スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノダにエサを与えないでください。増長して暴走しますw

(by こげぱん)

noda
(秋山理央さん「脱原発デモ × ステディカム」より)

日本「国」総理としては実に2年半ぶりとなるアメリカ公式訪問に、我らがドジョウ総理が意気揚々と旅立っていった。
---
http://mainichi.jp/select/news/20120430k0000m010067000c.html
野田首相:初の公式訪米へ出発
毎日新聞 2012年04月29日 20時47分
---

ドジョウ総理は訪米に先立つ記者会見で、オバマ大統領と「激変するアジア太平洋情勢の中で、日米同盟の意義を確認しながら将来のビジョンを忌憚 (きたん)なく意見交換したい」「同盟を深化させると同時に、沖縄の負担軽減を着実に進める観点で議論したい」と広言している。

ドジョウは2年半ぶりに、民主党政権としては初となる宗主国へのお目通りを許されてすっかり大物気分になり、オバマと「忌憚なく意見交換・議論」 できると勘違いしているのかもしれないが、ところがどっこい(アメリカ有力シンクタンク)CSISやWP社説は、訪米に先立ち日米首脳会談のア ジェンダを「明示」している。

---
U.S.-Japan Summit Meeting
http://csis.org/publication/us-japan-summit-meeting
By Nicholas Szechenyi
Apr 25, 2012

Prime Minister Yoshihiko Noda of Japan will meet with President Obama at the White House on April 30 to discuss a range of economic and security issues and reaffirm the importance of the U.S.-Japan alliance in a regional and global context. Noda, who took office last September, met Obama twice last fall at the UN General Assembly in New York and the Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) forum in Hawaii, but this will be the first bilateral summit in Washington since Noda’s Democratic Party of Japan (DPJ) assumed power in 2009. The two leaders are expected to issue a joint statement that should establish a strategic framework for alliance cooperation going forward.
--

Can Japan make the tough decisions?
http://www.washingtonpost.com/opinions/can-prime-minister-noda-set-japan-back-on-cours
e/2012/04/19/gIQAGsJxST_story.html

By Fred Hiatt, Published: April 19
TOKYO

The question here is no different than in Europe or the United States: Can democracies still rouse themselves to do hard things? Prime Minister Yoshihiko Noda, the sixth Japanese leader in as many years and by many accounts the most sensible, is trying to provide a novel answer.
---

CSISは首脳会議の主要議題をTPPと沖縄基地再編であるとし、それに加え野田は消費増税と原発再稼働という難題を抱えているとしながらも、日 本こそがオバマ政権にとってアメリカ太平洋地域における悩みの種であると暗に非難した上で、TPP参加と日米「同盟」深化を促し、今回の首脳会談 で日米両国が価値観を「共有」することが、今後の「いかなる政治情勢変化」にも立ち向かうためにも重要である、と結んでいる。

さらにWP社説に至っては、これらアメリカからの「宿題」に対し野田が「模範答案」を見つけようとしている、として野田の「ぶれない姿勢」を賞賛 し、野田がこれらの「宿題」を着実に実行できれば、米中対決にあたり有益であるとし、他方野田が日本の有権者に対し、「宿題」を忠実にこなす政治家を責めないよう説得できれば、野田は「名宰相」の栄誉をほしいままにできるかもしれない、とおだて上げている。

かつて2009年夏の無血革命時、増税を主張する自滅党やそれにたかる建設賊をシロアリと罵ったドジョウのどこに「ぶれない姿勢」があるのかさっぱりわからないが、こと大飯再稼働に関する限りちっとも「ぶれない」ドジョウ訪米に合わせ? WP社説は脱原発の困難性とCO2削減の観点から、原発必要論を説いている。

---
Phasing out nuclear
http://www.washingtonpost.com/opinions/phasing-out-nuclear/2012/04/22/gIQArSXbaT_story.html

By Editorial Board, Published: April 23

CAN THE WORLD fight global warming without nuclear power? One major industrialized country — Germany — is determined to find out, and another — Japan — is debating whether to try. Both illustrate how hard it would be.
---

WPが言うとおりCO2削減が地球温暖化対策に必須だとしても、それなら原発の廃熱は地球温暖化要因とならないか検証が必要だし、何よりも福島第 一事故が未だ収束しない現時点において、WPが事故を「悲惨だったが致命的事故ではない」と楽観論を主張するのも解せないが、WP社説はドジョウ 帰国後の原発政策を予告しているようでもある。

現在「核兵器なき核戦争」を戦っている日本では、各地から生々しい声が聞こえてくるが、

---
雨ニモ負ケズ 「原発再稼働反対」
http://tanakaryusaku.jp/2012/04/0004180 --

http://twitter.com/#!/asunokaori の、「パパママぼく」の代表発見! @kibakoichi: 中2の女の子が、雨の中、首相官邸前でマイク持って叫んでる。高校生の娘に「お母さんより長く生きられないかもしれない」と言われたシングルマザーが訴えている。
http://bit.ly/IdrgEN
---

そのような声に聞く耳も持たぬままいそいそと参勤交代するドジョウに、「クオリティペーパー」の「賞賛」や「名宰相」というエサを安易に与えない でいただきたい。エサに釣られたドジョウは、必ずや増長して暴走するに違いないから。

-------------------------------------------------------------------------------------
(コメント by Sunshine)
■どうせやるならスーパー歌舞伎を見せてくれ

「クオリティペーパー」の正体もすでに皆様お馴染の・・・・でございますので、持ち上げたり、なだめたり、脅したり、すかしたりとなかなかの役者でございます(笑)。

しかしこの「クオリティペーパー」の筆者達も”アニメ世代”なのか、芸が単純、大まか。小技を使わないので、最近は面白くないこと。スレイブ・マスターがスレイブをこき使うような、親が子供を扱うような手の内は、もうワンパターンで見あきたで。

どうせやるなら市川猿之助のようにスーパー歌舞伎といかんかい!

豚小屋の豚とは誰かさんが言った言葉だが、豚の方がもっとプライドがあるんとちゃうかい!

それとも何かい、ボスに逆らったら命が危ないとでも言うのかい? そういうことかもしれんなあ。その見返りに今のポストに付けたってわけだもんなあ。命と引き換えにってわけだ。

自己保身、利権、短期的な目先の利益追及・・・これらの下らないごく一部の連中の我欲のために、日本国民全員が、いや世界中の人々が犠牲を強いっれているって構図は、もういい加減に見え透いているで。

何の解決策にもならない除染と汚染がれきの”全国拡散運動”も、つまりはこういうことや。

----
http://www.decn.co.jp/decn/modules/dailynews/news.php/?storyid=201204180103001
国交省/焼却灰再生セメント活用を総合評価入札で加点/がれき早期処理を後押し

 国土交通省は、東日本大震災の被災地で発生したがれきなどの災害廃棄物の処理を推進する一環として、総合評価方式による直轄工事の入札で、災害廃棄物の焼却灰を原材料に加えたセメント(再生セメント)を使用する建設会社を加点評価することを決めた。コンクリートを主要工種に含む工事で再生セメントを使う場合は2点を加点する。17日に開かれたがれきの広域処理に関する関係閣僚会議で報告。同日付で各地方整備局などに通知した。
 加点評価の対象とするのは、▽再生セメントが震災廃棄物由来であることを確認▽放射能汚染に対する安全性などの確認▽合理的価格での供給-の3条件をクリアした場合とする。工事の入札を行う際に、発注者が総合評価の項目の一つとして再生セメント使用の有無を設定。入札に参加する企業のうち、再生セメントを使う企業は発注者に提出する技術資料にそれを明記する。再生セメント使用の評価項目を設ける場合も、技術評価点の満点の値は変えないように他の評価項目の点数を調整する。
 落札した企業は、セメントメーカーや生コン会社が発行する「再生セメント使用証明書」を工事請負契約時に発注者に提出する。再生セメントの使用を申請しながら、実際には使わなかった場合には、工事成績評定点を減点するなどのペナルティーを科す。対象工事は、コンクリートを主要工種に含む工事とし、高度技術提案型総合評価方式を適用する工事は対象外とする。
 前田武志国交相は17日の閣議後の記者会見で、今回の加点措置について「なるべく早く行う」と述べた。さらに、がれきについても「港湾事業や公園事業で積極的に使いたい」と述べ、公共事業での再生利用の促進に積極的に取り組む方針を示した。

-----
http://www.decn.co.jp/decn/modules/dailynews/news.php/?storyid=201204270103001
日建連会員11年度受注、10・8%増/3年ぶり10兆円超え/震災復旧が寄与

 日本建設業連合会(日建連)のまとめによると、会員企業48社の11年度の受注高は10兆2610億円(前年度比10・8%増)で、5年ぶりに増加に転じた。東日本大震災の復旧・復興などの影響で官公庁からの受注が大きく伸び、3年ぶりに10兆円を超えた。
 内訳は、国内が9兆6700億円(10・3%増)、海外が5910億円(20・5%増)で、海外のプラスは5年ぶり。東日本大震災に伴うがれき処理関連で3000億円規模が計上されており、地方の機関が6年ぶりに1兆円を上回った。民間でも工場の震災復旧工事が多かったという。
 国内のうち、民間からの受注は7兆0620億円(5・5%増)で、内訳は、製造業発注分が1兆4070億円(29・7%増)、非製造業発注分が5兆6550億円(0・8%増)だった。
 官公庁からの受注の内訳は、国の機関の発注分が1兆4330億円(11・2%増)、地方機関の発注分が1兆1540億円(51・1%増)で、いずれも2桁のプラス。国では道路や庁舎などが、地方では東日本大震災の復旧関係が増加要因となった。

---
瀬戸大橋を建設した企業の中にアメリカの大手ゼネコン、べクテルもはいっていたと誰かさんから聞いたが、日本のゼネコンが震災特需で沸いてている陰には、外資系ゼネコンももぐりこんでいるのではないのかな。

それにしてもいつもデモの写真を見て不思議に思うのは、マスクを着けている人が少ないということ。東京は危ないんでしょう? 大気中における放射能の数値がだんだん高まっているんでしょう? それなのにマスクも付けないで、「原発反対!」と叫ぶことの不思議さ。やはり意識が高そうでも、まだ放射能が大気中を汚染していることに関しては能天気なんですかねえ? 

*ところで「参勤交代」する際には、確か将軍家に貢物(おみやげ)を持参していたのではなかったかと思いますが、今度の「参勤交代」では何を持参したのでしょうか?




