スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナスダック元会長の逮捕はルービンCitigroup会長の金融スキャンダルを隠すためか

(by sunshine)


世界的な金融危機で揺れるアメリカで、元ナスダック会長、バーナード・マードフ(70才、ユダヤ系)が米国史上最大規模の500億ドル(約4兆5000億円)の詐欺事件を起こして逮捕されたニュースが世界中を駆け巡り、オバマ新政権発足まであと1か月という今、この時期にこの問題が発覚したタイミングについて、「Why now?(なぜ今なのか?)」という声が高まっている。


そもそもこの詐欺事件とはどういうものだったのか。産経新聞より抜粋すると、

------------------

12/17 01:55更新

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/205212/

ナスダック・ストック・マーケット(現ナスダックOMXグループ)元会長を務めるなど米証券界の実力者として知られるバーナード・マドフ氏(70)による巨額詐欺事件で、12月15日までに世界の大手金融機関が被害にあっていたことが分かり、衝撃をさらに広げている。被害総額は米国史上最大規模の500億ドル(約4兆5000億円)に達する見通しで、批判は米国の金融システムにも向けられている。

 15日付の国際紙ヘラルド・トリビューンは「パリから東京まで。マドフ氏の被害者続々出現」との見出しで、英、仏、日本、スペインなど各国の金融機関がマドフ氏のファンドに投資した資金の残高などを明らかにし始めたと報じた。

 米欧メディアによると、スペイン最大手銀行サンタンデールの約23億3000万ユーロ(約2700億円)を筆頭に、スペイン大手銀、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリアの5億ユーロ(約615億円)、仏投資銀行ナティクシスの4億5000万ユーロ(約554億円)、日本では野村ホールディングスが約275億円、あおぞら銀行が124億円の投資残高があることが明らかになっている。

 ■金融危機とダブルパンチ
 米捜査当局によると、マドフ氏は自身の運営する投資ファンドは毎年10%の利益を上げていると投資家に宣伝。新規顧客の投資資金をひそかに配当や解約金にあてるという「ねずみ講」的な方法で高い利回りを装っていたとみている。

 マドフ氏はナスダック会長のほか、米証券取引委員会(SEC)の諮問委員など米証券界の要職を歴任、ウォール街の実力者と評価されていた。このため、投資家の多くがマドフ氏を信頼し、多額の資金を委託したとみられている。

(後略)


■バーナード・マドフ 1938年、ニューヨーク生まれ。60年にバーナード・L・マドフ・インヴェストメント・セキュリティーズを創業。会長兼CEOを務める。12月11日、米連邦捜査当局(FBI)に詐欺容疑で逮捕された。
--------

*注:上記のニュース原稿の中では、英語の「Ponzi Scheme」(ポンジー・スキーム)の和訳が「ネズミ講」となっているが、これは間違い。ポンジー・スキームとは、20世紀初め、イタリア生まれのアメリカ人、チャールス・A・ポンジーが大がかりな詐欺を行って世を騒がせたことに由来する「高配当の取引を餌に出資金を集め、新規の投資家からの資金を、古い投資家の収益に回す」というもの。


またMadoffの英語の発音は「メイドオフ」。朝日新聞では「マードフ」となっている。そこで以下、マードフと記す。

----------

しかしながらこのニュースに隠れるように密かに流れたもう一つの重大ニュースがあることは、あまり知られていないのではないか。そのもう一つのニュースとは、ゴールドマン・サックスに勤務した後、クリントン政権時代に財務長官を務め、現在、シティー・グループ経営執行委員会会長のロバート・ルービンが投資家達から「ポンジー・スキーム」のような手口の詐欺罪で訴えられたというニュースだ。


12月4日付けの「ニューヨーク・ポスト」では、訴状によると、投資家たちの被害総額は1220億ドル(約12兆2千億円)。ルービンは彼の株の売り上げで3,060万ドル、ルービンの弟子であり側近の、チャック・プリンスは2,650万ドル、元最高業務執行責任者ロバート・ドラスキンは3,200万ドル、そしてグローバル・ウエルス・マネージメント・ユニットの責任者トッド・トムソンは2,570万ドルの利益を得たと書かれている。

---------

http://www.nypost.com/seven/12042008/business/ponzi_scheme_at_citi_142511.htm

Ponzi Scheme At Citi-New York Post

Last updated: 1:17 am
December 4, 2008

A new Citigroup scandal is engulfing Robert Rubin and his former disciple Chuck Prince for their roles in an alleged Ponzi-style scheme that's now choking world banking.

