スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米両国の茶番劇で”世界滅亡極道街道”まっしぐら

(by Sunshine)

2012年12月21日、巷で噂されていたマヤ歴による「世界滅亡」も見事に外れ、淡々とした日常生活が続いている。とはいえ日米共に性懲りもなく一般国民は思考停止状態、政治家は“悪”に更に拍車をかけて、”極道悪”の道を突き進もうとしている。

日本では衆議院選挙で自公が返り咲き、アメリカでは相変わらず銃乱射事件によって子供20人を含む26名もの尊い命が奪われてしまった。日米足並みをそろえての、”お粗末な”事件のこのことこそ、マヤ歴暗示の「世界滅亡交響曲」前奏部ではないのか?

日本では安倍が自民党総裁になり、次期首相に。アメリカでは“鉄の女”ことあのサッチャー元英国首相も顔負け、冷徹無比なヒラリー”オバタリアン”クリントンが”ウイルス性胃腸炎”による脱水症状から”脳シントウ”とやらを起こし、これを理由に国務長官を退任。代わりにユダヤ教からローマン・カソリックに改宗したユダヤ系チェコ移民を祖父母に、フォーブス家出身を母に持つ、エール大学スカル・アンド・ボーンズ出身のジョン・ケリーが新国務長官となった(彼はまたブッシュ家の遠縁とも言われている)。

ま、財政赤字に苦しむ宗主国が、植民地の血の最後の一滴まで絞り取ろうとする構図は歴史書をひも解けば分かることではあるが、それに気付かぬ日本国民も日本国民であるし、また一部のエリート及びその召使による”パワー・ゲーム”に完全に牛耳られてしまっているアメリカ国民もアメリカ国民だ。

---
http://en.wikipedia.org/wiki/John_Kerry
----
ヒラリーの突然の退任劇を見ていると、素人目にも非常に不自然な事が多い。これを聞いてとっさに思い浮かんだのが、今年9月11日(奇しくも9.11)に勃発したベンガジ米国領事館襲撃事件である。この事件には首をかしげる向きも多く、実は何人かの米議員達は個人的に調査をしていた。そして今月20日には議会に何人かを参考人として召喚し、事情徴収を行う公聴会を開催する予定であった。その矢先に今回の退任劇である。限りなく”怪しい”。

-----
Independent investigation into Benghazi attack complete, Congress to be briefed this week
http://articles.washingtonpost.com/2012-12-17/world/35886242_1_accountability-review-board-benghazi-attack-senate-foreign-affairs-committees

By Associated Press,December 17, 2012
WASHINGTON — An independent investigation into the deadly Sept. 11 attack on the U.S. diplomatic mission in Benghazi, Libya, is complete, and Congress will be briefed on its findings this week, the State Department said Monday.

----
ベンガジの米領事館襲撃で大使ら4人死亡 リビア
http://www.cnn.co.jp/world/35021696.html

2012.09.13 Thu posted at 09:59 JST
(CNN) リビア東部ベンガジの米領事館が11日夜に襲撃された事件で、当時同領事館にいたクリストファー・スティーブンズ駐リビア米大使ら米国人4人が死亡した。オバマ米大統領は12日、「このような非道な行為には必ず処罰を下す」と強く非難する声明を発表した。

米政府高官などによると、領事館はロケット式の手りゅう弾によって襲撃されて炎上。 建物は武装集団に取り囲まれ、スティーブンズ大使らは建物の屋上へ脱出しようとして、ほかの職員と離ればなれになった。死亡したのはスティーブンズ大使のほか、情報管理担当官のショーン・スミス氏と国務省の警護担当職員2人。死亡に至った詳しい経緯は明らかになっていない。

今回の事件は、イスラム教の預言者ムハンマドを冒とくしたとされる映画がインターネットに投稿されたことに対する抗議行動が発端となって発生した。エジプトの首都カイロの米大使館もこの映画をめぐって襲撃され、星条旗が破り取られている。
---------
ベンガジでデモもせず、いきなり暴徒が手りゅう弾を使うのか、タイミング良く9.11に事を起こすのか、ムハンマドを冒涜した映画(といってもほんの数分間の映像らしいが)をわざわざ作って、このタイミングで流すのか。どう考えてもこれは3流シナリオ・ライターの書いたチープなシナリオだ。

このように世界は欺瞞、虚偽、偽善に満ち満ちている。まあ、いいじゃないか。行きつくところまで行ってしまえ。どうせ宇宙は膨張し続けており(しかも加速)、あと1千億年ぐらいで粒子だけになるらしいから(高笑い)。

------
NOVA | The Fabric of the Cosmos: What Is Space
http://www.youtube.com/watch?v=CD5tBIqJU4U

-----
こんな”極悪非道”の餓鬼地獄世界で、なぜ生きているのか、どうやって生きるべきか。こんな古今東西永遠の疑問が脳裏に浮かんでくるが、ま、たとえ小さなチリであっても、チリはチリなりに、少しは魂とやらの成長を図って生きてやろうとクリスマスを迎えて、思っているところだ。

こういう時には本物の芸術に触れるのが良い。最後の本物の”武芸の達人”、お二人のビデオを見ながら”魂の浄化”をするのもよし。

初見宗家の師匠、故高松先生のビデオ
Takamatsu Toshitsugu by Soke Masaaki Hatsumi
http://www.youtube.com/watch?v=QMy312IoJIk


初見宗家のビデオ
Ninja Art of Hatsumi Masaaki
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=NPtzxhqHmlU#!


いま忍者―この知的変身術 [単行本]
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%BE%E5%BF%8D%E8%80%85%E2%80%95%E3%81%93%E3%81%AE%E7%9F%A5%E7%9A%84%E5%A4%89%E8%BA%AB%E8%A1%93-%E5%88%9D%E8%A6%8B-%E8%89%AF%E6%98%AD/dp/4806313483/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1356234695&sr=8-1

-----
ちなみに武神館の5段の昇段試験では、正座した生徒の後ろから先生が近付き、後ろから振り下ろす竹刀をさっとかわすというもの。毎年世界中から40-50名ほどの生徒がこれに参加するが、合格するのはわずか。それでも現在までに世界中に約千人の5段の有段者がいるらしい。


地球が誕生して45億年がたった。この間さまざまな生物が栄えては滅んできた。人類という種もいつかはこの地上から消滅していくだろうが、せめて生きている間だけでも自然及び人工による天変地異の脅威から身を守るだけの”動物的勘”だけは研ぎ澄ませておきたいもの。そのためには、日本武術の“究極の技”、”忍術”が役に立つのではないだろうか(スマイル)。

それでは皆さま、メリー・クリスマス!

「武術のテクニックでも、変化するということは進歩という大凶の現象(やたらに進めば落とし穴がある)から大吉に変えるという秘儀につながってきます。武道の壁、ひとつの構えがあるとします。これを動かないでいるから静と見る人が多い。しかし、何十年も修行したもののこの静止の構えは、無数の動に変化してゆく動が秘められているのです」―(初見良昭著 「いま忍者」P21)


*おまけ
アメリカ政界の様子を風刺した映画は沢山あるが、これらはほんの一例。大統領選仕切り屋とワシントンのロビイスの物語。

http://www.imdb.com/title/tt1124035/

(実話)
http://www.imdb.com/title/tt1194417/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。