スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米上院議員:福島原発の燃料プールはアメリカにとって国家安全保障の問題だ

(by Sunshine)

東電は4月26日付の「お知らせ」で、吉本新喜劇も顔負けの”ブラック・ユーモア”をインターネット上に掲載しているが、世界各国はハラハラしながら崩壊しかかった福島第一原発4号機の行方を見守っている。このことを知らぬは東電ばかりなり。

----
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/info/index-j.html

4号機原子炉建屋は傾いておらず、燃料プールを含め地震で壊れることはありません.

平成24年4月26日更新

 4号機原子炉建屋は、水素爆発により建屋の上部が損傷した状態となっていますが、下記の項目を確認し、燃料プールを含め地震で壊れることがないことを確認しています。

(後略)

----
5月6日付、ワシントン・ポストに先日、福島を視察したというオレゴン州選出の民主党上院議員、ロン・ワイデン氏の発言が掲載されているが、これによるとワイデン氏は、福島第一原発の使用済み燃料プールは、非常に危険な状態であり、アメリカにとってもまさに国家安全保障上の問題である。最早、日本だけで解決するには問題が大きすぎる。ゆえに、国際的な支援を受理するよう日本政府に要求したと強い口調で述べたらしい。

現在、国籍を超えた世界各国の原子物理学者や非営利団体のグループは、国連に対して、この使用済み燃料プールの安定化のために、多国籍の専門家によるチームを日本に受け入れさせるよう調整役を依頼しているとワイデン議員は述べているが、こういった報道は日本ではあるのだろうか。

脱原発推進派の内科医ヘレン・コルディコット博士は、燃料プール4が崩壊すれば、彼女は家族を現在の居住地、ボストンから南半球に移住させるつもりだと言っている。福島からの風の向きからして、もし4号機が倒壊することにでもなれば、アメリカの西海岸はもろにその影響を受けることになり、その後東海岸にまで放射能汚染は拡大するということを言っているのだ。

核のエキスパート、アーニー・ガンだ―セン氏は、最近、「もし4号機の中には800個分の核爆弾に匹敵する使用済み核燃料が保管されている。これがある日、突然倒壊、爆発することもありえるわけで、そうなった時は日本の終わりを意味するだけでなく、北半球の全てが危険な状態になるだろう。南半球への移住しか道はないだろう」と話している。

今週、ワイデンは、使用済み燃料が米国に対する国家安全保障脅威であると言いました:

オルターネットは、費やされたものが福島ダイイチで国家安全保障脅威をあおると彼が思うかどうかワイデン上院議員に尋ねました。
彼のオフィスによって発表された声明で、ワイデンは、「別の地震の場合には使用済み燃料プールの失敗によって引き起こされた放射線は、数日内に西海岸に到着するかもしれません。」と返答しました。
それは、絶対にアメリカのために安全な封じ込めおよびこの使用済み燃料の保護をセキュリティ問題にします。」
[ロバート・アルバレス?核エキスパートおよびアメリカ・エネルギー長官の元特別の助手]「私の主な関心事は、そこからその使用済み燃料を出すこの努力が偶然しているべきことおよび上にゆっくりやることでないということです」と言って一致します。
しかし、Tepcoの現在の計画は、同じの中に何年も大多数のこの使用済み燃料オンサイトを保持することです、上げられた、記憶プールをuncontainした、燃料のうちのいくらかを単に転送すること、へ、より安全、共通のプールがキャパシティーに達する時、乾燥した樽を強固にしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。