スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米軍の無人”宇宙飛行機”が“秘密のミッション”を終えカリフォルニアに帰還

(by Sunshine)

日本の愚民政治と原発問題に気を取られているうちに、アメリカ軍の”宇宙戦略”は着々と(?)準備を整えているのかとでも思わせるような報道があったので紹介したい。いずれそのうち日本でも紹介されるかもしれないが。

6月16日付、Space.comによると、アメリカ空軍のスポークスマンは、地球上の軌道を"秘密”のうちに旋回し続けていた空軍所属の無人宇宙飛行機・X-37Bが、15カ月にわたる“秘密のミッション”を無事に終え、6月16日5:48 a.m.(アメリカ西部時間)、カリフォルニア州にあるヴァンデンバーグ空軍基地(Vandenberg Air Force Base)に帰還したとの発表を行った。

----
(元記事)

http://www.space.com/16173-secret-x37b-space-plane-landing-video.html

Landing of Secret X-37B Space Plane Caught on Video
by Mike Wall, SPACE.com Senior Writer
Date: 16 June 2012 Time: 08:00 PM ET

The U.S. Air Force's robotic X-37B space plane came back to Earth today (June 16) after 15 months in orbit on a mystery mission, and its much-anticipated landing was caught on video.

(ビデオは下記)
http://www.space.com/16174-secretive-air-force-space-plane-x37b-lands-video.html

-----
X-37Bは軌道のテスト用宇宙飛行機・2(OTV-2)として知られているが、このプログラムは、2011年3月5日にフロリダのケープ・カナベラル空軍基地で発足した。

このプログラムの前進は、OTV-1によるもので、これは2010年4月に打ちあげられ、270日間の予定をかなり下回る下回る225日間で帰還した。しかし、今回のOTV-2は、469日間に渡り、宇宙にとどまり、帰還した。

OTV-2がそれほど長くとどまって、何を行っていたか、その“特別なミッション”については、“トップ・シークレット”であり、決して公表はできないとのことだ(笑)。

この”機密事項”とは、最近の中国の動きを意識しての、ある種の”宇宙兵器”ではないかとの推測も飛び交っているが、しかし、空軍のスポークスマンは、それを否定し、未来に向けたより高度なサテライトの構築のための単なる実験をしているにすぎないと話している。

X-37Bは長さ29フィート(8.8メーター)および幅15フィート(4.5m)で、重さは11,000ポンド(5,000キログラム)で、ボーイング社のファントム工場部門が製造した。

福島の原発事故後、アメリカ空軍は無人偵察機をびょんびょん飛ばして、日本の政府筋や東電以上の情報をいち早く収集していたと言われているが、今回のこの無人宇宙飛行機とやらも、多分、より”高精度”の情報収集力とプラス・アルファ―をめざしたものだと想像するが、こうして益々、“監視社会”の度合いは強まり、同時に宇宙での資源獲得競争は激化していくというシナリオか?

しかし、つい先日(13日)、「オスプレイ」という垂直型離着陸機が、訓練中であったフロリダで墜落し、兵士5名が負傷を負ったとのニュースがあったばかりである。これも1982年から”トップ・シークレット”扱いで開発が進められ、何度かの事故にも関わらず、18年間で200億ドルもの開発費が注ぎ込まれたらしいが、得をしたのは誰だ。「軍産複合体」はしぶとく健在なりということだろうか。
                     
                    x37b

                    x37b2
                  (無人”宇宙飛行機”X37-B :space.comより)

(写真集は下記)
http://www.space.com/11033-photos-x37b-space-plane-2nd-flight.html

-----------------------------------------------------------------------------
余談:

日本の本州を直撃するかもしれないと恐れられている大型台風・グーコー(Guchol)=4号が”瀕死の福島第一原発”に壊滅的な被害をもたらさないことを祈っている。それが起これば、日本は終わり。
http://www.weather.com/news/pacific-guchol-japan-20120616?ref=nf&cm_ven=Pinterest&cm_cat=pinterest_article_pin

また宮城県沖あたりのM6.4の地震についてはどうなっている?こちらも危ない材料ではないか。
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/Quakes/quakes_all.php

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。