スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンデミックより怖い?ヒステリックと「裁判員制度」

(by こげぱん)


いよいよ日本にも上陸した21世紀のパンデミック・新型インフルエンザ。先日神戸・大阪で感染が確認されたと思っているうちに、あれよあれよと首都圏にも感染が広がってしまったが、その影響で通勤時にやたらとマスクを見かけたり、学校が相次いで臨時休校となるなど、普段見慣れているはずの光景が何か「戒厳令」下に置かれたような錯覚さえ覚えてしまうのは筆者だけではないだろう。


不運にも首都圏での感染第1号となったのは、NYでの「全米高校模擬国連大会」に参加して帰国したばかりの女子高校生だったが、この女子高生が通う洗足学園高校には、狂育オバタリアンによる?このような非難が殺到しているという。


http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1235,1297543

http://www.inter-edu.com/forum/read.php?1281,1298260


この女子高生が参加した「全米高校模擬国連大会」のことはあまり知識が無かったので少し調べてみたが、そのミッションとして、 「私たちは、国際理解のための学習方法として模擬国連活動を広く普及及び発展させることを通して、国際連合及び国際関係に関する研究と国際問題の正確な理解又その解決策の探求を促進するとともに、豊かな国際感覚と社会性を有し未来の国際社会に指導的立場から大いに貢献できる人材を育成し輩出します」 とある。


http://jmun.org/gc/jcgc_index.htm


模擬国連活動が即「国際問題の正確な理解又その解決策の探求」に直結するかどうかはさておいても、今時の日本で国際問題などに興味を持ち、awayであるはずのNYに乗り込んで世界中の英才を相手に英語で討論する女子高生など、お下劣男子校で深海魚(=万年落ちこぼれ)生活を余儀なくされ、Tuesday とThursdayの違いすら分からずにセンター試験を迎えた筆者から見れば「宇宙人」にも思え、少なくともその行為自体は非難されるよりむしろ称賛されるべきであるように思える。


これは余談だが、「全米高校模擬国連大会」に協賛しているのはアメリカ大手金融機関・メリルリンチ社。アメリカ大手金融機関やコンサルティングファームの人材発掘にかける並々ならぬ熱意は個人的にも聞き及んでいるが、このような有望な高校生に着目するとはさすがというべきか、目の付け所が鋭いとつい思ってしまう。


http://jmun.org/gc/jcgc_constituency.html


大英帝国が誇る歴史家エドワード=ギボンはその代表作「ローマ帝国衰亡史」にて、五賢帝マルクス=アウレリウスの愚息コンモドゥス帝治世下におけるローマ市民の愚民化を象徴する一情景として、「いまや何事であれ、秀でることはただちに犯罪となった」「嫌疑はすなわち犯罪となり、裁判はすなわち有罪となった」と書き遺している。


奇しくも首都圏での新型インフルエンザが大騒ぎになった同じ日に、アメリカのjury trial(陪審員制度)を形だけ模倣したと思しき「裁判員制度」がスタートしたが、仮に裁判員による裁判が上記リンクに記したような空騒ぎに左右されるとすれば、「裁判員制度」の行く末をコンモドゥス帝治世下のローマに重ねてしまうのは筆者の妄想だろうか。 パンデミックも確かに恐ろしいが、狂育オバタリアンのヒステリックや裁判員制度はさらに恐ろしいのではないか、とさえ思える五月である。


-- 「だってソクラテス、多衆の意見も顧慮しなければならないことは、君にもわかっていることだろう。今度のことが何よりの証拠で、誰でも一度多衆の誹謗を受けた者には、彼らは微小な禍害どころではなく、ほとんど最大ともいうべき禍害をさえ加えることが出来るのだよ。」「クリトン、僕はむしろ多衆が最大ともいうべき禍害を加え得る者であってくれればいいと思う。そうすれば彼らはまた最大の福利をも加え得るわけだからね。それなら結構な話だろうよ。ところが彼らはどちらも出来ないのだ。彼らには人を賢くする力も愚かにする力もない。彼らのすることは皆偶然の結果なのだよ。」 --プラトン「クリトン」

-------------------------------------------------------------------------

(コメント by ウソ捏造工場)

■胡散臭い今回のインフルエンザ騒動

鶏フルのときは鶏のままだったのに、今回は豚がいつのまにか“新型”に変わっていたり、致死率もさりげなく下がって(引き下げられて?)いたり、と突っ込みどころがいっぱいのイベントですが。

ところでこのお方、厚生労働省の検疫官らしいのですが、ヒステリーおばさんの集う掲示板にこの記事見せてあげたいなと。皆、いっせいに沈黙しそうな予感が(笑)。
http://www.kimuramoriyo.com/25-swine_influenza/


まあ、いつものことではあるのですが、政府とマスコミが過剰に煽って、な~んも考えていない一部(大部分?)の国民がまんまと乗せられてしまうという構図は相変わらずですね。

しかし、あんな隙間だらけのマスクで、本気で防げると思っているなら滑稽ですな。本気で心配ならこのくらいのマスクを買ったら如何かと。買わないだろうけど。
http://umeusa.shop-pro.jp/?pid=13625796


件の検疫官がいみじくも“魔女狩り”に例えていますが、一歩はなれた所から冷静に見る眼を持ちたいものです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。