スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CIAがカストロを見張るために使用していたマイアミの豪華邸宅が売りに


cia

これも時代の要請というものか。4月20日付け「マイアミ・ヘラルド」に、CIAがキューバのカストロを見張るために使用していた豪華“スパイ・ハウス”が売りに出されているという記事が掲載されている。


これは1937年に建造され、かつてはイタリア国王、ウンベルト1世が所有していた屋敷で、バティスタやビリー・グラハムなども購入を検討した時期があったほどの豪華マンション(屋敷)。11,000平方フット(約1,088平方メートル)、5ベッドルーム、4つのパティオ(スペイン風の中庭)、テニスコート、ミニ・オリンピック・サイズの水泳プール、13のバスルーム、台所付きのゲスト・ハウス、ゲーム室、給仕人部屋、3階部分にある360度見渡せる丸屋根、ボートハウス2戸、エレベーター、島、CIAが造った港などすべて含め、売り出し価格は2,200万ドル(約22億円)。

場所はマイアミ郊外の高級住宅地、コーラル・ゲイブルス(Coral Gables)。CIAは1960年代より、ここをカストロ見張りのための本拠地として使用していたが、カストロが引退したので見張りの必要がないと判断したのか、この家の所有者とのリース契約を解除。所有者が売りにだすことにしたもの。

「この家に出入りする時、隣近所の人たちから不審な目で見られて、とてもきまりの悪いものだった」と元CIA諜報員で、ウォーターゲイト事件で有名になったロナルド・マルティネス(85)は語っている。「自分達が任務を終えて帰路についていると、犬と散歩している住民たちが自分たちのことを”扇動者”と呼んでいたことは忘れられない」。

「あの家は大変景色もよく、素晴らしい家だ。それに自分達は大変丁寧に使っており、手入れも十分に行き届いている」とマルティネスは言っている。まるで「007」の映画にでも登場しそうな豪邸。お金持ちの方はどうぞ。

住所は:6312 Riviera Dr.,Coral Gables,FL


屋敷の写真集

ビデオ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。