スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成の「ニイタカヤマノボレ」

(by こげぱん)


よせばいいのにホノルルでのAPEC会議の席上でTPP交渉参加表明したどじょう総理を、オバマのみならずかのヘンリー・K氏までもが祝福してい る。

---
TPP参加は大チャンス…キッシンジャー氏
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111114-OYT1T00962.htm?from=navr


 元米国務長官でノーベル平和賞を受賞したヘンリー・キッシンジャー氏(88)が14日、岡山市南区の吉兆庵美術館で地元関係者ら約40人との懇親会に出席、日米外交などについて語った。


(中略)


 懇親会に先立ち、この日は岡山大でも講演。環太平洋経済連携協定(TPP)について「日本では『どんな犠牲を払うべきか』という議論だが、『何 が一緒に達成できるか』を考えるべきだ」と強調し、「TPPへの参加は(環太平洋の)国際協調につながる大きなチャンスだ」と述べた。
---

どじょう総理は能天気にも,TPP参加を「国益の視点で結論を得る」おつもりらしいが、


首相、TPPは「国益の視点で結論を得る」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111114-OYT1T01115.htm


かつてヘンリー・K氏は周恩来の前で露骨な対日侮蔑観を披歴したともいわれ、氏のような「戦略家」の甘言に乗ること自体、国益を損なう可能性があ る。

---
http://twitter.com/#!/rendaico


1971.10.23日のキッシンジャー.周恩来会談録によると、キッシンジャー補佐官は「日本にはまったく幻想を持たない」、「日本を経済的に 発展させたことを今は後悔している」、「中国は普遍的な視野があるが、日本は部族的な視野しかない」等々と語っており、露骨な対日侮蔑観を披歴し ている。

---


また去る9月発表されたアメリカ有力シンクタンク・CFRの「米国の通商・投資戦略(U.S. Trade and Investment Policy )」と題されたレポートには、今後のアメリカ通商・投資戦略の柱としてアメリカの専門職サービスの門戸開放やアメリカ国内での「高賃金・高生産性職種」- 言うまでもなく両者とも法律事務所などの「知的産業」を指すと思われる-の雇用増大を第一に挙げていることを見れば、TPPによる日本市場開放は あたかもかつて西欧列強がキリスト教宣教師を先頭に立てて中国の市場開放やアフリカを植民地化した如く、今度は新自由主義の宣教師とも目されるア メリカの「知的エリート」を先頭に立てての歴史の繰り返しになる恐れを感じさせる。


U.S. Trade and Investment Policy
http://www.cfr.org/trade/us-trade-investment-policy/p25737


それでもパクス・アメリカーナが永遠に続くのであれば、アメリカ主導によるTPPに参加するのも国益かもしれないが、そのアメリカでは国民の8% が極貧にあえぐという断末魔状態で、

---
Census: 1 in 15 Americans Among the Poorest of the Poor
http://www.pbs.org/newshour/bb/social_issues/july-dec11/poverty_11-03.html

New Census data out Thursday show that one in 15 Americans now lives inextreme poverty and earns less than half of the official poverty line.Jeffrey Brown discusses the spread of poverty and the implications forfamilies and communities with Elizabeth Kneebone of the Brookings

Institution.
---


よりによってどじょう総理が国内でTPP参加宣言した翌日には、NYTオピニオン欄にて台湾放棄論が発表されており、同じ極東の海洋国家たる台湾 の運命は、明日の日本の運命とならない保証はない。


---
Op-Ed Contributor: To Save Our Economy, Ditch Taiwan
http://www.nytimes.com/2011/11/11/opinion/to-save-our-economy-ditch-taiwan.html

By PAUL V. KANE


President Obama should negotiate with China to write off American debt
in exchange for an end to America’s defense arrangement with Taiwan.

November 12, 2011
---


かつて大日本帝国は同盟国・ドイツがモスクワから撤退を始めた翌日、「ニイタカヤマノボレ」という暗号で破れかぶれの真珠湾攻撃を強行したが、平 成の今日、よりによって真珠湾のあるホノルルでの斜陽のアメリカに追随するTPP参加表明は、「ニイタカヤマノボレ」に始まる悲劇を繰り返さない とは限らない。


--------------------------------------------------------------------------

(コメント by sunshine)

■弁護士、公認会計士、博士号取得者、医者などが大闊歩しそうな予感


久しぶりの硬質なこげぱんさんの記事、ありがとうございました。


そうですか、早速このタイミングで、ヘンリーがねえ・・・・(笑)。彼はいつも大変分かりやすいタイミングで登場するから、観劇する方も筋書きがよりクリアーに見えて、面白いです。


