スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカで話題になり始めた漂着”汚染”がれき問題。日系人社会ではがれき収集作業のボランティアまで検討中。なのに原発再稼働に突き進むとは何事か。

(by Sunshine)

たとえそれが地震と津波のせいとはいえ、現実的にはあれだけの放射能事故を起こしておきながら、どこぞやの圧力がかかっているからか、性懲りもなく大飯原発の再稼働を力づくで再稼働しようと企んでいる政府及び関西電力。これに反対するデモが6月1日、関西電力本社前で行われ、1,200名が集結したとこげぱんさんから教えて頂いた。

http://www.ustream.tv/recorded/22998586
                     
これでもまだ再稼働をごり押しをしようとするからには、命でもかかってるのかと邪推の一つもしたくなるというもの。放射能は垂れ流し、汚染がれきは太平洋上に漂流させたまま、この期に及んでもまだ原発再稼働を決め込んでいる日本政府及び電力会社の輩よ、よく聞くがよい。これから一般アメリカ市民によるジャパン・バッシングが始まるから心しておくべし。

アメリカ西海岸では、南カリフォル二アのサンディエゴ沖で捕獲し、調査した11匹のクロマグロ全てから、セシウムが含まれていたとのアメリカ調査団の発表もあり、すしレストランなどでは、相次ぐ客からの安全確認のための問い合わせに対して、「うちは日本からの魚は一切使っていません。タイ、インドネシア、ヨーロッパの物ばかりです」と但し書きをするレストランも現れたほどだ。商売にも影響が出始めるのも時間の問題だと言っている。

その上、東北の汚染がれきがアラスカ州、カナダ、オレゴン州、カリフォルニア州にもぼちぼち到着し始めており、こちらの処理をどうするかで世論が盛り上がりつつある。

                     boat
    (Boat burned last weekend in Queen Charlotte. Quite a party. Jeff King photo.)
http://www.qciobserver.com/Article.aspx?Id=5487
Premier invited to talk about tsunami debris
----

カナダやアラスカではすでに日本からの漂着物が太平洋を渡って漂着し、地元の自治体だけではとても費用を賄いきれないとボタンティア達が片づけにあたっている。

----
(CBS-動画)
http://www.cbsnews.com/8301-18563_162-57443283/toxic-japanese-debris-piles-up-on-alaskas-shore/

Toxic Japanese debris piles up on Alaska's shore

----
太平洋上に流れ出たがれき(汚染)は約500万トンもあり、そのうち約70%は太平洋の海底に沈むが、残りの約100万トンはアメリカやカナダの西海岸に漂着するものと推測されている。
-----
http://newsfeed.time.com/2012/05/30/what-the-waves-brought-japanese-tsunami-debris-in-north-america/#radioactive-tuna-fish

What the waves brought:Japanese Tsunami Deblis in North America

The March 2011 tsunami in Japan sent 5 million tons of debris into the Pacific Ocean. While about 70 percent of it sank off shore, more than a million tons is still floating east -- everything from ghost trawlers to lost Harley Davidsons. Here's a look at some of the more unusual flotsam that has already reached North America.

----
さらに今年10月ごろには、大量の汚染された漂着物がカリフォルニア州やオレゴン州などに本格的に到着するだろうと専門家たちは言っており、この処理をどうするかという問題に各州政府や自治体、それに連邦政府は頭を悩ましている。

---
(動画)
http://www2.wspa.com/news/2012/may/29/scientists-predict-debris-tsunami-will-reach-west--ar-3877607/
Scientists Predict Debris From Tsunami Will Reach

---
それでなくても巨大財政赤字を抱えた国である。この処理費用をどうやって工面するかと役人達が議論している間にも市民達はボランティア団体を結成し、漂着物処理を開始した。ぐずぐずと手をこまねいて見てはいないところがアメリカ人の良さでもある。こういう時には、キリスト教の精神を思い切り発揮して、政府がぐずついているなら自分達で良かれと思うことをさっとやってしまう。元々政府の言うことなど聞かず、個人が独立した個として、自主性を発揮するのがアメリカの伝統でもあるため、日本人のようにお上の指示など待ってはいない。

政府もまたこんなアメリカ人気質を”利用”して事に当たろうとする傾向がある。今回の漂着がれき処理の件でも、ボランティアなしでは事が進まないだろうとの意見が散見するようになった。

-----
http://www.mailtribune.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20120529/NEWS07/205290325/-1/NEWSMAP
Volunteers will be key in tsunami cleanup efforts
Volunteers will play a big role in picking up debris from last year's tsunami in Japan when it starts hitting the beach in Oregon.

----

先日も日系人の友人と長話をしたのだが、ぼちぼち日系人社会にもこういったボランティア団体から漂着がれき処理のボランティアへの勧誘が来始めている。第二次大戦下における日系人強制収容所の話を聞いて育っている日系人の子孫達は、こんな話が来たら、決してNOとは言えないことを知っている。そろそろ自分達もボランティアに行かなければいけないのかなあ、と話しながら会話を終えた。

悪魔に魂を売ってしまった人間に何を言っても無駄とは思うが、たとえ自分の首がかかっていても国民のためなら時には差し出し、正義を通すというのが日本の武士道にはなかったか。日系1世はそうやって土台を築き、その子孫たちも彼らを見習いながら今日の地位を築いてきた。その彼らが、太平洋の対岸で汚染がれき集めのボランティアに参加しようとしている時に、恥も外聞もかなぐり捨て、単なる己の自己保身、エゴの拡大のために日本国民はおろか諸外国にまで悪影響を及ぼす原発再稼働とは何事か。

何度でも書く。地震大国の日本に原発を建てることの愚行を考えてみよ。

下記の見るもおぞろおぞろしい福島第一原発4号機の写真をよく頭に刻み込んでおくことだ。
http://enenews.com/new-photos-show-remains-4-reactor-buildings-eastern-wall
New photos show what remains of No. 4 reactor building’s eastern wall
                     fukushia1
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。