スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BPトップはヨット・レース、オバマはゴルフ。米史上最悪の原油流失事故などどこ吹く風

(by sunshine)


アメリカ史上最悪のメキシコ湾原油流出事故から2カ月がたとうとしているが、この週末、そんな事故などどこ吹く風とばかりに流出事故を発生させた英国・BP社の最高経営責任者、トニー・ヘイワード氏はヨット・レースに参加し、オバマ大統領はバイデン副大統領とともに、ゴルフに興じたとの報道があった。


仕事は仕事、週末は自分の時間と割り切ってやっているところがいかにも欧米人らしいと言えばそれまでだが、これだけの大事故に不眠無休で悪戦苦闘している“"Small People"(一般人)も多数いる中で、何たる不謹慎と思う人はアメリカ人とて例外ではない。


バカらしくて訳す気にもなれないので、英文のまま失礼したい。

-------

Don't Believe The Hype-hayward

               向かって左側がトニー・ヘイワード氏所有のヨット
(Tony Hayward’s yacht, left, sailed in the J. P. Morgan Asset Management Round the Island Race on Saturday.ー写真:The NY Times)


http://www.nytimes.com/2010/06/20/us/20spill.html?hp

BP Chief Draws Outrage for Attending Yacht Race


officials on Saturday scrambled yet again to respond to another public relations challenge when their embattled chief executive, Tony Hayward spent the day off the coast of England watching his yacht compete in one of the world’s largest races.

Two days after Mr. Hayward angered lawmakers on Capitol Hill with his refusal to provide details during testimony about the worst offshore oil spill in United States history, and one day after BP’s chairman said the chief executive would not be as involved in daily operations in the Gulf of Mexico, Mr. Hayward sparked new controversy from afar.

-------

http://thehill.com/blogs/blog-briefing-room/news/104313-obama-hits-golf-course-with-biden-on-another-hot-humid-weekend

Obama hits golf course with Biden on another hot, humid weekend


President Barack Obama hit the golf course Saturday with Vice President Joe Biden.

The White House pool report noted that Obama left at about 1 p.m. for the course at Andrews Air Force base, and his golfing parters included White House Trip Director Marvin Nicholson and David Katz, the energy efficiency campaign manager at the Department of Energy.

Obama left the course shortly before 6 p.m.


Nicholson and Katz, along with Transportation Secretary Ray LaHood, joined Obama for four hours of golf last weekend. The Republican National Committee released an ad soon afterward taking aim at Obama's golfing during the ongoing BP oil spill crisis in the Gulf of Mexico.


----

UPDATE


事故の後始末はほったらかしにしたまま、自分のヨットが出場したヨット・レース観戦としゃれこんだBPのトニーヘイワード氏に対して、人々が怒りまくっているという6月20日付、ABCのビデオ。


http://abcnews.go.com/GMA/video/bp-ceos-sailing-pics-raise-questions-10962721


------------------------------------------------------------------

(コメント by こげぱん)

■どっちもどっち?


BPトップがヨットでオバマはゴルフなら、わが日本の与党幹事長はカラオケが趣味だそうです。
---
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20100616-642090.html


枝野幹事長「AKB48の顔全員覚えたい」
---
カラオケが悪いとは言いませんが、にしても政権与党幹事長たるもの、(アイドルグループ)AKB48の顔など覚える前に、たとえば前民主党参議院議員・平野貞夫氏が呈する疑問に答えるほうが先ですよ。

http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2010/06/post_15.html

http://www.the-journal.jp/contents/hirano/2010/06/post_16.html

#こちらもわざわざ取り上げるような話ではなかったかも。申し訳ない。

こげぱん 2010-06-20 23:43:57

----------------------------------------------------------------------------------------

(レス by sunshine)

■こんな人物だからこそ宗主国から幹事長に抜擢された?


