スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この期に及んでも止まらぬ弱肉強食・狂気社会。どうしてくれるこの経済格差

(by sunshine)


富裕層は益々富裕に、中流から下流層は益々どん底にと言われるようになってから久しい。6月18日付、「ワシントンポスト」にこのことをさらに明確に裏付ける記事が発表された。


今回の記事のソースは、ウィリアムス大学、インディアナ大学、MIT、カリフォルニア大学バークリー校の教授陣、それに財務省、連邦準備制度理事会の共著による「The World Top Incomes Database and reports )(ワシントン・ポスト社発行)によるもので、この記事はいわばこの本を売るためのパブリシティー記事であるが、読むよりも見て分かりやすいイラストが多数掲載されているので、下記をクリックしていただきたい(2008年までのデーターベースを参考にしている)。


http://www.washingtonpost.com/wp-srv/special/business/income-inequality/


・1番目のグラフ(Income Shares):

上位年収0.1%の年収高ののびを、1975年と比較して、いかに延びているかを示したグラフ。

1975年には全体の富の2.6%を所有していたが、2008年には10.4%にのびている。


・2番目のグラフ(The Top 0.1%):

どういう職種の人間が上位0.1%を占めているかというグラフ。大企業重役、金融関係者などが上位(大学教授や科学者達の年収の低いこと)。


・3番目のグラフ(CEO Pay):

CEOの年収高を示すグラフ。1970年代と比較して平均的労働者の年収はさして変化していないにも関わらず、中堅以上の企業CEO年収ののびはこれほどまでになっている。


・4番目のグラフ(Other Countries):

上位0.1%の年収額の各国比較。ダントツに高いのがアメリカ、次いでイギリス、フランス、日本となっている。フランスと日本は大体同じぐらい。アメリカと比較すると極端に低い。


-----------

http://www.washingtonpost.com/business/economy/with-executive-pay-rich-pull-away-from-rest-of-america/2011/06/13/AGKG9jaH_story.html?hpid=z1


(本文)

It was the 1970s, and the chief executive of a leading U.S. dairy company, Kenneth J. Douglas, lived the good life. He earned the equivalent of about $1 million today. He and his family moved from a three-bedroom home to a four-bedroom home, about a half-mile away, in River Forest, Ill., an upscale Chicago suburb. He joined a country club. The company gave him a Cadillac. The money was good enough, in fact, that he sometimes turned down raises. He said making too much was bad for morale.

Forty years later, the trappings at the top of Dean Foods, as at most U.S. big companies, are more lavish. The current chief executive, Gregg L. Engles, averages 10 times as much in compensation as Douglas did, or about $10 million in a typical year. He owns a $6 million home in an elite suburb of Dallas and 64 acres near Vail, Colo., an area he frequently visits. He belongs to as many as four golf clubs at a time — two in Texas and two in Colorado. While Douglas’s office sat on the second floor of a milk distribution center, Engles’s stylish new headquarters occupies the top nine floors of a 41-story Dallas office tower. When Engles leaves town, he takes the company’s $10 million Challenger 604 jet, which is largely dedicated to his needs, both business and personal.(後略)

--------------------


一方、こういった大企業の”弱肉強食”に待ったをかけようとするAmerica's Union Movement(アメリカの組合運動)を推進しているサイト、Executive Watchに、2010年度の上位500社CEOの平均年収が掲載されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■記事と関連しませんが

ネブラスカは大丈夫なんですかね?

上空の飛行禁止措置がされているなんて出ていましたが・・・

2 ■The other side of…

US National Debt 1940-2010 -A Tsunami of red ink-[Chicago Tribune]

http://visualizingeconomics.com/2010/05/24/us-national-debt-1940-2010-chicago-tribune/

こちらは、弱肉強食を後押ししたアメリカ所得税率の変遷

History of the Income Tax in the United States
http://www.infoplease.com/ipa/A0005921.html

レーガン政権以降一貫した富裕層減税がもたらしたものは…

#私事で恐縮ですが、311後同様、617後もPC/ネット環境不調のため、手抜きレスにて失礼しますm(-_-)m

3 ■追加

4 ■Re:後ほど、ゆっくり

お二人さん、コメント、フォロー、ありがとうございます。ネブラスカはあとでまた、ゆっくり。チリの火山爆発も続いていますね。これもまた後で。取り急ぎ。、また。

5 ■コメント タイトル訂正

The other side of decadance かもw

#ヴェルナー=ゾンバルト「恋愛と贅沢と資本主義」は、ヨーロッパ貴族により紡がれた美しいトリクル・ダウンの歴史ですが、今日ビル・ゲイツ氏のような成金や,はたまた欧米金融帝国の貴族たちは、どのようなトリクル・ダウンの物語を紡ぐのか…

