スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄基地存続派の「助け舟」? 韓国哨戒艇撃沈事件

(by こげぱん)

すでに既報のとおりであるが、残念なことに民主党・鳩山政権は自公連立政権時代の日米合意をほぼ踏襲する形で、沖縄・普天間基地の辺野古移転を決定した。

沖縄県内移設に反発する連立相手の社民党の主張や、肝心の沖縄県の民意をいわば押し切る形で強引に県内移設を決めた今回の決定には各方面からの反発も強く、この問題のさらなる紆余曲折や、場合によっては連立組み換えなど、今後何かと禍根を残すであろうことは間違いない。

そこまでして基地問題の「5月末決着」にこだわる-そもそもこのような国際間交渉で、選挙民向けマニフェストのように期日を設定して交渉するなど、国際間交渉の常道に反しているとも思える- 鳩山政権の方針は理解に苦しむが、今回の性急な決定は、多くの謎を残す先々月の韓国・哨戒艦撃沈事件が微妙な影を落としているようにも思える。

「ならず者国家」北朝鮮の肩を持つわけではないが、いくら最大の友好国・中国と疎遠になっているとはいえ(国共合作派の台湾・中国時報記事。ただし下記記事後半にある、金正日氏が統治能力や国際情勢認識能力を喪失しているという主張は疑わしい)、
---
http://news.chinatimes.com/focus/0,5243,50105442x132010052300422,00.html

漢和:胡錦濤和金正日漸行漸遠
2010-05-23 * 新聞速報 * 【中廣新聞/劉芳】
---
アメリカとの穏微な関係や着々と進む核武装を背景に従来通りの交渉を続けていれば、これまでどおり多くの外交成果を得られた可能性が高いと考えられる北朝鮮が、現時点で哨戒艦撃沈事件のような「荒業」に出る必要性はいささか低そうにも思えるが、韓国政府が哨戒艦撃沈事件を「北朝鮮の犯行」と断定した後に、日本政府がアメリカ軍基地の沖縄県内移設を決断し、
---
http://www.nytimes.com/2010/05/20/world/asia/20korea.html

South Korea Publicly Blames the North for Ship’s Sinking

By CHOE SANG-HUN
Published: May 19, 2010
--
http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=127109

'Japan accepts US wish in airbase row'
Thu, 20 May 2010 15:38:58 GMT
---
それに呼応するかのように、親米保守が日米同盟や沖縄基地の必要性を強調し、
---
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100521/kor1005210336001-n1.htm

【主張】哨戒艦沈没報告 北に断固たる制裁とれ 日米同盟強め韓国と連携を
2010.5.21 03:35
---
その後クリントン国務長官の訪日を経て、連立政権公約に反する形で、最終的にアメリカ軍基地の県内移設が決定したとなれば、
---
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100522/plc1005220246000-n1.htm


【主張】米国務長官来日 抑止力強化は待ったなし
2010.5.22 02:45
---
政権交代を経ても尚日本は、自公前政権時代に節目節目で威力を発揮した「北朝鮮ファクター」に影響されているようにも見える。

沖縄の反発など、今後も紆余曲折が予想される基地移設問題では、節目節目で「北朝鮮ファクター」のような安全保障上の諸問題が浮上する可能性が考えられるが、人並みな結論ながら、その都度冷静な対応が求められているようにも思える。
--
これは余談だか、今回の沖縄基地移設問題を大々的に報道しているのが、イランのPress TV。

言うまでも無くイランの隣国アフガンやイラクでは、アメリカ軍主導の「対テロ戦争」がいつ果てるとも無く継続しており、沖縄Baseのアメリカ軍も多数派遣されているが、このイランの報道ぶりからは、隣国で展開されている「対テロ戦争」がいつ何時イランに降りかからないとも限らない、と考えているのが伺える。
---
http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=127413

Japan, US agree on Okinawa base shift
Sun, 23 May 2010 02:13:45 GMT

http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=127468&sectionid=351020406

Japan PM apologizes over US base row
Sun, 23 May 2010 13:32:53 GMT

http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=125449

Plan to keep US base angers Japanese
Tue, 04 May 2010 16:54:45 GMT
---
---------------------------------------------------------------------

(コメント by sunshine)

■この上ない「助け舟」。皆がグルに見える?


