スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク州知事としては黒人初の、目が不自由な新知事誕生/元知事はモサドに?


paterson


買春容疑で辞任したニューヨーク州知事、エリオット・スピッツアーの後任に副知事だった黒人で目の不自由なデイビッド・パターソン氏の就任式が3月17日に行われた。ニューヨーク州知事としては黒人初で、目が不自由な知事というのはこれで二人目。黒人の州知事としては4番目であり、彼の目には涙が浮かんでいた。


彼は生まれつき目が不自由という生涯を乗り越えてコロンビア大学を卒業後、大学院で法律を学び弁護士資格を取得。ニューヨーク州司法省に勤務後、現在に至る。


「数々の困難を乗り越えて・・・」とメディアはいっていたが、そのことについては十分すぎるほど理解できるが、しかし、彼もまた普通の黒人家庭出身者ではないので、その辺は押さえておかなければならない。彼の父親は、黒人初のニューヨーク副市長で後にニューヨーク州政府国務長官となったベイジル・パターソン。


何となく唐突だった感のある今回のニューヨーク州知事交代劇だが、大統領選挙のキーワードである”チェンジ=変革”という言葉をより一層国民にアピールするためには効果的なドラマだったようにも思える。これで多分、オバマに決まり?

http://en.wikipedia.org/wiki/David_Paterson

http://hosted.ap.org/dynamic/stories/N/NY_GOVERNOR_BIO_BOX?SITE=FLTAM&SECTION=US


「オンライン・ジャーナル」に、「ウェイン・メディセン・レポート」からの引用として、スピッツアー元知事は、ロシアとイスラエルにまたがる大がかりな犯罪組織とウォール・ストリートに関わる問題に深く首を突っ込んだため、モサド(イスラエルの諜報機関)のフロントであるアメリカの諜報機関に監視されていたとの記事が掲載されている(スピッツアーはユダヤ系だったが、そんなことは関係ないのかな?)

http://onlinejournal.com/artman/publish/article_3065.shtml

http://www.waynemadsenreport.com/articles/20080312_4


あの売春婦はその後、歌手でビューするとか、百万ドルの契約金を貰うとかいったニュースが流れているが・・・。色々裏がありそうだ(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。