6 ■日米同盟の強固な絆は福島―ネブラスカ原発でも相似形

お二人のコメントを本文に挿入しようと試みましたが、文章が半角4万字以内でないとだめとのサインが出て、そうすることが不可能でしたので、ここで失礼いたします。

ネブラスカ州の原発問題ですが、日米同盟とはここまでかたい絆で結ばれたものなのかと驚嘆する(笑)ほどまでに、まるで相似形のようです。

1.両方とも穀倉地帯であること(福島は漁業地帯でもあるけれど)。

2.厳しい気候条件に悩まされる地域であること
(福島はー日本はー地震、津波、ネブラスカはハリケーン)

3.福島は津波による原発事故、ネブラスカはハリケーンによって引き起こされた大洪水による原発事故。

4.福島は東電、政府による後手後手対応と国民を安心させるためのまやかし報道、ネブラスカ原発も大浸水による原発事故の危険性説とそれを否定する大本営発表。


5.福島には梅雨が、このネブラスカには20日にまた大型ハリケーンが襲来するとの報道があり、予断を許さない状況が続行中。

日本でもおなじみのア―ニ―・グンダーセン氏をはじめ、危険説を訴えている人のYou Tube。

http://www.youtube.com/watch?v=ObNr83HGQwo&feature=share

http://www.youtube.com/watch?v=3h2JKCYnQnk&feature=watch_response_rev


http://www.twitmunin.com/v/286422/arnie-gundersen-nebraska-nuclear-plant-emergency-level-4-&-getting-worse-june-14-2011-1of3/

これに対して、大本営発表はこちら。

http://www.washingtontimes.com/news/2011/jun/20/floods-threaten-nebraska-nuclear-plants/

7 ■617後の世界?

>お二人のコメントを本文に挿入しようと試みましたが、文章が半角4万字以内でないとだめとのサインが出て…

拙宅もこのところPC回りの環境が思わしくなく、なかなか拙文をアップできませんが、617後の日本、案外こーゆー国になった鴨w

http://www.lyricsfreak.com/j/judas+priest/electric+eye_20076160.html
http://www.youtube.com/watch?v=YkvEDAg6MWw

8 ■無題

「悪は、悪によってさらに強くなる」
−シェイクスピア「マクベス」

9 ■Re:しかし悪は永遠には続かない

悪と言ってしまうのは語弊があるかもしれませんが、ネブラスカといえば、まず思い浮かぶのがネイティブ・アメリカンの絵をロゴマークにしているアメリカ最大の(?)保険、金融会社のミューチュアル・オブ・オマハ(Mutual of Omaha)とビル・ゲイツに続くアメリカ第二位の大富豪、ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)がCEOを務めるバークシャ―・ハザウェイ社の本拠地、オマハ市のあるところ。

http://en.wikipedia.org/wiki/Mutual_of_Omaha

http://www.berkshirehathaway.com/

そしてこのオマハは、4月7日から点検中のため稼働はしていないとの政府発表があるものの、大雨による浸水のため危険といわれているフォート・カルフォウン(Fort Calhoun)原発から約19マイル(約30km)のところにある。そしてもう一つの現在稼働中のクーパー原発もここからさほど離れていないところにある。

http://www.eia.gov/cneaf/nuclear/state_profiles/nebraska/ne.html

6月22日付、ロイターによれば、現在米原子力安全委員会(NRC)は増水したミズリー川のモニタリングを懸命に行っているとのことです。

http://www.reuters.com/article/2011/06/22/us-utilities-nrc-flood-nebraska-idUSTRE75L7L020110622

オマハに行ったことがありますが、飛行機でこの州の上あたりを飛んだら分かりますが、何十分と何もない大平原(畑)が延々と続きます。この辺りは1848年(南北戦争終了20年前)、西部ゴールドラッシュが始まってから、初めて白人が移住し始めたところで、それまではオマハ族をはじめとするネイティブ・アメリカン各部族達の土地だったことで有名です。

「悪は永遠には続かない」 by 一般市民

*6.17って何ですか?

