スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベサメ・ムーチョで良いお年を!

(by Sunshine)

自然界では近年稀にみる天変地異、地上界はといえば、世界規模の弱肉強食が横行し、餓鬼畜生界の様相を益々呈してきた感のある2010年ももう少しで終わろうとしています。

今日はダーティーな政治・経済界の事は忘れて、ラテンの名曲、「ベサメ・ムーチョ」を聴きながら、しばし現実世界の事はお忘れ下さい(もし、こういう趣味がおありならばの話ですが)。

この曲は1940年に、当時16歳だったメキシコ人娘、コンスエロ・ベラスケス(Consuelo Velázquez)がとっさに閃いて書いたといわれていますが、内容は以下のような他愛もないものです。

(こげぱんさん、熱が下がったら、お得意の政治ギャグ風替え歌を書いてくださいませんか?)

それでは皆様、良いお年をお迎えください。来年もまた、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーー
Bésame, bésame mucho,
Como si fuera esta noche la última vez.
Bésame, bésame mucho,
Que tengo miedo perderte, perderte después.

(私にキスをして、たくさんキスをして
今夜が最後かもしれないから
私にキスをして、たくさんキスをして
あなたを失うのが怖い、この後あなたを失うのが怖い)

Quiero tenerte muy cerca,
Mirarme en tus ojos, verte junto a mí.
Piensa que tal vez mañana
Yo ya estaré lejos, muy lejos de tí.

(あなたを抱きしめたい
あなたの目を見て、私の隣にいるあなたを
私はたぶん明日あなたと別れ
とても遠い遠いところへ行かなければならないから)

Bésame, bésame mucho,
Como si fuera esta noche la última vez.
Bésame, bésame mucho,
Que tengo miedo perderte, perderte después

(私にキスをして、たくさんキスをして
今夜が最後かもしれないから
私にキスをして、たくさんキスをして
あなたを失うのが怖い、この後あなたを失うのが怖い)

ーーーーーーーーー
独断と偏見で、私の好きなバージョンからアップします。

Mappleさんから紹介していただいたナット・キング・コールのこれが歌と演奏のうまさでもう別格。私はこの世代の人間ではないけれど、彼のベルベットのような柔らかい声、テクニック、フィーリング、それにバックバンドののりなど、もうどれをとってもこれが最高



次がラテン界のスーパースター、ルイス・ミゲルの「ベサメ・ムーチョ」。リズム・セクションが引き締まっていていい。ドラマーがなかなかタイト。
http://www.youtube.com/watch?v=NG5flDxauIc&feature=related


”イモ”とバカにしていたけど、じっくり聞いてみると良かった、エルビス・プレスリー。このバックバンドのサックスのおじさんから彼についての話は色々聞いていたので、余計にぐっときた。リズム・セクションがもっと良かったならば、ぐっと良かったでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=4CJ_ZfFaIxE&feature=related


まだ若かったから英語がいまいちだけど(今はものすごくうまい)、でもやはりこのド迫力はさすがドミンゴでしょ。
http://www.youtube.com/watch?v=MGaO1oJON88&feature=fvw


(アンドレア・ボッチェリの動画は、サイトが重くなるので削除することに)。

下手だけど、一生懸命やっているのが涙ぐましい。ビートルズは、こういうのもやっていたのですね。私は彼らのファンではないので、知らなかったけど、ビートルズマニアのおじさんに聞いたら、これを歌っているのはポール・マッカートニーで、これは海賊版だそう。「へたくそだ」といったら、そのおじさん、「ビートルズの事をへたくそという人は世界中にいない」といって、怒られた(笑)。明らかにエルビス・プレスリーを真似してやっているでしょう?
http://www.youtube.com/watch?v=LzfUDt_5L-s&feature=related
スポンサーサイト

貧困合衆国誕生前夜? のクリスマスに、心温まるお話を

(by こげぱん)


Sunshineさん記事のような、古き良き時代のお話ではないかもしれませんが…

以下に載せるお話は、絵本翻訳コンクールで優秀賞を受賞した、フィリピンの絵本'Tight Times'の翻訳文。


話のあらすじといえば、お父さんが失業して生活が苦しくなっても、一家や隣近所で助け合って生きていくという話だが、苦しい中にあっても明るく生き抜き、自分で開業する姿に希望を感じさせる。

