スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オバマの恩師、ライト師のTV初インタビュー:自分のやり方を貫く

オバマが所属する教会の元牧師,、ジェレミアー・ライト師が問題ビデオの露出後、初めてのTVインタビューに応じ、西海岸では25日午後10時より放送された。放送したのはアメリカの公共放送PBS。インタビュアーはビル・モイヤーズ氏。


ライト師の端正な顔立ちからは彼の深い知性と温かい人間性、それに器の大きさがひしひしと伝わってきて、オバマが彼のことを「人間として非常に尊敬している」といった言葉の意味がよくわかった。彼のインタビューでの受け答えは、非常にソフトな声で冷静沈着、まったくなまりのない、オバマよりも発音がきれいな標準的英語を話す。


ところがいったん説教となると全身からエネルギーをほとばしらせて、大変な熱弁者に豹変する。特に興に乗じたときの話し方は、その辺のラッパーも真っ青になりそうな勢い。次から次へと機関銃のように言葉を発射するところなど、まさに圧巻。聞いていて、胸が熱くなった。


彼自身、かつては教会のリード・シンガーだったと言っていたが、あの話し方を聞いていると、私も「これは音楽をやっていた人かな」と思ったくらいだ。

 

インタビューの対訳については、後日書くとして本日は、先ず動画を。言葉が多少分からなくても、画像を見ているだけでも黒人教会の様子や、黒人教会がコミュニティーのために行っている活動の様子がわかる。


ポイントだけをピック・アップすると、以下の様なことになる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「メディアは私の説教のほんの一部分だけ取り上げて、やれ愛国心に欠けるだの、あの教会はキリスト教会ではなくカルトだのと言っているが、それは不公平であり、不正義であり、虚偽である。彼らに、アフリカ系アメリカ人の、黒人教会の、黒人コミュニティーの何がわかっているのかと問いたい(この後、黒人教会の歴史を少し述べるが、私が書いたこれと大体、同じような内容)。

http://ameblo.jp/sunshine-berkeley/theme-10006522318.html


1968年まで、白人大学にはジャズを教える科目があったが、黒人大学にはそれはなかった。黒人大学の教会でゴスペルを歌うことすら禁じられていた。それを変革していったのは、黒人たちが自らの文化に目覚め、自らの文化に誇りを持とうとした運動が巻き起こったからだ。


中国人がアメリカにやってきては中華街をつくり、イタリア人はリトル・イタリーをつくるといった具合に、他の民族は皆、この国にやってきては自分たちの町をつくるが、アフリカ系の我々にはそれはなかった。そこで教会がその中心となった。


先日、私の教会でのビデオが流されて以来、世間から様々な批判を浴びて、教会の会員たちは皆、怒り、心を痛めている。しかし、「こういう時にこそ、我々には我々自身の素晴らしい文化があるじゃないか。ブルースだ。ブルースをやろう!」といって、若者たちがブルースを演奏し、皆で歌うというようなことをやっている。こうして会員達の気持は、皆でひとつになって、これを乗り切ろうという気持ちが強くなっている。


20年前、バラク(オバマ)がサウス・シカゴの黒人コミュニティー・プロジェクト(低所得者層のための公共アパート)のために初めて教会に来た時、彼は宗教に対しては非常に懐疑的だった。しかしそのうちだんだんとコミュニティーの人々と知り合い、教会に足を運ぶうちに、黒人コミュニティーや黒人教会のことを理解するようになった。


フィラデルフィアで、彼が自分のことを「怒っている」といったことについては、彼は政治家で、政治家の見地から発言をしたのだと思っている。彼は政治家で彼自身の聴衆がおり、私は牧師で私自身の聴衆がいる。バラクは政治家として、私は牧師として、それぞれ話したいことを話す。バラクと私は、政治の話はしたことがない。私とバラクは二つの異なる世界に住む人間だから、私は今後も私のやり方を貫く。変えるつもりは全くない」


ーーーーーーーーーーーーーーー

きっぱりとい放ったライト師の顔は、高潔さに満ち溢れたサムライのようだった。こういう人が増えれば、金に任せてエゴの限りを尽くしている醜い吸血鬼をこの世から放逐することができるのではないかと考えるのは甘いか?


