように、オバマの経験不足をバイデンが補う形での正副大統領コンビであるならば、バイデンが現在のチェイニー副大統領の如く事実上の大統領となることも十分考えられ、その場合はオバマのCHANGEはどこへやらとばかりバイデンの主張がオバマ政権の政策に反映される可能性が高いと考えられる。

これはあくまでそうなればの話だが、少なくとも表裏はなさそうなマケインより、オバマ-バイデンコンビのほうが表裏があるだけ危険である、ともいえないこともなさそうである。

ちなみに上記リンクによれば、1999年にバイデンはマケインと共同で「コソボで紛争解決に必要なすべての軍事的手段を行使する権限を大統領に付与」する法案を共同提出している。


-------------------------------------------------------------------------------

(コメント by sunshine)

■うれし泣きまでしたバイデン

上院外交委員長のバイデンは、オバマから副大統領候補に指名された後、何度も、何度もハンカチを取り出しうれし涙をぬぐいながら話した(笑)。北京オリンピックではないが、これこそ“悲願”だったのだろう。

(ABCのビデオ)

http://abcnews.go.com/video/playerIndex?id=5658898

しかしオバマが彼を指名したことから、「ギャロップ」の調査によれば、有権者のオバマへの支持率は低下したとのこと(笑…しかしこれも単なる”メディアの見せかけ”かもしれないが)。

http://www.gallup.com/poll/109834/Gallup-Daily-Bounce-Obama-Post-Biden-Tracking.aspx

オバマ支持のためにこれだけの華やかな有名人達が各界からデンバーに集まったのだが(今さらながらの話だが、デンバー党大会のビデオを見ていると、ヒトラーの熱狂を思い出す。非常に狂信的)。

-----------------------

http://movies.sympatico.msn.ca/features/article.aspx?cp-documentid=599645

A-list celebrities descend upon Denver in support of Barack Obama

DENVER - Jennifer Lopez is headed to town. So are George Clooney, Oprah Winfrey, Viggo Mortensen and Charlize Theron. Not to mention Ben Affleck, Spike Lee, Annette Bening, Susan Sarandon, Kanye West, Anne Hathaway and Ellen Burstyn.

The Democratic National Convention is officially under way and it's drawing as many A-list celebrities as theFilm Festival。 They're in this Colorado city to promote Barack Obama as avidly as they work the red carp Toronto International Film Festival Evenets to promote their latest projects.

Denver is Party Central this week, with more than 300 events being held across the city. Many of them will be attended by some of Hollywood's biggest names, with Lopez herself hosting one of the parties on Wednesday night at the city's art museum.

(略・・・・あっと驚くような有名人達の名前がこのあとにも続いている)

-----------------


オバマもバイデンと同じ委員会に所属している(オバマはこの委員会のヨーロッパ班の委員)。今回の指名は(どこぞやの筋の)ボスの信任の証ということで、嬉しかったのだろうか。

http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Senate_Committee_on_Foreign_Relations


いずれにしてもオバマとバイデンは親子ほど年齢差がある。オバマの“お目付け役”として彼を置いたのだろう。

----------------------------------------------------------------------------
(レス by こげばん)

■ユダヤ系アメリカ人に敬遠される?マケインの副大統領候補

先日マケインも副大統領候補を発表しましたが、このペイリン・アラスカ州知事、民主党を支持するユダヤ系アメリカ人には極めて不評のようです(Jerusalem Post)。

---
http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1219913200960&pagename=JPost%2FJPArticle%2FShowFull

Aug 30, 2008 17:19 | Updated Aug 30, 2008 17:25
Jewish Dems slam McCain's VP choice

Jewish groups on both sides of the US political spectrum have issued statements after Republican presidential candidate John McCain announced Alaska Governor Sarah Palin as his running mate in the upcoming presidential elections.

In a statement released Friday, The National Jewish Democratic Council called McCain's judgment in choosing Palin "lacking," and commented that she had "never spoken publicly about Israel."

The statement also claimed the Alaska governor was "totally out of step with Jewish public opinion" on the abortion issue.

Also questioning McCain's choice, Rep. Robert Wexler of Florida brought up Palin's association with controversial former presidential candidate Pat Buchanan, according to well-known American blogger Ben Smith on his blog, Politico.

Smith quoted Wexler as calling McCain's choice "a direct affront to all Jewish Americans." Pat Buchanan, according to Wexler is "a Nazi sympathizer with a uniquely atrocious record on Israel, even going as far as to denounce bringing former Nazi soldiers to justice and praising Adolf Hitler for his 'great courage.'" (後略)
---

マケインの選択は清新さを打ち出す狙いでしょうが、清新なイメージで勝負するなら、少なくとも東西大票田の有権者はオバマを選びそうな気がしますが… 

いずれにせよ、自ら「シオニスト」と名乗り、イスラエルとの連帯感を公言するバイデンと、一部の?ユダヤ系には不評とされるペイリンとの対決は見ものと思われます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

■ユダヤ系アメリカ人に敬遠される?マケインの副大統領候補

先日マケインも副大統領候補を発表しましたが、このペイリン・アラスカ州知事、民主党を支持するユダヤ系アメリカ人には極めて不評のようです(Jerusalem Post)。



---

http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1219913200960&pagename=JPost%2FJPArticle%2FShowFull">http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1219913200960&pagename=JPost%2FJPArticle%2FShowFull


■「オバマとマケインにはほとんど差が無い」とのCFRレポート

先日行われた民主党全国大会期間中に書かれた、Council on Foreign Relationsの’In Denver, Making Room for Moscow ’という記事には、(環境問題やイラクなどを除けば)オバマとマケインは大半の問題で立場を同じくしている、という記述がありました(以下該当部分)。



---

http://www.cfr.org/publication/17029/">http://www.cfr.org/publication/17029/
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。