スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家存亡の危機的状況の中で野球などやっている場合か。たわけるのもいい加減にせよ。

(by sunshine)


未曾有の大災害と原発事故が起き、多くの遺体は依然として行方不明、被災者達は食料、医療、医薬品不足に不自由な生活を強いられ、原発事故現場では作業員達が放射能を浴びつつ、決死の作業を継続しているというこの時期に、何とプロ野球球団は公式戦をセ・リーグは3月29日、パ・リーグは4月12日 に、そして高校野球は選抜高校野球を3月23日にそれぞれ開催すると知って驚いた。


3月20日付(米・東部時間)、NY Times を読んで知ったが、野球などやっている場合か。それこそ日本全体が崖っぷちに追いやられ、第二次大戦後の焼け野が原状態に近い状態になっている最中に、野球見物などに出かける人がいるだろうか。


東京や横浜方面の友達に聞いたところによると、場所によっては米も買えなかったという人もいたし、電気も時々停電し、ガソリンが買えず、電車も本数が少ないとか。今日あたりはそろそろ、少しは物も店に並ぶようになったけれど、例えばライブもキャンセルが多いし、コンサートも同様と聞いた。


NY Times の論調も、こんな大惨事の直後に、のうのうと野球をやり、金もうけにいそしむ人々がいることへの揶揄めいた論調となっているが、もっともなことだ。


「野球が人々に勇気を希望を与える」などと言っているが、時と場合による。この国家存亡の危機的状況において、そんな言葉は、偽善というものだ。


-----

http://www.nytimes.com/2011/03/21/world/asia/21nippon.html?_r=2&hp


Delaying First Pitch Debated in Baseball-Loving Japan

Published: March 20, 2011

TOKYO — As bodies are still being pulled from the rubble, as the effects of a nuclear crisis spread, as many companies and schools remain closed if they are standing at all, is it time to play baseball?


-----

サンフランシスコの方でも日系人社会が中心となり、一丸となって募金活動をしているし、サンフランシスコ・ジャイアンツも日系社会には世話になっているからと寄付をし、3月28日にオークランドで開催される対オークラードA'sとの試合で寄贈式を行うことになっている。


そしてすでにこの北カリフォルニア日系人協会は3月17日には、130,000ドル(約1,040万円)を日本へ送付しているし、現在も様々な手を尽くして募金活動中だ。


-------

http://www.jcccnc.org/giving/index.htm


The Japanese Cultural and Community Center of Northern California (JCCCNC) established the Northern Japan Earthquake Relief Fund to help the victims of the devastating earthquake and tsunami that hit Japan on March 11, 2011.

------

http://sanfrancisco.giants.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20110316&content_id=16983074&vkey=pr_sf&fext=.jsp&c_id=sf

San Francisco Giants announce plans to assist Japan
------

日本の状況は憂慮しながら、何か手伝うことはないのかと思いながら、ニュースを見ている状況の中で、この能天気な野球の話は日本人として、非常に恥ずかしい。島国の、のほほんとした能天気な国民性を世界にさらけ出すようなものだ。こんな国民だから、今回の原発事故が起きて、世界に放射能をまき散らしたのだとの風評被害が広まってもおかしくない。

懸命に危険な最前線で作業をしている原発作業員達や、寒さと困窮の中で必死で耐えている被災者の人達への称賛の声が上がっている一方で、その正反対の、金の亡者がいることは日本人として、情けなくもあり、恥ずかしい。

政治経済が行き詰まっていたところへ、この天災が天から降ってわいてきた。これは現代の機械文明、物質文明に対する天の声であり、それを「日の昇る国」極東の日本が世界に先駆けて受難したと解釈して、皆で総力を結集してここから立ち上がる、そして人間の本来のあるべき姿を世界の人々に見せつける、そのために皆で努力するということが今、日本人に一番求められていることではないか。

何が野球だ。たわけるのも、いい加減にせよ。野球選手は頑強な身体を生かして、被災地で肉体労働のボランティアでも行ったらどうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。