ま、今回のTPP騒ぎは、いったん会合に参加したからには、途中で抜け出せないとか、参加しなければ話の内容は教えられないとかいって、さながらオバマ大統領の最もお好みの映画「ゴッドファーザー」も顔負けといった、露骨なストーリーに仕上がっています(笑)。


>今後のアメリカ通商・投資戦略の柱としてアメリカの専門職サービスの門戸開放やアメリカ国内での「高賃金・高生産性職種」- 言うまでもなく両者とも法律事務所などの「知的産業」を指すと思われる-の雇用増大を第一に挙げていること・・・・・略


これは以前から言われていたことですが、何しろアメリカには弁護士が多すぎる。2011年現在、約120万人の弁護士がいるといわれていますが、これは2年前より2%、そして10年前より17%も増加しています。 とにかく道を歩けば弁護士に当たるといわれるほど数が多い。しかし弁護士として生計を立てることができている人は約76万人余りのみ。”市場”が伸びないのに、新しいロー・スクールはどんどん開設され(金もうけのために?)、就職口にあぶれた人達が専門職を求めて入学するものの、弁護士資格を取得しても仕事がない。些細な民事”事件”に口をはさみ、裁判させて、何とか生き延びようとする悪徳弁護士も増えて(笑)。


この人達への”就職先”としても、日本のようなのほほんとした、平和ボケした、まあまあ、なあなあ式の古い体質を残した企業は、うってつけの場と考えるのは当然でしょう。


http://www.assetprotectionlawjournal.com/2011/07/articles/asset-protection-strategiesalt/too-many-lawyers/

Too Many Lawyers?


http://articles.latimes.com/2010/jan/08/opinion/la-oe-greenbaum8-2010jan08

No more room at the Bench


それから意外と知られていないかもしれませんが、アメリカには博士号取得者が多いのです。予算カットのあおりを受けて、大学の教員の首切りが多いため、これらの人達が大量に失業しています。実際私の周りにもたくさんいます。これらの人達への“新就職の場”として、日本の大学など最適だと考えているのではないでしょうか。


でも、何度も書くけど日本は放射能の問題があるから、行きたくないという人が私の周囲には多いですけど。いくらお金を積まれても。


-----------------------------------------------------------------

余談 1(11月18日)


全米を吹き荒れているOccupy (占拠)運動。LAにはこんな日本の禅僧も真っ青になりそうなプロテスターも登場(日本にはこんな立派な文化があるというのに・・ね)。アメリカは自分の頭の上のハエはどうするのかな? 



Don't Believe The Hype-zen


http://ca.news.yahoo.com/anti-wall-street-protesters-snarl-los-angeles-freeway-210331194.html

Anti-Wall Street protesters snarl Los Angeles freeways


http://newyork.cbslocal.com/2011/11/17/protesters-bringing-message-underground-with-plan-yuukenn to-occupy-the-subway/

Protesters March To Brooklyn Bridge; Subway Fears Don’t Materialize


(動画)

http://ca.news.yahoo.com/video/us-22424932/raw-video-occupy-protesters-arrested-in-l-a-27301871.html#crsl=%252Fvideo%252Fus-22424932%252Fraw-video-occupy-protesters-arrested-in-l-a-27301871.html

US Videos

-------------------------------


TPP騒ぎの陰で、密かに進行中の”もう一つのドラマ”-南シナ海の領有権を巡る、”米ソ冷戦”、じゃなかった”米中対立の戦争ドラマ”。


中国がアメリカに対して、南シナ海問題に対して余計な口をはさむなと警告。

-----


http://www.ft.com/intl/cms/s/0/ad940196-11d2-11e1-9d4d-00144feabdc0.html#axzz1e6jCz2hu

China warns US on territory disputes


China has issued a veiled warning to the US to keep out of Beijing’s disputes with several of its neighbours over the South China Sea.


-----

”アングローアメリカ同盟国”のオーストラリアは、自国は中国のミサイルの射程内だと言って、ダーウィンにアメリカの海兵隊員2,500名を駐屯させることに決めた。

----

http://au.news.yahoo.com/thewest/a/-/breaking/11823266/were-within-reach-of-chinese-missiles/

We're within reach of Chinese missiles


The Chief of the Defence Force says Chinese missiles could hit Australia, but strategic analysts reckon Beijing would not bother to waste any of its nuclear warheads on this country.