Director Rubin and ousted CEO Prince - and their lieutenants over the past five years - are named in a federal lawsuit for an alleged complex cover-up of toxic securities that spread across the globe, wiping out trillions of dollars in their destructive paths.

---------

500ページにもおよぶ訴状が裁判所に提出されたとするMoney Newsに掲載されているロイターの記事。

http://moneynews.newsmax.com/financenews/citigroup_lawsuit/2008/12/03/157734.html

Lawsuit:Rubin,Others Hid Citi's Problems

---------

ロバート・ルービンといえば、オバマ政権で主席経済顧問(国家経済会議議長)に任命されているローレンス・サマーズ(クリントン政権下でルービンの後に財務長官になった人物)や同じくオバマ政権で財務長官に任命されているティモシー・ガイトナー(サマーズが財務長官だった時、次官をやっていた人物)達の”師匠”とも言われる人物であり、外交問題評議会(CFR)議長という大物。


http://en.wikipedia.org/wiki/Robert_Rubin


--------

「オバマの経済チームはロバート・ルービンの影響下に-その相違と共に」とする11月24日付け、「インターナショナル・ヘラルド・トリビューン」の記事。

-------

http://www.iht.com/articles/2008/11/24/business/rubin.php


Obama's economic team shows influence of Robert Rubin - with a difference

It is testament to the star power of former Treasury Secretary Robert Rubin among many Democrats that as Barack Obama fills out his economic team, a virtual Rubin constellation is taking shape.

The president-elect used the announcement Monday that he was appointing two Rubin protégés, Timothy Geithner as Treasury secretary and Lawrence Summers as senior White House economic adviser, to underscore his determination to step aggressively into a economic leadership vacuum in Washington while also maintaining continuity with the Bush administration before the transition of power Jan. 20.

---------

また、信憑性のほどは知らないが、ユダヤ系カナダ人だがユダヤ系をも容赦なく批判する”陰謀論者”とのレッテルを貼られているヘンリー・メイコウ博士によれば、ルービンの息子、ジェイミーは今回の大統領選では、オバマのために「ウォール街」で資金集めをした中心的人物とのこと。


このため、ルービンの「ポンジー・スキーム」を隠すために、今、このタイミングでマードフの「ポンジー・スキーム」を表に出し、メディアで騒がせていると彼は言っている。

---------

http://www.henrymakow.com/we_all_are_victims_of_a_giant.html

The arrest of financier Bernard Madoff Thursday for operating a "Ponzi scheme" costing investors $50 billion made the TV network news. Curiously, a lawsuit the same day against Clinton Treasury Secretary Robert Rubin for defrauding Citibank shareholders of more than $122 billion, also described as a "Ponzi scheme," got no airplay whatsoever.
---------

話をマードフに戻すと、すでに名をなし財をなした70歳の彼が、なぜ人生の最終章でこのような大それた悪事を働いたのかということだが、今、アメリカでは果たして彼が単なる自己の金儲けのために単独でこれを行ったのか、それとも背後に何か巨大な組織でも介入しており、そのためにこんなことを行ったのか、様々な議論が展開されている。


しかし、12月19日付けCNNで、彼は「すべて自分1人が単独で行った」とまるでスパイ物やマフィア物の映画のシーンのようなセリフを吐いて大胆不敵なうすら笑いすら浮かべている姿には、何か裏があるな、と直感的に感じた人も多いと思う。

------

http://money.cnn.com/2008/12/18/news/newsmakers/madoff_didnt_act_alone.fortune/?postversion=2008121814


Did Bernard Madoff act alon? Investors doubt it

Last Updated: December 19, 2008: 1:50 PM ET

(Fortune) -- Like the conclusion that Lee Harvey Oswald was a lone gunman, the theory that Bernard Madoff acted alone is hard to swallow.

True, Madoff has allegedly confessed that he perpetrated a massive fraud that left behind $50 billion in losses; and he claimed to have done this all alone.

--------

12月19日に放送されたNBCニュースによると、彼はユダヤ系アメリカ人であり、以前から多額の寄付をイスラエルの教育機関、財団、病院などに行ってきたそうで、今回の逮捕により、数多くの教育や慈善財団などが基金不足により、閉鎖に追い込まれるだろうと言っている。特にチェイス・ファミリー財団はマードフと関係が深く、即座に閉鎖されることが決まったと、切実な表情を浮かべて関係者が話しているのには興味をひかれた。


彼は先祖の国、イスラエルのためにあんな大それた詐欺を単独で行ったのだろうか。ビデオを見ると、随分多くの若者達が彼の恩恵を受けていたようで、もしイスラエル政府がこれらの財団や病院に財政援助をしなければ、数多くがすぐにでも閉鎖されるだろういう話だった。イスラエルから見れば、マードフはまさしく救世主だったわけだ。


