スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカでの米軍縮小/カルフォルニア州財政赤字補てんに宝くじ

「建国60周年」を祝うため、イスラエルを訪問しているブッシュが大見栄を切って、「中東のこの地域に悪魔はいらない。平和のみが必要だ。でも心配しないでほしい。イスラエルはわずか700万人余の国だが、背後にはアメリカ合衆国3億人の国民がしっかり控え、支えているから」と演説し、おまけにウインクまでして、あの下品な笑い方を全世界に披露したのは、昨日、5月15日だった。


彼の大仰なスピーチを聞いているオルメルト首相をはじめとする他の政治家たちの表情を見ると、ブッシュのあまりもの威勢の良さに(?)、少々驚愕している様子が読み取れたほどだ。彼は芝居下手だから、顔つきを見ていると心にもないことを読み上げているのか、少しはそう思って読みあげているのか、大体、見分けがつく。


そしてオバマへの当てこすりとも思わせるニュアンスで、「1939年、ナチの軍隊が戦車でポーランドに侵攻していった時、一人のアメリカ人上院議員が、もしヒットラーと話し合いをすることができたなら、あの事態を避けられたに違いないといったことがあるが、これを誤った宥和政策といい、これが通じないということは、歴史が証明していることだ」といった。

http://abcnews.go.com/Video/playerIndex?id=4861337


オバマは、以前、「イラン、キューバ、北朝鮮といった国が抱える重要課題については、これらの国のリーダーたちと協議して決めればよい」と発言したことがあり、現在大統領予備選に出馬しているヒラリー、マケインの二人とは大きく見解が異なっていた。そこで、彼は、ブッシュのこの発言を「自分への政治的意図を持った攻撃だ」との声明文を発表した。これに対し、ブッシュ側は、「それは誤解であり、彼を攻撃する為の意図的なものではなかった」と言っている。

http://www.breitbart.com/article.php?id=D90M50O02&show_article=1


しかしながら、任期あと8か月余りしかないブッシュである。いくら威勢の良いことを言っても、現実的にはもう“時間がない”といったところではないか。そういう想像をかき立ててくれる記事が、5月16日付、「クリスチャン・サイエンス・モニター」に掲載された。


これによると、従来型の強硬的手段ではなく、”新しいソフト・パワーによる支援”を目的としてアフリカで活動していた米軍が規模を縮小し、リベリアに予定していたヘッドクオーターの建設を諦めたとのこと(ブッシュはこの計画のため、今年2月、頻繁にリベリアを訪れていた)。アフリカ管轄のヘッドクオーターは、従来通り、ドイツのシュッツガルトにするか、もしくはアメリカ東海岸にある基地にするか判明していない。”US Africa Command ”または”AFRICOM ”と呼ばれていたこの活動は、今年10月までは従来通り行使されるが、それ以降はどうなるか不明。

http://www.csmonitor.com/2008/0516/p03s03-usmi.html

http://www.csmonitor.com/2008/0411/p07s03-woaf.html


アメリカは、現在原油輸入量の15パーセント以上をアフリカから輸入しており、2015年にはその輸入量は全輸入量の4分の1にまで増加するといわれている。原油獲得競争に勝ち名乗りを上げたいところだろうが、しかし、この地域には中国が先手を打って深く食い込んでいる。毎年、アフリカ諸国の代表を北京に招待し、費用はすべて中国もちで「アフリカー中国サミット」を開催しており、アメリカは出遅れたということになるか。

http://english.focacsummit.org/


この件については、外交問題評議会(CFR)も下記のような詳細な論文を掲載しており、この問題への関心度の高さがうかがえる。http://www.cfr.org/publication/9557/

アメリカ大統領といえども、三極会議やビルダーバーグ会議といった世界のパワー・エリートたちの会議動向を完全に無視して事を運ぶわけにはいかないのではないか(当たり前だ)。今年は6月5日ー8日、バージニア州Chantillyにある「ウエストフィールド・マリオット・ホテル」で開催されるようだ(先日掲載したギリシアでの開催という記事は間違いでした。お詫びして下記に訂正のURLを掲載します)。
http://www.americanfreepress.net/html/bilderberg_2008.html


昨年度はトルコのイスタンブールにあるリッツーカールトン・ホテル(Ritz-Carton Hotel)に政界、財界、メディア界

の代表たちが世界各国から約130名集まった。この会議の出席者は下記の通り(このリストは過去、この会議に出席したことがある人のリスト)

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Bilderberg_attendees


また今年度の三極委員会は、4月25-28日にワシントンD.Cで開催された。メンバーは下記の通り。日本では小林陽太郎、緒方しじゅろう、山本ただしなどの名前が太平洋アジア地区幹部として一番最初のリストに掲載されている。これの設立者であり名誉会長のデイビッド・ロックフェラーや彼と共にこの設立に携わったブレジンスキー(オバマの外交政策補佐官)の名前もある。