----

平成の「ニイタカヤマノボレ」もまんざらジョークではすまされない、そんな不気味な気配を感じているこの頃です。不景気、高い失業率、世界的なデモ・・・・なんだか戦争前を彷彿とさせますよね。



---------------------------------------------------------------------------

余談 2(11月19日)


持家有りの郊外族の中にも、貧困ラインギリギリのボーダー族が増加してきたという11月19日付、NY Timesの記事より。


これによれば、従来の数値に基づく統計ではなく、新社会状況に照らした統計方式によると車、家、定期収入あり、半分は結婚していて、郊外に住んでいる人達の半分が貧困のボーダーラインだというもの。


この層は、従来方式では10%だったのに対して、別の方式では17%となっており、この方式によると最貧困ー5%、貧困ー11%、貧困ボーダーラインー17%・・・・合計33%という何と3人に1人が貧困にあえぐ”断末魔”状況です。


------

http://www.nytimes.com/2011/11/19/us/census-measures-those-not-quite-in-poverty-but-struggling.html?_r=3&hp


Older, Suburban and Struggling, ‘Near Poor’ Startle the Census


WASHINGTON — They drive cars, but seldom new ones. They earn paychecks, but not big ones. Many own homes. Most pay taxes. Half are married, and nearly half live in the suburbs. None are poor, but many describe themselves as barely scraping by.


http://www.nytimes.com/interactive/2011/11/19/us/bordering-on-poverty.html?ref=us

Bordering on Poverty


------

こりゃ、なんとかせねばなるまい、古くて新しいあのビジネスで巻き返しを図るか・・と企んでいるかどうかは知りませんが(笑)、とにかく要注意状況ではあります。


しかしアメリカが日本と比べてまだ救われているなと思うのは、教会に行けばまだまだ人々の共同体意識が見られるため、相互扶助の精神で貧乏人同士助け合うので、日本人のように絶望する人は少ないのかなという気はしています。事実、若者の教会戻りが多くなってきたと知り合いの牧師が言っていました(私は特定の宗教の信者ではありませんが)。


いつかこのブログでも書いたことがありますが、教会の内部にも色々と問題がありますが、大雑把に言って教会が(特に黒人地区においては)社会的弱者の最後の砦になっているところは、日米だけを比較すると、アメリカの強みだと思います。


---------------------------------------------------------------------------

(コメント by Mapple)

■同感です!!


部分転載させて頂きました。
いつもありがとうございます!!
http://d.hatena.ne.jp/Mapple/20111120


------------------------------------------------------------------

レス by こげぱん)

■Re:同感です!!


>Mappleさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。

これは私事で恐縮ですが、拙宅PCのセキュリティがズタズタになったり、はたまた飯山一郎氏の「米とぎ汁乳酸菌」や「豆乳ヨーグルト」を自作して飲んでいるうちに数年前まで寝たきりだったのが嘘みたいに体が動くようになり、つい調子に乗って海で遠泳したり、北アルプスに登ったりしているうちに体調が急変して記事どころではなくなり、サボリまくりになりすみませんでした。

ようやく体調も落ち着いてきたので、何か思いついたときはぼちぼち記事も書こうと考えています。mappleさんのような頻度では書けないでしょうが、よろしければ今後とも御笑読ください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント


------------------------------------------------------------------



>Mappleさん



こちらこそ、いつもありがとうございます。



これは私事で恐縮ですが、拙宅PCのセキュリティがズタズタになったり、はたまた飯山一郎氏の「米とぎ汁乳酸菌」や「豆乳ヨーグルト」を自作して飲んでいるうちに数年前まで寝たきりだったのが嘘みたいに体が動くようになり、つい調子に乗って海で遠泳したり、北アルプスに登ったりしているうちに体調が急変して記事どころではなくなり、サボリまくりになりすみませんでした。



ようやく体調も落ち着いてきたので、何か思いついたときはぼちぼち記事も書こうと考えています。mappleさんのような頻度では書けないでしょうが、よろしければ今後とも御笑読ください。

1 ■同感です!!

部分転載させて頂きました。
いつもありがとうございます!!
http://d.hatena.ne.jp/Mapple/20111120

2 ■Re:同感です!!

>Mappleさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。

これは私事で恐縮ですが、拙宅PCのセキュリティがズタズタになったり、はたまた飯山一郎氏の「米とぎ汁乳酸菌」や「豆乳ヨーグルト」を自作して飲んでいるうちに数年前まで寝たきりだったのが嘘みたいに体が動くようになり、つい調子に乗って海で遠泳したり、北アルプスに登ったりしているうちに体調が急変して記事どころではなくなり、サボリまくりになりすみませんでした。

ようやく体調も落ち着いてきたので、何か思いついたときはぼちぼち記事も書こうと考えています。mappleさんのような頻度では書けないでしょうが、よろしければ今後とも御笑読ください。
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。