急性アノミーが支配する日本では最早考えられない話ではあろうが、EUやアメリカ合衆国が「貧困合衆国(United States of Austerity)」となり、日本にもIMFが進駐するかもしれないこの時期にあっては、何かと考えさせられるお話かもしれない。

---
http://www.senri.ed.jp/site/attachments/514_ic129rev.pdf

「おかねがなくても… 」     
(訳)羽地ひかり

①お母さんは、「いま、お金がなくて大変だけど がんばろう。 
ぶつぶつ文句をいったって お金は出てこないんだから、
今できることに 感謝をしよう。」っていってた。

②ぼくは、いままで 毎朝 卵を2こ食べていたけど、
いまは、2日に1こしかたべられない。
でも いま、卵をたべられることに 感謝をするんだ。

③ぼくは、いままで 毎日、チョコレートがいーぱっい入った  
あまーいホットチョコレートを飲んでいたけど、 
今は、2日に1回しか飲めないし、チョコレートも ちょっとしか入ってない。
でも いま、ホットチョコレートを飲めることに感謝するんだ。

④いまは、卵を ゆっくり食べている。
ホットチョコレートもゆっくり飲んでいる。
でも、なんでだろう? 卵もホットチョコレートも 
いままでより、おいしいって感じるんだ。

⑤お父さんは、「いま、お金がなくて大変だけど いまできることをしよう。
お金は待っていても 入ってこない。 自分で見つけるんだ。」っていってた。

⑥お父さんは会社を クビになった。
だから 今は、家で そうじをしたり、
家のイスや 近所の人たちの ものを修理してあげている。

⑦お母さんが仕事から 帰って来ると 
お父さんは お母さんの足を ソファーの上でマッサージをしてあげている。
ぼくらは、お母さんに 冷たい水と ケーキを持って行ってあげる。

⑧ぼくらは、いつも 土曜日や日曜日に 買い物に行っていたけど、
いまは、家で 絵をかいたり、ギターをひいたり、
お母さんとダンスしたり、お父さんとお花を育てている。

⑨今日はお母さん の誕生日。
だけど、ぼくらはお金がないから 手作りのプレゼントを用意したんだ。

⑩お母さんは 新しいドレスがほしかったみたいだから
ぼくは、気分だけでも って思って ひまわり色のドレスの絵をかいた。
お母さんが 穴の中から顔を出すと ほら! 本当に着ているみたいになる!
あたまにきれいな花のかんむりをのせたら、かんぺきだね。

⑪ぼくの妹の マノンは 歌を歌ってあげた。
お父さんとお母さんは その歌に合わせてダンスをし始めた。
お父さんは お母さんを くるくる回したり優しく引き寄せたりしておどって、
お母さんは その間 お父さんにもらった花束を 持っていた。

⑫近所で お店をやっている グラシアおばさんは 
お父さんに店のカギを直してもらったお礼にって 
お母さんの誕生日ケーキと大きなチョコレートの袋、
そしてなんと… 卵を24こも持ってきてくれたんだ!

⑬それから しばらくすると 
近所の人たちが、お父さんに修理をたのむことが多くなってきて 
「お礼に」 って言って 食べ物とかをくれるようになってきた。
 
⑭ぼくらは、いままでずっと幸運だったってことに 気づいた。
だから それをくれた みんなに 感謝して
みんなで その幸運を 分け合うんだ。

⑮それから しばらくたって
もう、お金がない時はおわった。
お父さんが すごくいい仕事を見つけたんだ。
自分で修理屋さんを ひらいたんだ!

(出典:千里国際学園広報誌・Interculture129号 P17)

---------
原文はこちら。

Tight Times
http://www.pbby.org.ph/downloads/pbby_tight-times.pdf

By Jeanette C. Patindol


---------------------------------------------------------------------------

(コメント by Sunshine)

■他人ごとではない話


大変感動的な記事、ありがとうございます。


貧困率14.3%、4,400万人が貧困という「貧困大国」アメリカ。この絵本のような話は、決して他人事ではありません(日本もそうなりつつある?)。


http://uspoverty.change.org/blog/view/us_poverty_rate_hits_143_44_million_are_poor .