スポンサーサイト

ラップ・ミュージックを一大転換させたある”密談”

(by Sunshine)

ラップ・ミュージックといえば、今やある意味ではロック・ミュージックと同程度、あるいはそれ以上に世界中の若者たちの間で流行している音楽だが、これは1970年代にニューヨークのブロンクスで主としてアフリカ系やヒスパニック系の若者たちの間で始まったストリート・ミュージックだと言われているが、その後政治的な内容の物やダンス的な要素を取り入れたものなどが出て来るなどの変遷を経て、80年代末から90年代初めにかけては”ギャングスター・ラップ”という暴力的で、アナーキー、ギャングの抗争をテーマにしたような内容のラップがラップ界の中で主流を占めるようになった。

今でこそラップ・ミュージックはインディー系のレーベルが数多く設立されて、大手レコード会社と契約しなくてもビジネスを確立できるようになってきているが、インターネットが現在ほど発達していなかった20年前はまだ大手レコード会社がCDを制作し、売るという既存の方法でビジネスを行っていた。

その頃、アメリカの音楽業界にいて、ビジネス上の決定権を持っていたというある人物が、20年前に行われたというラップ・ミュージックを巡るある”密談”について、匿名で「Hip Hop Is Read」というヒップ・ホップのサイトに投稿している。この人物はヨーロッパからアメリカに移住して音楽業界で成功していたが、この”密談”の席での話には守秘義務を負っていたため、良心の呵責を覚えつつ今日まで公での発言を控えていたと言っている。

匿名であるし、即座に鵜呑みにするのもどうかと思うが、私自身も同様の話は聞いたことがあるので、あながちこの話も否定できるものではないかもしれないと思い、本稿で取り上げた次第だ。音楽業界も政界同様に大金が渦巻く世界だ。マフィア(やくざ)との関係も映画の世界だけではなく、実際に存在するということは今や誰もが知る常識的な話だ。この匿名の投稿は、そのことを裏づけてくれるような話だ。


以下、「Hip Hop Is Read」というヒップ・ホップのサイトから要訳。
http://www.hiphopisread.com/2012/04/secret-meeting-that-changed-rap-music.html

"The Secret Meeting that Changed Rap Music and Destroyed a Generation"
Hello,

After more than 20 years, I've finally decided to tell the world what I witnessed in 1991, which I believe was one of the biggest turning point in popular music, and ultimately American society. I have struggled for a long time weighing the pros and cons of making this story public as I was reluctant to implicate the individuals who were present that day. So I've simply decided to leave out names and all the details that may risk my personal well being and that of those who were, like me, dragged into something they weren't ready for.

---

(要訳)

私は20年以上もどうするべきかと悩み続けてきましたが、世界中の人々にこの事実を知らせたく、思い切って投稿することにしました。1991年に私が体験したある”事件”を契機に、アメリカのポピュラー音楽業界全体が大きく方向転換したのではないか、そしてこのことはアメリカ社会全体に影響しているのではないかと思うがゆえに、投稿することに決めました。関係者に迷惑をかけたくないとの配慮により、一部匿名にさせていただきます。

私は1980年代初めにヨーロッパからアメリカに移住し、音楽業界で順調に成功をおさめ、80年代後半から90年代初めにかけてある大手の音楽関係の会社でビジネス上の裁量権を持つ幹部に抜擢されていました。

1991年初め、私はヒップ・ホップ・ミュージックの今後における方向性を話し合うための音楽業界人だけの内輪の会議に出席するよう依頼されました。この会合はロサンゼルス郊外にある人物の私邸で開催され、音楽業界人が20名から30名程度集まっていました。私はこのほとんどの人達と顔なじみであり、皆、ラップ・ミュージックは余り好みではないという点で共通項がありました。私達は、「それなのにこんな会合に出席させられるとは皮肉だね」といった冗談を交わしていました。

ところがその中に何名かの見知らぬ顔の一派がいました。彼らは顔つき、いで立ち、話し方、マナー等において、一目瞭然で音楽業界の人間ではないことが分かりました。全てにおいて我々とは全く接点がなく、彼らもまた我々に対して同様の感じを持っているようでした。

我々が仲間同士で話をしていると、突然、その見知らぬグループの中の1人が声をあげ、これから話すことは守秘事項なので、書類に署名をするよう要求してきました。そしてこれを守らなかった場合には我々は仕事を奪われることになるからと脅されました。これを聞いた人達の中の数人は、即座に席を立ち、帰って行きました。私もそうしたい気持ちがありましたが、一方ではどういった話なのか好奇心もあり、結論を出しかねているうちに署名用の1枚の紙が渡され、署名するよう要求されました。

それが終わると私の顔見知りのある人物が、会合に集まってくれたことに対して感謝する旨の挨拶をした後、ある人物を我々に紹介しました。その人物はこの家の所有者だといい、フルネームは名乗らず、名前だけを告げましたが、自分自身の経歴については何も語りませんでした。彼は音楽業界の有力会社で裁量権を持つ人々が集まってくれたことに対して感謝していると述べ、この業界の更なる発展と飛躍のため、この会合を開催したと言いました。

私はこの時点でいささか居心地の悪さを感じるようになりましたが、そのまま彼の話に耳を傾けていると、この人物はあっと驚くような出来事を我々に話したのです。それは、我々の会社は実は民間刑務所に多額の出資をしており、民間刑務所と我々の本業は持ちつ持たれつの関係にあるので、これから話す戦術で仕事をやってくれれば、民間刑務所と我々の会社の双方が更なる利益アップを図れる仕組みが出来上がっている。従って、ぜひその方向で実行してもらいたいという命令であり、脅しでした。

その内容とは、暴力を煽る”ギャングスター・ラップ”をもっと流行させれば、それを聞いた若者たちはさらに暴力に走り、刑務所に収監される人間が増加する。そうすれば民間刑務所に出資している我々のの会社はさらに利潤を上げるというものでした。

それを聞いた我々の仲間の一人が、「冗談じゃない!」といったところ、見知らぬグループの中の2人が彼をわしづかみにして、家の外へ放り出しました。それを見ていた私と私の知り合いが、怒って文句を言うと、見知らぬグループの中の何人かが銃を取り出して、私達に突きつけ、私たちを外に引っ張り出しました。帰り際に顔見知りであり、この会合で最初に挨拶をした人物に、なぜこんな事になったのかと尋ねたところ、「私にはどうしようもないことなのだ。ただ君は署名したよね。そのことだけは忘れないでくれ」といって、足早に去りました。

ショッキングな出来事でした。その後、私自身、民間刑務所について調べてみましたが、自分が関わっている音楽業界が民間刑務所とこのような形で関係し、自分がそのことに少なからず加担していくことになるのかと思うと、暗欝たる気持ちに陥りました。

私は最初からラップ・ミュージックを好んではいませんでしたが、それでも反体制的な、政治性を打ち出した”ポリティカル・ラップ”には興味を持っていました。しかし、あの会合以来、この”ポリティカル・ラップ”は片隅に追いやられ、暴力やギャング・スターの抗争ばかりを歌った”ギャングスター・ラップ”が業界の主流を占めるようになりました(注:その後西海岸と東海岸のラップ・ミュージシャン達が互いに反目しあい、殺人事件まで起きるという具合にエスカレートしていく)。

音楽業界に失望した私は1993年に業界から足を洗い、ヨーロッパに戻りました。この20年間を振り返ってみて思うことは、現在のラップ・ミュージックは、いかに体制側や資本家に利用されているかということです。このことを今、私は訴えることができて、少しなりとも罪悪感から解放された気がしています。

-------
アメリカの民間刑務所については、Global Researchが2008年3月10日、その悪徳ぶりについて暴いた記事を掲載している。

------
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=8289

The prison industry in the United States: big business or a new form of slavery?

Human rights organizations, as well as political and social ones, are condemning what they are calling a new form of inhumane exploitation in the United States, where they say a prison population of up to 2 million - mostly Black and Hispanic - are working for various industries for a pittance. For the tycoons who have invested in the prison industry, it has been like finding a pot of gold. They don't have to worry about strikes or paying unemployment insurance, vacations or comp time.

-----

これによるとアメリカの受刑者人口は約200万人で世界最大。世界の受刑者人口の25%を占めている。民間刑務所は1980年代になってロナルド・レーガンが開始し、その後ブッシュ・シニア、クリントンへと次第に数が増加されていった。約18の私企業が27の州で約1万人の受刑者の監視を行っているとなっている(2008年)。

収監された受刑者たちは、「自立するための技能訓練」と称する労働に従事させられ、例えば時給の良いのは時給2ドルのコロラド州刑務所だが、民間刑務所は概して非常に低く、何と時給17セント、1日8時間従事しても月に20ドルにしかならないところもあり、人権団体などから「新しい形の奴隷制度」と非難されている。そして彼らの仕上げた製品は、政府と癒着した企業が安い値段で買い取るシステムが出来上がっている。大企業の受注を刑務所が受けて、受刑者は奴隷のような金額で労働に従事させられ、企業は丸儲けしているという構図だ。

この”刑務所ビジネス”に加担しているのは、例えば、IBM, ボーイング、モトローラ、AT&T, ワイアレス、テキサス・インスツルメンツ、デル、コンパック、ハニーウエル、ヒューレッツ・パッカード、ノーテル、ルーセント・テクノロジー、3コム、インテル、ノーザン・テレコム、TWA,レブロン、メイシーズ、ピエール・カルダン、ターゲット・ストアーなどのいずれも大企業ばかり。

新自由主義の名の下、数多くの政府の仕事が民営化されたが、元ニューヨーク市長のジュリアー二氏が経営する民間警備会社同様に、この民間刑務所も留まることを知らない資本主義が生んだとんだ申し子といえるものではないかと思う次第だ。

----
参考:

80年代以降、うなぎ上りに受刑者の数が増えてきたことを示す統計。このサイトでは、でっち上げや軽犯罪者まで収監するためだと警鐘を鳴らしている。

http://www.apfn.org/apfn/private-prisons.htm
Private Prisons for Profit Out of Control


*”ギャングスター・ラップ”とはどういうものか知らない人のために、比較的おとなしいものを一曲。

Ice Cube - Gangsta Rap Made Me Do It(Official Video)
http://www.youtube.com/watch?v=v-Z_LO2ckS8&feature=related

-----------------------------------------------------------------------------------
(コメント by ウソのお兄さん)
■アメリカはすごいね、と思ったら

日本にもあったんですね、民間刑務所。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E7%A5%A2%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E5%BE%A9%E5%B8%B0%E4%BF%83%E9%80%B2%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

さて、ワタシはあまりラップ/ヒップホップミュージックに詳しくないので、このギャングスター・ラップというジャンルの曲も初めて聴きました。

刑務所ビジネスと音楽産業の結びつき・・・さすがにアメリカだな、という感じですが、日本でも音楽業界とヤ○ザの関係とか、まあありますよね。

『あの会合以来、この”ポリティカル・ラップ”は片隅に追いやられ、暴力やギャング・スターの抗争ばかりを歌った”ギャングスター・ラップ”が業界の主流を占めるようになりました』と、この話の中に出てきますが、こうした動きはラップ・ミュージック以前にも、ロックやパンク、レゲエなどでもあった話ですよね。

違う方向に関心の目を逸らすという・・・

2012-05-01(19:40) : ウソのお兄さん

----------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■古くはアル・カポネの時代から

ギャングスターと音楽の結びつきは、古くはアル・カポネの時代、シカゴ・ブルースの時代からありまして、アルコール、ヤク、音楽というのは強固な三角形を形成しておりました(笑)。禁酒法の網の目をかいくぐって・・・。

ところがそれをうまく逆手にとって、利用したんですよね、”体制”の人間は。悪知恵が発達しています。

一見反体制運動のように見えて、実はおっしゃるように一般大衆の目をそらし、煙に巻く役目をさせ、”サー”の称号を与えて喜ばすという。そのからくりに気付いたミュージシャンはあの世行きに。

政治家の運命となにやら重なりますね。

日本にも民間刑務所があったとは知りませんでした。何でもアメリカの真似をするんですね。いや、させられているのかな?

