スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年以内にイラン攻撃と元モサド幹部。32万人分の敵の墓穴を掘っているとイラン


iran

                   サテライトから撮ったというイランの核施設

今さらながらの話だが、政治、国際金融資本、軍、メディアは連動しながらそれぞれの利益追求に専念しているわけだが、これを大っぴらに派手にやる(やれる)民族とそうでない民族がいる。前者がイスラエルやアメリカ、イギリス、ロシアといった国なら後者の典型は日本だ。


イランの核施設問題をめぐって、ここ何年もの間、アメリカやイスラエルが「今度こそ攻撃するぞ」という記事が出ては消え、消えては出た。そして、ブッシュの任期もあと半年というこの時期にまた出ている(そのたびに株価が大きく乱高下した。戦争ネタで株価操作をし、大儲けしている連中がいるのではないのか)。


6月29日付のイギリス「テレグラフ」には、元モサド(イスラエルの諜報機関)の幹部だった人物が、「イランは1年以内に核開発を放棄しないとイスラエルからの核攻撃を受けるだろう」と語り、これに対するイラン側からの反論記事が即座に同日付、AFPから掲載。「イランは国境沿いの所に、32万人分の敵の墓穴を掘っているところだ」と書かれている(笑)。


元モサド幹部とは1981年イスラエルがイラクのオシラーク核施設を攻撃した際、モサドの代理長官を務めたシャブタイ・シャビト(Shabtai Shavit、69)。1996年に引退後も、イスラエル議会の国防及び国際関係委員会のアドバイサーを務めている人物。「マケインがもし大統領に選出されたなら、彼は即座にイラン攻撃を実行するだろう。そしてもしオバマが選出されたなら、少なくとも最初の1年間はそれはないだろう。アメリカ軍が我々の背後についていることは確かだが、仮にもしそれがなくても、我々は単独でもイランを攻撃する覚悟はある」と述べた。


これに対して、イラン側はメアー・ニュース通信社(Mehr news agency )によれば、イラン軍最高司令官、ファイサル・バグハーザーデハー(Mir-Faisal Bagherzadeh )が反論。「核兵器開発をやってもいないのに力でねじ伏せようとするのは、我々のパワーを恐れているからだ。イランを攻撃するならやってみろ。そんなことをしたらベトナム戦争のような長期間にわたる、泥沼のような戦いに引きずり込んでやるから。1年以内に核兵器の開発を本当にやってやろうか」と負けていない(笑)。イラン人もイスラエル人同様にしたたかだから、メディアを利用した“煽り”作戦だということぐらい十二分に承知しているのだ(敵を煽って、先制攻撃をさせる手法は開戦させるための常套手段。太平洋戦争でもこの手が使われ、日本はまんまとこれに乗せられた)。


イスラエルは中東唯一の核兵器保有国(AFP)だが、自分達のことは棚に上げて、イランには色々と難癖をつけているわけだ。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/middleeast/israel/2212934/Israel-has-a-year-to-stop-Iran-bomb%2C-warns-ex-spy.html

http://www.metimes.com/Politics/2008/06/29/iran_to_ready_thousands_of_graves_for_enemy_soldiers/afp/


こうしたイスラエルを陰で支えているのがアメリカだが、アメリカがなぜそうするのかといえば、選挙の際に多額の選挙資金を調達してくれるから。そしてそれへの見返りとして、ユダヤ系アメリカ人達はイスラエルへの安全保障費をアメリカ政府に求める(総人口の2.5%にしか過ぎないユダヤ系が、民主党の政治資金の約半分を、共和・民主を合わせると3分のⅠから4分のⅠを献金しているーS.Lipset。その他、大手ユダヤ系企業やユダヤ系が牛耳っている業界ー映画、音楽、メディアーからの献金もあるから、実際にはこれ以上だろう)。


そこで大統領本選が真っ最中のこの時期に、次期10年間にわたるアメリカのイスラエルへの援助費が従来より25%(1億7,000万ドル=約170億円)増の300億ドル(3兆円)と決定し、ユダヤ系のロビー団体、AIPACが大喜びしているというニュースが6月28日付け、AFPに掲載された。


なお余談だが、アメリカはサウジアラビアに200億ドル(2兆円)、エジプトに130億ドル(1兆3千億円)分のそれぞれ武器調達による援助を行う。また他の湾岸諸国に対しても200億ドル(2兆円)分の軍事関係費を割くとのこと。

http://afp.google.com/article/ALeqM5i6vO2rX7Vx8EPICNmsAeIgpy2uEQ


US Assistance to Israel(アメリカのイスラエルへの援助費:1949-2007)
http://www.jewishvirtuallibrary.org/jsource/US-Israel/U.S._Assistance_to_Israel1.html


武器を現物支給して、イラン包囲網でも作ろうという魂胆か。戦争をビジネスにしている軍需産業と現政権のコネクションがここでも手に取るように見えるわけだが、これほどあっけらかんとしてこんな愚策を弄するとはよほど我々庶民をなめているに違いない。


そしてこのアメリカの下請けをさせられているのが、日本。インド洋上での給油活動に無償協力しろと言って脅され、やれアフリカの国が飢餓で大変だから日本も金を出せ、今度はこちらの国で天災だから金を出せといわれっぱなしで、そのつど言われるとおりに、いや言われる前に気前よくポンと大金をはたきだし、現在、日本が抱えている負債は900兆円。ということは国民一人当たり600万円の借金を背負っているわけで、これはアメリカ国民一人あたりが背負っている借金の2倍にもなる。


皆さん、いい加減にしろと政府にいってやりましょう。


なお、話は少し飛んで北朝鮮に拉致された日本人の問題についてだが(これについては後日、書きたいと思う)、これほどなめられているのに、アメリカくんだりまで来て、しかもあんなブッシュに泣きついて、「どうにかしてください」というのもどうかと思う(被害者の家族の気持ちは重々理解した上での日本政府の対応の甘さを言っている)。


無意識のうちにアメリカを「親分」とでも思っていやしないか。これがイスラエルあたりだったら、それこそ「ミュンヘン」という映画ではないけど、自国のオリンピック選手13名を殺したパレスチナの組織「黒い9月」の連中を世界の果てまで追いつめ、最後の一人まで殺害したように(正確な数字は明らかにされていないが、20名余が殺害されたといわれている。決して、この行為を肯定するわけではないが)、モサドあたりを送り込んで、自分達の手で連れ戻すというようなことぐらいやったのではないか。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。