スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必見!アメリカのNPOが暴露したTPPの恐るべき内容

(by Sunshine)

1%の国際金融マフ○○が99%の地球市民を丸めこんで奴隷化しようと企んでいるとも言われているTPPだが、これに対してアメリカのNPO「パブリック・シティズン」がその恐ろしい内容について暴露しているビデオがYou Tubeにアップされているので、アップしておきたい。

これは「デモクラシー・ナウ」で放送されたもの。

近日中に日本政府も参加するか否かの決断を行うらしいが、最後の願いを込めて、できるだけ多くの人々に意識化しておいていただきたいという意味で、アップしたい。

アメリカ市民団体がTPPについて報道した恐るべき内容とは
http://www.youtube.com/watch?v=HLVKAalmD48


「パブリック・シティズン」のHP
http://www.citizen.org/Page.aspx?pid=2306

*参考
Aaron Russo And Nick Rockefeller
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=YKlq9e8zlPE#!

"We are going to go into Venezuela and try and get rid of Chavez."

-------------------------------------------------------------------------------
(コメント by こげぱん)
■TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず

TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013030702000237.html?ref=rank
 
 環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加問題で、二〇一一年十一月に後れて交渉参加を表明したカナダとメキシコが、米国など既に交渉を始めていた九カ国から「交渉を打ち切る権利は九カ国のみにある」「既に現在の参加国間で合意した条文は原則として受け入れ、再交渉は要求できない」などと、極めて不利な追加条件を承諾した上で参加を認められていた。複数の外交関係筋への取材で七日分かった。

 各国は今年中の交渉妥結を目指しており、日本が後れて参加した場合もカナダなどと同様に交渉権を著しく制限されるのは必至だ。(中略)

 交渉参加に前向きな安倍晋三首相は、「『聖域なき関税撤廃』が前提ではないことが明確になった」と繰り返しているが、政府はカナダとメキシコが突きつけられた厳しい条件を明らかにしていない。日本がこうした条件をのんで参加した場合、「聖域」の確保が保証されない懸念が生じる。(後略)

2013-03-09(21:06) : こげぱん

----------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■マフィアの”密約”

欧米巨大銀行オーナーがマフィアの“ドン”なら、アメリカ政府はバトラー、そしてその他各国政府は召使長といった構図でしょうか。こういうピラミッドのさらなる確立を目指しているのがTPP。

「早い者勝ち」「駆け込んでも手遅れ」などと、まるで子供だましのような手口には、いかに彼らが我々99%の人間を家畜のように見なしているかが分かるというもの。

Public Citizenの代表が話している、600名の巨大企業CEO達はこの内容について知らされているのに、大統領をはじめとする政府の人間はこの内容については何も知らされていないという話は、実に上記の構造を的確に表現した話です。

2013-03-10(07:19) : Sunshine
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず

TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013030702000237.html?ref=rank



 環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加問題で、二〇一一年十一月に後れて交渉参加を表明したカナダとメキシコが、米国など既に交渉を始めていた九カ国から「交渉を打ち切る権利は九カ国のみにある」「既に現在の参加国間で合意した条文は原則として受け入れ、再交渉は要求できない」などと、極めて不利な追加条件を承諾した上で参加を認められていた。複数の外交関係筋への取材で七日分かった。

 各国は今年中の交渉妥結を目指しており、日本が後れて参加した場合もカナダなどと同様に交渉権を著しく制限されるのは必至だ。(中略)

 交渉参加に前向きな安倍晋三首相は、「『聖域なき関税撤廃』が前提ではないことが明確になった」と繰り返しているが、政府はカナダとメキシコが突きつけられた厳しい条件を明らかにしていない。日本がこうした条件をのんで参加した場合、「聖域」の確保が保証されない懸念が生じる。(後略)

マフィアの”密約”

欧米巨大銀行オーナーがマフィアの“ドン”なら、アメリカ政府はバトラー、そしてその他各国政府は召使長といった構図でしょうか。こういうピラミッドのさらなる確立を目指しているのがTPP。

「早い者勝ち」「駆け込んでも手遅れ」などと、まるで子供だましのような手口には、いかに彼らが我々99%の人間を家畜のように見なしているかが分かるというもの。

Public Citizenの代表が話している、600名の巨大企業CEO達はこの内容について知らされているのに、大統領をはじめとする政府の人間はこの内容については何も知らされていないという話は、実に上記の構造を的確に表現した話です。
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。