”新自由主義の暴走”ってものですかねえ。

極東愚民国家の「ネロ」

(by こげぱん)

今や次期首相の呼び声も高いB層愚民の人気者市長が、よりによって松下政経塾内閣 に、「電力の需給面から」大飯原発再稼働の必要性を強調していることが報じられている。

---
橋下市長「再稼働の必要性は需給面を強調すべき」(04/24 19:13)
http://news.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220424053.html

大飯原発の再稼働問題で、大阪市の橋下市長は藤村官房長官との会談で、電力の需要と供給の面から再稼働の必要性を強調すべきではないかと提案して いたことが明らかになりました。

 藤村官房長官:「橋下市長は、安全性は国民の求めるレベルに達してないが、この夏は需給の観点で(再稼働が)必要だと主張すべきではないかとい う話もありました」
 藤村長官はまた、「需要と供給の面についてよく理解しているという印象を受けた」と述べ、橋下市長が関西地域の電力不足の可能性を認識している という見方を示しました。(後略)
---

この人気者、先月はTwitterで電力会社が主張する「電力不足」の嘘を罵り、松下政経塾政権の原発政策を「電力会社の儲けのための原発政策」 と切って捨てていたというが、

---
http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2012/03/post-479.php

昨夏も今冬も、あれだけ電気が足りないと電力会社は喧伝しながら、結局安定供給です。今、関西は原子力発電は0状態ですが、安定供給状態です。 いったいどれくらい足りないのか真実はやぶの中です。そうすると電力会社の儲けのための原発政策かと疑ってしまいます。
---

その舌の根も乾かぬうちの再稼働提言など、国盗りと票のためなら何でもする人気者のすることと思えば何とも思わないが、それにしてもこの人気者に何かを期待しているB層こそ、いい面の皮といえる。

タキトゥス「年代記」 は、暴君で悪名高いローマ皇帝ネロの人物像を「まやかしのお追従で内面の憎しみを隠す」と書き記しているが、電力会社や国の原発政策を罵った後のおべんちゃらを「まやかしのお追従で国盗りの野心を隠す」人気者の特質と考えれば、矮小な「ネロ」の再来を見る思いがする。

しかしその「ネロ」や松下政経塾内閣を後押しするかのように、連中よりはるかに格上のOECD事務総長がわざわざ極東愚民国家を訪れ、松下政経塾内閣に原発再稼働と消費税率引き上げを「提言」しているという。

---
消費増税を支持=原発稼働維持を—OECD事務総長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120424-00000063-jij-pol

http://jp.wsj.com/Japan/Economy/node_432013

時事通信 4月24日(火)12時42分配信
 来日している経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は24日午前、都内で報道各社と懇談し、消費税率を10%へ引き上げる日本政府の方 針を「支持する」と明言した。事務総長は25日に野田佳彦首相に、OECDがまとめた提言「日本再生のための政策」を手渡す予定。(中略)

 一方、グリア事務総長は、日本で間もなく稼働原発がなくなることについて、「東京電力福島第1原発の事故は承知しているし、不安は理解できる」 としながら、二酸化炭素の排出抑制を進める上でも原発は重要なエネルギー源だとし、「日本は原発の稼働を維持するべきだ」と強調した。
--

Japan Should Quadruple Sales Tax To Help With Recovery, OECD says

http://www.huffingtonpost.com/2011/04/21/japan-sales-tax-recovery-oecd_n_851944.html

By JACOB ADELMAN 04/21/11 06:14 AM ET

TOKYO -- Japan should as much as quadruple its sales tax rate to deal
with a crushing deficit that's bound to grow as it spends on
reconstruction from last month's earthquake and tsunami, the OECD said
Thursday.
---

Huffington Postが報じているOECD事務総長の本音であろう「消費税率20%」発言を、(筆者が知る限り) 極東愚民国家のマスゴミが報じている形跡はなさそうだが、それにしても建前上「独立国家」のはずの極東愚民国家の政策が、海外からの使者の言うとおりに盲進しようとしているところを見れば、この国の主権など一体どこにあるのか、と考えてしまう。

その海外からの使者の「提言」通りの政策に盲進する「ネロ」や松下政経塾内閣を尻目に、原子力技術者アーニー・ガンダーセン氏は福島第一事故で放出されたセシウムは政府発表の10倍以上に達する可能性を指摘しているが、

---
10 times more cesium released from Fukushima than Japan gov’t claims
-Study (VIDEO)

http://enenews.com/10-times-cesium-released-fukushima-japan-govt-claims-study-video


---

このような不都合な真実に目をつぶっての再稼働など、さらなる震災の可能性が取り沙汰されている今日では、第二のフクシマを予告しているような気がしてならない。

「年代記」は知識人や反対派に徹底した弾圧を加え、今日で言うところの公共事業に国富を浪費して暴政を謳歌したネロが晩年側近にも見放され、「脚の早い馬どもの蹄の音が、予の耳にも響いてくるのか」とイーリアスの一節を呟いて無残な死を遂げた様子を後世に伝えている。

それはそのまま、天変地異が多発して脚の早い馬より恐ろしい福島からの放射性物質が飛来している現在、原発再稼働などの暴政に突き進む極東愚民国家の「ネロ」どもの末路を予告していないとは限らない。尤も、我々がネロの運命に巻き込まれることだけは勘弁願いたいが。

-----------------------------------------------------------------------------------
(コメント by Sunshine)
■ジョン・エドワーズのように

昨年は欧米メディアで「ギャングスターの息子が大阪市長に選任された」と話題になっていましたが、

----
http://www.bbc.co.uk/news/business-15786798
Gangster son takes on conservative Osaka mayor

Sex and gambling don't usually win votes in election campaigns.

But a self-proclaimed son of a gangster is proposing just that as a way to boost the economy in Osaka's mayoral election.

---
こげぱんさんの記事を読むと、この橋下氏は随分と「行き当たりばったり」の無節操な人のような印象を持ちました。この人については良く知りませんけれど、少しだけ彼に関するサイトを眺めて見たところ、やはり同様の印象を持ちました。

幼い時から様々な苦労をして、その場、その場で生きる道を切り開いてきた苦労人であることは尊敬すべき事です。しかしもし彼が若いうちから金銭至上主義で、そのためには手段を選ばない処世術を身に付けた人間であるなら、よほど自制していないと善悪の判断力を見失ない、あっと気がついた時にはとんだ方向に行ってしまう危険性はあるでしょう。

この橋下氏にはそんな匂いを若干感じますね。

オバマ大統領が最も好む映画だという「ゴッドファーザー」がふと脳裏に浮かんできました。その中に、アル・パチーノ扮する2代目ゴッドファーザーがオペラ歌手になりたいという息子に向かって、「父さんが頑張ってきたのはゆくゆくはお前を政治家にしたいからなんだ。大統領にだってなれる。音楽などやめて法律学校に行け」といって叱る場面がありますが、政治家とは体の好いマフィアだといやに分かったような気持ちにさせてくれた一説でした。

橋下氏の父親はここまでの“大物”だったではないにしろ、政治家とやくざ(マフィア)のつながりには強くて深いきずながありまして(笑)。大金が絡む話には全て裏があると考えてもよさそうです、大雑把に言って(笑)。

今アメリカをにぎわしているのがあの2008年大統領予備選で労働者階級出身、清廉、潔白、庶民の味方というイメージを振りまいていたジョン・エドワーズ候補の不倫にまつわる大富豪からの不正な献金疑惑裁判です。

不倫して子供を産ませた女性に、二人の大富豪からの不正献金の一部を支給して、彼女が公の場でこのことを暴露するのを防いでいたという話です。

-----
http://www.huffingtonpost.com/2012/04/24/john-edwards-trial-andrew-young_n_1448314.html

John Edwards Trial Continues With Andrew Young Retaking Witness Stand

----
(ビデオも見られる)
http://abcnews.go.com/US/john-edwards-sun-aide-liar/story?id=16210082

John Edwards Says 'Sun Is Out' After Ex-Aide Described as Liar

-----

いずれにしても手段を選ばない手法でのし上がった政治家は、常に薄氷の上を歩いているようなものでしょう。だからこそ、いつ精神のバランスを崩し、皇帝ネロのような発狂状態に陥るか分かったものではありません。一般庶民こそえらい迷惑。要注視でしょう。

>来日している経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は24日午前、都内で報道各社と懇談し、消費税率を10%へ引き上げる日本政府の方 針を「支持する」と明言した

内政干渉というもの。余計なお世話。





強烈な光があたりを襲い、巨大な”火の玉”がネバダ、カリフォルニア両州で目撃

(by Sunshine)

アメリカのメジャー・メディア各社は、4月22日午前8時頃、ネバダ州とカリフォルニア州境付近で強烈な光が上空を照らし、その後それが落下、地震のような地響きをもたらしたことをリポートした。目撃されたのは両州にまたがる600マイルもの広範囲に及び、ネバダ州ではリノ、エルコ、北ラスベガス、カリフォルニア州ではサンフランシスコ、サクラメント、ベーカースフィールドにまで及び、現在のところ、20名の目撃者が当局に報告しているとのこと。

リノ在住の目撃者の話によれば、「突然、窓ガラスが音を立て、家が揺れ始めたので地震かと思い地震情報を検索したが、そのような報告はなく、不思議に思っていた」といい、また、サンフランシスコ在住の目撃者は、「自分はこの30年間天体観察を続けてきているが、今回のように巨大な”物体”は初めて見た。色は全体が緑色で上部が赤と白色だった」と語っている。

またヨセミテ・パークにいた目撃者は、「太陽のように強烈な白色の光の中に緑色の物体があり、目を奪われた。今回のようなすごい天体ショーを見たのは初めてだ。それは爆発して、山の向こうに飛び散っていった」と話している。

当局はこの”隕石”の破片の行方を捜索すると言っている。
---------
http://www.youtube.com/watch?v=Ysn56qgvBU0
Possible Meteor Sonic Boom Wakes Nevada California Region




--------
http://www.news10.com/story/17653777/explosion-fireball-reported-in-nevada-california
Explosion, fireball reported in Nevada, California

Posted: Apr 23, 2012 7:04 AM Updated: Apr 23, 2012 7:04 AM

RENO, Nev. (AP) - A loud explosion heard across much of Nevada and California on Sunday morning rattled homes and prompted a flood of calls to law enforcement agencies on both sides of the Sierra Nevada, some reporting fireball sightings.

------
http://www.nytimes.com/aponline/2012/04/22/us/ap-us-fireball-explosion.html?_r=3&hp
Explosion, Fireball Reported in Nevada, California

------

今年2月にはサウス・カロライナ、アラバマ、ジョージアでも起きた。

Massive Fireball Meteorite explosion over South Carolina,Alabama & Georgia (2/14/2012)
http://www.youtube.com/watch?v=pevbhxm4AtA&feature=related

-------------------------------------------------------------------------------
4月23日(アメリカ東部時間)には、アメリカ北東部(ニューヨーク、ペンシルベニア、マサチューセッツ州など)を冬の嵐が襲い、16インチ(約40センチ)もの積雪があったところもある。つい1,2週間前は30°近くまで気温が上昇。真夏のような暑さだったのに、一気に真冬に逆戻りした。相次ぐ隕石の落下とこの異常気象は何か関連性があるのだろうか? 

------
(ビデオも見られる)
http://edition.cnn.com/2012/04/23/us/northeast-weather/index.html?hpt=hp_t2
Big snowstorm shakes up 'crazy' winter

(CNN) -- A large snowstorm came barreling through the Northeast on Monday, threatening to drop 16 inches in some areas and frustrate commuters.

By Monday morning, Newfield, New York, was reporting 10 inches of snow, while Ridgebury, Pennsylvania, had 8 inches. More accumulation was expected, especially in higher elevations.

-------
(ビデオは下記)

http://usnews.msnbc.msn.com/_news/2012/04/23/11350754-spring-noreaster-cuts-power-to-75000-around-foot-of-snow-in-places?lite

Spring nor'easter cuts power to 75,000; around foot of snow in places
------
余談:

また4月13日受け、RTによれば、シベリアのイルクーツクあたりでも同様の現象が目撃されてるとか。

----
http://rt.com/news/siberia-ufo-fall-meteorite-958/

UFO mystery: Latest sighting in Siberia

An unidentified glowing object is said to have crashed down from the skies in Russia’s Siberia, causing a powerful explosion. A search for the mysterious item is underway amid speculations of what on Earth it could be.

