スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマとヒラリーの仲介者、ダイアン・ファインスタイン


Daiann


大統領選挙が仕組まれた芝居であることは、もはや秘密事項ではなくなったが、ここまであからさまに事を運んでもいいのかと思えるような、笑える話が報道された。


6月5日午後9時ごろから、ワシントンD.C.にあるダイアン・ファインスタイン(Dianne Feinstein)上院議員(カリフォルニア州選出。民主党。ヒラリー支持派)の自宅でオバマとヒラリー・クリントンが会談をしたというのだ。そして、ヒラリーは今後、民主党内での結束を固くするためにもオバマを応援することに決めたとのこと。

http://abcnews.go.com/GMA/Politics/story?id=5012995&page=1


ダイアン・ファィンスタインはサンフランシスコ出身のユダヤ系アメリカ人。祖父母はユダヤ系ポーランド人の移民で、父親はカリフォルニア大学サンフランシスコ校メディカル・センターでユダヤ系初の外科医。彼女はスタンフォード大学卒業後、市の職員になり、1978年ー1988年までサンフランシスコ市長に。その後、共和党と民主党の間をうまく泳ぎながら、下院議員から上院議員へと階段を上り、アメリカ初の女性大統領候補として最有力との評判をとっていたほどだった。


ファインスタインという苗字は、外科医で他界した彼女の2番目の夫の苗字だが、建設会社、投資会社などを経営する今の夫と再々婚後も、この苗字を名乗っている。


彼女は2001年ー2005年まで、米軍イラク復興工事委員会の委員を務めていたが、この“イラク復興ビジネス”でハリバートンと彼女の夫の会社(URS コーポレーションとPerini コーポレーション)が莫大な利益を上げていることが発覚し、問題になったことがある。

http://en.wikipedia.org/wiki/Dianne_Feinstein

http://www.metroactive.com/feinstein/

上院では、ロックフェラー家4代目当主のジョン・D・ロックフェラー4世(通称ジェイ・ロックフェラー)が委員長を務め、委員会の中でも最もハイランクに位置する情報委員会のメンバーであり、外交問題評議会、三極委員会(TC)、そしてビルダーバーグ会議のメンバーでもあるというものすごい人物。もちろん、ユダヤ系アメリカ人の親イスラエル・ロビー団体、AIPACのメンバーであることはいうまでもない。


上院情報委員会メンバー

http://intelligence.senate.gov/memberscurrent.html


外交問題評議会メンバー

http://www.stopthenorthamericanunion.com/CFRMembers.html


三極委員会メンバー

http://www.apfn.org/apfn/cfr-members.htm


ビルダーバーグ会議メンバー

http://www.nndb.com/org/514/000042388/


AIPAC

http://en.wikipedia.org/wiki/Dianne_Feinstein

http://www.aipac.org/


今回の会議に至るまでのプロセスを見ると、実に手際よく事が運ばれているのに感心する。


・6月3日夜:モンタナ、サウスダコタ州での最終予備選で、オバマが民主党の指名を確定する


・6月4日:オバマ、ヒラリー共にAIPACの年次会議に出席。両者ともイスラエルーアメリカの強固な絆を強調。「イランの核の脅威からイスラエルを守りぬく」とのオバマの発言に、ヒラリーも賛意を表明。「オバマ議員がイスラエルの良き友人であることを私は確信している」との発言も行っている(イスラエルでの両者の支持率は、圧倒的にヒラリーの方が高かったが、この会議でのヒラリーの発言は、まるで彼の後見人がユダヤ系コミュニティーに対して、正式に「オバマをよろしく」と依頼するかのような発言だ)。
http://www.haaretz.com/hasen/spages/990201.html

http://www.huffingtonpost.com/2008/06/04/clinton-tag-teams-with-ob_n_105168.html

・6月5日午後8時半ごろより:ワシントンD.Cに近いバージニア州チャンティリーのウエストフィールド・マリオット・ホテルでビルダーバーグ会議を開催


・6月5日午後9時ごろより: ワシントンD.C.のファインスタインの自宅でオバマとヒラリーが会談。ヒラリーがオバマ支持を正式に表明する。


やはり大統領選挙は、出来レースであり、大統領とは、パワー・エリート達の意向を実行する代理人か。そんな思いを否が応でも強くさせる、そんな出来事だ。


なお、ヒラリーが副大統領になるのではないかといったうわさがあるが、それはどうだろうか?噂では、オバマの副大統領にダイアン・ファインスタインとかアル・ゴアといった名前も挙がっているが。


8月25日には、コロラド州デンバーで「民主党全国大会」が開催される。特にコロラド在住の、UFO、異星人に関する機密情報開示を求めて運動を行っているグループの人たちが、今、大騒ぎしているのもこのことと関係があるのかもしれないと思ってみたりもする(異星人と遭遇したというスタン・ロマネクの本がもうすぐ出版されるようだ。このパブリシティーを兼ねてということもあるかもしれない)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■参考です

オバマはこの数日前、AIPACに出席していたようです。以下Haaretz記事リンクです(本文略)。

http://www.haaretz.com/hasen/spages/990201.html

Obama to AIPAC: I'll do everything to prevent Iran from obtaining nukes
By Haaretz Service and News Agencies
----

オバマだけかなと思いきや、Jerusalem Postによると皆さん仲良く?AIPACに出ていたようです。
http://www.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1212041485379&pagename=JPost/JPArticle/ShowFull



2 ■ロイターにはこんな話も

http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-32143720080607

イラン核開発継続の場合、攻撃は「不可避」=イスラエル運輸相

 [エルサレム 6日 ロイター] イスラエルのモファズ副首相兼運輸相は6日、イラン核施設への攻撃は「不可避」かもしれない、との見方を示した。

 イディオト・アハロノト紙によると、同相は「イランが核兵器開発プログラムを継続した場合、イランを攻撃する。制裁は効果がない」との見方を示した。

 そのうえで「核開発計画を止めさせるためにイランを攻撃することは不可避だろう」と述べた。

3 ■政治家のいやらしいメンタりティー

お二人さん、フォーロー、感謝です。

「何かが抜けているぞ」とは思いつつも、6月4日のAIPAC会合のことを書くのをすっかり、忘れていました。これが一番重要なことでした。イスラエル社会に向けて、ヒラリーが「まあ、ひとつオバマのことをよろしくお願いします」という正式な挨拶だったのでしょう。腹黒い、計算高いヒラリーのことだから、こういう形で“恩を売って”これをいざという時の“カード”にするのでしょう。

副大統領になって、チェイニーーブッシュのコンビのように、副の方が陰から正を操ろう(操らせる)という魂胆か、それとも次の選挙戦を狙っているのか。「ユダヤを制する者がアメリカを制する」との諺もありますからねえ(笑)

ロイターの記事は、“心理戦”が大得意の、イスラエル独特の“煽り”でしょう。イランは核兵器開発などやってないでしょう。ここ2,3年の間、何回、同じことを言って、全くもう。
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。