The Trilateral Commission: North American Group 2008


TRILATERAL COMMISSION EXECUTIVE COMMITTEE

Thomas S. Foley North American Chairman
Peter Sutherland European Chairman
Yotaro Kobayashi Pacific Asia Chairman
Allan E. Gotlieb North American Deputy Chairman
Herve De Carmoy European Deputy Chairman
Han Sung-Joo Pacific Asia Deputy Chairman
Lorenzo H. Zamibrano North American Deputy Chairman
Ainijrzej Olechowski European Deputy Chairman
Shijuro Ogata Pacific Asia Deputy Chairman
David Rockefeller Founder And Honorary Chairman
Paul A. Volcker North American Honorary Chairman
Georges Berthoin Chairman European Honorary
Otto Graf Lambsdorf European Honorary Chairman
Michael J. O’Neil North American Director
Paul Revay European Director
Tadashi Yamamoto Pacific Asia Director

NORTH AMERICAN GROUP

Madeleine K Albright The Albright Group LLC Washington, D.C.
Graham Allison Kennedy School of Government, Harvard Cambridge, Mass.
Richard L. Armitage Armitage International Washington, D.C.
James L. Balsillie Co-Chief Exec. Officer, Research in Motion Waterloo, Ontario
Charlene Barshefsky Wilmer, Cutler & Pickering Washington, D.C.
Alan R. Batkin Eton Park Capital Management New York, N.Y.
Lael Brainard The Brookings Institution Washington, D.C.
Doug Bereuter The Asia Foundation San Francisco.
C. Fred Bergsten Peterson Institute for Int’l Economics Washington, D.C.
Catherine Bertini Syracuse University Syracuse, N.Y.
Robert D. Blackwill Former Deputy Asst, to the President Washington D.C.
Dennis Blair, USN (Ret.) Institute for Defense Analyses Alexandria, Va.
H. Blanco Mendoza Private Office of Herminio Blanco Mexico City
Stephen W. Bosworth Dean, Tufts University Medford, Mass.
David G. Bradley Atlantic Media Company Washington, D.C.
Harold Brown Center for Strategic and Int’l Studies Washington, D.C.
Zbigniew Brzezinski Center for Strategic and Int’l Studies Washington, D.C.
Sylvia Mathews Burwell President Global Development Program Hinton, WV
Louis C. Camilleri Altria Group, Inc New York, N.Y.
Kurt Campbell CEO Center New American Security Washington, D.C.
Raymond Chrétien Fasken Martineau DuMoulin LLP Montreal, Quebec
William T. Coleman III Cassatt Corporation San Jose, Calif.
Timothy C. Collins Ripplewood Holdings New York, N.Y.
Richard N. Cooper Harvard University Cambridge, Mass.
F. Gerald Corrigan Goldman, Sachs & Co. New York, N.Y.
Michael J. Critelli Pitney Bowes Inc. Stamford, Conn.
Lee Cullum “NewsHour with Jim Lehrer,” Dallas, Texas
H. Lawrence Culp, Jr CEO of Danaher Washington, D.C.
Gerald L. Curtis Columbia University New York, N.Y.
Douglas Daft The Coca Cola Company Atlanta, Ga.
Lynn Davis The RAND Corporation Arlington, Va.
Arthur A. DeFehr Palliser Furniture Winnipeg
André Desmarais Power Corporation of Canada Montréal, Quebec
John M. Deutch Mass. Institute of Technology Cambridge, Mass.
Jamie Dimon JP Morgan Chase & Co. New York, N.Y.
Peter C. Dobell Parliamentary Centre Ottawa, Ontario
Wendy K Dobson University of Toronto Toronto
Kenneth M. Duberstein The Duberstein Group Washington, D.C.
Robert Eckert Mattel, Inc. El Segundo, Calif.
Jessica P. Einhorn The Johns Hopkins University Washington, D.C.
Jeffrey Epstein J. Epstein & Company, Inc. New York, N.Y.
Dianne Feinstein U.S. Senate (D-Calif.) Washington, D.C.
Martin S. Feldstein Harvard University Cambridge, Mass.
Roger W. Ferguson, Jr. Swiss Re America Holding Corp. Washington, D.C.
Stanley Fischer Bank of Israel; frmr president, Citigroup New York, N.Y.
Richard W. Fisher Federal Reserve Bank of Dallas Dallas, Texas
Thomas S. Foley Akin Gump Strauss Hauer & Feld Washington, D.C.
Kristin J. Forbes Associate Prof. of Int’l Management Cambridge Mass.
Michael B.G. Froman Citigroup Inc. New York, N.Y.
Francis Fukuyama The Johns Hopkins University Washington, D.C.
Dionisio Garza Medina ALFA Mexico
Richard A. Gephardt Former member House of Reps. (D-Mo.) Washington, D.C.
David Gergen Harvard; Editor, USN&WR Cambridge, Mass.
Peter C. Godsoe Scotiabank (ret.) Toronto, Ontario
Allan E. Gotlieb Bennett Jones LLP Toronto, Ontario
Bill Graham Canadian House of Commons Ottawa, Ontario
Donald E. Graham CEO of The Washington Post Company Washington, D.C.
Jeffrey W. Greenberg Aquiline Capital Partners, LLC New York, N.Y.
Richard N. Haass President, Council on Foreign Relations New York, N.Y.
James T. Hackett Anadarko Petroleum Corp. Texas
John J. Hamre Center for Strategic and Int’l Studies Washington, D.C.
William A. Haseltine Haseltine Global Health, LLC Washington, D.C.
Richard F. Haskayne University of Calgary Alberta