10 ■横レス失礼。こげぱんさんへ

サムライ氏のツイート見てるだろうとは思いますが、某掲示板で飯山一郎氏の引用にイチャモンがついてますね。

◇◇◇

それはそれとして、亀ちゃんファンさんは今後飯山一郎HPからの引用とそれに類する引用等を原発板に投稿することをご遠慮ください。

もし亀ちゃんファンさんが飯山一郎HPからの引用をしたい場合はカルト板か昼休み板にお願いします。

また、今までに投稿数が少ない方も、今後飯山一郎HPからの引用とそれに類する引用等を原発板に投稿することをご遠慮ください。今までに投稿数が少ないかどうかは管理人が判断します。

◇◇◇

だって。
「すべての虚構を暴き、真実に到達しようとしている」
この看板下ろすべきだね。

11 ■お2人さんへ

>617

2+0+1+1+6+1+7=??? じゃなくて…
これのことですよ
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110617k0000m040100000c.html

ウソのお兄さん

>「すべての虚構を暴き、真実に到達しようとしている」
某掲示板がそんなところだなんて、未だに信じているのがいるんでしょう…ねぇ

12 ■無題

>「悪は永遠には続かない」

かもしれんけど、その前にこうなるでしょう(笑)
http://twitpic.com/57sm60

13 ■Re:すごすぎるけど、ブラック・ジョーク?

http://twitpic.com/57sm60

これはブラック・ジョークというには、ホワイトすぎるけど(笑)、駅員のミステイクですか? それともCG?

14 ■Ciao!

今日の朝(7/18) ブログを、おしまいに....と読みました。 残念ですが....仕方ありません。ほんとは結構ショックでした。
Sunshineサン, こげぱんサン, うそニーニサン....いつでもカリフォルニア・加州ラジオ草紙ご利用ください。
http://d.hatena.ne.jp/Mapple/
気が向いたらコメントしてください。独立の記事として掲載させて下さい。いつでもPlease!

Sunshineサン かなり前 海を越えて来た演歌歌手、ジェロが歌うとギターがすごくなる...という話題...Remember?

[p] 釜山港へ帰れ(ジェロ)
http://www.youtube.com/watch?v=m1uR5avGclE&feature=related
縦横無尽に弾きまくるギター伴奏はMarty Friedmanだそうで。とのこと。演歌ですが....Present!
三びきの侍!! I'll never forget you! All of you!
See you somewhere sometimes!! LOVE
My E: wakaihanson@yahoo.co.jp

15 ■Re:Ciao!

>Mappleさん

コメント、記事の引用をたびたびしてくださいまして、ありがとうございました。

楽しく過ごさせていただいたことを大変感謝しています。

原発で日本が大変な状況に置かれている現在、福島及びその周辺の”汚染地域”に取り残されている人達と南太平洋のツバルで海面上昇によって水浸しになりながらも、他国へ移住しようとしない(できない)人達の姿がダブり、胸が痛みます。

今回の震災には多額の寄付金が集まっているそうですが、なぜ日本政府はそれを使って、素早く強制移住をさせないのだろう。特に子供達に対しては、体内被曝が進行しないうちにそれを行使すべきなのに。子供たちへのがん検診を行うとの報道がありましたが、検診などよりまずは移住でしょう。また国際社会にも強制移住の費用援助を求めるだけの外交的手腕があってしかるべきなのに。そして国民を安心させようとのもくろみで垂れ流す、メディアのウソ。せめてブログを通してでも、訴えるべきとも思っていましたが、無力感に陥っています。

アメリカも8月2日をもって、法定の基準額を上回る巨額の財政累積赤字の処理がどうなるか、オバマと共和党の攻防が繰り広げられていますが、年金をもらっている世代の人達はこれから先、自分達の生活がどうなるのか大変危惧していますよね。

あのロン・ポールはこのようなことを。
http://www.realclearpolitics.com/video/2011/07/19/ron_paul_we_will_default_because_the_debt_is_unsustainable.html

またアメリカ全土の約2分の1が猛暑。穀倉地帯がことごとくこれでやられ、作物の大不作が予測されています。世界一の農業大国であるだけに問題は深刻です。

http://www.weather.com/outlook/weather-news/news/articles/central-us-heat-wave-tracker_2011-07-15

http://vortex.plymouth.edu/usheat.gif

日米共に試練の時を迎えているというわけですね。もうただ、運を神に任せるしかないかな。

ジェロの話ねえ・・・そう、覚えていますよ。プレゼント、ありがとうございます(笑)。

またそちらのブログにもおじゃまします。メールも出しましょう。

それではまた。See you later!


16 ■Ciap!

よかった!! コメント届いて!!

ロン・ポール We will default because the debt is unsustainable.......って ひどい!!

日米共に試練の時を迎えているというわけですね。もうただ、運を神に任せるしかないかな。
....庭にじゃがいも 栽培してサバイブしよう!!

またそちらのブログにもおじゃまします。メールも出しましょう。....待ってま-す!!!
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。