スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Poor America(アメリカの貧困)」:2月13日放送  BBCドキュメンタリー

(by Sunshine)

2月17日付、ワシントン・ポストによれば、東日本大震災により日本の自動車メーカーが大打撃をこうむったおかげで(?)、アメリカの自動車メーカー、GMの2011年度営業利益は76億ドル(約6千億円)という同社創業以来最高の数字を計上したとのことであるが、このような景気の良い話はごく一部のことであって、一般的には中間所得層の貧困化という問題が大きな社会問題であることに変わりはない。

2月13日に放送された英・BBC放送のドキュメンタリー、「Poor America(アメリカの貧困)」の動画がアップされているので、下記に紹介したい。


Poor America - P a n o r a m a [B B C] - Broadcast Date: 13th February 2012
http://www.youtube.com/watch?v=suJCvkazrTc&feature=player_embedded#!

Poor America

With one and a half million (1.5 million) American children now homeless, reporter Hilary Andersson meets the school pupils who go hungry in the richest country on Earth. From those living in the storm drains under Las Vegas to the tent cities now springing up around the United States, P a n o r a m a finds out how the poor are surviving in America and asks whatever happened to the supposed 'government' and the Real People in charge - those who you 'don't see' pulling on the strings; and their vision and welfare for the country.

Could this be a form of 'Social cleansing' without the need of war or disease inflicted by the orchestrators - simply a controlled bout of poverty? Or is this the forced education that only condition children to know only a certain amount of knowledge that can only ever see them progress in working environments such as confined offices within the 'Human Zoo' qualities within the desperately overcrowded cities.

Why are our children not educated properly - to be able to survive communally with real craft and building skills? Is the social mobility (as in other 'rich countries' such as the UK) only fairing the rich; the wealthy and the 'clever elite'; the white collar criminal, as per usual?

--------------------------------------------------------------------------------
(コメント by ウソのお兄さん)
■No title

うーむ、ヘリテイジ財団か.....(以下略)

2012-02-17(18:41) : ウソのお兄さん

-------------------------------------------------------------------------------
(レス by Sunshine)
■うーむ、ネオコン財団か....

ウソのお兄さん、どうもです。

このネオコン財団の“貧困問題専門家”がトップ画面に登場しているので、せっかくの良質番組なのに損をしていますね(笑)。

この人、昨年この財団が発表した論文で、同じくこれに登場している「児童就労肯定派」のギングリッジ共和党大統領予備選候補とともに、「とんでも発言」をしているため、登場させられたのだと思います。

(ちなみにへクターは、アメリカの貧困層は、テレビ、冷蔵庫、エアーコンディショナー、食料、住む場所があっての貧困であり、他の貧困国とは比較にならないほど豊かだといい、ギングリッジの方は、アメリカの学校では生徒は掃除を全くせず、ジャニタ―と呼ばれる清掃人が行うわけですが、これは清掃人組合や清掃会社が利権を持っているため、このようなシステムなのだから、これをやめさせて、貧困層の子供達にジャニタ―の助手といった名目で仕事をやらせ、お金を支払うようにするべきだと言い、世界で一番豊かな国で、児童就労をさせるのかと反対派から強烈な砲弾を浴びています)

まあ、確かにアフリカ諸国と比較するとアメリカの貧困なんて、論外ということになるかとは思いますけど、その陰でトップ1%は益々富を蓄積し続けているわけですから、このとてつもない貧富の差をどうしてくれるということですよね。


Understanding Poverty in the United States: Surprising Facts About America's Poor
http://www.heritage.org/research/reports/2011/09/understanding-poverty-in-the-united-states-surprising-facts-about-americas-poor

The following are facts about persons defined as “poor” by the Census Bureau as taken from various government reports:

80 percent of poor households have air conditioning. In 1970, only 36 percent of the entire U.S. population enjoyed air conditioning.
92 percent of poor households have a microwave.
Nearly three-fourths have a car or truck, and 31 percent have two or more cars or trucks.
Nearly two-thirds have cable or satellite TV.
Two-thirds have at least one DVD player, and 70 percent have a VCR.
Half have a personal computer, and one in seven have two or more computers.
More than half of poor families with children have a video game system, such as an Xbox or PlayStation.
43 percent have Internet access.
One-third have a wide-screen plasma or LCD TV.
One-fourth have a digital video recorder system, such as a TiVo.

ついでにカジノの大ボスがギングリッジに追加の1千万ドル(約77億円)を寄付するといっている2月17日付のニュース。

Gingrich Patron Set to Donate Another $10 Million
http://slatest.slate.com/posts/2012/02/10/super_pac_winning_our_future_and_newt_look_to_grassroots_for_new_revenues_.html

The donation may help Newt inject himself back into what has increasingly become a two-man race between Santorum and Romney.