Charles B. Heck Senior Adviser, Trilateral Commission Washington, D.C.
Carlos Heredia International Affairs Mexico
Carla A. Hills Hills & Company, Int’l Consultants Washington, D.C.
Richard Holbrooke Perseus LLC New York, N.Y.
Karen Elliott House Dow Jones & Co. & Wall Street Journal Princeton, N.J.
Alej. Junco de la Vega Grupo Reforma Monterrey, Mexico
Robert Kagan Carnegie Endowment for Int’l Peace Washington, D.C.
Arnold Kanter The Scowcroft Group Washington, D.C.
Charles R. Kaye Warburg Pincus LLC New York, N.Y.
James Kimsey Founding CEO of AOL Washington, D.C.
Michael Klein Citigroup Inc. New York, N.Y.
Steven E. Koonin British Petroleum London
Enrique Krauze Editorial Clio Libros y Videos, S.A. de C.V. Mexico City
Robert Lane Deere & Company Moline, Ill.
Fred Langhammer The Estee Lauder Companies, Inc. New York, N.Y.
Jim Leach Former U.S. Representative (R-IA) Washington, D.C.
Gerald M. Levin AOL Time Warner, Inc. New York, N.Y.
Winston Lord International Rescue Committee New York, N.Y.
E. Peter Lougheed Bennett Jones, Banisters & Solicitors Calgary, Alberta
Roy MacLaren Former High Commissioner to the UK Toronto, Ontario
John A. MacNaughton Frmr CEO Canada Pension Plan Invest. Brd Toronto, Ontario
Antonio Madero San Luis Corporacion, S.A. de C.V. Mexico
John Manley McCarthy Tétrault LLP Ottawa, Ontario
Sir Deryck C. Maughan KKR Asia, Kohlberg Kravis Roberts & Co. New York, N.Y.
Jay Mazur Union of Needletrades, Textile Employees New York, N.Y.
James Moore Canadian Parliament Ottawa, Ontario
Marc H. Morial National Urban League New York, N.Y.
Heather Munroe-Blum McGill University Montreal, Quebed
Brian Mulroney Ogilvy Renault Montréal, Quebec
Indra K. Nooyi PepsiCo, Inc. Purchase, N.Y.
Joseph S. Nye, Jr. Kennedy School of Government, Harvard Cambridge, Mass.
David J. O’Reilly Chevron Corporation San Ramon, Calif.
Meghan O’Sullivan Former Deputy National Security Adviser Washington, D.C.
Richard N. Perle American Enterprise Institute Washington, D.C.
Thomas R. Pickering Consultant, The Boeing Company Arlington, Va.
Martha C. Piper The University of British Columbia Vancouver, B.C.
Richard Plepler Executive Vice President, HBO New York, N.Y.
Joe Ralston, USAF (Ret) The Cohen Group Washington, D.C.
Charles B. Rangel U.S. House of Representatives (D-N.Y.) Washington, D.C.
Susan Rice Brookings Institution Washington, D.C.
Hartley Richardson James Richardson & Sons, Ltd. Winnipeg, Manitoba
Joseph E. Robert, Jr. J.E. Robert Companies McLean, Va.
John D. Rockefeller IV U.S. Senate (D-W.V.) Washington, D.C.
Kenneth Rogoff Center for Int’l Development, Harvard Cambridge, Mass.
Charles Rose The Charlie Rose Show, PBS New York, N.Y.
Irene B. Rosenfeld CEO Kraft Foods Northfield, Ill
Dennis Ross Ambassador Counselor and Ziegler Washington, D.C.
David M. Rubenstein The Carlyle Group Washington, D.C.
Luis Rubio Center of Research for Development Mexico City, Mexico
Arthur F. Ryan Prudential Financial, Inc. Newark, N.J.
Jaime Serra SAI Consulting Mexico City, Mexico
Dinakar Singh TPG-Axon Capital New York, N.Y.
Anne-Marie Slaughter Princeton University Princeton, N.J.
Gordon Smith Centre for Global Studies, U. of Victoria Victoria, B.C.
Donald R. Sobey Empire Company Ltd. Halifax, Nova Scotia
Ronald D. Southern ATCO Group Calgary, Alberta
James B. Steinberg LBJ School of Public Affairs, U. of Texas Austin, Texas
Jessica Stern Program on Terrorism & the Law, Harvard Cambridge, Mass.
Barbara Stymiest RBC Financial Group Toronto, Ontario
Lawrence H. Summers Harvard University Cambridge, Mass.
John J. Sweeney AFL-CIO Washington, D.C.
Strobe Talbott The Brookings Institution Washington, D.C.
George J. Tenet Georgetown Univ., former CIA Director Washington, D.C.
John Thain New York Stock Exchange, Inc. New York, N.Y.
G. Richard Thoman Columbia University New York, N.Y.
Paul A. Volcker Wolfensohn & Co., Inc., frmr Fed. Res. Chair.New York, N.Y.
William H. Webster Former CIA Director Washington, D.C.
Fareed Zakaria Newsweek International New York, N.Y.
Lorenzo H. Zambrano CEMEX Monterey, Mexico
Ernesto Zedillo Former president of Mexico; Yale Univ. New Haven, Conn.
Mortimer B. Zuckerman Chairman, U.S. News & World Report New York, N.Y.
William T. Coleman, Jr. Lifetime Trustee, Trilateral Commission Washington, D.C.
Henry A. Kissinger Lifetime Trustee, Trilateral Commission Washington, D.C.
Robert S. McNamara Lifetime Trustee, Trilateral Commission,
frmr pres., World Bank; frmr sec.of Defense; frmr pres., Ford Motor. Washington, D.C.
David Rockefeller Founder, Lifetime Trustee, Trilateral Comm. New York, N.Y.

