スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス版・郵政民営化見直し論/「一葉落ちて天下の秋を知る」? 日経コラム

(by こげぱん)


昨年来鳩山邦夫氏が問題提起してきた日本郵政問題は、先日の鳩山氏更迭でも未だ収束する気配を見せないが、たとえば各国の郵政民営化事例などに現れているように、先進国で民営化路線を盲目的に推進する国は少数派になっているのは周知のとおりである。

たとえばアメリカではオバマ政権を支えるシンクタンク・Center for AmericanProgressが「21世紀版 偉大な社会」構築を主張しているが、大西洋をはさんだ兄弟国・イギリスでもこの流れを受けてか、次期首相の呼び声高い保守党・キャメロン党首に近いシンクタンク・Demosの「進歩的保守-ProgressiveConservatism -」プロジェクトリーダー・Phillip Blond氏が、郵便局を再活性化させて地域経済再興に貢献させるという、「イギリス型郵政民営化見直し」構想を半年ほど前に発表している。

---
http://business.timesonline.co.uk/tol/business/economics/article5581147.ece

>From The Sunday Times
January 25, 2009

Think Tank: New ideas for the 21st Century: Use the post offices to
revive credit
Phillip Blond
---

上記Times記事でBlond氏は、

・ブレア-ブラウン労働党政権下などで行われた新自由主義的経済政策は失敗に終わり、サッチャー政権発足以来この30年間で、異常なまでに貧富の差が拡大した

・保守党次期政権は政権獲得後、(末端まで資金が行き渡らない)労働党政権の「借金漬け」景気刺激策に代わり、「劇的な」信用拡大策を採用する

・保守党政権は長期的には、「マーケットの倫理回復」「地域経済活性化」 「貧困解消」 を軸とした「進歩的保守経済-progressiveconservative economics-」ビジョンを構築しなければならない

とした上で、現下の経済危機緩和や地域経済活性化、貧困解消の方策として、郵便局を活用することを提言している。

Blond氏は、郵便局は拙劣な経営戦略や資金不足、70億ポンド(約1兆1000億円)の年金債務といった問題点を抱えているとはいえ、それでもなお堅実な収益力や職務に忠実な職員、全国的ネットワークやブランドイメージに恵まれているなどの郵便局の利点を指摘して、(ロイズやバークレイズなどの大手金融機関と違い)不良債権とは無縁の郵便局は民営化するより資金注入で再活性化した上で、むしろ地方都市の「ハブ」として地域経済に根付かせ、銀行と共存させるべきであると提唱している。

日本は英国以上に強固な郵便局ネットワークを有し、これまで地域経済に欠くことのできないインフラとしてこれを有効活用してきただけになお、「政府が膨大な民間銀行債務を保証できるなら、上記年金債務を肩代わりすることで郵便局を再活性化して、地域経済の柱にすればいいではないか」というBlond氏の主張に耳を傾けるのも悪くないように思える。

--
閑話休題。今回の日本郵政社長人事でも自民党構造改革派や財界が推す西川善文・現社長続投を強く支持している日経新聞が、珍しいことに先日(6/18)のマーケット欄コラム「大機 小機」で、(ケインズ色の強い)麻生政権の補正予算に一定の評価を下している。

コラム子「越渓」氏は今回の補正予算を「政府の経済政策哲学を(財政再建から需要増大へと)抜本的に転換した」「(補正予算に盛り込まれた)公共投資は需要増大に効果がある」「国債増加は(国民サイドからみれば)金融資産増加でもある」と評し、まるで国民新党の主張を代弁しているかの如く修正資本主義を礼賛している。

日本は世界から3週遅れて今尚乱稚気新自由主義が猛威を振るっているが、上記コラムが「一葉落ちて天下の秋を知る」となるか、それともただの「ガス抜き」で終わるか、注目してもいいかもしれない。

----------------------------------------------------------------------------------

(コメント by Bob)

■日本テレビは竹中支援

ウェークアップ・ぷらす!
http://www.youtube.com/watch?v=fwaeLtEMVPI


先週竹中氏が嘘で塗りたくられた論理で巧く(?)批判を論点のすり替えでかわしておりました。
司会の辛抱氏もかなり竹中のフォローに。
どうも日本テレビ・読売テレビは渡辺会長のメンツが大切なようで。

郵政民営化問題について、郵便局を民営化以前の姿に戻すべきだというこげぱんさんの意見には賛成です。アメリカの郵便局は、「”independent agency of the United States Government"(独立行政法人?)であり 、しばしば国有産業(?)と混同されるがそうでない」のですが、

http://en.wikipedia.org/wiki/United_States_Postal_Service


莫大な赤字を抱えており、その解消のため、以前と異なり、現在は宅配便店でも郵便局用の郵便物を扱っており、ここではもとより、郵便局でも郵送方法が複雑になり分かりにくくなったということや普通郵便であっても以前に比べると値上がりしたことなどにより、評判が悪いです。


ちなみにこのような料金体系です。

http://www.usps.com/prices/welcome.htm


最も安い手紙類は、それでも日本と比べるとまだ安いか?

http://www.usps.com/prices/first-class-mail-prices.htm


それに郵便物の遅配問題や配らないでどこかに捨ててしまうといった問題もあって、色々と問題点が指摘されております(アメリカの郵便配達人は日本と違って車で出かけ、駐車した後、そこの周辺のブロックを歩いて配達し、また次のブロックへ行き、同様のことをするのでハード・ワークな上、給料が安いということでカリフォルニアあたりでは、失業対策の一環として、プアー・ホワイト、マイノリティー、新移民の人たちの職場ということがありました)。

(レス by こげぱん)

■これとも関係が?

植草氏の「容疑」でふと思い出しましたが…

“そのまま平助”へ秋波を送り過剰規制へ暴走する“漫画太郎=カルト”の演繹証明
http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20090628/p1


あと小泉「改革」以来マスゴミから干された森田実氏や、場合によっては西松建設事件で名前が挙がった自民党道路賊・二階俊博氏なども(植草氏ほどの目に遭ってはいないとはいえ)犠牲者といえるかもしれません。

森永卓郎氏は… う~ん、大学教授で高給貰っておいて、「年収100万の経済学」はなしでしょう(笑) とはいっても同じ大学教授の×中×蔵や八代尚宏などに比べたら、まだましには見えますが…

-----------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今後の波乱要因? 労働組合の動向

これは先週初め他所(http://otd10.jbbs.livedoor.jp/1000013618/bbs_plain?base=1158&range=1">http://otd10.jbbs.livedoor.jp/1000013618/bbs_plain?base=1158&range=1
)で書いたことの焼き直しで恐縮ですが、民営化に賛成しているのは何も政権与党や財界だけではなく、「日本郵政グループ労働組合」サイトを一読した限りでは、どうやら労働組合も民営化に賛成しているようです。



拙者が大昔さるシンポジウムである労働界大物氏をみかけた時、その夜のレセプションで氏が手馴れた様子で各界要人と談笑しているご様子を見て労働組合に対する期待が冷める思いがしましたが、時は流れダボス・世界経済フォーラムでも経営陣と労働界が和気藹々を談笑する現在、その是非はともかく上記労働組合の協調路線など特段驚くことではないのかもしれません。



民主党・鳩山代表は政権奪取後西川氏を解任する方針のようですが、仮に民主党政権ができたとしても労働組合がこの調子なら、民主党政権による郵政民営化見直し論議に穏微な影響を及ぼす可能性も否定できず、この問題は今後も紆余曲折が続きそうな予感がします。

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。