>「時代に取り残されないよう、AKB48の顔を全員覚えたい」。

なんて間抜けな。この程度の低能が、幹事長と聞いてあきれた。宗主国の愚民化政策が功を奏しているという証ですね。だから幹事長に抜擢されたのだったりして(笑)。

愚民化政策は「3S」(スポーツ、セックス、スクリーン)によって、人々の思考能力を麻痺させ、体制の敷いたレールを上をただ歩くだけのロボット人間創出にあるということは、何十年も前から言われてきたことですが、上記の枝野幹事長のこのバカな発言は、まさにこの政策のなれの果てということでしょう。宗主国からすればめでたし、めでたしというわけでしょうが、こちらからすれば、恥を知れと言いたいところ。


メディア:真実は報道せず、もっぱら目くらましの報道を続けよ。
娯楽:小学6年生以下のレベルのものを与えよ。
仕事:労働者には家畜のように過重労働をさせよ。考える時間を与えないために。

(「Behold a Pale Horse」 Milton William Cooper著 P57より)
http://www.amazon.com/Behold-Pale-Horse-William-Cooper/dp/0929385225


スポンサーサイト

「有権者を騙す」オバマと日本の「オバマ」? 菅直人

(by こげぱん)

日本民主党連立政権誕生に先駆け、ネオコン政治や新自由主義からの脱却に対する期待の下、オバマ政権が誕生したのはつい18ヶ月前にことであるが、その後のアメリカの迷走ぶりを見れば、あの熱狂が遠い昔のように思える。

オバマの変節など今に始まったことではないが、これに対して左翼の「イコン」ダニエル・エルズバーグDaniel Ellsberg氏がドイツ・シュピーゲル紙上にて、「有権者を騙すオバマ」と題して痛烈に批判している。

---
http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,699677,00.html

06/09/2010
Left-Wing Icon Daniel Ellsberg
'Obama Deceives the Public'

Daniel Ellsberg, legendary leaker of the "Pentagon Papers" in 1971, still has a bone to pick with the White House. In an interview with SPIEGEL ONLINE, the 79-year-old peace activist accuses President Obama of betraying his election promises -- in Iraq, in Afghanistan and on civil liberties.
---

氏は上記記事でオバマ政権を「第3期ブッシュ政権」と酷評し、大統領選での公約であるイラク撤兵を「ウソ」と切り捨て、(前政権から続く)アメリカ市民に対する自由侵害は引き続き行なわれていると指摘し、最後に「オバマは言うこととやることが180度違う。オバマの言うことはもう聞きたくない」と三下り半をつきつけている。

翻って我が日本。先の所信表明演説で、「政権を引き継ぐ私に課された最大の責務、それは、歴史的な政権交代の原点に立ち返って、この挫折を乗り越え、国民の皆さまの信頼を回復することです」(*)と高らかに宣言した(市民運動家上がりの)菅直人氏が新政権を組閣していまだ数日しか経っていないが、組閣1週目にしての亀井静香氏閣外追放劇など、早くもオバマ政権の如く数々の綻びが見え隠れしているのは既報のとおりである。

その亀井氏追放をかねてより主張し、また今回の追放劇を手放しで礼賛しているThe Economistは下記記事で「金権政治の象徴」「民主党の悪人-the bogeyman of the DPJ」と口を極めて罵る小沢一郎から距離を置く新内閣の新閣僚・党人事-とりわけ仙谷由人官房長官や枝野幸男幹事長の登用-を歓迎する一方、新政権が過去の「悪しき政治」から脱却しようとするなら、亀井の郵政法案を廃案にし、(参議院選挙で単独過半数を獲得したら)国民新党との連立を解消するところから始めるべきである(**)と論じているが、

---
http://www.economist.com/displaystory.cfm?story_id=16311378

Japan’s new cabinet
Subtle change of seasons
The new prime minister’s appointments are few―but inspiring

Jun 8th 2010 | TOKYO | From The Economist online
--
http://www.economist.com/blogs/newsbook/2010/06/resignation_japan%E2%80%99s_new_cabinet

Singing out of tune
Jun 11th 2010, 9:34 by By The Economist online | TOKYO
---

先の小沢・亀井追放劇を見ていると、このThe Economist記事が来る参議院選挙後の政局を予告しているようにも思えないことも無い。

また先日の所信表明演説で、「この国をどういう国にしたいのか、時には自国のために代償を払う覚悟ができるか。国民一人ひとりがこうした責任を自覚し、それを背景に行われるのが外交であると考えます」と言及したあたり、就任演説で「責任-responsibility」を強調したオバマを彷彿とさせるものがあるが、

http://ameblo.jp/sunshine-berkeley/day-20090122.html

(大統領選時の公約に反して)イラクやアフガンで戦火を拡大する一方のオバマと、それに呼応するかのごとく沖縄を切り捨て、「日米同盟を外交の基軸」とする菅の符合には、何か引っかかるものを感じる。