----

巨大彗星が地球に落下する映画としては、こういうものがあったが・・。スティーブン・スピルバーグ制作総指揮。

Deep Impact
http://www.imdb.com/title/tt0120647/


メキシコも揺れている。大地震の後、今度は“エル・ポポ火山”の噴火が活発化

(by Sunshine)

el popo
 
(まるで日本の富士山のようにきれいな“エル・ポポ火山”。それだけに何となく悪い事を連想させる)

4月18日付、クリスチャン・サイエンス・モニターは、メキシコ・シティー南東40マイル(約65km)に位置する標高5,450メートルのポポカテペテル火山(Popocatepetl Volcanoー通称エル・ポポ火山)の活動がこのところ急速に活発化しており、国立防災対策センターの話では、現在のところ警戒最高レベル7には至っていないレベル5だが、これが大噴火をすれば、少なくとも周辺の住民5万人への影響はもとより、人口1,900万人のメキシコ・シティー住民への影響もありうるだけに、当局は噴火活動の様子を注視し、住民への避難の呼びかけを迅速に行いたいと言っている。

この火山は2000年12月18日に過去1,200年中最大の噴火を起こし、何千人もの住民達が避難した。

メキシコでは1994年以来、他の地域の火山活動も活発化しているようで、日本の”映し鏡”のように思えてならない。

                          el popo


--------------
http://www.csmonitor.com/World/Latest-News-Wires/2012/0418/Popocatepetl-volcano-activity-raises-threat-level-in-Mexico

Popocatepetl volcano activity raises threat level in Mexico

Popocatepetl volcano rumbling has Mexican authorities concerned. The Popocatepetl volcano had a major eruption almost 12 years ago.
------

http://www.washingtonpost.com/world/mexicos-el-popo-volcano-rumbling/2012/04/18/gIQAJhD8QT_story.html
Mexico’s ‘El Popo’ volcano rumbling

MEXICO CITY — Liquid hot magma? Not a good thing, and even less so when the volcano rumbling with indigestion lies just a couple of dozen miles from one of the most populous cities on Earth.

--------------------------------------------------------------------------------------
(コメント by こげぱん)
■セント・ヘレンズ噴火の再来?

311大震災後のこの時期だからこそ地球の裏側・メキシコの火山噴火が日本でも報じられていますが、環太平洋火山帯の活動など今に始まったことではなく、過去にもたとえば1980年のアメリカ・セントへレンズ噴火や、1991年のフィリピン・ピナツボ噴火があり、この頃から活動期に入っていた、とも考えられます。

セントへレンズ噴火
http://vulcan.wr.usgs.gov/Volcanoes/MSH/May18/MSHThisWeek/images.html

(ビデオ)
http://video.google.com/videoplay?docid=3977416382972126736

ピナツボ噴火
http://vulcan.wr.usgs.gov/Volcanoes/Philippines/Pinatubo/description_pinatubo.html

その活動期に入ったと考えられる環太平洋火山帯を尻目に、アメリカではて石油やガスを採掘する際に地中の穴から水やガスを送り込んでいるようですが、それが地震を誘発する可能性があることが報じられています。

米内陸部での地震増加、「ほぼ確実に人為的」=USGS
http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE83I01720120419

日本でも地震の巣たる海溝のみならず、よりによって福島の断層でも穴を掘っているようですが、このところ火山性微動が増えてきたあの山とあわせ、良からぬことが起こらなければいいが、と思ってしまいます。

2012-04-22(02:01) : こげぱん

--------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■アメリカの地震は人為的

>福島の断層でも穴を掘っているようですが

えっ!? そんなことをやっているのですか? 福島の断層って、どこですか? 驚きです。

アメリカは確かに今、石油や天然ガスの採掘ブームですから、火山などないアーカンソー、オクラホマ、ニューメキシコ、テキサス、コロラド州などで小さいけれど地震が多発しているのは、フラッキング(fracking)(日本語で水圧粉砕とでも呼べばいいか? この際、化学物質を使用する)によって地中に穴をあける際に地震が起きるのではないかといわれていましたが、原因はそれではなく大量の化学物質を含んだ汚染水が地下に浸透して地震を引き起こすのではないかといった意見やそんなことはあり得ないといった意見などあり、USGSの科学者達も原因究明のためのリサーチを懸命に行っているようです。ここでも御用学者はいるから一概に鵜呑みはできないけれど(笑)。

しかし、人為的な事が原因であることは確かでしょう。

----
http://www.guardian.co.uk/environment/2012/apr/18/us-earthquakes-fracking-gas
US oil boom fuels earthquake rise – but fracking not to blame, scientists say

----
このfrackingという“業界用語”が昨年より随分とポピュラーになってきました。

こうしてみると、今年1月に本ブログで書いたアーカンソー州のブラックバード大量死の原因は、この種の化学物質を含んだ水を飲んだからではないかとも思えてきました。

今年も降ってきた。アーカンソー州のあの町に大量のブラックバードの死骸が。
http://sunshine201211.blog.fc2.com/blog-date-20120102.html
----
まあ、しかしUSGSのHPをみれば、世界中で毎日これだけの地震が起きているのですからね。我々は実に危ないお椀の上で生きているようなものです。こんな環境で原発ですからね。もってのほかです。

http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsww/

外国に 貢いでみれば 煙(けぶり)消ゆ 民のかまどは 朽ち果てにけり

(by こげぱん)

東電の毒饅頭をたらふく平らげた阿波のポンコツが、原発のない日本を「集団自殺」にたとえている。

---
原発のない日本は「集団自殺」するようなもの=仙谷氏
http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/10586/?mod=KW_Relevant

原子力発電所のない日本はどのようなものか?民主党の仙谷由人政調会長代行は16日名古屋市内の講演で、これを「集団自殺」にたとえた。(中略)

仙谷氏の発言は同党の方針を繰り返したものだが、言い回しが強烈だった。「電力なしに生活できないことは、昨年の東京電力の計画停電騒ぎで極めて 明らか だ。原発を一切動かさないということであれば、ある意味、日本が集団自殺をするようなものになる」と述べた。(後略)
---

毒饅頭の毒にやられてしまうとマトモな計算一つ出来なくなるのかもしれないが、原発再稼働ありきのポンコツやそのパトロンにとっては残念なことに、原発など再稼働しなくても電力不足、ましてや「集団自殺」など起こらないことを、民間出身の内閣審議官が試算している(日刊ゲンダイ)。

---
大飯原発再稼動でドジョウ政権ご臨終
http://gendai.net/articles/view/syakai/136168

「政府が再稼働の理由にしている電力不足の予測もデタラメです。経済産業省出身の日下部聡・内閣審議官が去年の夏に作った数字をベースにしている が、これは恣意的なデータです。電力需要を近年最大値にしているし、供給量から自家発電や再生可能エネルギーを外している。同じ頃、民間出身の梶山恵司・内閣審議官(当時)も電力需給の予測を計算していますが、こちらは再生可能エネル ギーを加味して、逆に2%の余力があると結論付けたし かし、こんな数字が出てきたら原発再稼働ができないので、お蔵入りにしたのです。政府は電力需要のピーク時を基に足りない足りないと言うが、そん なものは知恵と工夫でどうにでもなる」(ジャーナリスト・横田一氏)(後略)

---

脱原発してもエネルギー不足なき日本なんて、放射能汚染が全国に広がる今日では桃源郷のように思えてならないが、それを「集団自殺」にたとえてい るのは 松下政経塾内閣の正体を見る思いがして恐ろしい。

しかしこの連中が消費税増税を強行し、その金を震災復興にではなく、よりによってIMFに貢ごうとしているのはさらに恐ろしい。

---
Statement by IMF Managing Director Christine Lagarde on Japan’s $60
Billion Pledge
http://www.imf.org/external/np/sec/pr/2012/pr12137.htm

http://www.imf.org/external/japanese/np/sec/pr/2012/pr12137j.pdf

Press Release No. 12/137
April 16, 2012
---

IMF公式ステートメントにてラガルド専務理事は日本政府の浪費を「経済危機と戦う財政基盤作りの第一歩」と賞賛し、「日本は困った者を助ける伝統がある」とおだてあ げ、「日本のリーダーシップと国際機関へのコミットメントに感謝」しているが、そんなことに金貢ぐ前に、「放射能汚染と戦い、代替エネルギーを実用化するための財政基盤作り」を行い、「放射能汚染に苦しむ民を助け」、「脱原発のリーダーシップと原発事故へのコミットメント」を望むのは筆者 だけだろうか(いや、松下政経塾内閣などにそんなもの望むべくもないのかw)。

かつて聖帝と称された仁徳天皇は、民のかまどより煙がたちのぼらないのを見て深く悲しみ、民を思いやり租税を免除し、再び民のかまどより煙がたち のぼったのを見て我が事のように喜んだとされるが、

---
聖帝・仁徳天皇  民のかまどは賑いにけり
http://www.rekishikaido.gr.jp/time-trip/kaido/kdsakai.htm
 
仁徳天皇の四年、天皇が難波高津宮から遠くをご覧になられて、「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」と仰せられ「向こう三年、税を免ず」と詔(みことのり)されました。それからというものは、天皇は衣を新調されず、宮垣が崩れ、茅葦屋根が破れても修理も遊ばされず、星の光が破れた隙間から見えるという有様にも堪え忍び給いました。
 
三年がたって、天皇が高台に出られて、炊煙が盛んに立つのをご覧になり、かたわらの皇后に申されました。
「朕はすでに富んだ。嬉ばしいことだ」
「変なことを仰言いますね。宮垣が崩れ、屋根が破れているのに、どうして富んだ、といえるのですか」
「よく聞けよ。政事は民を本としなければならない。その民が富んでいるのだから、朕も富んだことになるのだ」
天皇は、ニッコリされて、こう申されました(後略。聖帝の遺徳が偲ばれるので、ぜひ全文読んでみてください)。
---

新自由主義や毒饅頭に毒された松下政経塾内閣には、聖帝の御心の欠片も残っていないに違いない。


高き屋に のぼりて見れば 煙(けぶり)立つ 民のかまどは にぎはひにけり
(仁徳天皇御製)

外国に 貢いでみれば 煙(けぶり)消ゆ 民のかまどは 朽ち果てにけり
(松下政経塾内閣狂歌w)

-----------------------------------------------------------------------------------
(コメント by Sunshine)
■アルゼンチンの爪の垢でも飲んだらどうか

へえ、放射能汚染と大震災の傷跡処理で台所は火の車、国民は更なる税金の値上げと放射能汚染でお先真っ暗の生活を強いられていると聞いていますが、そこへきてこの上納金ですか。

600億ドル(約4兆8千億円)もの血税を羊の皮を被った狼は情け容赦なくかっぱらうのですね。I*Fの蛮行、悪行については最早私が語るまでもないことですが、国際金融資本のフロントであるこの”マフィア組織”への拠出額は、アメリカに次いで日本が世界第二位。

アメリカは、連邦準備銀行がただ紙に印刷すればいくらでも紙幣が刷り上がり、それをI*Fにぽんと供給すればいいわけだから世界一の拠出国であるのは当然ですが、日本はそういうわけにはいかない。史上最悪の何重ものパンチを食らった状況の中で、なおも世界第二位の拠出をしている、いやさせられているということは、これはもうおっしゃるように”裏”があってのこと。国民の血税を自分達の勝手でポンポン使われ、何だと、国民皆が怒るべきことです。

I*Fという高利貸の手に陥った国々の悲劇はマレーシア、中南米諸国、韓国等の例を見るまでもないことですが、1999年から2002年にわたってこのマフィアに苦しめられたアルゼンチンは、その後見事に国力を回復し、何と昨日の報道によれば、フェルナンデス大統領は同国最大の石油会社であり旧宗主国・スペインの外資系会社を国有化にするとの発表を行い、物議を醸しています。

-----

http://www.huffingtonpost.com/2012/04/17/cristina-fernandez-nationalize-oil_n_1430862.html

Argentine President Cristina Fernandez Pushes To Nationalize Oil Company YPF

BUENOS AIRES, Argentina -- In a bold move to gain control of Argentina's energy reserves, President Cristina Fernandez pushed forward a bill to renationalize the country's largest oil company on Monday despite fierce criticism from abroad and the risk of a major rift with Spain.

