スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[CML 017471] 【報告】第412日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば

(by Sunshine)

本日は転載のみ。原発再稼働反対運動もいよいよ大詰め。これ以上、政府、電力会社及び原発利権に群がる輩の愚挙愚行、横暴を許してはなりません。本ブログの読者の皆さま方に、下記のどれか一つでもいいので参加して下さることをお願いいたします。

なお、アメリカのサイトで下記のような広告があることについて知りました。これは日系ブラジル人向けの新聞に掲載されているもので、福島第一原発での作業人募集の物です。走り出したら止まらないメリーゴーランドのように、ひたすら何十年と走り続ける以外に方法がなく、とうとう外国人までかき集めてまわれ、まわれと走り続ける哀れな事態に・・・。

にもかかわらず、大飯原発再稼働とは完全に狂気の沙汰以外の何物でもありません。

                      ad

http://twitpic.com/9qo0b2

「日系ブラジル人向け新聞に福一での作業員募集記事。
訳:(凄い雇用)20キロ圏内/日当3万円/1日2時間。
安全な場所/日当1万-1万2千円/日曜休・住宅と三食付。 #原発 #Usina #nuclear #trabalhar」

------------------------------------------------------------------------------------
(以下の本文は下記のURLより転載―一手短に読んでいただくために、一部こちらで割愛させていただきました)

http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-June/017296.html
青柳行信です。6月 5日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第412日目報告☆
  呼びかけ人賛同 6月4日現在 総数2298名。

★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
さよなら原発! 5・27 佐賀集会      
ホームページ http://bye-nukes.com/saga/ 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
昨日・朝の県警、公安、在特会のひろば・テントに対しての威圧は まったく異常でしたね。< 弾圧そのものです。>

在特会をだしにに使って、40数名で 民意を封殺しに来たに違いありません。公安の持っていたビデオカメラは 常にテントの方を向いていました。

在特会のはしゃぎよう から見ても、ぐるになっているのが 見え見えでした。支援者の方々の応援で このような弾圧、抑圧を撥ね退けたいものです。

できれば 当面の間、事情の許す限り、できるだけ多くの方に テント前に来ていただいて、座っていただくのが効果があると思います。株主総会もありますし、ここでテントが消えてしまいような状態になれば、砂漠に消えてしまう尻なし川のようで、不毛の地になってしまいそうです。

できるだけたくさんの方の テント前参加を訴えます。

★あんくるトム工房
権力の抑圧には 負けられん       http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1890

異常事態です。テントに公安など40名  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/1889 
 
★ 舩津康幸 さんから:
おはよございます。
昨日の朝は、原発稼働と、座り込みひろばテントの非難の演説をする在特会、公安、警察 福岡市道路管理担当部署職員等、の九電前テント・ひろばのポール、横断幕の取り外しとテント片づけ後の機材を撤去を迫りましたね。 まるで福岡市に雇われてきたかの在特会の大音響の演説内容、それを放置する警察、宣伝物の掲示作業を監視する市職員の行動、一体の動きでした。裏には、政府・九電が居るのは当然ですが、再稼動をめぐる動きの中で、ますます、情勢は緊迫してきました!広場を守りましょう!

今朝は、野田改造内閣のことが紙面の多くを占めていて原発関連の記事が目立ちません。
福井県のその後はどうなったか、先ずネットの記事を拾ってみます。

1.「夏限定や大飯限定の再稼働はダメ」福井県知事テレビ朝日系(ANN) 6月4日(月)19時27分配信⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20120604-00000038-ann-pol

記事「大飯原発の再稼働に向けて、細野原発担当大臣が4日午後、福井県の西川知事を訪ねました。細野大臣は、大飯原発の再稼働は暫定的なものだとしたうえで、副大臣クラスを常駐させるなど特別な監視体制を設けると説明しました。また、福井県が求めていた関西の自治体への説得についても理解が進んでいると説明しました。これに対し、西川知事は、国と関西とのやり取りに不信感を持っているとしたうえで、夏に限っての再稼働や大飯原発だけの再稼働でないことを国に明確にするよう求めました。西川知事は、地元のおおい町長や県議会の議論などを聞いたうえで、再稼働について判断する方針です。

今朝の西日本新聞には、2面に同様の記事が見えます。
2.「福井知事「首相が国民に説明を」 原発相と会談、再稼働で要請 」西日本6月4日 19:12配信

「・・・・地元の同意を得られたと判断した場合、野田首相は今週中にも関係3閣僚との会合をあらためて開き、再稼働を最終的に決断する。大飯原発の再稼働に向けた手続きは大詰めを迎えた。・・・」