日本の僧侶の人たちは、どうしている? 盆時になると、袈裟をひるがえしてベンツに乗りまくっては、大もうけに忙しい生くさ坊主をよく見たが、ライト師の爪の垢ほどの高潔さがあるのか?ホームレスの人々を寺に収容して面倒を見るとか、貧しい人たちに食事サービスをするなどの慈善的な活動を何かやっているのか?


ライト師のインタビュー(PBC パート1)

http://www.pbs.org/moyers/journal/04252008/watch.html


ライト師のインタビュー(PBC パート2)

http://www.pbs.org/moyers/journal/04252008/watch2.html


ライト師のびっくり発言

http://ameblo.jp/sunshine-berkeley/day-20080315.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■ライト師の記事を読んで

感動しました。ありがとうございます。

2 ■ありがとうございます

コメント、ありがとうございました。私もライト師の気骨ある生き方に感動しました。ベイエリア在住の方のようですが、へえ・・・どちらにお住まいですか?

3 ■住まいはRWCです。

Redwood Cityに住んでます。
街にちかくて便利、且つ山の生活もかいつまめます。バークリーのように文化を感じる所とはいえませんが・・このブログはいつも楽しみしており、勉強させていただいてます。

4 ■無題

Redwood Cityですか。そうですか。山に囲まれて、いいところですね。92号線からHalf Moon Bayにパンプキン・パッチに行った時に、あの辺ドライブしましたよ。だからカエデというHNですか?

ここでちゃちゃをいれるお二人が、どういうわけか静かなので、また出てきましたら二人をひきつれて、そちらのブログに伺いますから(笑)

Redwood Cityには日本人は少ないのでは?

5 ■引用させていただきました。

一部を引用させていただきました。ありがとうございます。ここの記事しっかり読んでおいてよかった。あやうくFOXのショーンにまるめこまれるとこでした。はい、RWCは日本人は少ないです。家は92のとこから280を南に三つめ「EdgeWood]の東方です。隣の空き地に鹿が住んでます。
どうか私のブログにいらしてあばれてくらさ~い。Bring it on!] 光栄で~す。

6 ■引用してくださって光栄です

こちらこそ拙文を引用してくださって、光栄です。FOXはマードックの会社で、「ウソ捏造工場」ならぬ「ニュース捏造工場」と言われていますから信用できません(笑)。

(そういえば、ここで茶々をいれるウソ捏造工場さんという人もいますが、どこか遊びにでも行っているのでしょう)

へえ、鹿がいるんですか!? まあ、あれだけの森ですから、それは動物がいてもおかしくないですが。San MateoとかPalo Alto、Santa Claraの方には駐在員の人たちが住んでいると思いますが、RWCの方にはあまりいませんでしょう?

お宅のブログの方に今度は行って、コメントを書きましょう。しかし、ブログを書くというのは疲れるものですよね(笑)

7 ■いや、仕事です(--)y-゜゜゜

遊んでいる暇なんかないですよ。
もうすぐ日本ではGW(と言っても4連休だけ)ですけど。

あ、それからお酒の話だけど、毎日は飲んでませんよ。日本では4月が人事異動の季節なので、歓送迎会(アメリカでこんな習慣あるんかいな?)たまたまそこでちょっと飲みすぎた、というわけで。
ま、ギターの練習もしないとですね。最近サボリ気味なので。

Mappleさんもはじめまして。
昔、渋谷にRedwoodという輸入雑貨だかアウトドア用品だかの店があったのを思い出しました。
たぶん、ここの地名から採ったのでしょうね。

「Bring it on!」と仰られていますが、とりあえずは
見させて頂くだけで・・・(笑)

8 ■何か、お呼びかな?(笑)