----
日本のリーダー達にもこれくらいのしたたかさとガッツを持ってもらいたいものですが、悲しいかな、それは望む方が無理でしょう。

仁徳天皇という方はそういう方だったとは、恥ずかしながら今回初めて知りましたが、あの時代と現代とでは時代が違うとはいえ、大和の国がここまで落ちぶれてしまい、仁徳天皇もあの広大なお墓の中でさぞかし悲しんでおられることでしょう。

惨刑抄 4月14日

(by こげぱん)

よく頑張った東電、と快哉(かいさい)を叫ぶ気持ちにはなれなかった。冷却機能が停止していた東電福島第一原発・4号機の燃料プールは金曜午後、 冷却機能が回復したと報じられたが、記者会見で胸を張って説明していた技術者たちは これからどうなるのだろう。

 ▼東電は先日、阿波の古狸を事前に銀座の高級クラブで接待するサービスぶりをみせた。フリーのジャーナリストは煙たい存在のようで、お呼びがかからなかったが、マスゴミ各社や御用学者には手を回し、広告宣伝費や毒饅頭をばらまいて従順にさせた。

 ▼4号機燃料プール火災による東日本壊滅はひとまず避けられたが、同情の余地もないのが、東電 お付きのマスゴミ記者たちである。東電の大本営発表を垂れ流すよう本社から矢の催促を受けても東電の担当者が本当のことを話すわけがなく、間の抜 けたリポートをするしかなかった。

 ▼もっと間抜けだったのが、日本政府だ。フクシマで世界中に放射性物質を撒き散らし、東日本壊滅の危機を辛くも逃れた直後に首相官邸 は「大飯再稼働」とやってしまった。国内外の識者が福島第一の危機的状況を指摘していたにもかかわらず。

 ▼緊急情報を自治体などへ瞬時に流せると鳴り物入りで導入した「SPEEDI」も使われずじまい。前官房長官は事故直後にアメリカ政府や米軍に は情報提供したくせして、発表まで1ヶ月もかかるとは情けないにもほどがある。

 ▼仮に放射性物質が東京に飛んできても官房長官なら「確認中」と言いかねない。危機管理の基本は、国民に危険情報をいちはやく伝達し、的確な措 置をとることにある。それができぬのなら、一刻も早く政権の座をおりてもらいたい。電力会社と癒着した苦労知らずの松下政経塾内閣 は、何をしでかすかわからないのだから。


#あ、この駄文は某マスゴミ社説とは関係ございませんw

-----------------------------------------------------------------------------------
(コメント by Sunshine)
■ペテン師達の狂宴

なるほどね、こげぱんさんのこの記事を読めば、日本を支配するペテン師達の裏の裏まで良くわかる(少しは知ってはいましたけれど…笑)

「冷却機能が回復した」と胸を張って説明していたとは、これまた笑わせてくれる。東電の技術者達もブラック・ジョークがうまくなったものですね(笑)。曲がりなりにも理系の人間なら、あのがれきに埋もれ、傾き、今にも崩れ落ちそうな4号機の全体像から見て、たとえ「冷却機能が回復」したとしても、そんなものいつまた壊れるか分からないパッチワーク仕事であり、胸を張って言える代物ではないことぐらい分かっていないのかな?

3月9日付、本ブログでこげぱんさんが書いているドイツのTV局のレポートを参考にすると良いよ、東電の皆さん。

http://sunshine201211.blog.fc2.com/blog-date-20120309.html

他にも、こんなものがあった。

小出裕章:4号機燃料プールが崩壊すれば日本は"おしまい"です
http://www.youtube.com/watch?v=CezLuBZqd8U&feature=player_embedded

福島原発4号機、プールのひび割れだけでも人類最悪の事態に
http://www.wa-dan.com/article/2012/03/4.php

ところが性懲りもなくこの期に及んで原発再稼働とは、バカじゃないの。それにまた墨田区のような場所に東京スカイツリーというバカ高いタワーを建てたと聞いて、さらに呆れました。東京への大地震が取りざたされているおりもおり、放射能ホットスポットの墨田区にあんなもの建ててどうする。勿論、あんな東日本大震災などなかった時期に計画され、建った代物とは分かっていますが、あれは「鬼門」にあるんですか? さらに悪いことが起きなければいいがと願っています。いや、建造中に東日本大震災が起きて、福島原発事故が起きたんですね。「鬼門」の話があたっていないこともないですね。

最後のホモの話。深いねえ。そういえば、チェイ二―、ブッシュの話を思い出した。

元ニジェール大使、ジョー・ウィルソンと彼の妻でCIA諜報部員・ヴァレリー・プレイムが「イラクに大量破壊兵器はない」と言っていたのに、それを捻じ曲げごり押しして開戦した実話を元に作られたこの映画、二人が出てきますよ。

Fair Game
http://www.imdb.com/title/tt0977855/

「人類を守る」覚悟みせよう

(by こげぱん)

打上げ間近とされる北朝鮮の「人工衛星」を迎撃するつもりなのか、惨刑新聞がやけに勇ましい社説を主張している。

---
北ミサイル迎撃 「国を守る」覚悟みせよう
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120408/plc12040803110002-n1.htm

2012.4.8 03:10 [主張]

 「人工衛星」と称する北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射に備えた迎撃用地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が沖縄本島や宮古島、石垣島などに運 ばれ、自衛隊部隊の配置も整いつつある。

 国家として国民の生命・財産を守るのは最大の責務であり、野田佳彦政権が引き続き万全の迎撃準備を進めるのは当たり前だ。(中略)

 直視すべきは、ミサイルの部品などの落下で国民の安全が脅かされる可能性が現実に生じているということだ。迎撃措置により、不測の事態を何とし ても避けなければならない。(あまりにアホらしく、引用する価値もないので後略w)
---

よく言った、惨刑新聞。
これまでマトモな迎撃実績が皆無と言っていいPAC3やパトリオットミサイルで北朝鮮のミサイルを迎撃できると本気で考えているのも恐ろしいが、 原子力発電所や未来戦争という、北朝鮮のミサイル以上の脅威に目をつぶるのはさらに恐ろしい。

---
昔から「将軍たちは過去の戦闘を参考にして、将来の戦争を準備する」というが … 技術的発達の著しい未来戦争の決め手は在来の兵器(注:核ミサ イル含む)ではなく、情報革命の成果を取り込む未来技術として、ウイルスを使う情報兵器の可能性が大きい。

だから中国や北朝鮮の核保有を恐れる前に、日本海に沿って並んだ原子力発電所自体が核兵器以上の破壊力を秘めていることに気づき、愚かなエネル ギー政策を遂行する路線を改め、国策の優先順位を作り直すことも肝要だ。ミサイルを使わなくても地震の破壊力によって、原子力発電所は原爆数十発分の威力で日本と国民に悲惨な被害を与えるのである…(藤原肇「さらば暴政」P111-112)
---

北朝鮮の核ミサイルは日本にとって脅威かもしれないが、フクシマの惨劇で原発が原爆数十発分の威力で日本と国民に悲惨な被害を与えることが明白になった今日尚、大飯原発再稼働に盲進する政府・財界こそ、案外北朝鮮以上の脅威かもしれない。

---
関電大飯3・4号機の安全性確認、再稼働は動向みて判断=4大臣
http://www.asahi.com/business/news/reuters/RTR201204090111.html
 
 [東京 9日 ロイター] 野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚は9日午後、原子力発電所の再稼働問題で4回目の協議を行い、関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の安全性を事実上、確認した。

 枝野経産相が4大臣会合後に記者会見し、「大飯3、4号機についてはわれわれが設定した判断基準に照らしておおむね適合していると判断した」と述べた。(後略)
--

日商会頭「大飯再稼働にゴーサインを」
http://news.livedoor.com/article/detail/6442058/

産経新聞
2012年04月06日08時10分

 日本商工会議所の岡村正会頭は5日の会見で関西電力大飯原発3、4号機の再稼働問題について、「今年の夏が一昨年のような猛暑ならほとんどの電 力会社が供給不足になる。政府はぜひ再稼働にゴーサインを出してほしい」と述べた(後略)
---

原発再稼働に盲進する政府・財界、原子力村にはどうでもいいことかもしれないが、福島第一・4号機の燃料プールが日本のみならず、人類の運命に影 響を及ぼしかねない不都合な真実を、国外の識者が明らかにしている。

---
『福島第一原発 ──真相と展望』
http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0628-b/

何が起きたのか? どうなるのか?
米専門家が見抜いた、今なお危険なリスクとは?

 福島原発事故の直後にCNNでレベル7を指摘したガンダーセンは、スリーマイル島原発事故も含め、原発トラブルについての豊富な知識と経験を持 つ。福島をめぐっても、情報が錯綜する中で的確な分析と警告を公表し、注目されてきた。三号機や四号機の潜在リスクも指摘している。
 隠された事故の真因とは何か? 今後起こり得る危機には何があるのか? どのような対処が可能なのか? 漏洩した膨大な放射性物質の健康への影 響は?
 福島第一原発の深刻な現状を明らかにし、米専門家が未来への糸口を探る。
--

The Fuel Pools of Fukushima: THE GREATEST SHORT-TERM THREAT TO HUMANITY
http://globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=30207

by Washington's Blog
Global Research, April 9, 2012

Global Research Editor's Note

This detailed report by our Contributor Washington Blog must be read very carefully.

The World is at a critical crossroads. The Fukushima disaster in Japan has brought to
the forefront the dangers of Worldwide nuclear radiation. The crisis in Japan has been
described as "a nuclear war without a war".

Nuclear radiation --which threatens life on planet earth-- is not front page news in
comparison to the most insignificant issues of public concern, including the local
level crime scene or the tabloid gossip reports on Hollywood celebrities.

The implications of this report must be understood. Public opinion worldwide must be
informed so that meaningful actions can be taken without delay in support of the
Japanese teams.

Spread the word. Forward this report far and wide. Post it on Facebook.

It is essential to put pressure at all levels of government, nationally and
internationally to take all actions necessary to avert an impending catastrophe, which
in a very real sense threatens the future of humanity.

