スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第一原発で再臨界の疑いが濃厚に。やはりというべきか

(by sunshine)


日本製品の輸出継続のために、アメリカの数値とは食い違う曖昧なデーターを公表しては、事態を軽く見せようとしていると怒ったアメリカ。4月7日付け、ニューヨークタイムズには、エドワード・マーキー民主党議員が、「福島第一原発の燃料棒が溶けて、炉心の一部が溶け、圧力容器の底を突き破って、流れ出ている可能性がある」とアメリカ原子力規制委員会(NRC)から得たとして、発言している記事が掲載された。


------

From Safe Distance, U.S.-Japanese Team Draws Up Plan to Demolish Reactors

http://www.nytimes.com/2011/04/08/world/asia/08toshiba.html?_r=1&ref=asia


TOKYO — Hydrogen explosions. High levels of radiation. Thousands of gallons of contaminated water dumped into the sea. With the drumbeat of bad news, including another powerful aftershock on Thursday, it will take months, if not years, to stabilize the reactors and spent fuel pools that were damaged in last month’s earthquake and tsunami at the Fukushima Daiichi plant.


-----

Lack of Data Heightens Japan’s Nuclear Crisis

http://www.nytimes.com/2011/04/09/world/asia/09nuclear.html?_r=2&ref=asia


TOKYO — Nearly one month after Japan ’s devastating nuclear accident, atomic energy experts, regulators and politicians around the world are still puzzling over a basic question: How much danger is still posed by the Fukushima Daiichi nuclear power plant?


-----


非常に残念で、情けない話であるが、現在、アメリカの“ガイアツ”によって、日米両専門家チームによる”緊急合同救援プロジェクト・チーム”も発足して、”メリーゴーランド”のように一生回り続けるしかないような”バッド・サークル”に楔をぶち込もうと、ありとあらゆる知恵を振り絞って、原発という名の”モンスター”と格闘中であるが、”やはり”というべきか、福島第一原発第一号機で、昨日より温度が急上昇、「再臨界」の恐れがあるという報道があったので、記事と動画を至急、アップしたい。


------


福島原発で再臨界の疑いが濃厚に
解説:小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)


(動画は下記―現在、無料配信中)

http://www.videonews.com/asx/marugeki_free/521/marugeki521-1_300.asx


原子力安全・保安院は、8日、福島第一原発一号機の原子炉格納容器内の放射線濃度が、毎時100シーベルトに上昇したことを明らかにした。これは前日に比べて、3倍以上も高い放射線濃度にあたり、同炉内の温度と圧力も上昇しているという。
 京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は、放射濃度の急上昇に加え、原子炉の温度や圧力の急上昇していること、更に塩素が中性子に反応して生まれるクロル38という塩素が原子炉内で発見されたことなどから、炉内で再臨界が起きている可能性が高いと指摘する。中性子は核分裂が起きたときに発生する。
 臨界とは放射性ウラン燃料などが核分裂連鎖反応を起こす状態のことを言う。「再臨界」は、臨界状態にあった原子炉が一旦停止して核分裂が止まった後、燃料棒の露出などでウラン燃料が溶け出して、圧力容器の下部に蓄積するなどして、制御されない状態で核分裂連鎖反応が起きる状態を指す。
 再臨界が起きると核分裂反応の制御が困難になり、大規模なエネルギーが発生するため、原子炉内の温度があがり水蒸気爆発の可能性が高くなる。
 小出氏は、水蒸気爆発が発生し、圧力容器や格納容器が吹き飛び、今とは桁違いの放射性物質が流出する最悪のシナリオにも今後警戒していくべきだと述べ、その場合、風向き次第では東京も避難対象となる可能性にも言及している。
 神保哲生と宮台真司が小出氏に、福島原発の現状を聞いた。

今週のニュースコメンタリーは福島原発で再臨界の可能性が濃厚になっていることなどから、通常の更新時間を早めて、9日15時より無料で公開いたします。


---------

参考


福島原発原子炉の状態 原子炉の温度

http://atmc.jp/plant/temperature/


----------------------------------------------------------------------------------------

(コメント by こげぱん)

