スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月は「ブラック・ヒストリー・マンス」(黒人史月間)-ホワイトハウスでの黒人ミュージシャン写真集

毎年2月は「ブラック・ヒストリー・マンス(Black History Month)」。全米の学校では、黒人史・黒人文化についての授業が月間を通して行われる(ということに建前上はなっている。そして少なくともカリフォルニア州ではそれを実行している)。


これはアメリカでは、1976年に正式に開始された。 しかし、もっと前をさかのぼると、1926年、黒人団体の会長だったカーター・ウッドソンが提唱。「黒人文化人のパイオニア」といわれているフレディック・ダグラスの誕生日、2月14日を記念して、2月を「ブラック・ヒストリー・マンス」と決めた。その後、カナダも2月に、そしてイギリスは10月にこの「ブラック・ヒストリー・マンス」を定め、今日に至っている。


ホワイトハウスでも、毎年、この日の前後には、黒人ミュージシャンを招待して、イベントを行うのが慣わし。すこし楽器をいじれる大統領は、ミュージシャンと共に演奏して、メディア向けのパフォーマンスを披露するのが恒例となっている。


これがイメージ戦略であるとは百も承知。黒人ミュージシャン達が今までいかに権力に利用されてきたかについては後に書きたい。


ブッシュ

若い頃は麻薬をやって、ロック・ギタリストになるのが夢だったというブッシュも、昨年は私の大好きなブルースの神様ことB.B.Kingのバンドの中に飛び入りし、はちゃめちゃ音でかき乱した(笑)。

temptation

今年は、”長年の功績を讃えて”、テンプテイションズを招待。パフォーミングを見るブッシュ(右)

ホワイトハウスでの黒人ミュージシャン写真集

anderson

1939年、イギリスのジョージ6世とエリザベス女王のホワイトハウス訪問の際、ルーズベルト大統領に招待されてパフォーミングを行った黒人初の世界的オペラ歌手、マリアン・アンダーソン


duke

1970年、ニクソン大統領70才の誕生日に、デューク・エリントン

era

1987年、エラ・フィッツジェラルドとレーガン大統領


               stevie

1998年、トニー・ブレア訪問の際、エルトン・ジョン、スティービー・ワンダー。エルトン・ジョンはわざわざイギリスから飛んだのか? 「サー」の称号を持つ人は違う。
    
               rey

1993年、クリントンとレイ・チャールス、それにローラ・ブッシュ

hanpton

1998年、ライオネル・ハンプトン(向かって右)の90才の誕生日を祝って、ホワイトハウスに招待。クリントンが”ジャム・セッション”を行った

http://abcnews.go.com/Entertainment/BlackHistory/Story?id=4278750&page=2

黒人史・黒人文化関係はこちらのサイト。

http://www.history.com/minisites/blackhistory/


http://www.infoplease.com/spot/bhm1.html


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。