NEW TRILATERAL MEMBERS ATTENDING FROM EUROPE

Patricia Barbizet CEO Artemis Group, France
Dermot Gleeson Chairman, AIB Group, Ireland
Elisabeth Guigou French National Assembly, France
Nigel Higgins Senior Partner N M Rohschild & Sons, UK
Jerzy Kozminski President & CEO Polish-American Freedom, Poland
Thomas Leysen CEO Umicore, Belgium
Manfred Bischoff Chairman, SNCF, France
Arpad Kovacs Pres. State Audit Office Hungary, Budapest
Friedrich Merz Member of the German Bundestag, Germany
Pietro Modiano Mng. Director CEO Intesa Sanpaolo, Italy
Hans Reisenhuber (returning) Member of the German Bundestag, Germany
Jeroen van der Veer Chief Executive, Royal Dutch Shell, The Netherlands

(Issue # 19, May 12, 2008)

http://www.americanfreepress.net/html/trilateral_commission_attendee.html


ちなみに小林陽太郎氏はこちらの会でも日本支部の会長となっている。

http://www.aspeninstitute.jp/02/01.html

ーーーーーーーーーーーーーー

カルフォルニア州財政の赤字補てんに宝くじの収益金を借用

calif.



政治・経済ともに、厳しい現実に直面しているアメリカだが、州財政の赤字が深刻なカリフォルニア州では、とうとうシュワルツネガー知事が宝くじの収益金を借用して、来年度を乗り切ろうとする提案が州議会に提出された。


カリフォルニア州は、全米で最も富裕層が多い州だが、現在20億ドル(約2兆円)の赤字に苦しんでいる。シュワルツネガー知事はこのうち15億ドルは向こう3年間、宝くじの収益金を借用することによって充当したいとしている。ネバダ州のように、ギャンブルと合法的売春業も加えて州財政の健全化を図ろうとするような時代がそのうち来るかもしれない(笑)。
.http://news.yahoo.com/s/ap/20080514/ap_on_re_us/california_budget_1


ーーーーーーーーーーーーーー

フェニックスが姉妹都市の中国四川省Chengduへの援助活動を


時々、UFOらしき物体が空を飛ぶことで有名なアリゾナ州フェニックス市の住民たちが、今度の中国における大地震で被災した姉妹都市、中国四川省 Chengduへの募金活動開始した。


フェニックスとChengduでは、毎年数多くの若者の交換ホームステイや留学を行い、一般市民の多くもChengduを訪れるなど、市民の交流が活発だったが、このたびの地震の知らせを聞いて、教師や学生達から、消防士、警察官、裁判官などの広範囲の人々まで、「即座に募金活動を」との声が上がり、活動が開始された。すでに何人かの代表団が中国に飛び、銀行口座を開設。募金の振込ができるようにしたとのこと。


アメリカ人はこういう時には、実にてきぱきと行動して、道義心を発揮する。この点には本当に感心する。異文化・異民族理解とは、直に接して体感することから生まれるということの良い例だ。ただひとつ、今、はたして被災地の人達にお金が役立つのかという疑問は残るが・・。

http://www.csmonitor.com/2008/0516/p02s01-usgn.html

http://ameblo.jp/sunshine-berkeley/entry-10090930361.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■TC(三極委員会)

三極委員会も、ビルダーバーグ会議に先立ち、
4月25~28日にワシントンDCで開催されたようですね。

北米のメンバーとヨーロッパのニューカマーの
リストが載っていました。
http://www.americanfreepress.net/html/trilateral_commission_attendee.html

2 ■TCの件とこげばんさんにお礼

情報、ありがとうございました。すっかり見落としていましたよ。早速、載せました!

