スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国製ロボット4台空輸済み。無人放水車に配置予定ーNY Times

(by sunshine)


ウィラード米太平洋軍司令官が17日、記者達の電話取材で、福島第一原発事故が最悪の事態に陥らせないために、必要とあらば現場の“危険区域”に、米軍の専門部隊450人を投入することも厭わないと言ったというニュースは、すでに日本でも報道されていると思うが、日本の消防隊員、自衛隊員、東電やその下請け会社等の現場作業員達の必死の努力により、状況は少しずつ改善しているとの報道がなされている。


-------

http://www.voanews.com/english/news/usa/US-Troops-Ready-to-Enter-Japans-Nuclear-Danger-Zone-118227379.html

US Troops Ready to Enter Japan's Nuclear Danger Zone


The commander of U.S. military forces in the Pacific says he is sending his troops into the danger zone near the Japan's crippled nuclear power plants as needed, and if necessary he will send more to help prevent a meltdown of the reactors' fuel and the release of large amounts of harmful radiation.

-------

http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704608504576208502552565440.html Says U.S. Forces Are Ready to Help Japan Admiral


The head of U.S. forces in the Pacific said late Thursday that about 450 radiological and disaster-management experts are ready to assist in Japan's nuclear crisis but are awaiting an assessment from an advance team.

-----

3月18日付(米東部時間)NY Timesによると、日本の防衛省の要請により、マサチューセッツ州に本拠を置くアイロボット社(iRobot)は、18日、同社製作のロボット4台を空輸した。2台の小型ロボットは放射能数値測定のために、そして残りの大型ロボット2台は給水車からホースを引っ張り、放水するための物と同社幹部のコリン・エンジェル氏は語っている。


同氏は、日本の自衛隊隊員はこのロボットの操作方法を知っていると言っている。
-----

http://www.nytimes.com/2011/03/19/world/asia/19japan.html?_r=2&pagewanted=2&hp

Japan Races to Restart Reactors’ Cooling System


At the request of the Japanese military, a Massachusetts company, iRobot, said it put four robots on a plane for Japan on Friday. Colin Angle, the chief executive, said it had sent two small robots that could measure radiation levels close to the reactors and two larger ones that could pull hoses to spray water on the fuel rods.


He said Japanese soldiers could operate the robots from a protected vehicle.


----

福島第一原発現場での普及作業の様子は世界中が注視し続けており、決死の覚悟で作業を続けている作業員、自衛隊、消防隊の隊員達、そして寒い中をじっと耐えている、被災者の人達を応援している人たちが大勢いる。


例えば、 3月18日付、「Voice of America」にはあの混乱の中でも、整然とした行動をとり、辛抱強く耐えている人たちのことを称賛している書き込みが沢山掲載されている。東北人というのは、元来、内気で、辛抱強く、耐えに耐え抜く根性の持ち主が多いという気質ではあるが、それが外国人達の眼にはまるで日本人気質の代表のように映り、「さすが日本人だ!」といった声が多い。


----

http://www.voanews.com/english/news/asia/east-pacific/Japan-Continues-Efforts-to-Cool-Quake-Damaged-Reactors-at-Nuclear-Plant-118226759.html

Frantic Cooling Efforts Continue at Japan's Crippled Nuclear Plant


(投稿の一つ)

Elrey Jones

God bless Japan. You are a courageous and intelligent people. I am amazed at how you are dealing with this tremendous tragedy. You give humanity hope!


「日本に神の救いがあらんことを。あなた達は勇気ある、聡明な人々です。私は、あなた達があの恐ろしい悲劇と闘っている姿に驚愕しています。あなた達は人類に希望を与えてくれています」(イルリー・ジョーンズ)

---

海外の民間警備会社も、要請があれば、被災地へ専門要員を派遣させるよう準備をしているとの記事も「voice of America」に掲載されている。


マサチューセッツ州ボストンに本社を置くグローバル・レスキュー社(Global Rescue)は、被災者の救援活動の分野においては多くの実績をあげており、ごく最近ではリビアにおける救済がある。日本には3クライアントがおり、「日本の事情はよく知っている」と同社のCEOは述べている。


また英国に本拠を構えるノースクラフト・グローバル・ソリューション社(Northcott Global Solutions )も同様の事を申し出ている。


民間警備会社と聞いただけで、過去の”暗躍”を思い出して、余り良い気がしない人々も多いのではないか。「他人の不幸をビジネスチャンス」ととらえているのかという疑心暗鬼の気持ちもあるが、この辺はさておき、こういうこともあるということで書いた。


----

http://www.voanews.com/english/news/asia/Private-Companies-on-Standby-to-Aid-in-Evacuations-From-Japan-118268369.html

Private Companies on Standby to Aid in Evacuations From Japan


Private security companies that specialize in civilian rescue operations say that despite the horrific scenes coming out of Japan, the country is probably better prepared for disaster than almost any other nation in the world.

----

依然として予断を許さない状況が続いている。頑張ってほしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。