記事全文は⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/305952

・・・・・なんとも、一知事の決断が再稼動の可否を決する構造、その人も、「大飯だけでは嫌」だと、「みんなで渡りたい」ということか、原子力ムラはこうして手をつないでるんですね。次に、「同じく原子力ムラのいかがわしい行動がきょうもネットにありました。

3.「全電源喪失、「対策不要」業界に作文指示、指針改定見送り 放射能漏れ」産経新聞 6月4日(月)11時39分配信

「東京電力福島第1原発事故の原因となった長時間の全電源喪失について、国の原子力安全委員会の作業部会が平成4年、対策が不要な理由を文書で作成するよう電力業界側に指示し、東電が作成した文章をほぼ丸写しした報告書をまとめ、安全指針の改定を見送っていたことが3日、分かった。安全委は事実関係を隠蔽(いんぺい)してきたが、国会事故調査委員会が受理した同部会の内部資料で判明。規制当局側が業界側と癒着し、不適切な指針を容認してきた実態が明らかになった。」

記事全文⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120604-00000533-san-soci

※こちらも参考に見ておきましょう。しんぶん赤旗ネット記事、
4.「野田内閣の危うい構造示す二つの文書経産省が再稼働でふりつけ」記事全文⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-06-04/2012060402_02_1.html


次に、きょうも東電のとんでもない行動がが明らかになります。
5.「<東電>火力燃料「割高で調達」…料金審査委が公表」毎日新聞 6月4日(月)21時36分配信⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120604-00000099-mai-bus_all

東電、値上げ案内状を訂正 誤解を招く内容として産経新聞 6月4日(月)11時48分配信
6.「東電は4日から対象利用者に配布を始める6月分の検針票の裏面にも、電気料金値上げの案内を記載している。だが、“誤解”の指摘を受け急遽(きゅうきょ)、「平成24年7月1日からの平均10・28%」という表記部分を検針員が修正液で消して対応するという。4日の検針票配布予定は130万件。

記事全文⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120604-00000535-san-bus_all

今朝の西日本新聞10面経済欄には、

7.「企業年金減額 OB83%同意 東電10月実施へ」、・・退職者に要請していた企業年金の給付額削減で、・・・原則80歳以上が対象の終身年金も月額7万円から5万円に減る」
とあります。・・・・驚きですね、通常の厚生年金、国民年金とは別枠の金額で、これだけもらえるのです。しかも終身ですから。如何に一般とはかけ離れた制度を持っている分かります。これも電気料金が原資です。


西日本新聞26面社会欄に次のような見出しが、
8.「佐賀一区『脱原発』共鳴に労組反発」、記事は、民主党の候補が自分は脱原発と発言したら、電力労組やこれまでの支援者から「もう組織をあげてやらんばい」といわれ、「1年、2年、3年後も原発再稼動しないというという選択肢があるととは思えない」と言い換えたそうです、注意しましょう、大阪市長のようなことがあります、人の話は用心して聞きましょう。


以下、ネットにも紹介されている記事を拾っています。
9.「(九電佐賀社、佐賀県内商業施設で)節電への協力呼び掛け 」西日本6月5日 00:24、
記事全文⇒ http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/305990


・・・・もっと早くからやらなくては、全社あげて、取り組めば、電力は足ります!
10.「福岡県14%以上節電へ 昼休み1時間遅らす 」西日本6月5日 01:25 配信(紙面では26面に)、
記事全文⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/306001

11.「発電って大変!!節電しなくちゃ 久留米市が環境フェア 西日本6月4日 00:46配信、記事全文⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/305870

★ 西山進 さんから:
青柳行信様
 パソコン修復できました。明日上京します
原発の再稼働へ向けて、しゃにむに突っ走ろうとする電力会社や財界。アメリカの核戦略を含めて、ヒロシマ、ナガサキを体験した私たち被爆者が、いまなにをなすべきか非常に大事な総会です。

★ 西岡由香 さんから:
 <地熱発電マンガアップしました>
青柳さま
こんにちは、長崎の西岡です。
拙文の高知報告をご紹介くださってありがとうございます!
今回の高知報告はこれから描きますが、4月に行った大分の八丁原地熱発電所報告マンガを描いて、ホームページにアップしました。
http://www.yukalink.com/


ホームページを開いていただくと、「放射能って何?」の文字の下に、「八丁原地熱発電所報告」の欄があり、その左に「作品を読む」という文字が出てきますので、「作品を読む」をクリックしてくださいませ。5ページのマンガをお読みいただけます(^^)お時間あったらごらんいただけるとうれしいです。

★ 真崎 さんから:
青柳さん
5・27佐賀集会と感動的で力強い集会だった
3・11 さよなら原発!福岡集会の模様を紹介した動画作品をYoutubeにアップしました。
http://www.youtube.com/watch?v=MAi1EUuHjRw