それと今、ちらりとのぞいてみて分かったのですが、あそこに言ってくださったんですね。ウソ捏造工場さんとこげばんさんにお礼を申し上げます(笑)。今回は決断がものすごく速かったですね(笑)。なぜもっと素早い行動をという思いはありますけどね。



3 ■こちらこそありがとうございました。

いえいえ、こちらこそ面白いネタありがとうございました。
管理人さんの判断にも影響したのではないでしょうか。

話は変わりますが、拙者も昔は潜ってましたよ。恥ずかしながら体壊して「病気の総合商社」みたいになった時期もあったためすっかり遠ざかってしまいましたが、一応今でも立派なペーパーダイバーです(笑)。(余談だけど、体が動かなくなってからリハビリで始めたのがウィンタースポーツ。両極端みたいだけど、どーゆーわけか効きました。)
#あ、体壊したおかげで? 伊豆で「癌に効く温泉」見つけたけど(笑)

それはそうとして、お2人そろって南方系とは知りませんでした。お口直しに南方系?の映像をどーぞ。

http://jp.youtube.com/watch?v=EAtpmvsFc9Q
http://jp.youtube.com/watch?v=xmcMgQmIQH4
http://jp.youtube.com/watch?v=5J6MGnpS0v4

4 ■ストレスは大敵

Sunshine Skyway Bridgeが一番、気に入りました(笑)。フロリダですかねえ?まあ、ウソ捏造工場さんのようなモーターサイクルで映像まで撮って投稿までするという、モノ好きな人もいるんですねえ(笑)。マイアミには行ったことがありますが、あそこは英語が通じない(笑)。スペイン語を話せないと日常生活に不自由する(笑)。

くそ男子校でストレスが溜まったのでは?こげばんさんの霊視もできているけど(笑)、感受性の鋭い、本物志向の、とことん突き詰めて物事を思考する傾向のある人は体を壊しやすい。この世は悪意に満ち満ちているから。それにヘビー・メタルとかパンクは体を悪くさせるためにある(爆笑)。感受性豊かな人は悪魔にも取りつかれやすいし(爆笑)。これ、まんざら冗談でもないでっせ。

でも病気をしたら色々物を考えざるを得ないから、人間的にはものすごく成長する。人間には光と影があって、はじめて魅力的な、人間らしい人間になる。あそこのオバタりアンみたいな、紙みたいな薄っぺらな人間には絶対にならない(例が悪かったか・・笑)。病気は人間を成長させるための天からの贈り物とでも思って・・。でも、もう、くそ男子校での悪い思い出は水に流した方がよろしいで(笑)。

私の友達に12年生(高3年)の時、妹と母親を亡くした人がいます。妹は白血病、母親も何かの癌で。ほぼ同時に入院して、妹が先に亡くなり、2週間後に母親が亡くなった。彼はものすごく絵がうまかったので、大学はアメリカでもトップ・クラスの美術大に行った。そして今はハーバードで働きながら、絵の制作もしています。やはり同年代の人に比べると精神の成長度がはるかに上です。

ウインター・スポーツは、山の持つ霊気が気功的な役割をはたしてくれるんですかねえ?

伊豆の温泉って、修善寺かな?今の季節は最高でしょうね。ウソ捏造工場酸は、モーターサイクルでぶっ飛ばして、遊びに行っているのかな?

5 ■フロリダ / デイトナビーチ

どうも、モーターサイクルでとことことお散歩してきました(笑)

こげぱんさん、映像どうもです。

なるほど、こういった映像を見ると、ハーレーみたいなモーターサイクルでのんびり流す、というのはアリなんですねぇ。

あと、デイトナは「200マイルレース」とかが有名ですね。

sunshineさん、
ライダーは基本的に、モーターサイクルで映像まで撮って投稿までするという、モノ好きな人ばかりです(笑)。

先日、ハーレーの事が書いてありましたが私、実はハーレーには興味ないんで、バンダナも巻かないし、革ジャンも革パンツも着ないし、タトゥーなんかも入れたりしてません(笑)。

伊豆の山道のような所を走るには向いてないんですよね、ああいったタイプは。
ああ、伊豆行きたい。仕事なんかうっちゃって(笑)。

ところで、日本の大型モーターサイクルマーケットで、一番売れているのが、ハーレーなんですよ。知ってました?日本の4大メーカーを差し置いて、しかも決して安いとはいえない価格なのに。
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiimay080537/