Poverty Rate Hits 14.3%; 44 Million Are Poor U.S


ところがいつもクリスマスの時期になると、どこからともなく”善なる人々”がふっと現れて、”クリスマス・スピリッツ”をすっと思い起こさせてくれるのもアメリカです。


今年は、「サルベーション・アーミー」という慈善団体が用意したアルミ製慈善箱の中に、プラスティックの袋に入れられた金塊が投げ込まれていたという話をフロリダ州マイアミのCBSがレポートしています。

「これを困っている人々に分けてください」とのメモ書きと共に。2.2オンス、2850ドルの価値があるとのこと(下記のサイトでビデオも見られる)。


http://miami.cbslocal.com/2010/12/22/generous-giver-leaves-a-nugget-of-gold-in-army-kettle/Generous
Giver Leaves A Nugget Of Gold In Army Kettle


今年のクリスマスは、今までさんざんやりたい放題、エゴの限りを尽くしてきたアメリカに対する天罰でも下ったかのような、大変悲惨なクリスマスとなっています。


中西部から東部そして南部(ジョージア州アトランタでは1882年以来のホワイト・クリスマス)にまで豪雪、大吹雪が吹き荒れ、南カリフォルニアでは大洪水。


(こげぱんさんの喜びそうなスノーボーダーが大はしゃぎしているコロラド州の光景。ビデオも見られる)

http://denver.cbslocal.com/2010/12/22/avalanche-danger-could-be-worst-in-colo-history/


http://www.weather.com/outlook/weather-news/news/articles/christmas-week-winter-storm_2010-12-20


http://www.ajc.com/news/atlanta-weather-snow-accumulations-785039.html


(南カリフォルニアの大洪水ーABCTVのビデオも見られるー囚人達が後片付けをやっている)

http://abcnews.go.com/GMA/video/california-communities-surrounded-mud-12465544


ヨーロッパも大雪だというし、しかしグリーンランドは暖かい(平年より気温が高い)そう。


いずれにしてもこの地球、どこか狂っています。


でも、クリスマス・スピリッツを信じて、明るく前向きに生きていきましょう(笑)。

昔のクリスマス

(by Sunshine)

あと1週間でクリスマス。いつもこのブログをクリックしてくださいまして、ありがとうございます。

このところブログの更新はこげぱんさんに任せきりで、なかなかできなかったSunshineですが、とびきり胸が熱くなるクリスマス・ソングをお届けします。

クリスマスの商業化は日本の事だけではなくなった昨今、1994年のクリスマスイブに、ウィーンで開催されたクリスマス・コンサートで、テノールの巨匠、プラシド・ドミンゴと世界的シャンソン歌手、シャルル・アズナブールが歌った「Chiristmas in the Past(昔のクリスマス)」(作詞・作曲:シャルル・アズナブール)をお聴きください。

声の質、技量、感情表現のすべてで完ぺきに近いドミンゴと声の質、技量ではドミンゴに劣るけれど感情表現ではドミンゴに勝るとも劣らないアズナブール、そして切々と感情豊かに歌い上げるウィーン交響楽団コンサートマスターのバイオリンニスト。この3者の絡みは、何度聴いても感動します。

それでは、どうか素晴らしいクリスマスをお過ごしください。


「Christmas in the Past(昔のクリスマス)」
http://www.youtube.com/watch?v=4ZdCp_txCT0



(抄訳)

