スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪がきには"囚人服"を着せるアメリカの高校



school

(Written by sunshine)

笑える話を暑中お見舞いにひとつ。


さすがあの悪がき”ブッシュ・ボーイ”の出身州である。7月30日のテキサス州にあるローカルテレビ、「チャンネル6」の報道によれば、テキサス州ゴンザレス市(人口約7200人)にあるゴンザレス高校では、学校の規則に従わない生徒たちに“囚人服”のような“ジャンプスーツ”を1日中着せることにしたそうだ。


これについては親や生徒たちから、「子供にあんな囚人服まがいの服を着せるとはあんまりだ。人権無視だ」とか「着ろと言われても自分は絶対に着ない。真っ平御免だ」といった反発の声も出ているが、学校側は「やってみるだけの価値はある」といって、9月の新学期から開始する。


下記のサイトでビデオも見られる。髪を”ピンク色”に染めて、モヒカン刈りをしている“パンク”なども登場して反発している。

http://www.local6.com/education/17035594/detail.html


パンク達にはこれくらいやってちょうどいいのでは。日本の学校でも、これくらい”クリエイティブ”な罰を与える方法を考えたらどうか。しかし、アメリカでも日本でも甘い親が多いこと。


http://en.wikipedia.org/wiki/Gonzales,_Texas

----------------------------------------------------------------------------

(コメント by Mapple)

■これかなりかなりのアイディア!

おざぶ10枚ですよね!

「日本の学校でも、これくらい”クリエイティブ”な罰を与える方法を考えたらどうか。しかし、アメリカでも日本でも甘い親が多いこと。」 同感です!!!

ところで、私のブログ、連絡ノートにコメントいただき、ありがとうございました。心温まるコメントで感謝してます。

(コメント by こげばん)

■生徒だけの問題?

日本のバンクもいくつになっても電車で騒いだりするのがいるらしく、例えばこのような話がさるBBSにありました。

---
http://www.inter-edu.com/forum/read.php?104,994586

【995186】 Re: 電車の中の高校生(男子編)
2008年08月03日 08:25 -学研都市線-

住道での桐蔭の男子、特に帰りの京橋方面行きの連中、ごみをゴミ箱に捨てず
ホームに放置しっぱなし。もう何回も目撃しています。
全てではないけど、だらしない(幼い)のが多いよ。
勉強はよくするんでしょうけどね。(中略)精神年齢が低いのでしょうかね。(後略)

---
これだけ見れば囚人服はGood Ideaに見えますが、ここの学校案内読みゃ、
http://www.osakatoin.ed.jp/highschool01/fla.html

年間270日以上も朝から晩まで授業やって、狂死は生徒をこう唆しているらしいですから、

---
http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1271,823133
「いじめの巣窟」
同級生もライバルと嗾ける教師が多いように思いますから…
---

電車で騒いでストレス発散する幼稚な生徒だけに囚人服着せたら済むのかなぁ~?

おまけ
http://www.asyura2.com/07/social4/msg/644.html
http://www.asyura2.com/07/social5/msg/473.html
http://www.asyura2.com/07/social5/msg/601.html

上記拙稿読んだら、誰に囚人服着せりゃいいのやら… う~む…

生徒のほうがわかってる!?

これは以前紹介した「千里国際学園」の生徒手記です(出典:千里国際学園広報誌Interculture115号)。

これ読めば、わかっている人はちゃんとわかっているのがよくわかります。

(注:元原稿にあった実名をそのまま転記します)
----
http://www.senri.ed.jp/interculture/2007-08/ic115.pdf

Be loved person
松村愛生
高等部1年

 「スキューバダイビングの免許を一緒に取りに行かない?」これは一昨年の夏のこと。「草原を走りたい!乗馬のライセンスを一緒に取りに行かない?」これは今年の夏のこと。母は私を誘っては、新しい挑戦をしています。チャレンジ精神と好奇心旺盛な私たちは、同じ目標を持って頑張ることがよくあります。1mしか泳げない母にとって、スキューバダイビングは本当に大変なことでしたが、親も完璧ではないという姿を見て、いたわる気持ちや親近感がとても強くなりました。金銭だけ出すとか、口出しだけするのではなく、共に、同じ時間を共有することをファーストプライオリティとして過ごしてくれている母は、私の物事に対する体温を上げていく大切な存在です。そうかといって、私が誘いを断わると、母は一人でも行ってしまう、密着し過ぎない親子関係です。

 よく親は、自分のやりたかったことや、できなかったことを子どもにやらせたいと自分の夢を託すようですが、親も自分のやりたいことは自分でやらなくてはいけないと思います。また、子どもの犠牲になる親を、子どもは望んでいないわけですから、お互いのあり方を分かり合うことも大切だと思います。(後略)
----

こわっぱ教育関係者と馬鹿な親達に囚人服を着せろ!