まあ、モーターサイクルに全く興味のない人でも「ハーレー」は知っているし、パーキングなんかでも注目される、ブランドの力は凄いな、とは思いますけど。BMWもそういった側面はありますね。

癌に効く温泉、ってここかな?
http://sound.jp/rinrinranran/onsen.htm

6 ■モーターサイクル

えっ!? 玉川温泉のある秋田県って、伊豆でしたっけ?(爆笑)こげばんさんは、「伊豆にある」と書いていますよ。

実は私、昔、玉川温泉に行ったことがありますよ。田沢湖とか恐山とか。玉川温泉は田沢湖の駅から車で1時間ぐらいかかった山の中の何もないところで、岩盤浴です。温泉もあるけど。

ところで今までカリフォルニア州(それともベイエリアだったか?)の警察官のモーターサイクルはハーレーだったけど、今度からホンダにするとのニュースが先日、流れていましたよ。値段はホンダの方がずっと安いからと。3分の2ぐらいと言っていたか?どうもアメリカのハイウェー・パトロールのモーターサイクルの方が日本のものより大型な気がしますけど。体も大きいから?

7 ■警察のモーターサイクル

すみません。間違ってました。ハーレーからホンダに変えたというのはフロリダ州のレイク・メリーという町でした。
http://www.wftv.com/news/15695064/detail.html
なお全米で一番最初にモーターサイクル・パトロールを開始したのは、何とカリフォルニア州バークレー市の警察で、1911年(うむ、9.11に近い?)、ハーレーを使って行ったとのこと(バークレーはやっぱり、何でも最初に新しいことをするのが好きな町だ…笑)。

アメリカ各地の警察で使われているモーターサイクルはハーレー、カワサキ、ホンダ、BMVとなっていますね。
http://www.crazyleafdesign.com/blog/the-history-of-police-motorcycle-designs/

8 ■畑毛温泉

が下のほうに・・・あるんです。

ハーレーはデカイですよ。一般的に見て。
まあ、日本のメーカーもハーレーそっくりのタイプを造ってまして、それは結構大きいですけどね。

単純に速さで言えば、日本製のほうが速いですから、取締りにはいいのかな?

9 ■なるほど

購入価格とメインテナンスにかかるコストが安いってことですね。ホンダのほうが。

最近はハーレーの品質もかなり向上してますけど、コスト / パフォーマンスで比較すればまだ日本車は優位に立っていますからね。

10 ■畑毛温泉ですね

すみません。見落としていました。これは知りませんでした。伊東の方からもっと静岡よりですかねえ?

11 ■場所は

12 ■失敗

13 ■いろいろとレスありがとうございました。

皆様、いろいろとレスありがとうございました。
あと、過分な褒め言葉ありがとうございました。オバタリアンと比べりゃ、多少はマトモな人間だとは自負してましたけど(笑)・・・
#あ、メタル聴くのがしんどい年になってきましたので、メタルは最近ほとんど聴いてません(笑)

私が知っている、伊豆の「癌に効く温泉」はこの2つです(上:伊豆長岡、下:修善寺。畑毛温泉は知りませんでしたが、こちらも一度行ってみたいです)。
http://www.2617.co.jp/
http://www.jindainoyu.com/
両方ともいい温泉だそうですが(残念ながら修善寺には行ったことがありません)、湯質が強く、湯あたりがひどいので、もしバイクで行かれる時は特に気をつけて、十分な休息をとられてから帰途についてください。

「癌に効く温泉」といえば玉川温泉が有名ですが、全く同じ温泉が台北にあります。
玉川は予約が難しいらしいですが、こちらは飛び込みでも泊まれました。
http://www2.tba.t-com.ne.jp/dappan/fujiwara/article/onsen.htm
http://www.sincere-hotel.com/

「癌に効く温泉」のメカニズムは微量放射能だそうですが、その効果はこのpdfファイルに要約されています。横文字で、おまけに単語がちと難しいのが難ですが・・・
HEALTH EFFECTS OF LOW LEVEL RADIATION
http://tauon.nuc.berkeley.edu/asia/1999/TPE99Hattori.pdf

こちらには微量放射能効果の歴史が書かれていますが、ちと長い・・・
Applying Radiation Health Effects Data to Radiation Protection Policies
http://www2000.irpa.net/irpa10/cdrom/01116.pdf

これは微量放射能効果研究の総本山。資料が多すぎて、あまり目を通していませんが・・・
http://www.dose-response.org/index.htm

14 ■無題

ウソ捏造工場さん、下田の先でしたね。懐かしい。ありがとうございました。

こげばんさん

ゆっくり読んでみますね。玉川温泉は、10年ぐらい前に行きましたよ。大部屋と個人部屋がありましたね。本当になにもないところでした。1件だけがぽつりとあるという。それにしてもあそこ、すっかり・・・どうしたんですかねえ。

15 ■ビルダーバーグ会議の日程について

アメリカン・フリー・プレスによると、
ビルダーバーグ会議は6月5日から6月8日の間、ヴァージニア州のウエストフィールズマリオットリゾートという場所で開催される、との記事がありました。

ギリシャ開催の情報は“煙幕”?