現在オバマが公約を破り有権者を失望させているように、やがて菅政権も同じ道をたどる可能性は捨てきれないが、だとすればオバマや菅は、その支持基盤であるリベラル派や良識派を裏切る分、前任者であるブッシュや小泉・安倍・麻生などよりややこしいことになるかもしれない。


(*)菅直人首相 所信表明演説
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010061100502

(**) ちなみに次の参議院選挙では、長年郵政問題に尽力してきた国民新党・長谷川憲正氏や社民党・保坂展人氏のほかにも、民主党の公認を受けた日本郵政労組が独自候補を擁立しているが、

http://www.hasegawa-kensei.jp/
http://www.hosaka.gr.jp/images/201003_gogai.pdf
http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/67d962938d63e9d3e4c5de35b8422c36

民主党の日本郵政労組候補は長谷川・保坂両氏と違い、少なくともその「主張」においては、今のところ郵政法案や日本郵政前経営陣のガバナンスには直接言及していない。

http://www.nam-chan.jp/opinion.html

このことは、「歴史的な政権交代の原点」である郵政民営化問題に対する民主党と国民新・社民両党の温度差のみならず、(仮に民主党単独政権が誕生した後の)郵政問題の行方を暗示しているのかもしれない。

--------------------------------------------------------------------------

(コメント by sunshine)

■ブッシュ政権よりも好戦的なオバマ政権


日本がアメリカの植民地・属国であることは、今や公然たる事実として広く一般人の中にも浸透しつつあるようですが、アメリカ大統領が操り人形であることも、また公然の事実として社会的認知が浸透しつつあるようです。日米トップ・パーソン2人があまりにも相似形なのは、彼らの上にまた更なるコントローラーがいるからなのかもしれません、もしかして(笑)。

オバマ政権があのブッシュ政権よりはるかに好戦的と言うことについては、6月4日付、「ワシントンポスト」にも掲載されていますが、オバマ政権になって以来、特に特殊部隊の拡大が顕著で、ブッシュ時代には60カ国で任務にあたっていた同部隊が、現在では75カ国で暗躍中だとか(下記の記事は大変面白いです)。

その上、なんと前政権では許可しなかったような”こと”ですら、現政権は許可しているというから穏やかな話ではありません。どんなことか具体的には知りませんが、ロボット(無人機)、生物兵器、劣化ウランなど、色々と人道的に問題のある兵器でも使用しているのでしょうか。怖いことです。

------
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2010/06/03/AR2010060304965.html


U.S. 'secret war' expands globally as Special Operations forces take larger role

Beneath its commitment to soft-spoken diplomacy and beyond the combat zones of Afghanistan and Iraq, the Obama administration has significantly expanded a largely secret U.S. war against al-Qaeda and other radical groups, according to senior military and administration officials.

Special Operations forces have grown both in number and budget, and are deployed in 75 countries, compared with about 60 at the beginning of last year. In addition to units that have spent years in the Philippines and Colombia, teams are operating in Yemen and elsewhere in the Middle East, Africa and Central Asia.
------
大恐慌時代を乗り切るには戦争をカンフル剤としてなどという悪い冗談はないでしょうが、日米共に足並みそろえておかしな方向に向かっているな、という気はしています。

B・ゲイツ:クリーン・エネルギー開発に追加予算を割かねば、今回のような危機はもっと起きるだろう

(by sunshine)


史上最悪の原油流出事故となったメキシコ湾の原油流出事故は、4月20日の発生から2カ月近くを経た今も流出を食い止めることができず、米沿岸警備隊は12日、この原油施設を運営する英国・BP社に対して「48時間以内に、流出を食い止めるための新たな措置を講ずるように」との要請を書簡で行った。
-----

http://www.businessweek.com/news/2010-06-12/u-s-gives-bp-48-hours-to-boost-containment-capacity-update2-.html

U.S. Gives BP 48 Hours to Boost Containment Capacity (Update2)


June 12 (Bloomberg) -- The U.S. Coast Guard gave BP Plc 48 hours to find more capacity to contain its leaking oil well in the Gulf of Mexico after scientists and researchers doubled their estimates of the spill’s size.