映画「ゴッドファーザー」は不滅の名作!

2012-02-19(12:04) : Sunshine
スポンサーサイト

衰退する米国:プロ・バスケ・チーム・オーナーは新政党首となったロシア人、ベイ・ブリッジは中国製

(by sunshine)


経済のグローバリズム化といわれるようになってから久しいが、表では政治的対立、裏では経済的相互依存関係という構図は、益々目に見える分かりやすい形で、白日の下にさらけ出されてくるようになった。


長引く世界的大恐慌や原発による人類滅亡の危機的状況の昨今にあっては、南沙諸島周辺の海域をめぐる日中間の対立や、イランの核開発問題をめぐる米ロの対立など、チープなストーリーのコミック誌を見るような思いすら抱かせる、そんな時代になってしまった。


最近の話題から、苦笑させられるニュースを二つ。


その1.新サンフランシスコ―オークランド・ベイ・ブリッジは“メイド・イン・チャイナ”


ゴールデンゲイト・ブリッジ(金門橋)より早く完成し、瀬戸大橋に世界一の座を譲ったものの、世界第2位の長さを誇る(13.5km)二重構造の釣り橋(上がサンフランシスコ行き、下がオークランド行き)のサンフランシスコ―オークランド・ベイ・ブリッジの東部側に新ベイ・ブリッジが現在建設されているが、この橋の鉄製部分は中国製。コンクリート部分はアメリカの土木会社がアメリカ人労働者を使っているが、鉄製部分の工事は中国の会社が中国人労働者を使って行っている。来月には最後の鋼鉄を、6500マイル離れた中国より、巨大船舶で運搬する。


カリフォルニア州政府のスポークスマンは、この方法を選択したことにより、莫大な額の資金を節約できたと喜んでいる。


6月26日付、NY Timesより。


-------

http://www.nytimes.com/2011/06/26/business/global/26bridge.html?_r=2&hp

Bridge Comes to San Francisco With a Made-in-China Label


At a sprawling manufacturing complex here, hundreds of Chinese laborers are now completing work on the San Francisco-Oakland Bay Bridge.

Next month, the last four of more than two dozen giant steel modules — each with a roadbed segment about half the size of a football field — will be loaded onto a huge ship and transported 6,500 miles to Oakland. There, they will be assembled to fit into the eastern span of the new Bay Bridge.





Don't Believe The Hype


(上海からの中国人労働者は鋼鉄の橋げたを組み立てる。一つの鋼材の長さはフットボール・スタジ    アムの約半分もの長さになる)





Don't Believe The Hype-bridge


            (向かって右が新ベイ・ブリッジ。向こう側がサンフランシスコ。2013年完成予定)


2.その2.プロ・バスケット・ボール「ニュージャ―ジ―・ネッツ」のオーナーはロシアの新政党首の大富豪


プロ・バスケットボールといえば、アメリカの花形プロ・スポーツの一つだが、ニューヨークの隣の州、ニュージャージー州にあるニュージャージー・ナッツというプロ・チームのオーナーが、身長6フィート8インチ(約2メートル5センチくらい?)、独身、46歳、スポーツ万能、ロシアで3位、世界で39位(フォーブスによる)の大富豪、南フランスのリビエラにある旧ベルギー国王の館の所有者、プレイボーイとして名高いロシア人実業家、ミハイル(英語読み:ミケール)・プロホロフ氏(Mikhail Prokhorov)であることは有名。


しかし何と今度は、この人が、「反プーチン」、「自由、正義、秩序」をスローガンに掲げるロシアの”リベラル”政党「Right Cause(正当な根拠)」の新党首に任命されたという記事が6月25日付、NY Timesに掲載されている。


---------

http://www.nytimes.com/2011/06/26/world/europe/26russia.html?_r=1&ref=europe

Billionaire Owner of New Jersey Nets Takes Helm of Party in Russia


MOSCOW — The billionaire owner of the New Jersey Nets basketball team, Mikhail D. Prokhorov was elected leader of a Russian political party on Saturday in the first foray of a big businessman into politics here in nearly a decade.

---------


Right Causeがこのような「反プーチン」的政治スタンスをとるのも、ロシアが、プーチン首相率いる「統一ロシア」の独裁政権国家ではないということを内外に印象付けるためのポーズであり、“ダミー”であるという説もある。それを裏付けるかのように、プロホロフ氏はプーチン首相とは親密な関係であるとの記事がたびたび報道されている。


--------

http://nymag.com/news/features/66287/

Klub Prokhorov


The billionaire Nets owner and the creation (his creation, actually) of a new kind of New York Russian.