彼から詐欺でやられた銀行も詐欺をやりながら儲けているわけだから、それを上手の詐欺で金をかすめ取り、若者達のために使っていたというのなら、たとえその援助先がイスラエルの財団だったとしても、ただの悪党ではないのではないか、と変なところで感心させられたりして、複雑な心境になったりもする。


下記の「Hunting Post」に、イスラエルからのレポートを放送しているNBCのビデオがある。

--------

http://www.huffingtonpost.com/2008/12/19/madoff-fallout-israeli-pr_n_152418.html?page=2&show_comment_id=18970576#comment_18970576

The Bernie Madoff effect continues to spread. The $50 billion that appears to have been lost in Madoff's now-famous fraud scheme has crippled and killed some charities. Now, the programs that relied on those charities -- like the Israeli ones in the video below -- are out of luck, too

--------

ただ、もう一方では、アメリカを代表する教育慈善財団のひとつ、、ピコワー財団(Picower Foundation-バーバラ&ジェフリー・ピコワーが設立)はマードフに資産管理を任せていたが、今回の事件により来月には閉鎖することになったという悲劇的なニュースも報道されている。この財団はMIT(マサチューセッツ工科大学)、ヒューマン・ライツ・ファーストやニューヨーク公共図書館への多額の寄付をしている他、ハーバード・メディカル・スクールに糖尿病研究所も設立した、アメリカでも大手の教育慈善団体といわれていた。MITの学生への奨学金も支給していたと聞いている(実はこの財団はマードフのものだったということも考えられるが)


これらのことを思えば、イスラエルを愛するあまりアメリカの教育にダメージを与えたマードフとは、一体全体、何者なのかと謎は深まってくる。

-------

http://news.yahoo.com/s/ap/20081220/ap_on_bi_ge/madoff_scandal_charities


Foundation to shut down, say Madoff managed money

NEW YORK – One of the nation's leading educational philanthropies announced that it would close in the coming months, brought down by the alleged financial fraud orchestrated by Bernard Madoff.

------------

マードフは単にイスラエルの慈善団体のためにこれだけ大きな詐欺を行ったのか、それとも背後にもっと大きな何かがあるのか。モサドやCIA、そしてMI6などの諜報機関の資金稼ぎのために駒として使われていたのではないかといった”妄想的”な”陰謀論”もネット上で出ている中、下記のビデオを見て、もう一度、金融という名の詐欺について勉強するのもいいかもしれない。


それにしても、この二つのスキャンダルを見ていて思うことは、オバマが大統領に就任する前に、ルービンのスキャンダルは闇に葬り去ろうという魂胆でもあるのかな、ということだ。


Money As Debt(負債としての金ー日本語字幕版)

http://video.google.com/videoplay?docid=-446781510928242771

--------------------------------------------------------------------------------------------

(update)


12月24日付けAPによると、マードフによる巨額投資詐欺事件で、被害を受けたヘッジファンドの仏人経営者がニューヨーク・マンハッタンの事務所で死亡しているのが23日、発見された。


死亡していたのは、ヘッジファンド「アクセス・インターナショナル・アドバイザーズ」の創業者で最高経営責任者(CEO)のルネティエリ・マゴン・ド・ラ・ビーユウシェット氏(Rene-Thierry Magon de la Villehuchetー65歳)。同氏は、主に欧州の投資家から集めた資金14億ドル(約1260億円)をマードフ容疑者の投資会社を通じて運用していたという。


ニューヨーク警察スポークスマンの話では、彼の事務所の机には睡眠薬のビンが置かれ、床にはカッターが転がっており、遺書などは残されていなかったとのこと。


警察の話によると、22日午後7時、彼は「自分は残業があるから」と言い、全員に退社するように命じた。そして翌日、従業員が彼の部屋をノックすると内からカギがかかっていた。不審に思い、その後、合鍵で開けたところ、血まみれになって死亡していたらしい。


亡くなったマゴン・ド・ラ・ビーユウシェット氏は、貴族の流れをくむ家系であり、フランスで最もパワフルな家系のひとつ。


彼のファンドはヨーロッパ最上級のハイソサエティーの人々の投資の運用を行って来ており、その中の一人にモナコのキャロライン王女の元夫、フランス人のPhilippe Junot氏やユーゴスラビアのPrince Michelなどがいる。

http://www.latimes.com/business/la-fi-madoff-suicide24-2008dec24,0,2436404.story


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1 ■Woooow !

Wow ! What kind of people they are !
They sold their lives to Dr. Evil !
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。