Michel Chossudovsky, April 9, 2012
---

Globalresearch主筆・チョドフスキー教授が指摘しているように、日本はすでに「核兵器なき核戦争」を戦っているが、そんな最中に対 外的にことを構えるような余力がこの国にあるのか、あるいはPAC3のような欠陥兵器に頼って「国を守る」覚悟を示す前に、フクシマの惨劇から 「人類を守る」覚悟を示す方が先なのか、冷静に考えた方がいいのかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------
(コメント by Sunshine)
■前近代的な大立ち回りの大歌舞伎

仰々しいタイトルに、思わず「こげぱんさんもとうとう気がふれたか」と思ってしまいましたが(笑)、違っていて良かった、良かった(笑)。こんなタイトルをつける新聞社のセンスを疑いますね、全く。第二次大戦時じゃないっていうの。

さて、またも性懲りもなく大立ち回りの“新春大歌舞伎”が上演されているようですが、おっしゃる通り「情報戦争」「ウイルス戦争」が当たり前の現代社会において、前近代的な、欠陥商品をぞろぞろお蔵から引っ張り出して、買ったからには(買わされたからには)一度くらい使わなきゃ、国民の税金だし、お仕事やっていないように思われても困るなあ、とばかりにやっているんじゃないですか。勿論”強固な日米同盟”によるシナリオによって(笑)

アメリカと北朝鮮が申し合わせてこの茶番劇を上演しているのかどうかは知りませんが、どこが一番得をするか。それはアメリカであることはネコでもわかる論理。

これでじくじくといい加減長引いている沖縄基地問題は一気に解消、ペンタゴンから責められず、実績を作って見事大統領選では再選という皮算用かな?

崩れかかった、今にも倒れそうな福島第一原発を抱えて、Pac3もへったくれもないでしょう。それどころじゃありませんよ。これ一つ見ても、いかに日本政府首脳人達が正気を失っているか分かるというもの。それとも、自分達がこの世から姿を消すのはどうせあとうん十年ぐらいだから、このまま放っておけ、どうせ日本人は健忘症なんだからという無責任極まりない腹黒さからでしょうかねえ。

最早日本はこれまで、とここでも思いますよ。

-------------------------------------------------------------------------------
(コメント by ウソのお兄さん)
■放射性物質汚染から 「国を守る」覚悟をみせてくれよ・・・・・

全く、お二人さんのおっしゃるとおりで。

ガルフ・ウォーで、その高性能ぶり(笑)を遺憾なく発揮したパトリオットですが、その後改良されているのでしょうかね。

3K新聞のコラム、読みましたが、「ミサイル」を「福島原発」に、「Jアラート」を「SPEEDI」にそれぞれ置き換えて読んでみるとなかなか味わい深い文章になる(苦笑)。

2012-04-12(23:26) : ウソのお兄さん

-------------------------------------------------------------------------------
(コメント by Sunshine)
■「人工衛星」の打ち上げ、失敗。やっぱりね(笑)

4月12日付、ABCによると、北朝鮮は4月13日午前7時39分(現地時間)に「人工衛星」と称するミサイルを打ち上げたが失敗したと報道しました。やっぱりね。こういうこと(笑)。それにしてもだんだんチープなシナリオになってきたね。シナリオ・ライターも疲れてきたのかな(笑)。

どうみても「ルーカス・フィルム」のスタジオの方が数段立派(笑)。こんな茶番劇を延々と報道するメディアもメディアだ。一般市民は相当バカだと思われているね。

                  rocket

http://news.yahoo.com/blogs/upshot/north-korea-launches-long-range-missile-232147093.html
North Korean launches long-range missile; launch fails

UPDATE: [7:45pm ET]: This story will be updated as events unfold

A U.S. official has confirmed that a North Korean long-range missile broke apart midair after launch, ABC News reports. U.S. officials say they believe the missile fell apart within the Earth's atmosphere before crashing into the sea.

---------------------------------------------------------------------------------
(コメント by ウソのお兄さん )
■フクシマ・アトミック・パワー・プラント

ワタシが子供の頃、押しも押されもしないスーパースターだった、ジュリーこと沢田研二の唄をご紹介。

2012・3・11発売のMaxi Single『3月8日の雲』 収録。
「F.A.P.P」 作詞:沢田研二 作・編曲:柴山和彦

YouTubeはこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=SLvGSkYQGso&feature=youtube_gdata_player

コメント欄に歌詞が載っていたけど、若干修正しました。

太陽と放射線 冷たいね
子供はみんな 校舎の中育つ

死の街は死なない かけがえのない大事なふるさと
我が家へ帰れない 希望はあるけど
こんなにしたのは誰だ

BYE BYE A.P.P.
BYE BYE 原発
苦しみは いつも複雑すぎるよ
当然

BYE BYE A.P.P.
BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 終息していない福島

地球が怒る 何度でも
大人はいつも 子らを想い悩む

死の街が愛しい あらゆる不安に苛まれても
偽善や裏切り もう これ以上許すの
何を護るのだ国は

BYE BYE A.P.P.
BYE BYE 原発
哀しみは ひとりひとりで違うよ
当然

BYE BYE A.P.P.
BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND へこたれないで福島

NO 長崎 MORE 広島
人は何故 繰り返すのか 過ち
当然

BYE BYE A.P.P.
BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 世界が見てる福島

世界が見てる福島

2012-04-14(22:11) : ウソのお兄さん

--------------------------------------------------------------------------------
(コメント by Sunshine)
■なかなかのものです。

この人がスーパー―・スターだった頃の事ははあまり知りませんが、リンクしたYou Tubeで結成何十年かのコンサートの物を少し見ました。何十年か前にスーパースターだったという割には声が良く出ているなと感心しました。ちゃんとしたボイス・トレーニングを受けているのでしょうね。ドミンゴやパバロッティというわけにはいかないけど(笑)、ポップ・シンガーとして、上手だと思いますよ。いくら歌ってもこれなら声が枯れないでしょう。

おっと、テクニカルな事ばかり書いた(笑)。歌詞が”字余り”(?)だし、いまいち曲が余り印象に残らないので、皆がすぐに口ずさむというわけにはいかないでしょうけど、いいんじゃないでしょうか。メッセージは伝わります、よく。下手な、楽器だけ恰好つけて抱えているアマチュア・バンドのような連中より、よっぽどプロ。

バック・バンドのギターばかり聞いていた(笑)。この手のジャンルのギター・プレイヤーとしては上手でしょう?

-----------------------------------------------------------------------------------
(コメント by ウソのお兄さん)
■いいと思いますよ

どうも。楽器だけ恰好つけて抱えているアマチュア“エア”ギタリストです(笑)(笑)(笑)。

日本の一般的なリスナーにとっては、このくらいあっさりめの曲調のほうが受け入れ易いんじゃないかな。
メッセージもきちんと伝わっていると思いますよ。

自分ならもうちょっとブルージーにアレンジするかな?

ザ・タイガースは物心ついた頃には既に解散していて、ジュリーはソロ活動していたので、自分も演奏は初めて見ましたが、STONESのカヴァーもなかなかいいグルーブを出しているじゃないですか。実は、モンキーズみたいだったのかな? なんて思っていたもので。

今のジュリーのバック・バンドのギタリストは、ちょうど1年前の記事のコメント欄で紹介した、「THE ROOSTERZ」というバンドのリード・ギターだった下山淳という人がやっていて、今回の武道館ライヴでもちらっと映っていましたね。
http://sunshine201211.blog.fc2.com/blog-date-201104.html

2012-04-16(19:56) : ウソのお兄さん

---------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■そう、ブルース調の方があっています

>自分ならもうちょっとブルージーにアレンジするかな?

同感です。こういった内容の歌詞だからこそブルース調がいいのにね。なんででしょう? 私の場合は1回聞いて印象の強い曲は、その後大体ヒットする傾向があるのですが(笑)、これはなんだか印象が薄いです。みんなに親しまれようと、ポップ調にしたのかもしれませんが、なんだか水や空気のようにさらっとしていて何回聞いても耳に残りません。歌詞が歌詞だから、それを目立たせないように、曲は無色透明、さらりと流すという風にしたのかな? それともブルース調はもう古い、とでも思っているのかな? だからアニメソングのようにしたのかな?

アラスカではアザラシや北極ぐまに奇妙な病気が流行

(by Sunshine)

  seal2

昨年10月、アラスカで多数のアザラシの体毛が抜けて、死亡するという奇妙な現象が生じている事を報じるニュースがあったが、4月7日付、オーストラリアABCが今度は北極ぐまに同様の異変が生じていると報じており、奇妙な現象に専門家も首をかしげているらしい。

アラスカ科学センターの専門家によれば、現在のところ北極ぐまの死亡数はゼロだが、33頭中9頭にこのような現象が出ており、非常に憂慮される事態だと言っている。

このような現象が見られるようになったのは、昨年夏頃のことで、国立海洋環境省(NOAA)によれば、アザラシ60頭が死亡し、75頭が病気になった。このような状態になるのは、概して子供のアザラシが多く、呼吸困難になったり、体の傷から出血したりするケースが多いとのことだ。

一部では、福島第一原発からの放射能汚染によるものではないかとの意見もあるようだが、専門家は因果関係について、そのようなことは考えにくいと言っている。そして、原因については不明としている。

ロシアとカナダの国境沿いの北極圏でもこのような現象が見られているらしい。

アラスカは飛行機で飛ぶと分かるが、日本からは意外と近い距離にある。福島からの放射能はアラスカやカリフォルニアには飛来したとの報道はすでにあるし、先日は東日本大震災の津波で流された東北の漁船がカナダ沖に漂着し、その後、アラスカ沖に漂流しているところをアメリカの沿岸警備隊が銃を撃ち込んで沈没させたというニュースもあった。

また、放射能の影響は人間でも子供の方が受けやすいといわれている。放射能との因果関係は全くないとも言えないのではないかと想像をたくましくしているところだ

---
http://newsfeed.time.com/2011/10/15/unknown-disease-killing-ringed-seals-in-alaska/

Unknown Disease Killing Ringed Seals in Alaska
Scores of ringed seals along the coast of Alaska have fallen victim to a mysterious disease that has been afflicting the area since July.
---
http://theweek.com/article/index/220398/the-mysterious-disease-killing-alaskan-sealsnbsp

The 'mysterious' disease killing Alaskan seals

An unknown virus is causing hordes of ringed seals to develop bleeding lesions and beach themselves on Arctic coasts. What's behind this deadly outbreak?
posted on October 17, 2011, at 11:43 AM

---
http://www.abc.net.au/news/2012-04-07/polar-bears-succumb-to-mystery-disease/3937640

Polar bears succumb to mystery disease
Posted April 07, 2012 15:15:46

Symptoms of a mysterious disease that has killed scores of seals off the US state of Alaska and infected walruses are now showing up in polar bears.

Nine polar bears from the Beaufort Sea region near Barrow were found with patchy hair loss and oozing sores on their skin, similar to conditions found in diseased seals and walruses, the US Geological Survey (USGS) said on Friday.