---------


彼はモスクワ生まれ。母方の祖母がユダヤ人で微生物学者。父は旧ソ連体育委員会国際スポーツ局長、母はプラスティック製造所の技師。モスクワでも難関のモスクワ金融大学国際金融学部を卒業。銀行勤務を経て、ジーンズの会社を設立。これが大当たりして、世界最大のニッケルやぺラジウム採掘会社をシベリアに設立し、現在、ロシア最大の金やダイヤモンド会社、投資会社などを持っている。


http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/p/mikhail_d_prokhorov/index.html?inline=nyt-per


http://en.wikipedia.org/wiki/Mikhail_Prokhorov


-----------

ニューヨークのブルックリンには、大勢のロシア系の人が住んでおり、“ロシアン・タウン”とも呼ばれている地域があるが、彼はこのたびロシア語による雑誌も刊行した。


彼に関するリポートは、CBSの看板番組「60 minutes」でもなされたので、下記を御覧いただきたい。


CBS 60 minutes - Mikhail Prokhorov

http://www.youtube.com/watch?v=icKq_67TGFk



-----------

彼の今後についてはどうなるのか予測もつかないが、現在は順風満帆に進んでいるようには見える。


プロ・バスケットボールいい、ベイ・ブリッジといい、共に”アメリカ文化”を象徴するものであるだけに、これが”外資”に浸食されている(前からそうだったかも?)、いや多国籍企業の手に渡っていることに、世界最大の超大国・アメリカの衰退ぶりがうかがえる。



Don't Believe The Hype-nets
携帯電話は持っていないというプロホロフ氏


この期に及んでも止まらぬ弱肉強食・狂気社会。どうしてくれるこの経済格差

(by sunshine)


富裕層は益々富裕に、中流から下流層は益々どん底にと言われるようになってから久しい。6月18日付、「ワシントンポスト」にこのことをさらに明確に裏付ける記事が発表された。


今回の記事のソースは、ウィリアムス大学、インディアナ大学、MIT、カリフォルニア大学バークリー校の教授陣、それに財務省、連邦準備制度理事会の共著による「The World Top Incomes Database and reports )(ワシントン・ポスト社発行)によるもので、この記事はいわばこの本を売るためのパブリシティー記事であるが、読むよりも見て分かりやすいイラストが多数掲載されているので、下記をクリックしていただきたい(2008年までのデーターベースを参考にしている)。


http://www.washingtonpost.com/wp-srv/special/business/income-inequality/


・1番目のグラフ(Income Shares):

上位年収0.1%の年収高ののびを、1975年と比較して、いかに延びているかを示したグラフ。

1975年には全体の富の2.6%を所有していたが、2008年には10.4%にのびている。


・2番目のグラフ(The Top 0.1%):

どういう職種の人間が上位0.1%を占めているかというグラフ。大企業重役、金融関係者などが上位(大学教授や科学者達の年収の低いこと)。


・3番目のグラフ(CEO Pay):

CEOの年収高を示すグラフ。1970年代と比較して平均的労働者の年収はさして変化していないにも関わらず、中堅以上の企業CEO年収ののびはこれほどまでになっている。


・4番目のグラフ(Other Countries):

上位0.1%の年収額の各国比較。ダントツに高いのがアメリカ、次いでイギリス、フランス、日本となっている。フランスと日本は大体同じぐらい。アメリカと比較すると極端に低い。


-----------

http://www.washingtonpost.com/business/economy/with-executive-pay-rich-pull-away-from-rest-of-america/2011/06/13/AGKG9jaH_story.html?hpid=z1


(本文)

It was the 1970s, and the chief executive of a leading U.S. dairy company, Kenneth J. Douglas, lived the good life. He earned the equivalent of about $1 million today. He and his family moved from a three-bedroom home to a four-bedroom home, about a half-mile away, in River Forest, Ill., an upscale Chicago suburb. He joined a country club. The company gave him a Cadillac. The money was good enough, in fact, that he sometimes turned down raises. He said making too much was bad for morale.

Forty years later, the trappings at the top of Dean Foods, as at most U.S. big companies, are more lavish. The current chief executive, Gregg L. Engles, averages 10 times as much in compensation as Douglas did, or about $10 million in a typical year. He owns a $6 million home in an elite suburb of Dallas and 64 acres near Vail, Colo., an area he frequently visits. He belongs to as many as four golf clubs at a time — two in Texas and two in Colorado. While Douglas’s office sat on the second floor of a milk distribution center, Engles’s stylish new headquarters occupies the top nine floors of a 41-story Dallas office tower. When Engles leaves town, he takes the company’s $10 million Challenger 604 jet, which is largely dedicated to his needs, both business and personal.(後略)

--------------------


一方、こういった大企業の”弱肉強食”に待ったをかけようとするAmerica's Union Movement(アメリカの組合運動)を推進しているサイト、Executive Watchに、2010年度の上位500社CEOの平均年収が掲載されている。
プロフィール

Sunshine/こげぱん

Author:Sunshine/こげぱん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。