スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレファイターとバブルファイター

(by こげぱん)

すでにメディアが報じたとおり、毎年恒例のTIME誌・Person of the Yearに、今年はベン・バーナンキFRB議長が選ばれた。

---
http://www.time.com/time/specials/packages/article/1,28804,1946375_1947251,00.html

Wednesday, Dec. 16, 2009
Ben Bernanke
By Michael Grunwald
---

TIME誌はバーナンキの受賞理由について、ドル刷り散らかしやゼロ金利政策などの大胆な金融緩和や金融機関・大企業救済などで類まれなる指導力を発揮し、世界恐慌入りをきわどくも回避した点を指摘しているが、そのコインの裏側としてアメリカの財政赤字は天文学的数字を記録し、またFRBの資産は不良債権だらけとなり、会計監査すら受けられなくなった「ゴミ箱金融機関」と成り果て、アメリカ真正保守派の一部からはバーナンキ解任論まで飛び出している(注:12月17日アメリカ上院銀行委員会はバーナンキ再任を可決したが、このグローバリストの巣窟においてすら、満場一致での再任とはならなかった)。

---
http://www.jbs.org/jbs-news-feed/5370-audit-the-fed-to-get-hearing

Audit the Fed to get Hearing
Written by Patrick Krey
Wednesday, 16 September 2009 12:00
--

http://www.jbs.org/inflation-taxes-economy-blog/5766-oppose-bernanke-reappointment-as-fed-chairman

Oppose Bernanke Reappointment as Fed Chairman Written by JBS Staff
Tuesday, 15 December 2009 11:16
---

今回のバーナンキのようにメディアが時の金融指導者を持ち上げた例としては、かつてThe Economistが「バブルファイター」と絶賛した三重野康・日銀総裁や、市場関係者に「マエストロ」ともてはやされたバーナンキの前任者・グリーンスパンが思い浮かぶが、その実三重野は過剰な金融引き締め政策で日本経済を奈落の底へと突き落とし、他方グリーンスパンはグローバリズムの下、ITバブルに戦争バブル、はては住宅バブルを次々と演出して、地獄への道を好景気と株高で敷き詰めたことは記憶に新しい。

その「マエストロ」が演出した乱稚気騒ぎの後始末に追われるバーナンキを待ち受ける経済環境の厳しさは今更改めて書くまでもないと思われるが、「マエストロ」の尻拭いにと刷り散らかしたドルやゼロ(実質マイナス)金利などの超金融緩和政策は、明日のインフレやドル安要因となろうとしている。

---
http://www.iie.com/publications/papers/paper.cfm?ResearchID=1312

The Dollar and the Deficits: How Washington Can Prevent the Next Crisis
by C. Fred Bergsten, Peterson Institute for International Economics

Article in Foreign Affairs, Volume 88 No. 6, November/December 2009
---

ひるがえって我が日本、バブル崩壊後すでに20年近くになり、こちらもデフレ脱却が最重要課題となって久しく、ましてや眼前に迫った円高対策は急務だと思えるが、「バブルファイター」の末裔どもは「景気が持ち直している」とのありがたいご神託を下民に授け、デフレ脱却や円高対策のために輪転機を回すよりも、これまで何度も日本経済失速の要因となってきた財政再建路線を墨守しているように見える。

---
http://mainichi.jp/select/biz/news/20091218k0000e020081000c.html
http://mainichi.jp/select/today/news/20091219k0000m020055000c.html
---

バーナンキやノーベル平和賞・オバマの受賞は、今後両人が背負うこととなる責務と、それに伴うアメリカや世界経済混乱などを暗示しているように思えないこともないが、「バブルファイター」の末裔どものために、世界経済混乱の津波をモロにかぶることだけは御免こうむりたい。


-------------------------------------------------------------------------------------

(コメント by sunshine)

■“ヘリコプター・ベン”の“華麗なる冒険”


またしてもブッシュ時代の遺影を引きずってきた人物への”Person of the Year"選出。こげぱんさんが書いているように、オバマとバーナンキへのコメディーともいえる"過剰評価”は、ますます“見え透いたシナリオ”とでもいうべきか。ここまであからさまにその筋の手の内を見せてもいいのか、と逆に助言してやりたいほど(笑)。

いくら愚民といえども、インターネットの発達によって、内輪の話もだいぶ外へ漏れてきたから、「もうこれくらいはいいか!」ということだろうか。それとも「いいから、行け、行け、どんどん」ということか。

スーパーバブルを演出し、金融崩壊を巻き起こした極悪人、R・ルービンとL・サマーズそしてグリーンスパンの直系がこの“ヘリコプター・ベン”ことバーナンキであることは周知の事実。「デフレになったら、紙幣をじゃかじゃか刷って、ばらまけばよい」という三文コメディーのようなセリフを吐いて、このあだ名が付けられたわけだが、こういう人間が「Person of the Year」になったわけだから、この世は茶番劇場(彼がユダヤ系だからこんなことを言っているわけではない)。

このブログのランキングもかなり下がってきたので、ここいらでコアな読者の方々だけのために、これ以上の余計な解説はいらないだけ楽(笑)。

“ヘリコプター・ベン”へのミュージカル・コメディー(You Tube)。
http://www.youtube.com/watch?v=vqSfnH51KX8&feature=player_embedded


ついでにこちらのラップもぜひ御覧を。歌詞と音楽、ともに大変良い。

http://www.youtube.com/watch?v=64g_g22iEe8&feature=related


Wall Street's Love Affaire With Ben Bernanke(ウォールストリートとバーナンキの情事)
http://www.infowars.com/wall-streets-love-affair-with-ben-bernanke/


彼のサラリー
http://www.paywizard.org/main/VIPPaycheck/salaries-president-obamas-administration/president-obamas-administration-salaries/vip_details?id=ben-bernanke


ついでに、今さらながらの話だが、ロビー政治の伝統が脈々と引き継がれている例が下記の2009年大統領選挙におけるオバマへの上位献金団体リスト(有権者たちはこれらの団体に献金し、これらの団体がそれぞれの選挙陣営に献金しているというシステム)。


なんとUCが1位というのは意外だが、2位がゴールドマン・サックス。ゆえに、オバマとバーナンキが「ウォール・ストリートの愛人」と呼ばれている(笑)。

http://www.opensecrets.org/pres08/contrib.php?cycle=2008&cid=N00009638


University of California $1,591,395
Goldman Sachs $994,795
Harvard University $854,747
Microsoft Corp $833,617
Google Inc $803,436
Citigroup Inc $701,290
JPMorgan Chase & Co $695,132
Time Warner $590,084
Sidley Austin LLP $588,598
Stanford University $586,557
National Amusements Inc $551,683
UBS AG $543,219
Wilmerhale Llp $542,618
Skadden, Arps et al $530,839
IBM Corp $528,822
Columbia University $528,302
Morgan Stanley $514,881
General Electric $499,130
US Government $494,820
Latham & Watkins $493,835

*UCは今年度大幅予算削減で、教職員の給与カットや人員削減を行っているのに、UCコミュニティーでは、こんなに献金がなされているのか。ハーバードよりも多く献金しているというのは・・・?


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。