>ここでちゃちゃをいれるお二人が、どういうわけか静かなので、また出てきましたら…

何か、お呼びかな?(笑)

太平洋の向こう側でのお2人のやりとりを読んで、思わず拙宅のRAND McNALLY Road Atlas引っ張り出して調べましたが、お2人おそろいでいいところにお住まいのようで(笑) 以前米国某所に滞在していた時、オイラも週末ごとに海上橋を渡ってドライブに出かけていたことを思い出しました。

Mappleさんのブログも少し拝読しましたが、酒井邦秀氏の英語学習法をされていましたか。拙者恥ずかしながらTuesdayとThursdayの違いもあやふやなまま高校を卒業した英語難民ですので、酒井氏の学習法のありがたみは人一倍よくわかります。酒井氏の学習法は、国広正雄(「9条ネット」顧問など?)氏の学習法や、伊藤和夫などの受験英語屋よりよほどまともなものに思えます。

9 ■無題

>しかし、ブログを書くというのは疲れるものですよね(笑)

気が向いたときにエントリー入れて、疲れたら休むという感じで、マイペースでブログを運営されてもいいと思いますよ。こちらも気が向いたときにちゃちゃ入れていることだし。

あとこれは余計なことで、しかもタブーのような気がしないこともないですが、阿修羅などに一日中へばりついて投稿している人の中に、雑な投稿繰り返している人が散見されるような気がして残念に思えます。BBSに全精力注ぎ込むのを悪いとは思いませんが、それならリサーチにも力を入れていただき、投稿量よりも質を上げていただきたいと思うのは私だけでしょうか。

あ、でも悪霊オバタリアンは救いようがないか(爆)

10 ■ウソ捏造工場様、コゲパン様、はじめまして

ウソ捏造工場さま、お仕事おつかれさまです。このお名前いいですね。私が使いたくなっちゃいます。どうかよろしくお願いします。
コゲパン様、酒井SSS英語学習、はい、やってました。またやらないといけないのですが。ちょっとお勉強しないとすぐ低下してしまいます。
Sunshineさんの英語力は卓越していらっしゃいますね。きっとお友達の皆さんも堪能でいらっしゃるのでしょう。
私ごときがラジオのニュースをブログに流すなんてはずかしいのですが、これがなかったらなんら向上意欲もわかなかったかも。オバマ議員のニュースはとっても面白いですね。

11 ■おや!? お二人ともお出ましに?(爆笑)

おや? 出てきてくださいましたか、お二人とも(笑)。お待ちしておりましたよ。

ウソ捏造工場さん、お酒のことは分かっていますって(爆笑)。今頃、きっと週末でまたいっぱいやって、カラオケですか。透視能力があるから全部透けて見えますよ。サンタナとルネ・マルティネス(アコースティック・ギタリストのテクニシャン)のコンサートを見たけど、同じギターを使っていても音が全然違ったですよ。天と地の差。カルロスがセミプロに見えた。

こげばんさん、どこに滞在していたんですか?東海岸? ブログに関してはおっしゃる通りかなと最近思い始めています。がんばって書いても書かなくてもランキングはいつも70位あたりをうろうろで、2年間も更新していない人とさして変わらない。トップ10位ぐらいの人の中にも1週間ぐらい更新しなくてもずっと同じランキング(爆笑。さて誰のことでしょう。お二人もご存知の人・・笑)。ランキングが上にいかないと多くの人の目につかないと思って、睡眠時間を削り、書いた日もあったけど、そうやっても70位ぐらいをうろうろ。だからもうやめたわ。伝えたいと思ったことだけを書くことにした。アクセスカウンターがおかしかった時、いろいろな人がここのランキングはあてにならないというようなことを書いていたけどね。

Aについてですが、どうしたんでしょうね(笑)。あのような無法地帯になってしまっていいのか。もったいないですよね、せっかくのものが。ごみがまっている吹きさらしのスラム街のようなさびしい、すさんだ光景が目に浮かびます。

