スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さあ、次は本格的にイエメン戦争に介入だ!? またも使われたか戦争拡大への古いシナリオ

(by sunshine)


事もあろうに、クリスマスの日に、米デトロイト上空を飛行中のオランダ・アムステルダム発デトロイト行きのノースウエスト航空253便(乗客278人)機内で、チュニジア人の容疑者とみられる男が爆発物に着火。爆発は起きず、この容疑者は取り押さえられたが、乗客数人が負傷するという事件については、すでに広く報道されているが、これを聞いた時、アメリカのインテリジェンスも随分質が低下したなと思ったのは私だけではないだろう。 この手口は、「皆様おなじみのUSインテリジェンス方式」だからだ。

その後、イエメンを拠点とする国際テロ組織アルカイダ系の「アラビア半島のアルカイダ」は28日、米機爆破テロ未遂事件への関与を認める声明をウェブサイト上に発表。ナイジェリア人のウマル・ファルーク・アブドゥルムタラブ容疑者(23)に与えた「最新技術の装置」が、技術的な問題のため起爆しなかったと言っているとか。

http://www.asahi.com/international/update/1229/TKY200912290101.html


この23歳の容疑者は裕福な銀行家の息子で、ロンドン大学卒業後、オーストラリアの大学(University of Wollongong)のドバイ校国際ビジネス大学院に在籍していたが、国務省高官によると、アブドルムタラブ容疑者の父親は11月19日にアブジャの米大使館を訪れ、息子がイエメンに行き、宗教的過激主義に感化されているとの懸念を示し、息子の居場所を把握するための支援を求めた。


それにもかかわらず、アブジャの米大使館は翌20日、同容疑者の旅券番号や誕生日など、父親の提供した情報をワシントンに送付。情報は国家テロ対策センターのデータベースにも登録されたが、同容疑者のビザを無効にするほどの証拠はないと判断されたというおかしな話が世界中のメディアで報道されている。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2678436/5096442


http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009122900318


この容疑者の父親がアメリカ大使館に捜索願を出した4日前の11月5日付、The Times on Lineには、イエメンとサウジアラビア国境付近で警備にあたっていたサウジアラビアの幹部が殺され、「イエメンの市民戦争はさらに拡大し続けている」との記事が掲載されていたが、

http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/middle_east/article6903635.ece

Yemen civil war spills over border as Saudi official is killed in attack

Yemen’s civil war spilled into neighbouring Saudi Arabia for the first time yesterday when Shia gunmen shot dead a Saudi security officer in a cross-border attack.


12月27日付け、NY Timesは、アメリカの諜報機関が1年前よりひそかにイエメン政府軍に対して援助してきたが、今回の飛行機”テロ事件”を機にアメリカのイエメンへの介入がさらに激化するであろうという論説を発表している。

-------

http://www.nytimes.com/2009/12/28/world/middleeast/28yemen.html?_r=1

U.S. Widens Terror War to Yemen, a Qaeda Bastion

In the midst of two unfinished major wars, the United States has quietly opened a third, largely covert front against Al Qaeda in Yemen .
------

イラク、アフガニスタン、パキスタンそして今度はイエメンと世界一の軍事大国・アメリカは、世界中に“軍需ビジネス”を展開しているが、経済大恐慌の嵐が吹き荒れている今、何が何でもこれで景気を盛り返そうと焦っているのかと勘繰りたくなるような、そんな勢いでの今回の”シナリオ”であった。


イエメンは、現在、イランが反政府武装勢力に、そしてサウジアラビアとアメリカが政府軍に加担して、戦火を拡大しているが、今回のこの事件は、アメリカがイエメン政府軍へさらなる加担をするための“猿芝居・口実作り”だといっている人は多い。


http://www.businessinsider.com/us-opens-third-front-of-war-yemen-2009-12
US Opens Third Front Of War: Yemen

The return of terrorism to the US -- it really doesn't matter that the attempt to blow up a DC-bound flight actually failed -- is bringing us very close to the days of the so-called "war on terror".


http://economictimes.indiatimes.com/news/politics/nation/Yemen-will-be-tomorrows-war-says-US-senator/articleshow/5389945.cms

Yemen will be tomorrow’s war, says US senator


その一人が著名な調査ジャーナリストのウェブスター・G・タープレイ氏(Webster Griffin Tarpley)だ。彼は12月29日付け「Russia Today」のインタビューに登場。容疑者の父親がアブジャ(ナイジェリア)のアメリカ大使館に捜索願を出していたのに、容疑者はイエメンからガーナに行き、そこで2,800ドルの航空券を現金で購入。パスポートは不所持だったにもかかわらず、立派な身なりをしたインド人が空港で「彼はスーダン人。パスポートは持っていないが、飛行機に乗せるように」と要請。容疑者の男はアムステルダムへ行ったと語っている(アルカイダのスポンサーはCXXだとも断言している)。


(Russia Todayの動画)

http://rt.com/Politics/2009-12-29/detroit-terror-act-fake.html #

Detroit jet terrorist attack was staged-journalist

Published 29 December, 2009, 03:28

Edited 30 December, 2009, 05:18

The recent failed attack on a US passenger jet traveling from Amsterdam to Detroit was a set-up provocation controlled by US intelligence, author and journalist Webster Tarpley stated to RT.


オバマが大統領になってもアメリカの戦争依存体質は一向に変わる気配がない。危ない時代を我々は生きているということをしみじみと感じる年の瀬である。さて、来年はどんな年になるのやら?


------------------------------------------------


皆様、今年も本ブログを読んでくださいまして、ありがとうございました。


どうかお元気で、素晴らしい新年をお迎えくださいますように。


来年もよろしくお願い申し上げます。



sunshine/こげぱん





 








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■よいお年を

お二人ともお疲れ様です。
最近は報道に目を通す時間も無く、コメントもご無沙汰していました。

来年もどうぞよろしく。

2 ■御無沙汰です

どうも御無沙汰しています。お元気ですか?

日頃、あまり書けないので今月は張り切ってたくさん書いちゃいました(といってもこの程度)。

こげちゃんもお忙しいようなので(実はスキーとスノーボードで忙しかったりして・・・笑)、あまり無理は言えないし、まあマイペースですね。

先行き不透明の世の中ですが、マイペースでサバイバル。

どうかよいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。