私は村はずれのクリスマスを知っている
松明を持った楽しそうな人々
まだ飛行機も自動車もなく
小道は凍えるほど寒かった

大きなろうそくがともる教会
真夜中のミサ
歌声で震える壁
マリアに祈る多くの人々
劇場より楽しく、しかも無料

昔のクリスマス
そこには魂があった
どこへ行ったのか
昔のクリスマス

うちに戻ると御馳走を作ったり
母は料理、私は手伝い
父はケーキの種をこね
くしには豚肉1切れと鶏肉5,6切れ

居間には素晴らしいもみの木
飾りはろうそくと銀紙
テーブルの上を覗き込もうと
椅子の上に乗る小さな子供達

昔のクリスマス
そこには魂があった
どこへ行ったのか
昔のクリスマス

今、もみの木はプラスチック製
雪は機械で製造され
ろうそくは電球代わり
ケーキは店から直接届く

もう教会には行かなくていい
ミサはテレビやラジオでやってくれる
神父はすぐ目の前にいて
眠くなればスイッチをひねるだけ

昔のクリスマス
私の子供時代のすべてが
この言葉の中にある
昔のクリスマス

-------
ドミンゴのソロによるこちらも感動物

「アヴェ・マリア」
http://www.youtube.com/watch?v=jFTKwg2Oxts



------
*追記

上記の映像のDVDは発売されていないが、CDはこちら。

http://www.amazon.com/Best-Christmas-Vienna-Domingo-Carreras/dp/B0000029TC

-----------------------------------------------------------------------------
(コメント by Mapple)
■無題

Thank you for the wonderful music!
The music makes my day!!
Happy holidays !!

Mapple 2010-12-22 05:44:17
-------
(レス by Sunshine)
■Thank you!

Thank you for your comment.
Wishing you a joyous Christmas and a very happy new year!

(Take a look this one, too)

http://www.youtube.com/watch?v=xoDIeXL-n5g&feature=related


-------
(コメント by Mapple)
■A kind of Nostalgie....Tears.....

Thank you very much!! Domingo!! How young he is in this video! -----Rare to find-----Need Brandy with this song.

I will present you the following youtube.
E la nave va de Fellini - Crystal Orchestra
http://www.youtube.com/watch?v=YICrFKp8JFk&feature=related

Mapple 2010-12-23 18:06:58
------
(レス by Sunshine)
■Goodness gracious !
I love Fellini. I enjoyed it very much.
Thank you.

ウィキリークスと尖閣ビデオ

(by こげぱん)


今話題沸騰の外交公電暴露サイト・ウィキリークスが、中国が「ドラ息子」・北朝鮮を見捨て、韓国主導の朝鮮半島統一を容認する意向を有していることを記したアメリカ外交公電を「暴露」したことを、世界中のメディアが伝えている。

---
Wikileaks cables reveal China 'ready to abandon North Korea'
http://www.guardian.co.uk/world/2010/nov/29/wikileaks-cables-china-reunified-korea

Leaked dispatches show Beijing is frustrated with military actions of 'spoiled child' and increasingly favours reunified Korea
---

アメリカ外交公電がウィキリークスに流出した経緯は不明だが、ただ中国は今年に入り2回も金正日氏を招聘し、朝鮮戦争休戦後最悪の挑発行為とされる韓国・延平島無差別砲撃後に6カ国協議開催を呼びかけ、今月行なわれた中国外交部長(外相)講演でも、「当事者双方の自制」や「北東アジアの平和」を呼びかけるなど、ウィキリークス外交公電に反しとかく「ドラ息子」を猫かわいがりしているようにも見える。

---
楊潔?部長在首屆“藍廳論壇”上的講話
http://big5.fmprc.gov.cn/gate/big5/www.fmprc.gov.cn/chn/gxh/tyb/zyxw/t773513.htm
http://www.mfa.gov.cn/chn/gxh/tyb/zyxw/t773513.htm
---

またドイツSpiegel誌は、北朝鮮の経済権益独占を目論むとされる中国のほかにも、韓国は南北統一による莫大なコスト負担を望まず、北朝鮮を一種の「緩衝地帯」としておきたいロシア・中国・アメリカ各国も北朝鮮崩壊を望んでいないと伝えているが、北朝鮮現体制存続には賛成できないにしても、北朝鮮という国家が現状のまま存続することにより何らかの利益を得る関係各国が存在することは、これまでの経緯が暗示しているようにも思える。

---
'No One Wants a Total Collapse' of North Korea
http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,730938,00.html