ヒラリー・クリントンが訪日後、即座に沖縄・普天間基地の辺野古移転を決定されたようですが、鳩山首相が急に言い出した「抑止力」という言葉の裏には、3月26日、米韓軍事演習中に起きた韓国・哨戒艦撃沈事件が微妙というより、大きな影を落としていると思います。

これ以上「抑止力」という言葉が輝きを放つ”イベント”もないでしょう。ここぞという時に、必ずドンピシャのイベントが起きるのが不思議です(笑)。まさか“やらせ”ではないでしょうけど(笑)。誤って”同士討ち”したという話もあったようですが。真相は分かりませんがね。

http://tanakanews.com/100507korea.htm

さて、北朝鮮とアメリカは(というかアメリカ軍需ビジネス関係者と言った方が良いか?)何かと因縁も深く、有力政治家達が結構、ここを舞台にさまざまな”ドラマ”を展開していた(している?)話も有名ですね。

少し古い話になりますが、1992年、ペンシルベニア州のインターナショナル・シグナル・コントロール社の代表、ダイアン・ルイスが北朝鮮への非合法なミサイル部品輸出のため逮捕されたことがありましたが、この会社の顧問弁護士を務めていたのがヒラリー・クリントン。ダイアンとヒラリーはヨルダンの国営航空や銀行を使って、アメリカの核関連部品を北朝鮮に売却し、莫大な利益を得ていたという話がありました(ダイアンは無実になりましたが)。

http://www.politicalfriendster.com/showConnection.php?id1=5319&id2=206


http://www.rense.com/general34/over25.htm

-----
また2003年にはラムズフェルド元国防長官が、当時自分が取締役をやっていたスイスのABB社に北朝鮮の原子炉建設の口利きをしたのではないかとの話題が取りざたされたことがありました。
--------
http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune_archive/2003/05/12/342316/index.htm


Rummy's North Korea Connection What did Donald Rumsfeld know about ABB's deal to build nuclear reactors there? And why won't he talk about it?
------

そして舞台は、北朝鮮からパキスタンに飛びますが、2007年にはパキスタンの核開発問題エキスパートだったCIAのエージェントが、パキスタンの核開発にアメリカが深く関与していたことについて批判的な声を上げ始めたとたん、CIAを解雇されたという話をガーディアンが書いています。
----
http://www.guardian.co.uk/world/2007/oct/13/usa.pakistan

The man who knew too much

He was the CIA's expert on Pakistan's nuclear secrets, but Rich Barlow was thrown out and disgraced when he blew the whistle on a US cover-up. Now he's to have his day in court. Adrian Levy and Cathy Scott-Clark report
ー---
パキスタンと北朝鮮の深い関係については下記のようなリポートがあります。
-----
http://fpc.state.gov/documents/organization/21902.pdf

Weapons of Mass Destruction:
Trade Between North Korea and Pakistan

-----
http://www.mochida.net/report04/2nknc19.html

北朝鮮の核危機(19) パキスタンの援護射撃

----
http://www.cfr.org/publication/7747/pakistan.html?breadcrumb=%2Fpublication%2Fpublication_list%3Ftype%3Dbackgrounder%26page%3D37

PAKISTAN: The North Korea Connection

----
そしてヒラリー・クリントンは、5月23日付のCNNによると、訪日の後、訪中をして、米中間のビジネス促進のために大変なリップサービスをしています。
----

http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/05/23/clinton.china.visit/?hpt=T3

Clinton urges China for greater access for U.S. businesses


(CNN) -- U.S. Secretary of State Hillary Clinton pressed for greater commercial access for American businesses in China on Sunday, urging Beijing for a "level playing field."

----

日本はアメリカにとって都合のよい財布、駒だということを改めて思い知らされたような、そんな三流ジョークのような感じを抱かせる韓国・哨戒艦撃沈事件でした。「周りはみんなグル。知らぬは日本ばかりなり」という馬鹿な話で終わらないよう願うばかりです。もっとも、軍需ビジネスの世界で暗躍跋扈する連中には、国境など関係ないですがね。


-------------------------------------------------------------------------

(レス by こげぱん)

■「みんながグル」?


>そしてヒラリー・クリントンは、5月23日付のCNNによると、訪日の後、訪中をして、米中間のビジネス促進のために大変なリップサービスをしています。

謎の多いこの事件、外野からは「みんながグル」かどうかなどは窺い知る由もありませんが、ただ米中関係に限って言えば、アメリカでひところ盛んに唱えられていたG-2 -米中枢軸-論に対する懐疑論が聞こえてくるようになっています。
---
http://www.foreignpolicy.com/articles/2010/05/24/time_to_defriend_china


Time to Defriend China

The quest for the illusory "G-2" has wasted everyone's time for long enough.

