スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑える選択。マケインとオバマの本選イベント用ソング


chuck


まるでラスベガスの趣味の悪いショーではないかと錯覚するほど、大統領選のイベントで使われる音楽には、ろくなものがなかった。音楽プロデューサーの一人もおいて、もっとましな曲を選択すればいいのにとは思っていたが、マケイン陣営もこの問題では、相当頭を痛めているとのニュースが掲載されている。


6月11日付、「インディペンデント」によれば、マケイン陣営では、あれこれと試してみた結果、大統領選本選でのイベント用音楽にチャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」を使用するかもしれないとのこと。


この曲は1950年代に、まだ「人種隔離政策」が存在したアメリカ・南部で、黒人のギタリスト兼歌手、チャックベリー(81)が作詞・作曲した“ロックン・ロール”のパイオニア的曲。この曲は後にエルビス・プレスリーやビートルズなどに多大な影響を与え、ロック・ミュージックの原点とも言われるようになった(「ローリング・ストーン」誌による「ギターの名曲100選」でも毎年トップに選ばれている)。


マケインは、「この曲なら、黒人が書いた曲だし、私のキャンペーンで使用しても文句は言わないだろう」と実にこの年代の白人らしい、率直な感想を述べている。


彼は今までABBAの「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」やジョン・クーガー・メレンキャンプの「ピンク・ハウスズ」なども使用してきたが、どれもいまいちだった。それに作詞・作曲家やミュージシャン達がマケイン不支持者達で、この面でも相当もめた。しかし「今度は黒人だし、自分に使用してもらうことを嬉しく思うだろう」と、時代錯誤的で差別的なニュアンスの発言を臆面もなく、堂々としているのだ。


「Go,Go,Go,Go Johnny, Go,Go,Go…という歌詞のところで、ジョン(ジョンはジョニーともいう)・マケインが、足取りこそチャック・ベリーとは異なり、リズムに乗り切れず、千鳥足で、もたもたしながらステージに上がるだろうが、この音楽の持つパワーで、何とかこの72歳の老政治家の最後の野望を実現させようとの望みを託しているのである」と書かれている(爆笑)。


これに対し、チャック・ベリーは、「アメリカはやっとこの地点まで到達したかとの思いでいる。黒人の私が作った曲を、”ホワイトハウス”入りを目指す人が使うことに対しては、いい気持ちでいる。これに反対する理由は何もない。しかし、ここではっきり言っておきたいのは、私が支持するのはあくまでも同じ黒人のオバマということだ」といった。


チャック・ベリーの「ジョニー・B・グッド」(ビデオ)

http://jp.youtube.com/watch?v=AEq62iQo0eU&feature=related


ABBAの「テイク・ア・チャンス・オン・ミー」(ビデオ)

http://jp.youtube.com/watch?v=SuB8xWeA59I


ジョン・クーガー・メレンキャンプの「ピンク・ハウスズ」(ビデオ)

http://www.dailymotion.com/video/x1guxk_pink-housesjohn-cougar-mellencamp_music

一方、オバマはやはりというべきか“見え見え”の音楽選択となっている。もちろん、アル・ゴアやボビー・シュリバー(ジョン・F・ケネディーの妹の息子)達と共に、地球温暖化反対運動やエイズ救済運動のための“チャリティー・コンサート”で音頭を取っているアイルランド出身のロック・グループ、U2のボノ(Bono)の曲である。タイトルは、「ビューティフル・デイ」。


U2の「ビューティフル・デイ」(ビデオ)

http://www.viralvideochart.com/myspace/u2beautiful_day?id=1316591192

ボノはイギリス王室からナイト(騎士)の称号を授けられている(外国人にはナイト、自国民にはサーの称号)。

http://en.wikipedia.org/wiki/Bono


ボビー・シュリバーはエール大学出身で、「スカル・アンド・ボーンズ」に対抗するもう一つの“シークレット・ソサエティ”である「スクロール・アンド・キー・ソサエティー(Scroll and Key)」 のメンバー。

http://en.wikipedia.org/wiki/Bobby_Shriver

http://en.wikipedia.org/wiki/Scroll_and_Key


ケネディー家は、ボビー・シュリバーの妹を妻にしているシュワルツネガー知事は共和党員であり、マケインの支持者だが、他のファミリー・メンバーはオバマ支持。現サンタモニカ市会議員のボビー・シュリバーも民主党員で、オバマ支持。

このようにたかが音楽だが、こんな中にもさまざまな思惑が見え隠れするのが丸見えだ。


http://www.independent.co.uk/news/world/americas/no-johnny-no-chuck-berry-joins-chorus-of-musicians-snubbing-mccains-campaign-844215.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。