こげばんさんへの返答です。こげばんさんのコメントを読んで思ったことを何点か、下記に。


1.日米では“パンク”の度合いが違うのではないか

2.日本人の公衆観念のなさは大人も含めてそう

3.御紹介の日本の進学校は、現在の社会状況からずれている時代錯誤的なものではないのか

4.御紹介の千里国際高校の生徒は、富裕層家庭出身者


1.については、私も下記のような経験をしたことがありますし、他にもいろいろ見ていますが(このテキサス州ゴンザレス高校は知りませんが)、アメリカの”パンク”高校生は、マリファナをはじめその他の麻薬を持っていたり、売買したりする生徒もいます。また銃やナイフを持っていたりもするし、気の弱い子からお金を巻き上げたりもする。その他、普通車にわざと大きなトラック用のタイヤを付け、レーサー用のエンジン(?)を付けたりして、ものすごい騒音を出し、音楽をその騒音に負けないぐらいにじゃんじゃん鳴らして学校に行く者もいる。女性教師を見れば、「ウ…ものすごくセクシー!」と言ったりして、からかう。じゃれつく。また高校生の妊娠・出産も多い。

http://ameblo.jp/sunshine-berkeley/day-20080225.html


このテキサスの人口7千人余の田舎町では、ここまでのパンクがいるかどうか知りませんが(白人約半数,, 黒人12%, ヒスパニック、若しくはそれ系の血が混じっている人が46%の町ー数字が合わないが上記ウィキペディアより)、マリファナ吸飲、売買ぐらいのことはやっているのでは、と思います。


これに比べれば、日本の“パンク”など、まだ幼稚で可愛いものではないでしょうか?


2.については、これはもう今さら言うまでもない日本人最大の“恥”の部分。何度も、何度も私も書いているけど、パブリックの場で、群れるとすぐに大声であたりかまわずしゃべる。こんな破廉恥な国民は東アジアにも他に二つぐらいあるけど、世界中の観光地でこれをやられると、「成金破廉恥国家・日本」をもろにそのまま宣伝して歩いている感じで、なんとも腹立たしく、情けない思いがします。


私は目に余ると、彼らに注意しますがね。むっとした表情でにらむオバタりアンもいますが、そういう人にはさらに追い討ちをかけてやるのです。「周りをよく見てください。どこにあなたたちのような自己中心的な人たちがいますか。皆、他人に迷惑をかけないように小さな声で話しているでしょう。あなたたちは日本人の恥です!」


「礼儀正しく、物静かで、おとなしく、他人に迷惑をかけないように生きる」という日本人の美徳はどこへいったのでしょうか。本当に情けない話。


こんな連中が子供を育てているわけですから、推して知るべしですよ。学校でもおそらく、こんなことまで気がつかない。かまっていられない。教師自身がおそらく群れると同じようなことをやっているのかもしれませんしね。


3.については、高度経済成長期で上り坂の時代なら、そこそこ優秀な“管理者”や技術者を養成する為に、詰め込み・暗記式の受験システムでも良かったかもしれませんが、今の日本経済は経済状態もどんどん下降傾向にあり、石油・食糧難がここまできているという中で、いまだに何十年も前と同じような教育システムを続けているというのは時代錯誤。アナクロニズムというもの。


このことをなぜ、皆、気がつかないのでしょうか。


4.については、この生徒の立派な親だと思います。ただ、このような精神的・経済的に余裕のある親は、どちらかといえば平均より上の富裕層(?)の人でしょう。海外経験も積んでいるというような。


しかしたいていの日本人の家庭では、母親もパートタイマーかなにかしてやっと生活しているというような人たちが多いのではないでしょうか。しかも、皆が塾に行かせるから自分も行かせる。いや塾に行かせた方が、自分も働けるから助かるといったような、精神的・経済的余裕のない人たちがほほとんどではないでしょうか。


日本人は、変なところで見栄を張るから、絶対に他人に「自分の家はお金がない」とは言わない。そして、他人ばかりに気を取られ、それと自分を比較し、負けないようにいいものを着て、1人前にグルメの話かなんかに興じる。本当はお金などないくせに。だから、国民サイドから「生活の向上」を訴えるような運動もおこらないし、相互の助け合い的精神や組織も生まれない。


アメリカ人は質素なものを着て、食事もほんとに質素。そのかわりり家に若干、お金を使うけど、今となってはそれもできない家庭が多い。そして世間話などで、「家はお金がないから、生活が大変」というようなことを平気でする。


そこから教会や地域の住民グループの活動が活発になり、「税金をなんとかせよ、フードスタンプをもっとよこせ、余った食料は無料配布せよ」といった住民の声が大になり、それが実行されるというわけです。


この漫画家のおっちゃんみたいなけったいな人を学校に呼んで、レクチャーでもしてもらったらどうでしょうね。教師も生徒もともに頭が柔らかくなってよろしいで(私もブルース・スプリングスティーンについてコメントを書いた)。


http://ameblo.jp/hieizan/

----------------------------------------------------------------------------
(レス by 漫画家のおっちゃん)

■情報のご提供、オオキニです。


情報のご提供、オオキニです。そうですかー今でも人気あるんですね!!
ひさびさにアルバムを買おかなァー
昔はワシ、ちょっとはファンやったのでアルバム3枚くらい持ってます。もちろんLPですが(笑)

追伸、ワシのブログを紹介してもろてオオキニ!!今日から新シリーズ、ワシがモデルの4コマ漫画をはじめる予定なので、観に来てくださいね、デワデワ…









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

http://en.wikipedia.org/wiki/Gonzales,_Texas

おざぶ10枚ですよね!



「日本の学校でも、これくらい”クリエイティブ”な罰を与える方法を考えたらどうか。しかし、アメリカでも日本でも甘い親が多いこと。」 同感です!!!



ところで、私のブログ、連絡ノートにコメントいただき、ありがとうございました。心温まるコメントで感謝してます。
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。