スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイチの空を民間軍事会社の無人偵察機が舞う

(by sunshine)


突然襲ったマグニチュード7の地震により死者数20万人とも言われているハイチ。現在世界各国の援助部隊が現地の人々の救済にあたっているが、元々、中南米・カリブ海諸国は「アメリカの裏庭」とも呼ばれ、アメリカの統治政策に翻弄され続けてきた地域であることは、今更言うまでもないことだ。


先週、アメリカ空軍は無人偵察機RQ-4 グローバル・ホーク(Global Hawk )をハイチ上空に飛ばせて、現地の惨状をカメラに収めたと公表していたが、

------------


Don't Believe The Hype-Haiti


http://www.aviationweek.com/aw/blogs/defense/index.jsp?plckController=Blog&plckBlogPage=BlogViewPost&newspaperUserId=27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7&plckPostId=Blog%3a27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7Post%3a297f878f-4b3e-4888-9b55-9f2587cae9bf&plckScript=blogScript&plckElementId=blogDest


The U.S. Air Force is flying an RQ-4 Global Hawk out of Naval Air Station Patuxent River, Maryland, to provide overhead views of the situation in Haiti, and is providing the images over the unclassified Internet to anyone who needs them.

----------

ところが、実はこれを行ったのはオレゴン州に本拠を構える民間軍事会社エバーグリーン・インターナショナル社(Evergreen International, Inc.)の無人偵察機スカイラーク(Skylark )だったのではないかとの

記事を軍事テクノロジー専門ジャーナリストのPaul McLeary 氏が、1月19日付のAviation Weekに掲載している。
----------

http://www.aviationweek.com/aw/blogs/defense/index.jsp?plckController=Blog&plckBlogPage=BlogViewPost&newspaperUserId=27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7&plckPostId=Blog%3a27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7Post%3a3d766962-9a07-4949-9909-05fde309416f&plckScript=blogScript&plckElementId=blogDest


Last week, we learned that the U.S. Air Force had diverted a Global Hawk UAV from Afghanistan to Haiti, and that it was flying 14-16 hour orbits to provide thousands of images of the disaster area to both soldiers and civilians on the Southcom Web site. But in a sure sign of the huge role that private contractors will inevitably play in the recovery and reconstruction effort, we have also discovered that a private company has started flying UAVs over Haiti—and is planning on sharing the images the unmanned aircraft takes with the press.

------

そして、その後、1月22日付の同サイトに更新記事を掲載しているが、これによるとMcLeary 氏がエバーグリーン社副社長のBrian Whiteside氏に真相を問い合わせたところ、1月20日に同氏より電子メールにて、現在、同社の無人偵察機はハイティの隣国・ドミニカ共和国に到着しており、ハイチへの飛行は22日か23日になる、との回答があったとのこと。

---------

http://www.aviationweek.com/aw/blogs/defense/index.jsp?plckController=Blog&plckBlogPage=BlogViewPost&newspaperUserId=27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7&plckPostId=Blog%3a27ec4a53-dcc8-42d0-bd3a-01329aef79a7Post%3ab2be124a-5ccb-4925-8d02-36481694b892&plckScript=blogScript&plckElementId=blogDest


One more follow-up to the developing story about Evergreen International Aviation flying UAVs in Haiti. I reported on Tuesday that a company rep confirmed that the company was flying Skylark UAVs in support of the relief effort, after which Danger Room followed up with a denial by the company that the company had any assets in the country at all. Earlier this week, I finally managed to speak with Brian Whiteside, Executive VP of Evergreen Unmanned Systems, and he told me via email on Wednesday that the Skylark “is arriving tomorrow in the Dominican Republic and the system should be ready on Friday maybe Saturday.”

---------
このエバーグリーン社というのは、軍産複合体の一翼を担っている会社として、何かと話題に上る会社だが、一説によると、この会社はCIAの下請け会社として、1980年代より業務を拡大してきており、イラン(シャ―政権)、パナマ、エジプト、エルサルバドルなどでも“大活躍”してきた経緯のある会社のよう。

--------

http://www.sourcewatch.org/index.php?title=Evergreen_International_Aviation%2C_Inc .

Evergreen International Aviation, Inc. is an Oregon-based aviation company with longstanding ties to the CIA Its huge Evergreen Maintenance Center in Arizona was bought from the Agency, which offered the property to no-one else. In 1980 an Evergreen plane flew the recently deposed Shah of Iran from Panama to Egypt  hours before the Panamanian government was due to receive an extradition request from the new government in Tehran. Giving rides to dictators is something of a specialty for the company

--------

この会社は、昨年4月にはアフガニスタンにおけるアメリカ空軍へのヘリコプター供給業務を1億5千8百万ドル(約158億円)で受注しているらしい。

--------

http://www.wired.com/dangerroom/2010/01/cia-contractor-now-flying-spy-drone-over-haiti/


Last April, the company won a $158 million contractnto supply the Air Force with helicopters in Afghanistan.