The assault on South Korea's Yeonpyeong Island by North Korean artillery this week was an act of war -- and a reminder that the two countries are not yet at peace. North Korea is unstable, distracted by a transfer of power, and possibly nuclear-armed. However, editorialists at most German papers argue that world community prefers the status quo to a collapse of North Korea.
---

延平島無差別砲撃事件に先立つ尖閣諸島・中国漁船領海侵犯事件では、日本政府が最後まで証拠となるビデオの一部始終を公開することなく、その一部が歪んだ形で「公開」されたことにより対中感情を悪化させるだけの結果に終わったが、中東情勢でアラブ諸国外交筋が「アハマディネジャド(イラン大統領)はヒトラーである」「イラン核開発はあらゆる手段を用いてでも阻止すべき」と語ったと報ずるウィキリークスは、結果として(不可解な尖閣ビデオ流出事件同様)アメリカのネオコンに有利な情報を垂れ流す結果にもなっている点は留意したほうがいいのではないか。

---
Cables Show Arab Leaders Fear a Nuclear Iran
http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,731877,00.html

The American embassy cables reveal that the front against a nuclear-armed Iran is broader than previously known. In private talks, Arab rulers have called for measures to be taken against the mullahs in Tehran before they can develop a nuclear bomb. But there is little consensus on how close Iran is to building the bomb.
---

このところの朝鮮半島情勢悪化に伴い、現在日本でも戦後最大規模とされる日米合同軍事演習が行なわれているが、

---
US-Japan naval drills start as N Korea tensions rise
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-11907026

Japan and the United States have begun their biggest ever joint military exercises, amid growing tension in the region between North and South Korea.
---

ウィキリークス外交公電をそっくりそのままアメリカ外交筋の意向と盲信してあらぬ方向に突っ走って梯子を外されたり、はたまたウィキリークス事件をきっかけにして、何らかの言論規制が導入されるようになることなどは、警戒すべきことかもしれない。


------------------------------------------------------------------------------

(コメント by sunshine)

■戦争屋の書いたシナリオ(?)には警戒が必要


月並みな言い方かもしれませんが、北朝鮮など世界の軍事大国といわれる国々がひとひねりすればぶっ飛びそうな国なのに、なぜかまるで何がしかの公認付きであるかのように正々堂々と(?)言いたいことをいい、やりたいことをやっているかのように見受けられます。

これはバックに中国がついているからというだけではなく、もしかすると複数の軍需産業国家にとって、必要不可欠存在であるからではないかとも勘ぐろうと思えば勘ぐれるわけですが、いやむしろそう思う方が“普通の人”の考え方かもしれません。ゆえに、「北朝鮮を一種の「緩衝地帯」としておきたいロシア・中国・アメリカ各国も北朝鮮崩壊を望んでいない」と書いている独・Spiegel紙の分析には同意します。

ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジについては、オーストリア生まれの現在39歳、彼の両親はベトナム戦争反対集会で出会い、父親はオートバイ愛好者で後に建築家となるが、彼の母親とは別れ、彼は旅回りの劇団関係者となった母親に連れられて、大学入学までに37回転校した、大学では数学と物理を専攻し、現在に至るまで居住地を持たず、ラップトップではなく、”デスクトップ”のコンピューターをナップサックに入れて世界を放浪している、スウェーデンでは強姦の罪により訴訟沙汰が起きている、といったことしか知られていないようですが、何か怪しいですよね(なぜデスクトップなのか?)。

http://www.guardian.co.uk/media/2010/jul/25/julian-assange-profile-wikileaks-founder

Julian Assange profile: Wikileaks founder an uncompromising rebel

「北朝鮮情勢悪化に伴い、戦後最大規模とされる日米合同軍事演習が行なわれている」そうですが、人のいい、バカ正直な日本人政治家が、”戦争屋”の書いたシナリオにまんまとのってしまわないよう(または脅迫されてNOと言えず)、祈るばかりです。


*ウィキリークスのスポンサーは誰なのですか?

------------------------------------------------------------------------

(コメント by Mapple)

■ウィキリークそういえば肝心なことは出てないな-

一部 転載させていただきました。いつもありがとうございます。
http://d.hatena.ne.jp/Mapple/20101208

プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。