------

ところが実に面白い発言があらぬところ出てきて、思わず笑ってしまったが、何とあのビル・ゲイツが12日(アメリカ現地時間)、ABCの「This Week」に出演。「クリーン・エネルギーの開発にもっと投資せねば、今回の原油流出事故のような危機は今後、もっと起きるだろう」とのたもうたのである。


「アメリカ政府は現在の予算よりも110億ドル(約1兆10億円)多い、160億ドル(1兆4,560億円)の予算をクリーン・エネルギーーの開発費に充てるべき」との彼の主張は、彼と彼の仲間の財界人達とがオバマ大統領を訪問しては繰り返してきた主張であるが、今回の事故を利用して、自分たちの主張を正当化する抜け目のなさには、いくら紳士面をしても、彼の本質は姑息で、機を見るに敏、人のふんどしで相撲を取る癖のある、意地汚い商売人のままであることを今更ながらであるが、再確認させてもらった次第。

----

http://blogs.abcnews.com/politicalpunch/2010/06/exclusive-bill-gates-well-have-more-crises-like-the-oil-spill-if-we-dont-invest-in-clean-energy-inno.html

EXCLUSIVE: Bill Gates: 'We'll have more crises like the oil spill' if we don’t invest in clean energy innovation


In an exclusive interview on “This Week,” Bill Gates, the co-founder and chairman of Microsoft, called for a dramatic increase in federal funding for clean energy innovation and warned of significant consequences – more environmental crises, oil supply disruptions, increased energy costs and climate change – if the United States fails to embrace the challenge of finding cheaper, cleaner energy.

Gates said the United States should invest $16 billion a year in energy research and development – $11 billion more than it currently spends – to find “real solutions” to our energy problems.

----

http://biz.thestar.com.my/news/story.asp?file=/2010/6/11/business/20100611074431&sec=business Bill Gates' clean energy plan


WASHINGTON: Billionaire Bill Gates is urging the U.S. government to triple spending on what he says everyone, rich and poor, will need in the future: clean, cheap energy.

Gates and other business leaders were meeting with President Barack Obama and lawmakers Thursday to pitch their plan to increase the annual federal spending on clean energy innovation to $16 billion, from $5 billion now.

----

電気、水力、風力、太陽熱などのクリーン・エネルギーに比較すれば、石化燃料採掘にはこのような危険性が伴うことは誰の目にも明らかではあるが、今回の事故に関しては、4月28日付WSJによれば、ノルウェーやブラジルなどの石油産出国では「アコースティック・スイッチ」という石油流出防止装置の設置が義務付けられているにもかかわらず、BPの海上油田では設置されていなかったことが最大の原因であるともいわれている。


この石油流出防止装置(アコースティック)は、海底に設置され、石油流出がおきてもリモートコントロールで海底の元から穴を塞ぐことができるスイッチとなっている。これは流出事故に備えるための基礎的な安全装置である。

---

Don't Believe The Hype-Oil

http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704423504575212031417936798.html

Oil Well Lacked Safeguard Device Leaking


The oil well spewing crude into the Gulf of Mexico didn't have a remote-control shut-off switch used in two other major oil-producing nations as last-resort protection against underwater spills

----

なぜアメリカではそれが許されていたのか。その理由はブッシュ前政権下でチェイニー元副大統領が規制緩和を行い、アメリカの海上油田開発では石油流出防止装置を設置しなくても良いとされたからだ。それはまた、チェイニーが石油開発事業のハリバートン社の元CEOでもあったからで、今回の油田開発でもハリバートン社の関わりが深かったからだとの記事を4月30日付、「The Huffington Post」は掲載している。

----

http://www.huffingtonpost.com/charlie-cray/time-to-drill-down-into-h_b_559091.html

Time to Drill Down Into Halliburton's Role in Big Oil Spill


Under pressure from Congress and an inquiring media, Halliburton began a controlled leak of information about its role in the big gulf oil spill today, but things could get quite explosive if they appear to be hiding something.


----

私はビル・ゲイツが豊富な資金力を駆使して、故意に今回の流出事故を引き起こし、アメリカ政府に110億ドルのクリーン・エネルギー予算を捻出させようと企んだなどとトンデモない妄想を言うつもりはないが、まるで今回の流出事故が世界各地で起きるとでも言いたげな口調に、彼の無知さ加減を知るとともに、その冷たい表情に吐き気を催すほどだった。


骨の髄まで貪欲な人間は、リタイヤ―して、人道活動家の仮面はかぶってみても、本質はそうは変わらないという典型的な例だろう。こんな品のない、浅ましい連中が世の中を動かしていると考えただけで、終末思想がぐっと身近に感じられる、そんな今日この頃である。






プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。