------

余談:

本記事とはあまり関係ないが、気になるニュ-スを見つけたので、アップしておきたい。

あれ? 日・米主導による多国間国際協力プロジェクト、”世界最大”の地球深部探査船「ちきゅう」が同じような事をやっているんではなかったっけ? (笑)

脱原発を宣言しているドイツとの共同作業は信用できそうだけどね。
------

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120408-00000009-mai-soci

<日本海溝>巨大4地震の痕跡 日独チームが1万年分調査

4月8日(日)10時28分配信

 東日本大震災の震源域で海底調査をしていた日独の共同研究チームが、日本海溝の海底から過去1万年分とみられる堆積(たいせき)物を採取し、4回の巨大地震の痕跡と考えられる層を発見した。独側責任者のブレーメン大のジェラルド・ウェファー教授らが7日、毎日新聞の取材に明らかにした。日本を襲った複数の巨大地震の痕跡が海底で確認されたのは初めてという。

 研究チームは東日本大震災の発生メカニズムを解明するため、ドイツ側の呼びかけを受け、ドイツの海洋調査船「ゾンネ号」で調査をした。

 ウェファー教授によると、太平洋プレートが北米プレートの下に潜り込む日本海溝沿いで、地震による海底の地形変化などを調べるため堆積物を採取した。水深約7700メートルの海底15カ所で長さ10メートルの円柱状の機器を打ち込み、過去約1万年とみられる深さ10メートル分を引き上げた。

 このうち宮城県牡鹿半島沖の南北65キロの間で採取した3本で、巨大地震で積もったと考えられるタービダイト(乱泥流堆積物)を4層確認。最上部が東日本大震災のものとみられ、2番目の層は火山灰層のすぐ上にあった。ウェファー教授とともに取材に答えたチューリヒ大学のミヒャエル・ストラッサー教授は「2番目のタービダイトは1000年ほど前の堆積で、文献などから(東北沿岸に大津波を起こした)貞観(じょうがん)地震(869年)のものとの仮説が立てられる」と語る。【福井聡】

------

3月25日付の本ブログで”世界最大”の地球深部探査船「ちきゅう」について少し触れているので、御参照。

http://sunshine201211.blog.fc2.com/blog-date-20120325.html


「この船は 「日・米が主導国となり、平成15年(2003年)10月から始動した多国間国際協力プロジェクト。現在、欧州、中国、韓国、豪州、インド、ニュージーランド の24ヶ国が参加。日本が建造・運航する地球深部探査船「ちきゅう」と、米国が運航する掘削船ジョイデス・レゾリューション号を主力掘削船とし、欧州が提供する特定任務掘削船を加えた複数の掘削船を用いて深海底を掘削することにより、地球環境変動、地球内部構造、地殻内生命圏等の解明を目的とした研究を行う(後略)」

------------------------------------------------------------------------------------

(コメント by ウソのお兄さん)
■関係ないとは言い切れないのでは・・・

人間の生活排水は、下水道を通して(又は、直接)川に流れ、川の水は海に注ぎ、海流によって拡散される。

農薬や化学肥料、また、人間が摂取した薬や化学物質も排泄物を通じて海を汚す。工場の排水(廃水)も同様に。

こうした汚染も原因のひとつではあろう。
ただ、「昨年夏頃」という時期や、「海のチェルノブイリ」と表現されもした福島第一原子力発電所の事故のことを考えると、「そのようなことは考えにくい」というのはちょっと違うのではないか。

不幸にも広島の原爆被害に遭われた人は、髪の毛がごっそり抜け落ちた、という話しがあるし(癌に対する放射線治療によっても起こるのもご存知だろう)、アザラシの体毛が抜けたのも放射線の影響と私には思える。

もっとも、放射線による地球環境の汚染は昨年が初めてでは勿論無いし、どこかの国が放射性廃棄物をこっそりと海に投棄した・・・という話も昨日今日聞いた話ではないから、福島由来では無いかもしれないが。

放射線を含む様々な汚染物質が蓄積し、体内で処理しきれなくなった結果、表れたのが今回の病気なのではないだろうか。


地球人の「科学」とやらが成し遂げた(と、「公式」には言われている)月への有人飛行だが、単に行って帰ってきただけで、そこに住めるわけではない。
(これについても、様々な話しがあるが、今回はテーマが違うので・・・・笑)

地球人は、地球に棲むしかないのだ。と、すれば、アザラシや北極グマは近い将来の我々人間の姿を、彼らの身を持って警告してくれているのだ、と考えるべきだろう。

先日、テキサス州が巨大な竜巻に襲われ、14トンもある巨大なトレーラーが木の葉の如く宙を舞っている画像を見た。日本でも台風並みの強風が吹き荒れた。

また、先日の本ブログ記事のような大穴も開き、巨大地震もかつてないほどの頻度で全地球的に発生している。

最早手遅れ、との思いが私にはあるが、火山の噴火や地震を止める術(すべ)など人間にはありはしないのだ。(地震を起こす技術はある・・・?のかどうかは知らないが)

地球人の誇る(?)「科学」など所詮その程度しかない、破壊はできるが創造など出来はしない、愚かな生き物なのだ。我々は地球環境によって「生かされている」という謙虚な気持ちに立ち返らなければ、遅かれ早かれ、アザラシのようになるのは避けられないのではないかな?

2012-04-09(21:50) : ウソのお兄さん

--------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■ロシアの放射性廃棄物処理場のせいか?

どうもです。

>アザラシの体毛が抜けたのも放射線の影響と私には思える。

同感です。それにしても福島から北極海への潮の流れというものを考えた場合、今ひとつしっくりいかないな、などと考えていたら、ふと古いハリソン・フォードとり―アム・二―ソン出演の映画「K-19」という北極近くの北海で実際に起きたロシアの原子力潜水艦事故を描いた映画が”閃めいて”(笑)、こういうことを書くと怖いけど(笑)、もしかしたらロシアの原子力潜水艦や放射性廃棄物処理場からのものではないかと少し調べてみたら、出てきた、出てきた(笑)。

2006年10月19日付、BBCはすでにロシアの放射性廃棄物が北極海に及ぼす悪影響についてレポートしており、これによると北極海につながるバレンツ海沿いにある(ノルウェーとロシアの国境付近)ロシアの放射性廃棄物処理場には高濃度の大量の放射性廃棄物が極めてずさんな方法で管理されており、環境への影響が懸念されているそうです。原子力潜水艦の使用済み核燃料が多いが、中には原子力氷切機からのものもあるとか(そういえば、北極点の海底に世界で最初に旗を立てたのはロシアだった…笑)。

                russia

-----
http://news.bbc.co.uk/2/hi/6058302.stm
Nuclear waste poses Arctic threat
Last Updated: Thursday, 19 October 2006, 09:39 GMT 10:39 UK

By Jorn Madslien
BBC News, Murmansk, Russia
Russia's submarine fleet marks its centenary this week
Russia marks the centenary of its submarine fleet this week - but one part of its legacy is no cause for celebration.
For almost half a century, the Northern Fleet has operated two-thirds of the navy's nuclear-powered vessels.
-----
また2011年12月26日付、ロシア・ノボスチによれば、ロシア政府は25,000個(?)もの放射性廃棄物を海底に沈めているというではありませんか。ロシア閣僚によれば、これらのものはバルティック海、バレンツ海、白海、カラ、黒海、オホーツク海そして何と日本海だと。

---
http://en.rian.ru/Environment/20111226/170500108.html
Russia Reports 25,000 undersea radioactive waste sites

MOSCOW, December 26 (RIA Novosti)
There are nearly 25,000 hazardous underwater objects containing solid radioactive waste in Russia, an emergencies ministry official said on Monday.

---
これは昨年クリスマス明けに発表されたものですが、世界中の人々が年末年始の休暇で浮かれている間にこっそりとこういう発表をしていたんですね(笑)。

これは日本海の魚も危なくて食べられませんよ。アザラシや北極ぐまの異変は、ほぼ間違いなく放射能の影響によるもので、多分、上記のようなところから発生したものではないかと推察いたします。

まあ、ロシアも2004年6月23日付の記事によれば、ロシアの「放射性廃棄物再処理ビジネス3年計画」も「客」がつかず不成功に終わっているようですが。

このアザラシ事件についてアメリカが騒がない事や(騒げばえらいことになる)福島第一原発事故についても周辺諸外国が意外と”静かな”事など考えると、まあ、わが身を顧みれば、他人のことを言えた義理じゃあないからでしょうか(笑)。

-----
http://www.ens-newswire.com/ens/jun2004/2004-06-23-03.html
Nuclear Waste Piling Up at Russia's Overloaded Facilities

MOSCOW, Russia, June 23, 2004 (ENS) - The Russian government's three year old program to enter the nuclear waste reprocessing business is failing to attract customers, but even so, the country's inadequate storage and reprocessing facilities cannot handle the radioactive waste that is being sent there, according to new research by the anti-nuclear organization Ecodefense.

------

>最早手遅れ、との思いが私にはあるが、火山の噴火や地震を止める術(すべ)など人間にはありはしないのだ。(地震を起こす技術はある・・・?のかどうかは知らないが)

hahahahaha・・・・最早手遅れと私も思っております。人間って、宇宙人の中でも一番程度の低い、IQの低い生き物だと書いていたのは誰だったか? 

--------------------------------------------------------------------------------
2012年4月11日 訂正ーby Sunshine
■ロシアだけが悪者ではない。北極周辺各国の資源開発とやはり福島の影響もありか?

もうひとつ昨夜”閃いた”のですが、アザラシや北極ぐまの異変は、おそらく近年加速してきた北極海底に眠る豊富な天然資源を巡る周辺各国の獲得競争も一因ではないでしょうか。上記でも書いたように例えばロシアは原子力削氷機などを使っているようですが、北極の環境汚染については以前から色々と取りざたされていましたよね、そう言えば。

------

http://www.npr.org/2011/08/19/139681324/in-the-arctic-race-the-u-s-lags-behind

In The Arctic Race, The U.S. Lags Behind
The Arctic may be the world's next geopolitical battleground. Temperatures there are rising faster than anywhere else in the world, and the melting ice will have profound consequences for the roof of the world, opening strategic waterways to shipping, reducing the ice cap on Greenland, and spurring a rush to claim rights to the wealth of natural resources that lie beneath. NPR examines what's at stake, who stands to win and lose, and how this could alter the global dynamic.

----
http://www.npr.org/2011/08/16/139577789/russia-pushes-to-claim-arctic-as-its-own

Russia Pushes To Claim Arctic As Its Own
Four years ago, Russian researchers made a bold, if unseen, move. From a submarine, deep beneath the icy waters of the North Pole, they planted a Russian flag on the ocean floor.

Russia has the world's longest Arctic border, which stretches more than 10,000 miles. And for Russia, that 2007 research mission was only the beginning of a major drive to claim ownership of vast portions of the Arctic, as well as the oil and gas deposits that are beneath.

-----




            arctic

それで、昨年夏ごろからこういった現象が見られるようになったというのもやはり引っかかります。日本の福島原発事故の影響が全くないとは言い切れない気がします。近いしねえ。

A・ガンダ―セン氏「東京で採取した土壌は米国の基準では放射性廃棄物とみなされる」

(by Sunshine)

アーニ―・ガンダ―セン氏の3月25日付、ビデオより。

Tokyo Soil Samples Would Be Considered Nuclear Waste In The US
http://fairewinds.com/

http://www.youtube.com/watch?v=V55HhSS-5go




抄訳:

数週間前、私は日本に行った際、いわゆる“ホットスポット”と言われている土地ではなく、無作為に東京の公園、道端、学校、建物の屋上など5ヶ所の土地を選び、土壌のサンプルを採取した。そしてそれらを米国に持ち帰り、専門機関で分析した結果、全サンプルとも米国では放射性廃棄物として扱うべきレベルに達していたことが判明し、それらの物はテキサスの放射性廃棄物処理場で処分された。

3月13-15日にワシントンDCにて米国原子力規制委員会(NRC)による規制情報会議が開催され、私も出席したが、その席上でグレゴリー・ヤッコ委員長は、NRC及び原子力業界の双方が、原発運転の許可を与えるか否かを判定する際に用いられる費用と利益の分析において、大規模な避難や放射能汚染に対してかかる費用を全く考慮していないと訴えた。

私は、原発周辺の避難だけでも軽く1兆ドルを超え、何世代にも渡り居住不可能となると考えている。

ワシントンDCから100マイル圏内にいくつも原子力施設があるが、東京も福島原発から約200マイルの距離にある。その土壌が放射性廃棄物並みに汚染されているのだから、同様の事がもし起きれば、我々の首都も容易に汚染されると考えられる

日本で起きたことを教訓として、新規及び稼働中の原発の運転免許については、慎重な分析をすべきだというヤッコ委員長の意見を私は支持したいと思う。

-----

While traveling in Japan several weeks ago, Fairewinds’ Arnie Gundersen took soil samples in Tokyo public parks, playgrounds, and rooftop gardens. All the samples would be considered nuclear waste if found here in the US. This level of contamination is currently being discovered throughout Japan. At the US NRC Regulatory Information Conference in Washington, DC March 13 to March 15, the NRC's Chairman, Dr. Gregory Jaczko emphasized his concern that the NRC and the nuclear industry presently do not consider the costs of mass evacuations and radioactive contamination in their cost benefit analysis used to license nuclear power plants. Furthermore, Fairewinds believes that evacuation costs near a US nuclear plant could easily exceed one trillion dollars and contaminated land would be uninhabitable for generations.

