スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレス女性、校区外の学校に子供を入学させた罪で5年間の懲役

(by Sunshine)

世界最古の成文憲法を持つ言われている国アメリカ。その国では今、憲法で謳われている「福祉の推進」の精神を踏みにじるかのような”資本主義の暴走”に対し、人々の怒りの声が高まっている。他国に対し、“人道的介入”を行う前に、まずは自国内で“人道的介入”を行ったらどうかとでも言いたくなるような事件である。

この事件は2月に報道されたものだが、現在も根強く賛否両論の世論が巻き起こっているので、本ブログで取り上げる。

アメリカ東部コネティカット州に住むホームレスのアフリカ系アメリカ人女性、Tonya McDowell(34歳)には一人息子(6歳)がいたが、ホームレスであるため、息子の住民登録ができず、小学校に入学させてやれないでいた。考えた末、一つの案を思いついた。息子のベビーシッター(子守り)の住所に住民登録し、小学校に入学させることだった。そしてそれを実行した。
    
     tanya

住民登録を行った場所は、彼女が住む黒人が多い市(Bridgeport)ではなく、白人が多く住む市(Norwalk)だった。

州法廷は、彼女が市から$15,686 (約149万円)を騙し取ったとして、懲役5年、執行猶予5年の判決を下した。州検察によれば、彼女はこの他にも麻薬密売等の犯罪歴もあると言っている。

彼女の弁護士は、「教育の機会均等に対する侵害だ」と言っている。子供に義務教育すら与えてやれないのは、アフリカの貧しい国の話ではない。世界一の軍事大国・アメリカの話であることに、良識派の市民達は怒っている。

「白人の学校に、黒人の息子を入学させたからだ。人種差別だ」といった意見もあるが、「白人アメリカ」と「黒人アメリカ」の対立構造は、奴隷時代から現代にいたるまで、まるで通奏低音のように流れていることも確かだ。この事件もそれが明るみにされたものだという黒人学者もいる。

アメリカにも福祉事務所(Welfare Office)というものがあり、孤児や親が収監されている子供、養育能力のない親を持つ子供などを引き受ける児童施設が存在する。しかしこの運営は州や地方自治体によって異なるので、一概には言えないが、この母親はなぜそういう機関に相談しなかったのか。麻薬売買人だったために、行けなかったのか。しかし、麻薬売買の罪と子供への義務教育は別問題ではないか。

アメリカの義務教育は各州とも小学1年生から高校終了までとされている。しかし、それは日本よりも緩やかもので、例えば途中で退学して自宅学習に切り替えたりしても、法的措置は取られない。また義務教育なので、教科書(貸し出し)、文房具等は無料提供、貧困層の子供には無料ランチまで与える。子供一人にかける費用は、各自治体の財政具合によって異なる。従って、ノルウィーク市(Norwalk)にしてみれば、「市財源への窃盗」という論理になるのだろう。

日本人なら、どうするだろうかと考えてみた。いくらアメリカナイズされ、しかもアメリカ人の悪いところだけを物まねしていると言われていても、ここまではドライに、数字まで挙げてビジネスライクにはやらないだろう。まあまあ、なあなあで、「仕方ないですね」といいながら、優しく、何となくうやむやのうちに収めるのではないか。アジア人らしく。

アメリカでは「公共の福祉」という言葉は死語になってしまったのか。新自由主義の末路がこれだ。折しも本日は3.11。国から見放された東北の人々と同じように、アメリカにもまた基本的人権すら与えられず、大地をさまよっている“棄民”が大勢いる。

(日本のホームレスの人達が、定住先がないために生活保護を受けられないといった問題とある意味では似ているかもしれない)

Tanya McDowell, Homeless Connecticut Mom, Pleads Guilty In School Residency Case
http://www.huffingtonpost.com/2012/02/23/conn-mom-pleads-guilty-in_n_1296406.html

NORWALK, Conn. (Associated Press) -- A Connecticut woman who was homeless has pleaded guilty to fraudulently enrolling her son in the wrong school district.

Tanya McDowell entered her plea Wednesday in Norwalk Superior Court under the Alford Doctrine, meaning she doesn't admit guilt but concedes the state has enough evidence to convict her.

---------------------
昨年1月にもオハイオ州で全く同じような事件が起き、同じような判決が出されている。

Black Mother Jailed For Sending Kids to White School District
http://www.blackeconomicdevelopment.com/black-mother-jailed-for-sending-kids-to-white-school-district/
An Ohio mother of two was sentenced to 10 days in jail and placed on three years probation after sending her kids to a school district in which they did not live. Kelly Williams-Bolar was sentenced by Judge Patricia Cosgrove on Tuesday and will begin serving her sentence immediately.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。