Mappleさん、おつきあいありがとうございます。私の悪友二人が出てきてくれましたので、よろしくお願いいたします。お二人とも、なかなかの陰謀の・・・・いや、やめておこう(爆笑)。今度はお宅の方へまいりますからね。

12 ■こんばんは

サンタナの最近のギターはPRSを使用しているようですね。
あれは美しい。値段も美しいが(笑)。

今はアコギ1本ですがエレキならSGかな。
クリーム時代のクラプトンやストーンズのミック・テイラーが使っていたやつ。レスポールみたいに重たくないから好き。

まあ、自分がギブソンなんておこがましいので、エピフォンの安いやつでいいかな、と考えてますが。スモールピックガードのほうが単純にカッコいい、ってのもありますけど。

ところで。エルヴィン・ビショップってサンフランシスコで活動してるってどこかで聞きましたけど、ご存じないですか?

Aですけどね。南青山さんが最近復活されてたのは知ってました?もう最近あそこはあまり行かなくなりましたけど、もっと優良な投稿者にがんばってほしいところですねぇ。

あ、カラオケ大会は明日です。相変わらず冴えてますねぇ笑笑笑笑。

13 ■エルビン・ビショップのコンサートに行きます

えっ?これは驚いた! まさにこれこそシンクロニシティーやねえ! Elvin Bishipのコンサートに5月9日に行くんです(爆笑)。SFのGreat American Music Hallというキャパはそうねえ、テーブルがあるから400-500ぐらいか?standingもいれるともっとはいるか?彼はベイエリアに住んでいるんです。

ずっと昔、彼もAl Cooper, Mike Blumfield,Paul Butterfiledなどとともに、SFの、今はアパートになっているけど「Fillmore劇場」でスーパーセ、ッションのイベントに参加して有名になりましたが、あれをご存じなんですか?もちろん私もアルバムで知っているだけですけどね。あれで白人ブルースにはまったとか?(爆笑)「スーパーセッション」とか「フィルモアの・・」というタイトル。

今のバンドはリズム体は黒人。まあ、ベイエリア・サウンドやねえ。

これでサンプルが聴けますよ。彼の娘は2000年に殺されました。

http://www.elvinbishopmusic.com/news.html

14 ■追加:ギター

あの人のことは1,2か月前くらい偶然目にしました。小沢擁護の文章だった。私は小沢は嫌いだから素通りしましたけどね。

ルネ・マルティネスはたぶんロマ(ジプシー)系の人かなと思いますが、腕の太さが違う。アコースティックは腕力と指の力が強くなければいい音が出ないと思いますが、まさにそれですね。バーンと一音出しただけで、全然音が違う。太くて、クリアーで、丸くて、転がるような音。握力を強くする運動が大切とは聞いていますけどね。

15 ■おはようございます

へぇ、9日に観にいくんですか!そりゃなんとも不思議な巡り合わせで。

>あれをご存じなんですか?
いや、もちろんそんな昔のことは後から知りましたけど(笑)。「フィルモアの奇跡」ですね。

なんで、ELVINの話になったか、と言うと・・・
昔と言えば、これも昔だけれど、子供の頃RADIOから流れていたこの曲を探していて、ついこの間見つけたもので。

Elvin Bishop - Fooled Around and Fell in Love
http://www.youtube.com/watch?v=JUFa0f2SgEs

RADIOでは、短く編集されたヴァージョンでしたけど。こういうsweetなのは、あまり趣味じゃないでしょう?
オフィシャルサイトの方も聴いてみました。
自分ならどっちでもイケますが(^-^)/。

16 ■こちらは確かに趣味じゃあない

今聞きましたよ。うん、こっちの方は趣味じゃあない。真っ白じゃあない(爆笑)。よくおわかりで。霊感ありますねえ(爆笑)

フィルモアもね、今はきれいになってヤッピー・タウンになっている。あの劇場は日本町にあって、すぐ横がジャパン・センター。黒人街で怖いところだったけど、今はクリーン。

彼はあのシカゴ大学で物理学を専攻しているインテリ。
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。