■石原・頭狂都痴事4選の日に


飯山一郎氏のサイトで拾った、元外交官・孫崎亨氏のTwitterより

---
http://twitter.com/magosaki_ukeru


『戦い、敗れし者へ』
韓国首相に怒るな。事実なのだから。
韓国の首相は7日の国会答弁で「日本が無能」と言った。

世界中、福島原発の処理で日本政府の能力のなさに、ここまでひどいかと驚愕している。
しかし、これは何も原発問題だけでない。象徴的に現れただけだ。
日本は、今、待ったなしで、繁栄から転げ落ちている。全ての分野で事態を正視し、変革を必要としている。最適の人材が任に当たるべきである。

日本で菅首相が首相に最適な人間とは誰も思わない。しかし、現に彼は首相である。代わる人間が出ても最適ではない。外務大臣も同じ。
日本人と結婚している中国人女性が通訳の経験を次のように言った。「中国では組織(国家)の上へ行けば行くほど聡明な人が出て来る。
日本は上へ行けば行くほど馬鹿が出て来る」。
この中国人女性に怒るな。事実なのだから。

しかし日本の悲劇はこの状況がほぼ全ての組織に該当する。変革が強く求められる。では社会は今、その方向に動いているか。朝日新聞会社案内2011年「ジャーナリズムの使命」で「ジャーナリズム本来の使命が権力の監視にある」と書いている。この機能を果たしているか。スローガンは空々しく響く。そうお思いでしょう、朝日新聞の記者。 御用学者は花盛り。正当な事実認識すら出来ぬ、許されぬ日本になった。

待ったなしで変革が求められる状態下、
日本社会のどの分野であれ「立ち上がろうとする者が出れば、これに被害を与えるシステム」だけは完璧に、見事に機能している。
特に最近は酷い。
個々の政治家が敗れ、個々のジャーナリストが破れ、個々の公務員も敗れている。持ち場から追われている。今後も敗れていくだろう。


------------------

(レス by sunshine)

■Re:石原・頭狂都痴事4選の日に


石原4選のインタビューをTVで見ました。自民・公明の推薦を受けていたということは気になる材料であるし、時々吐く”暴言”にも危険なものを感じることもありますが、今回のインタビューはあれはあれで的を得ていたのではないでしょうか。

---

彼は言った。「この国は奇型だね。朝から晩まで明々と電気をつけ、冷暖房をガンガン入れ、じゃかじゃかやっているパチンコ屋。町のいたるところに置いてある自動販売機。この二つの電気代を削っただけでも1年間に??の節電になる。パチンコ屋と自動販売機がこんなにある国は世界中で日本だけですよ。この電気代を削ったらいいじゃないの。バカじゃないの」(全くその通り!)

石原都知事に怒るな。事実なのだから。
石原都知事は10日のインタビューで「日本人はもっと考え方を変えないといけない」と言った。
「日本人はもっと我欲を捨てて、やりなおさなきゃ、この国はだめになるね」と言った


---

とも言えるのでは?

日米共に変革を必要としていますよね。物を考える力はそぎ取られ、骨抜きにされ、軟体動物のような人間が創出された。つまり飼いならされた子羊という奴。

>「中国では組織(国家)の上へ行けば行くほど聡明な人が出て来る。日本は上へ行けば行くほど馬鹿が出て来る」。

何を持って”聡明”と言うのか知りませんが、中国人の人口が15億なら、日本人の人口は1億3千万人(?)。10分の1。それは人口が多いのだから、それだけ人材も揃っているのが当然。それに多民族、多文化国家だから、他民族との摩擦は人間を成長させる。島国人のメンタリティーとは異なって当たり前。駆け引き上手で、スリックな人を聡明と呼ぶなら、それはそうでしょうね。

それに、日本人は伝統的に、政治に関心を持たないよう飼い慣らされて来たわけだから、政治に秀でた人材が育つわけもない。

津波によって、太平の眠りから覚まされたというようになるなら、今回の大災害も何かの暗示。物は考えようというものではないでしょうか(というには、東北地方の人達や原発作業員達は大変お気の毒だが)。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。