★ 黒木 さんから:
<大飯再稼働「総理が国民に説明を」 福井知事が判断留保> 朝日新聞デジタル2012年6月4日22時10分
 福井県の西川一誠知事は4日、関西電力大飯原発3、4号機(同県おおい町)の再稼働問題で、細野豪志原発相らと県庁で会談し、改めて野田佳彦首相が記者会見を開くなどして、再稼働の必要性を国民に直接説明するよう求めた。その対応を見極めた上で再稼働に向けた地元手続きを進める考えで、知事の最終判断が今月中旬以降にずれ込む可能性が出てきた。
 
 西川知事は会談で、「日本経済全体のために原発は重要であり、再稼働が必要であると総理大臣が国民に向かって直接訴えていただきたい」と述べ、関係閣僚会合などの場ではなく、改めて首相が記者会見などで国民に決意を示すよう求めた。さらに「そうした対応がなされればこの問題の解決に挑んで参りたい」と続け、決意表明を待って県内の手続きに取りかかる意向を示した。
 また、西川知事が求めていた原子力規制庁発足までの「特別な監視態勢」について、牧野聖修・経済産業副大臣が説明。フル稼働まで、大飯原発に経産副大臣をはじめ原子力安全・保安院の審議官ら20人を常駐させ、緊急時は官邸とのテレビ会議システムで即応すると表明した。「一元的に国の責任」とした上で、福井県が参加することにも合意した。
 「関西の理解」については、知事が会談で「収束させたという理解でよろしいか」と念押しし、斎藤勁官房副長官は「ご理解いただいたという受け止め方をしている」と応じた。
 一方、斎藤官房副長官は会談後、首相の記者会見の可能性について報道陣から問われ、「総理と相談する」と述べるにとどめた。
 西川知事は、県原子力安全専門委員会の審査結果や県議会、おおい町長の意向を聞いた上で、最終的に再稼働の是非を判断する。

■今週中にも首相判断か
 
 民主党の仙谷由人政調会長代行は4日、福井市内で開かれた同党県連所属議員らとの会合で、「福井の意向や意見を踏まえ、今週中にも開かれる4大臣会合で総理が判断を決める
のではないか」と述べた。

■広島・被爆二世の白血病調査。119331人の結果。遺伝的影響あり。

<長崎市議会議員 井原東洋一ブログ「ここでトヨさん出番です!」2012-06-04 08:49より転載>

6月3日に、長崎原爆資料館で開かれた「第53回原子爆弾後障害研究会」で広島大学の鎌田七男名誉教授(財・広島原爆被爆者援護事業団)のグループによる「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」の研究で、注目すぺき発表があった。

即ち、これ迄の日米共同運営研究機関である放射線影響研究所による発表では、「親の被爆による遺伝的影響はみられない」とされ、その解明は今後の研究に委ねられているが、広島大学原爆放射線医科学研究所研究グループの長い間に亘る調査結果では、遺伝的影響がみられる事が明らかになり、発症率では、「両親被爆」に高い結果が出ていた。広島大学の鎌田名誉教授によると、広島県と広島市が1973年~74年にかけて、被爆者とその家族を対象に実施した調査結果を分析し、1946年~73年までに生まれた被爆二世の合計119331人(男性61444人・女性57887人)を確認し、広島大学原爆放射能医学研究所と関連病院により診断結果を、白血病患者と照合した結果、1946年~95年の50年間に、94人の二世が発症していた事が判明した。

このうち、被爆後10年以内に生まれた63117人中、35歳までに白血病を発症したのは49人。親の被爆状況による分類では、「父のみ被爆18087人中6人」、「母のみ被爆30577人中17人」、「両親被爆14453人中26人」が発症していた。白血病以外の疾病もあるだろうし、被爆二世の健康不安の深刻な現実が浮き彫りになった。長崎原爆二世団体が、毎年行なっている「調査実施要望」に対する長崎県・市の対応は全く曖昧に終始しており、広島の姿勢に学び、対策を講ずるべきであろう。

★ 高橋 さんから:
【大拡散希望】6・8関西電力ヒューマンチェーン!8日(金)15時。
大阪中之島・関電本店前。大飯原発の再稼動をとめよう!民意は「再稼働反対」!
原発のない安心安全な世界を!どなたでも大歓迎!
※当日18時からはTwitNoNukes抗議行動も!http://p.tl/Q9EN-

★ 崔 勝久 さんから:
3・11を踏まえて韓国の民主化闘争とは何であったのかを考えるー反原発運動の意味すること
http://www.oklos-che.com/2012/06/blog-post_04.html