16 ■すみません、URL忘れていました。

17 ■ありがとうございました

ありがとうございました!今、訂正しました!

18 ■なんなんだこのタイムスタンプは(笑)

2008-05-22 18:06:06 
2008-05-22 18:08:08

6時6分6秒 
18時8分8秒 ワラ

19 ■これは不思議

ふむ・・ビルダーバーグと書いただけでエシュロンにひっかかって、このような悪さをしたのかな?

それとも仕事をさぼってインターネットをやっているから、紙幣のあの目が悪さをしたのかな?(爆笑)

20 ■数字

TVとかパソコンの時刻表示をふと眺めた時、
9:11とか
11:11とか
13:13とか
7:33とか
10:18とか
アレな数字になってることが多いんですよ(苦笑)
いや、ネタじゃなくホントになんですけどね。

で、話は変わりますが、Don't Believe The Hype
で検索するとパブリック・エネミーのビデオが出てきて、これはラップ・ミュージックにうとい私でも
悪くはないな、と思うのですが、
(あ、これsunshineさんのブログのタイトルだから
ヨイショしてるとかじゃないですよ^^)

今の日本で日本語のラップをやっている連中でいいと思うのは殆ど無いんですねぇ。

まあ、肌が黄色いのを除けばアクションとかファッション(服装)はそのまんま黒人コピー、
ってな様子なのだけれど、歌詞が韻を踏んでいないとか、日本語のイントネーションを意識していないからなんか変とかetc.
要するにそれなら「本物」聴いたほうがいいじゃん、てな気分にさせられてしまう所があって・・・

そんな中でこれは結構ジャパンオリジナルな要素があって個人的には好きな作品なんですが。
1984年、NYで録音した作品です。
(日本でラップが流行るのはもっとずーっと後の話)

Complication Shakedown - 佐野元春
http://jp.youtube.com/watch?v=f9laFJx8VEQ&feature=related

21 ■シャレにならん

>仕事をさぼってインターネットをやっているから、・・・が悪さをしたのかな?(爆笑)

最近、「濃い」サイトを見ると時折ブラウザの挙動がおかしくなることがあるけど、どーなってんだろう。拙者が鋭いのは、受験狂育&オバタリアン討伐くらいだっつーのに(笑)

これからの季節、涼しい「避暑」サイトや犬猫サイトでも見てるほうがいい、のかなぁ~


22 ■ねこの動画でも

こげぱんさん
これでも見て笑ってくださいな。
http://jp.youtube.com/watch?v=_UDkWklh6dk&feature=related

23 ■80年代はこういうの

佐野xxのビデオ見ましたよ。1984年といえば、MCハマーあたりがはやっていた時代でしょうか。
こういうの。彼は今、また、オークランドで牧師の仕事に戻っているけど。
http://www.youtube.com/watch?v=EMzoBkaFxh4

それとかボビー・ブラウンのもの。
http://www.youtube.com/watch?v=narRGOHDe_I

80年代はディスコ・ミュージックが流行したのではないですか。それでああいうリズムのものが。歌詞の内容があまり良く聞き取れなかったけど、あまりメッセージ性はないもの?

ウソ捏造工場さんはHNからしても、あの世に通じやすい、霊感の強い人ではないでしょうか。だから引き寄せるわけですよ(爆笑)。わざわざ、その時間を選んで時間を選択する、無意識のうちに。

ま、この世は色即是空、空即是色ですから、時間もあってないようなものですが。

でも、やはり「仕事をさぼって、インタ^ネット」というのは、図星だったんですね。否定しないもの(爆笑)。私も全部透けて見えますんやで(爆笑)

こげばんさん

日本中のオバタりアンをこの際、ぜーーーんぶ、退治しておくれやす(爆笑)。日本社会の足を引っ張っているのは彼ら(爆笑)。だから、ろくな女の子がいない。人の話を聞かないで、大声で、自分のことだけまくしたてる。ま、目立ちたがり屋のオジタりアンもあそこにはいっぱいいたけど(爆笑)

24 ■逆「引き寄せの法則」?

>あの世に通じやすい、霊感の強い人ではないでしょうか。だから引き寄せるわけですよ(爆笑)。

いや、別に幽霊とかオーラがみえるとかは無いですけどね。
ただ、自分で言うのもナニですけどある種の感覚的には繊細というか、気にせずともよい部分まで気にしてしまう、或いは見えてしまうことで非常に疲れる、というのはありますね。
人込みに行くと頭痛がしたり、というのもそういう事なのかな?