BY ELIZABETH ECONOMY, ADAM SEGAL | MAY 24, 2010
---
米中にどの程度距離ができるのかは、今後の動向を注視するべきかもしれませんが、ただアメリカ・グローバリストの一部にG-2懐疑論が出てきていることは、今後の東アジア情勢に何がしかの影響を与える可能性も考えられるため、注目すべきかもしれません。


それにしても今日の最重要課題は、魚雷艇撃沈事件よりも経済危機への対処であると思われますが、、先日の米中戦略対話U.S.-China Strategic and Economic Dialogue (S&ED)が終了した後、ティ無・害トナー、じゃなかったティム・ガイトナー財務長官はロンドンに飛び、イギリス新政権と経済問題を協議する一方、東アジアにはネオコン系のカート・キャンベル国務次官補を派遣して、魚雷艇撃沈事件の対応を話し合うというアメリカ政府の対応を見れば、日本などは「駒」に過ぎないと思われているのでは、という感を受けます。

ところで外遊といえば、先日ラーム・エマニュエル首席補佐官が訪問したイスラエルでは、イスラエル国内に対する化学兵器攻撃を想定した大規模な演習が行なわれたことを、本日のNHK「今日の世界」が報じていました(下記記事はHaaretzによる)。
---
http://www.haaretz.com/jewish-world/far-rightists-greet-rahm-emanuel-in-jerusalem-with-cries-of-anti-semite-1.292519


Published 10:46 27.05.10

Far-rightists greet Rahm Emanuel in Jerusalem with cries of 'anti-Semite'

White House chief of staff has been in Israel all week to celebrate his son's bar-mitzvah.
By Yair Ettinger and Haaretz Service
--
http://www.haaretz.com/print-edition/news/mess-report-public-indifference-to-civil-defense-drill-highlights-israeli-apathy-1.292435


* Published 02:05 27.05.10

MESS Report / Public indifference to civil defense drill highlights Israeli apathy

While authorities actively prepare for future threats, the Israeli public appears unfazed.
By Amos Harel
---
日本政府と違い、何かと目先の効くイスラエル政府のこと、何か感じることがあったのかもしれません。

「Foreign Policy」がこのような記事を掲載した意図は、もしかしたら来月、1年半ぶりに再開されるイスラエル―パレスチナ和平交渉(中東和平交渉)がアメリカを真ん中に挟んだ間接交渉なので、アメリカのイスラエルに対する政治的ポーズを印象付けるため、このようなことを書いたのかもしれないとの妄想がわいてきました(笑・…イスラエルでの化学兵器攻撃を想定した大がかりな演習というのも、この和平交渉に備えてということかもしれません。自分達から先に化学兵器攻撃を仕掛けたりして。そのための軍事演習だったりして・・・)。

http://mainichi.jp/select/world/news/20100529ddm007030029000c.html


かつて、米国人であるにも関わらずイスラエル国防軍に参加してまで中東戦争に参加したことがあるゴリゴリの親イスラエル派、ラ―ム・イマニュエル大統領補佐官まで、まだ努力が足りないと言われ、今回のイスラエル訪問の際には「反ユダヤ主義者」呼ばわりされて、大変だったようです。
-----
http://www.cbsnews.com/8301-503544_162-20006107-503544.html


Israeli Heckler Calls Rahm Emanuel "Anti-Semite"
JERUSALEM -- White House Chief of Staff Rahm Emanuel got a hot welcome to Jerusalem's Old City Thursday.
Arriving to celebrate his son's Bar Mitzvah, President Obama's right-hand-man was heckled by far right-wing Israeli activist Itamar Ben-Gvir.
----
中国―シリアーイラン(シリアもイランもイスラエルにとっては憎きエナミ―)は表向きは友好国となっていて、中国の国営石油公社、ペトロチャイナはロイヤル・ダッチ・シェルとのジョイント・ベンチャ―でシリアに石油精製施設を、またイランにおいても原油フィールドで投資を行うとのニュースが、今月21日付の上海デイリーに掲載されています。
-----
http://www.shanghaidaily.com/sp/article/2010/201005/20100521/article_437676.htm

PetroChina will invest overseas

PETROCHINA Co plans to invest US$60 billion to boost its overseas oil and gas output to 200 million tons annually, the company's President Jiang Jiemin said yesterday, without giving a time frame for the investment.
-----

ロイヤル・ダッチ・シェルと言えば、オランダのハーグに本拠を置く、英国とオランダの企業で石油エネルギー分野では世界第二位のスーパーメジャー企業。こことジョイント・ベンチャーでシリアに石油施設を建設というのですから、今更ながらですが、これはもうグローバル企業が各国政府を動かしているとしか言いようがないですね。

こうして考えると、沖縄基地問題など巨大”グル―バル”企業にとっては、ほんのひと駒にしか過ぎないのかもしれません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。