[BEGIN: RIC Conference Footage]

NRC Chairman Jaczko: The events at Fukushima reinforce that any nuclear accident with public health and safety or environmental consequences of that magnitude, is inherently unacceptable. But we focussed on the radiological consequences of this event. I believe we cannot ignore the large social and economic consequences such an event poses to any country with a nuclear facility that deals with such a crisis.

In Japan, more than 90,000 people remain displaced from their homes and land, with some having no prospect for a return to their previous lifestyle in the foreseeable future. While not easy to characterize, these are significant hardships on these people and they are inherently unacceptable. So as we look to the future and we look in a proactive way, we ultimately will have to address the issue of how do we deal with nuclear events that lead to significant land contamination. And displacement, perhaps permanently, of people from their homes and their livelihoods and their communities.

[END: RIC Conference Footage]

Arnie Gundersen: What you have just heard was the Nuclear Regulatory Commission's chairman, Gregory Jaczko, saying that the NRC does not take in to account mass evacuations and people not getting back on their land for centuries when it does a cost benefit analysis as to whether or not a nuclear plant should be licensed.

I am Arnie Gundersen from Fairewinds and today I am at the Regulatory Information Conference put on by the NRC in Washington D.C.

So today, I am in Washington D.C. Couple of weeks ago though, I was in Tokyo and when I was in Tokyo, I took some samples. Now, I did not look for the highest radiation spot. I just went around with five plastic bags and when I found an area, I just scooped up some dirt and put it in a bag. One of those samples was from a crack in the sidewalk. Another one of those samples was from a children's playground that had been previously decontaminated. Another sample had come from some moss on the side of the road. Another sample came from the roof of an office building that I was at. And the last sample was right across the street from the main judicial center in downtown Tokyo. I brought those samples back, declared them through Customs, and sent them to the lab. And the lab determined that ALL of them would be qualified as radioactive waste here in the United States and would have to be shipped to Texas to be disposed of.

Now think about the ramifications for the nation's capital, whether it is Tokyo or the United States. How would you like it if you went to pick your flowers and were kneeling in radioactive waste? That is what is happening in Tokyo now. And I think that is the point that Chairman Jaczko was trying to make. When the Nuclear Regulatory Commission does it's cost benefit analyses now, it does not take into account the cost to society if you have to evacuate for generations or if you have to move 100,000 people, perhaps forever.

There is a hundred miles between us and a dozen nuclear power plants here in Washington D.C. Fukushima was almost 200 miles away from Tokyo, and yet Tokyo soil in some places, the ones I just happened to find, would qualify as radioactive waste here in the United States.

How would we feel if our nation's capital were contaminated to that degree? So I agree with Chairman Jaczko, new nukes and old nukes that are being re-licensed should include as a cost in their analysis what we have learned to be happening in Tokyo and in Japan.

Thank you very much and I will keep you informed.

---------------------------------------------------------------------------------
(コメント by こえぱん)
■そーいえば…

京阪神某所の拙宅近辺でも、カラスや野鳥が目に見えて少なくなってきました。

当地は東京などに比べると平和ボケそのもので、近隣の市長?選挙では左翼系候補が「脱原発」「放射能から子供を守る」と叫んでも誰も見向きもしない反面、維新の会候補が配布するビラはB層愚民が先を争って手に取って読んでいるようです。

そのB層愚民の人気者・維新の会代表がご執心なのが「震災がれき受入」ですが、大阪府は安全を強調する反面、一足先にがれきを受入れた埼玉・日高市の市長が、焼却処理に立ち会った後心筋梗塞で急死した、などという話もあります。

---
災害廃棄物(がれき)処理への支援について
http://www.pref.osaka.jp/shigenjunkan/saigaihaikibutu/index.html

死去の大沢市長 日高市に企業誘致 観光振興など尽力
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20120401/CK2012040102000062.html
---
当地でも下手にがれきを燃やすと、東京同様放射性廃棄物の上で暮らすことになるかもしれませんが、カラスや野鳥が何かの前触れでなければいいが、と願っています。

2012-04-06(00:12) : こげぱん

----------------------------------------------------------------------------------
(コメント by ウソのお兄さん)
■広島の牡蠣も食べられなくなりそうだ

市にがれき受け入れ表明求める 広島市議会が決議
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/359335.html

細野“山本モナ”豪志 が必死に全国に拡散させようとしているがれきですが、受け入れ表明した静岡県島田市(お茶の産地でもある)で焼却実験したところ、煙突のフィルターは60%しかセシウムを除去できなかったという・・・

がれき処理の問題点が簡潔にまとめられています。
以下、参考
http://dl.dropbox.com/u/27662936/mikikodomomirai/%E4%B8%89%E6%9C%A8%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%81%8D%E8%A1%A8%E9%9D%A2.pdf

http://dl.dropbox.com/u/27662936/mikikodomomirai/%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%81%8D%E5%85%B1%E9%80%9A%E8%A3%8F%E9%9D%A2.pdf

2012-04-06(07:02) : ウソのお兄さん
--------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■日本全国、平和ボケ

お二人さん、どうもです。

>当地は東京などに比べると平和ボケそのもので・・・・

いえいえ、平和ボケしているのは東京も同じでしょうよ。去年5月末、あの放射能騒ぎで世界中が震撼としている中、マスクをしている人はおそらく何百人に一人ぐらいでしたよ。皆、以前と変わらぬ姿で平然と生活していたように見えました。平和ボケそのものでした。

そしてこの前もここに書いたように、皆、何事もなかったかのように日常生活を送っている人だらけです。私の友人たちは。ええ、全く以前と同じように。まあ、色々と学歴だけは収集しても、これでは単なるコレクターでして。

私などが習った“文化論”では、日本は「西高東低」であり、関西の方が新しい文化、思想に飛びつく人が多く、新運動なども東京に比べると起こりやすいというものでしたが、違ってきたのですかねえ。国立民族学博物館などがあるあの辺りは、住民の文化程度も高いのではないかと思っていたのですが、違うのですか。B層があのきざな、目立ちたがり屋風な、背後の大物に操られて動いている風な、あの人に飛びついているのですか。呆れて物も言えません。

まさかまかり間違っても神戸、芦屋あたりの人達は違うと思うのですが、いかがでしょう。

しかしウソのお兄さんの参考サイトを見ると三木市とかいうところは受け入れるとなっていますね。兵庫県らしいですが、そうなると神戸、芦屋も危ないですよね。おばあさん、ショックを受けるわ、こりゃ。

ところが広島までこんなバカな事を言っているんですね。広島の原爆から何を学んだのでしょうね。放射能の怖さすらも3日たったら忘れるほど、日本人は記憶喪失症なんですかねえ。いや、日本人の健忘症は世界的に有名な話ではありますが、ここまで来たらもう笑い物ですよ。

それとも何かな、もうなりふり構わぬマネー亡者、拝金主義者に遺伝子組み換えさせられてしまったのかな、日本民族というものは。

埼玉県日高市の市長が汚染がれきの煙を吸って、なくなったという話は大変不謹慎ながら・・・申し訳ありません。合掌。

あの辺りは一度行ったことがあるのですが、埼玉県とはいえ、大変な田舎で、ここに書いてある赤い花、まんじゅしゃげが大変奇麗なところでした。温泉まであって、のんびりして、とてもじゃないけど首都圏とは思えなかった。人々も田舎の人といった感じで。ついつい、吸ったんですかねえ、放射能混じりの煙を・・・・ああ、合掌。

結局はこういうことでしょう、お二人さんには「釈迦に説法」ですが(難しい言葉が出てきた・・w)

い-------
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120309-00000301-kinyobi-soci
瓦礫処理事業を受注する鹿島建設――役員に石原知事元秘書

3月9日(金)18時16分配信

 被災地の災害廃棄物処理をめぐって、東京都の石原慎太郎都知事と鹿島建設との不透明な関係が明らかになりつつある。

 瓦礫処理は、鹿島建設を中心とした大手ゼネコン九社が約二〇〇〇億円で受注しているが、その鹿島の常務執行役員に石原都知事の元公設第一秘書である栗原俊記氏がいることがこのほど分かった。

 瓦礫処理について、石原氏は会見で「反対する人には黙れ、と言えばいい」と豪語し、不思議なほど積極姿勢を示している。

 栗原氏は鹿島に入社後、まもなく石原氏の公設第一秘書に。その後、一五年にわたって石原氏に仕えることになるが、その間「黒シール事件」を起こしている。これは一九八三年、第三七回衆議院総選挙で、石原氏の対抗候補である故新井将敬氏の選挙ポスターに「元北朝鮮人」などと書いたシールが貼られた事件。シール貼りを主導した栗原氏は公職選挙法違反の容疑で書類送検された。石原氏はこの時「秘書が勝手にやった」と弁解していたが、栗原氏が石原氏の身がわりになった形だ。

 栗原氏は、一五年という空白期間があったにもかかわらず、復職後は営業本部副本部長を務め、現在は同社の常務執行役員にまで上りつめている。

 鹿島は、瓦礫受け入れを発注している宮城県女川町との関係が深い。東北電力女川原発の建設は一号機から三号機まで、いずれも鹿島が請け負っている。女川町は東北電力による電源交付金や固定資産税で豊かな税収が確保できており、総合運動場や野球場、庭球場、陸上競技場など市民向け施設が驚くほど充実している。そしてこれらハコモノ建築物を受注しているのが、いずれも鹿島なのだ。

 町長である須田善明氏は、昨年一一月に行なわれた町長選で無投票当選。原発の是非は争点にすらならず、須田氏は「全国一早いといわれる復興を成し遂げたい」(『朝日新聞』二〇一一年一一月四日付)と語った。須田氏の言う「全国一早い復興」とは、一体誰のためのものなのか。

(野中大樹・編集部、2月24日号)

-----
「瓦礫処理は、鹿島建設を中心とした大手ゼネコン九社が約二〇〇〇億円で受注している」・・・・やはり日本はまだ土建国家なわけですね。単なる瓦礫ならいいけれど、放射能によって汚染された瓦礫ですから、単なる処理では恐ろしいことになるわけですが、その辺の認識が甘すぎますよね。

それとも広く浅く全国を汚染することによって、放射能と病気の因果関係を不透明にして、誰も責任を追及されない体制作りをしようということなのかな。 それで人口が削減されれば・・・・・?

かなり深く突っ込んだ人のブログが見つかったので、御紹介。
http://blog.goo.ne.jp/hurubayashi-a/e/9f5a6d7f06bb15c579c71f2f3633a0af

2012-04-06(18:44) : Sunshine
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。