まあ、最近は数字とかそういった話からは距離を置くように心がけてはいるんですけどね(笑)

あの曲の歌詞はこういった感じです。
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/210254/Y036027

25 ■おや、私も同じ体質

まあ、そういうことは全部、見えてましたけどね(笑)。でないと、音楽やったり、あっち方面に興味を持ったりしないもの。私とぴったり、フィーリングが合うねえ(爆笑) 人ごみの中に行くと頭が痛くなるのは、私も同じ。だから渋谷とか、大嫌いですよ。駅前のあの交差点なんか、人にぶつかって大変だもんね。ほんと、頭が痛くなる。ま、人々の持っているいいオーラも悪いオーラも、吸収しやすいんでしょうね。霊媒体質というかね。こういう人間は、実に苦労する(爆笑)。

私もこう見えて(姿形はちっとも見えてないか・・笑)、意外と感覚的には鋭いんやで、なめたら、アカンで(爆笑)。こげばんさんも、多分、そうだと思いますよ。サイバースペースの中でも、人は引き寄せ会うんです。似た者同士がね(爆笑)

ところでこの佐野何とかという人、はっきりいっていいですか? はっきり言ってイーーーモ(爆笑)。悪いけど、堪忍しておくれやす。

26 ■マイルスを耳直しに

耳直しに、この辺のものを。若者に受けようとポップス調だけど、ま、亡くなる前のものだから。
http://www.youtube.com/watch?v=LGBPSx1Zxlo&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=6DEIR7CQB8I&feature=related

27 ■耳直しになってないし(笑)

よりによって、まいこーさんの曲とは(笑)。
ジョークがきついなぁ。確かにマイルズのラッパの音ではありますが・・・ね。

マイルズなら他にもっとイイのが・・・あ、自分で探しなさいってことですか(笑)。

佐野の評価については、予想どおりでした。
とは言え、こういうのも嫌いじゃないんです、私の場合は。

確かにブルース演るなら黒人にはかなわないし、HR/HMなら白人のほうがパワフルだし、かといって、演歌とか民謡には・・・ってことで、日本語で演る唄も聴きたいんですわ、日本人だから。

28 ■ネコとBobby Brown

Bobby Brownって・・・拙者がクラブデビュー(爆)したころガンガンかかっていた曲ではないか(笑)。もう1-2年早ければ、こーゆー曲↓でデビューしていたのかな?

Kylie Minogue - I Should Be So Lucky
http://www.youtube.com/watch?v=_Mg8m49vSM8
Rick Astley- Together Forever
http://www.youtube.com/watch?v=B62p-dEfUZM&feature=related

そうそう、MCハマーはもっと後、90年代じゃなかったかしらん。クラブで聴いた覚えがあるので(笑)。 あ、はっきり言ってイーーーモなんて言わないで。クラブデビューしてなきゃ、多分今でもメタル命だっただろうから(笑)。

・ウソ捏造工場さん
ネコ動画ありがとうございました。
うちのネコ、こんな愛嬌ふりまくことほとんどないけど、ま、外猫だからしゃーないか。(あ、あっし霊感はサッパリですが-Euroを90円で、日経225投信を4ケタで買ったことはあるけど、こんなの霊感じゃないし、最近そちらもサッパリ。何かいい話ないかいな(笑)-、犬猫と乳幼児はやたら寄ってきます。どんな「引き寄せの法則」や!?)

あと誰かさんが茶々入れてくるはなしですけど、意外にも某大手著作権団体関連サイトを見たときなどは結構しつこいですよ。拙者も参考にしている「れんだいこ」さんによると某団体は文部省系らしいですが、とゆーことは1億2000万総白痴化の片棒をかついでいるとか、何か「派生事業」でもやっているのかな?

29 ■日本人が誇れるミュージシャン

ウソ捏造工場さん

いえいえ、マイルスのあの曲は、しょうもないコマーシャルでも彼の手にかかるとあの通りテイストの良い曲に仕上がるということで。でも、さすがのお察しでございます(爆笑)。

June Ymagishiはニューオリンズに住んでます。”黄色い黒人”とのあだ名(爆笑)。B.B.Kingと堂々と渡り合っているぐらいですから。たたずまいも、立派な南部の黒人風(爆笑)。内田光子は、日本が誇る世界的ピアニストですね。モーツアルトのピアノ協奏曲20番は世界一ではないかと。霊感に満ち溢れていますねえ(笑)。Charもものすごくうまいと思いますよ。日本にもすごい人達がいますね。

http://www.youtube.com/watch?v=3dkK1iw2SMk&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=p58H4Oy59ys
http://www.youtube.com/watch?v=IKRk4CXVTB0&feature=related

こげばんさん

へえ…クラブって、DJでもやるんですか? それは意外。DJやるのなら著作権はうるさいと思うかもしれないけど、本の印税とか、作曲・作詞などで生活している人間にとっては、著作権はしっかりと、と思うものですよ。最もカバーする範囲が広いから、どの種のものかという問題はありますけどね。
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。