--------

また読まれた方も多いとは思うが、昨日の中央日報に「ロボット・傭兵が戦う「「アバター戦争」」 すでに現実に」という興味深い記事がある。この話の半分は本当だとしても、我々一般市民の知らないところでいかに”戦争ビジネス”が深く現代社会に根を張っているかがよくわかる。

-----

(引用開始)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=125397&servcode=A00&sectcode=A00

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=125398&servcode=A00

ロボット・傭兵が戦う「アバター戦争」 すでに現実に


1000万人の観客突破を目前に控えた映画「アバター」には、傭兵とロボット戦争という異色の素材が登場する。遠い未来や映画の話のようだが、実はそうではない。 イラクやアフガニスタンの戦場ではすでに現在進行形だ。

実際に両国の戦場では民間傭兵の数が連合国正規軍の兵力を上回っている。 03年にイラク戦争が始まった当時1台もなかった地上ロボットは1万2000台以上に増えた。 米軍は2012年までに人間兵士とロボットが合同作戦を繰り広げる実戦部隊を創設する計画だ。

戦争が変わった。 国籍や忠誠心、道徳的名分とは距離が遠い民間傭兵が正規軍に代わって銃を握っている。 いまやロボットは戦争を補助するのではなく、戦争を主導している。

昨年末アフガニスタンの米中央情報局(CIA)支部では自爆テロ事件で7人のCIA要員が死亡した。 CIA史上最悪の惨事の一つだった。

1983年にレバノン米大使館の自爆テロでCIA要員8人が死亡したが、これに次ぐ事件だった。 AP通信など米メディアはCIA要員7人のうちジェレミー・ワイズ(35)とデイン・ファレッシュ(46)は民間戦争代行会社ブラックウォーターの職員だったと伝えた。 軍で特殊作戦に参加した2人は、退役した後、ブラックウォーターの職員になった。

CIA支部は無人攻撃機の爆撃作戦に必要な情報を収集するところだった。 アルカイダは「米国の無人機空襲に対する報復だった」と明らかにした。 米国の報復攻撃にもロボットの無人戦闘機が動員された。 その間6回の爆撃で少なくとも20人が死亡した。

米軍がイラクを侵攻した03年、地上には作戦遂行用のロボットが1台もなかった。 しかし今、イラクとアフガンの戦場には1万2000台以上の地上ロボットが配置され、空中には約7000台の無人機が浮いている。 無人戦闘機プレデターがその代表だ。 高空偵察機リーパーもある。


プレデターが出撃できなければ作戦が取り消されることもある。 全長が約15メートルのプレデターは24時間滞空できるロボットだ。 対戦車ミサイルを積んで目標物を正確に打撃する。 デビッド・デプトゥーラ空軍中将は、プレデターが発射したミサイル600機のうち95%が目標物に命中した、と明らかにした。 プレデターは06年、アルカイダ指導者ザルカウィを射殺するのに核心的な役割を果たした。 アルカイダ最高指導者20人のうち半分以上が無人機爆撃で死亡した。 こうした活躍のため無人戦闘機の利用はさらに増えることは間違いない。 実際、ロバート・ゲーツ米国防長官は「1台を制作するのに5億ドル以上投入されたF-35が操縦士が搭乗する最後の戦闘機になるだろう」と述べた。

軍人がバッグに入れて歩けるほどの小さなロボットもある。 地上では即席爆発物(IED=Improvised Explosive Devices)除去用ロボットもある。 ロボット清掃機で有名なアイロボット社が開発した「パックボット」(Pack Bot)はカメラが搭載された長い腕で偵察および危険物除去を行う。 マルスはパックボットに全自動機関銃をつけた。

軍事専門家は2015年ごろには人類が繰り広げる戦争の半分が無人戦争になると予想している。 ロボット偵察員がロボット戦闘員に情報を電送し、戦場ではロボット間の交戦が行われる映画のような場面が現実になるということだ。

民間傭兵の拡散はいくつかの戦場で現実になっている。 問題作の「戦争請負会社」の著者でありブルッキングス研究所の先任研究員ピーター・シンガー博士は「イラクには19万人、アフガンには10万人の傭兵がいる」と述べた。

現代国家の登場後、衰落の道を歩んだ傭兵が新たに脚光を浴びることになったのは米同時テロの影響が大きい。 米同時テロで触発したテロとの戦争が本格化し、すべての軍事的業務を代行する軍事企業が満開し始めた。

さらに傭兵はいつでも存在しないと否定できる戦士だ。 便利で費用も削減でき、過ちもアウトソーシングできる。 軍人の軍事力乱用は国際問題を起こすが、傭兵は解雇すればそれまでだ。 問題になれば、政府は「そのような権限を認めたことはない」と述べた後、契約を取り消せばよいからだ。

(引用終わり)

-------

ロボットによる人間への逆襲というような話もSF映画の中だけではない、そんな悪夢のような近未来の姿を想像させられるのは、私だけだろうか。


参考:

無人偵察機にもいろいろある。

http://en.wikipedia.org/wiki/Unmanned_aerial_vehicle



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。