スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「4機の全てから水蒸気」との報道はどこへ? 楽天的過ぎやしないか、日本の当局は

(by sunshine)


最小限に被害を食い止めようと日夜、決死で努力している福島第一原発作業員の方々や消防隊員、自衛隊、その他関係者の方々に対しては本当に言葉も出ないくらいに深く感謝している。しかし、余りにも楽天的な数字や意見ばかりを言う東電、日本原子力保安院、NHK等の発表、報道には、できるだけポジティブになろうと、ネガティブな意見を控えてきた私も、ここへきて、本音を書きたい気持ちになってきた。


現場で必死の作業を続行中の作業員の方々には大変申し訳ないが、次から次へとまるでモグラたたきのように問題が発生している福島第一原発では、実はすでにメルトダウンが始まっているのではないのか?


3月24日、NHKでは、


「24日午前7時前、NHKのヘリコプターから、福島第一原子力発電所の1号機、2号機、3号機、4号機の4基の原発から、いずれも水蒸気のようなものが上がっているのが確認されました。福島第一原子力発電所ではこれまでも2号機、3号機、4号機からは水蒸気のようなものが上がっているのが確認されていましたが、1号機から上がっているのが確認されたのは初めてです。NHKのヘリコプターは、原子力発電所から30キロ以上離れた上空から撮影しています。」


との報道を行っている。


-----

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110324/t10014866611000.html

4機から水蒸気

-----

水蒸気はなぜ出たのか。


3月23日付、NY Times には、アメリカ人原子力専門家の、今回福島第一原発の消火作業で使用した海水についてのコメントが掲載されているが、これによれば、海水を使用することによって、原子炉の冷却のために使っている海水が、冷却を妨げている可能性があり、原子炉内で、海水の塩が結晶となって燃料棒を殻のようにおおっている恐れがある、塩が結晶のようにおおえば、燃料棒の周りの海水の循環が悪くなり、効率的に冷やすのが難しくなる、熱によって燃料棒をおおっている金属が破れ、放射性物質が漏れ出す恐れもある、と述べている
 

そして、最悪の場合は、蓄積された熱によって、ウランの燃料が溶けて、さらに多くの放射性物質が出る危険性もあると言っている(最初から海水をかけていいのかという疑問は持っていたが)。


4機全てから出ていた水蒸気とは、このことだったのではないか。

----

http://www.nytimes.com/2011/03/24/world/asia/24nuclear.html?_r=1&src=recg

New Problems at Japanese Plant Subdue Optimism


The Japanese electricians who bravely strung wires this week to all six reactor buildings at a stricken nuclear power plant succeeded despite waves of heat and blasts of radioactive steam

----

また、昨日には4機すべてに電源が作動することになったとの報道もあったが、海水で覆われた器具(いくらそれらをふき取ったとしても)に電気を通すとシュートを起こして、煙が出るということも考えられると他の専門家は言っている。


3月23日付、独・Spiegelには、下記のような恐ろしい3号機の写真が掲載されたが、これを見る限り、格納溶器が安全な状態であるとはだれも思わないのではないか。実はもうすでにメルトダウンしているのではないかとの悪い想像が、否が応でも湧いてくる。



Don't Believe The Hype-Fukushima


この福島第一原発は、1975年に建設されて以来、1980年代から今日に至るまで様々なトラブルとスキャンダルに見舞われていたがそれを東京電力は隠して操業運転していたと告発した記事になっている。





3月24日17:02 のNHKでは、作業員2人が被ばくとの報道もあったようだ。


-----

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110324/t10014875871000.html


24日昼すぎ、福島第一原子力発電所の3号機で、ケーブルを引く作業をしていた東京電力の協力会社の作業員3人が被ばくし、このうち2人は足に放射性物質が付着し、病院に運ばれました。

経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、24日午後0時10分ごろ、福島第一原発の3号機のタービンがある建物の地下1階で作業をしていた20代から30代の男性作業員3人が被ばくしました。原子力安全・保安院などによりますと、3人が今回浴びた放射線量は170ミリシーベルトから180ミリシーベルト余りで、このうち2人は足の皮膚に放射性物質が付着していたということで、福島市内の病院に運ばれました。

-----


分かっていたとはいえ、このような話には本当に胸が痛む。なんとか安全に事態を収束してほしいと祈るばかりである。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。