「激動の韓国現代史を生きたキリスト者の証言」という帯の言葉がそのまま納得のいく、強烈な感動と刺激を与えてくれる本です。朴炯圭『路上の信仰 韓国民主化闘争を闘った一牧師の回想』(新教出版社)を読み、絶句しました。

アジアにおいて原発輸出を行う大国、加害者の国、植民地主義そのものの国になった日本と韓国という国家に対して、脱原発を求めることはまさに、国民国家の枠を突き破る、突きぬけることです。民族、国境を超えた国際連帯が求められるゆえんです。私は反原発の運動にその可能性を見い出したいと願います。

★ 吉田明子・国際環境NGO FoE Japan さんから:
-------------------------------------
◆緊急オンライン署名
大飯原発3・4号の再稼働を断念するよう求めます
-悲惨な福島原発事故を直視してください
-事故の責任もとれないのに「私の責任で」と言わないでください
-安全性はすべて置き去りなのですか
http://e-shift.org/?p=1994

是非、署名をお願いします。<6月7日(木)正午まで!>

◆アクション・集会(6月4日更新)
情報リスト、拡散お願いします!⇒http://e-shift.org/?p=1971

★6・6院内学習会: 脱「原子力ムラ」の規制組織を作ろう
http://e-shift.org/?p=1988

【日時】 6月6日(水) 午前10時~午後1時
【場所】 衆議院第一議員会館 国際会議室
      地図http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm 

★6月6日「さようなら原発1000万人署名」第一次集約集会
http://sayonara-nukes.org/2012/05/0606syomei/
【日時】6月6日(水)
    17:30 開場
    18:00 オープニングコンサート寿[kotobuki]
    18:30 開会
    19:30 パレード出発
【場所】日比谷野外音楽堂(地下鉄霞が関駅徒歩5分)
     地図http://hibiya-kokaido.com/map.html

★6.7 緊急アクション ダイ・イン&座り込み/原発いらない福島の女たち
http://2011shinsai.info/node/2252

【日時】6月7日(木)12時~
【場所】経済産業省前テント広場に集合、その後移動(移動先は当日確定)

★6・9 大飯原発再稼働反対!首相官邸抗議ウォーク
http://2011shinsai.info/node/2247

【日時】6月9日(土)18:00~
【場所】首相官邸前(国会記者会館前)(最寄:国会議事堂前駅)

★福井県原子力安全専門委員会に一つでも多くの声を
福井県原子力安全専門委員会 連絡先(FAX・メール・郵送)一覧
http://2011shinsai.info/node/2223

「安全性の観点から徹底して議論を尽くしてください」
「大飯原発の危険な再稼働を認めないでください」
「県民への説明会を開いてください」
など、届けよう!

★福井県と県の安全専門委員会にメールを送ろう
http://www.jca.apc.org/mihama/ooi/fukui_mail1205/fukui_mail1205_1.htm

活断層の3連動評価・・・関電はこっそりと評価を改変
ここからメールを送れます!解説付きです。

★野田さん、枝野さん、地元の国会議員にFAX、メールを送ろう
http://e-shift.org/?p=1534


★6.27茶屋町ジャック!-関電株主総会包囲行動
http://ameblo.jp/hiko1956/entry-11264214587.html

【日程】6月27日(水) 8:00~
【場所】梅田芸術劇場(大阪市北区茶屋町:茶屋町アプローズ内)
地図http://www.umegei.com/guide/access.html


◆その他の動き

★民主党議員が署名を集めています
・川内博史議員のツイート
再稼動について、判断を自重するよう求める署名を党所属議員間で集め、
総理に提出する。
https://twitter.com/kawauchihiroshi/status/208024868170637314

・谷岡郁子議員のツイート
再稼働問題に関する署名原稿完成!署名取り開始
http://twitter.com/kunivoice/status/208056577847074816

◆参考情報

★大飯3・4号機再稼働をめぐる政府交渉 確認点(速報)5/15
http://www.foejapan.org/energy/news/120516.html
★65名が賛同:大飯原発の拙速な再稼働に反対する国会議員声明
http://e-shift.org/?p=1879

★おおい町の戸別訪問~語るに語れぬ心情と市民アンケート
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-ead7.html
アンケート結果の詳細はこちら(美浜の会のページより:PDFファイル)
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/opinionnaire_rep20140423.pdf

★eシフトブックレット「原発を再稼働させてはいけない4つの理由」
http://e-shift.org/?p=1605

●○●○○○●○●○●○
  ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
    Twitter フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
    午前10時から午後5時(土・日曜・休日は閉設)
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html   
   ★☆(ひろば・テント 090-1324-8588) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。